Archive for the ‘依頼人の想い’ Category

依頼人の強い想い

11月 4th, 2014

多くの依頼人は強く想い調査依頼をする。

依頼を受ける探偵が真摯に「依頼人の強い想い」を理解し、誠実に調査に向き合わなければ「依頼人の納得した調査報告」とはならない。

想いが強ければ強いほど「こうあって欲しい」との感情が存在していることを探偵は充分にくみ取らなければならない。少しの怠慢や気のゆるみが調査にあったならば「依頼人の期待」に応える調査にはならない。

結果的に依頼人が想定しない調査結果になろうとも「探偵のまっすぐな姿勢」が依頼人に届き「調査に対する努力」が惜しみなく注がれていた事実を理解していただけたならば納得して調査を打ち切る判断をして下さる。

人の想いは不思議なもので時として「時間を超越して存在」する。

何十年も「一人の異性を想い続ける」人物が良い例である。信じて信じて待ち続け、時には裏切られる行動もあるが「想いを断ち切れず」心に再びしまい込み「お互いの生活環境」が変化しようとも「密かにしまった想い」は息づき続ける。気がつけば何十年の歳月が流れ、老いた自分を受け入れながら想い続ける。一生の時間を待ち想い続け全うして終焉しても構わない覚悟がそこには存在している。

お金には換えられない想いは現実に存在し探偵の気持ちに変化をもたらす。

このような人物は希な事は誰にでも理解できる。強い想いがなせる技とでも言うべき「依頼人にとって一生の宝」なのだろう。