Archive for the ‘赤坂の街’ Category

探偵ブログ・移転

1月 26th, 2017

新年の挨拶をしてからのブログ更新となってしまいました。

 

 

実は新年早々、移転することとなり、しばらく赤坂を離れてアーガス本部のある東京都荒川区西日暮里に移りますので宜しくお願い致します。

それでも赤坂アーガスの名前は今まで通りです。

事務所ビル1階のコンビニ、近所の「なか卯」、弁当屋、中華料理店、洋食レストラン、美味しい物をありがとうございました。

 

まっ西日暮里も本部があるため、頻繁に行っている町ですし馴染みの店舗を多く、その点は安心です。

赤坂アーガスで顧客となって頂いた御依頼者様、こちらから出向きますので今後のおつきあいも宜しくお願い致します。

 

 

これまでの信頼を裏切ること無く、継続していきますので希望される日時をご指定下さい。

 

このブログも今まで通りに更新を出来る限りしていく所存です。

 

 

赤坂アーガス

 

 

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の料亭

11月 25th, 2016

赤坂アーガスのある赤坂は古くから社交場として料亭が多く建ち並び、現代でもその料亭を利用する政治家や財界人などは多くいる。

しかし、それこそ赤坂にある料亭の中でも「口悦」という料亭は有名であったがその料亭が買収され閉店するという。

またひとつ赤坂の代表的な社交場のひとつである料亭が無くなってしまう。

この「口悦」という料亭は以前は別の名前の料亭であったがそのお嬢さんが俳優であった故・渡辺文雄さんと結婚し正式に女将として料亭を継いでから改名したものでその名付け親が映画監督として著名な故・小津安二郎さんだという。

そして歴代の総理経験者を筆頭に多くの政治家や財界人も利用していた料亭なのです。

赤坂を語る上で昭和から平成の政治経済の裏舞台を提供してきたと言っても過言ではないのかもしれない。

 

赤坂と言えば東京の代表的な繁華街のひとつとして銀座、六本木、新宿、渋谷、池袋と共にその名を響かせ、歌謡曲の題材にも多く取り上げられた街であったのだが現在では徐々に繁華街という印象よりオフィス街といった雰囲気に変貌してきている。

 

昔からの赤坂をしる私にとってはとても寂しい限りではあるが正直、この様な高級料亭などには馴染みがなく、買収された後にどうなるかはわからないが多分、大きなオフィスビルが建つこととなるでしょう。

むしろ当探偵事務所・赤坂アーガスにしてみれば需要は多くなるかもしれず、ちょっとした期待感はあるのですが。

 

でも正直、寂しいのも事実である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・芸能人の不倫現場

7月 8th, 2016

 

探偵という職業柄、芸能人の普段の個々の実態を垣間見ることがあるし噂を聞くこともある。
特に事務所所在地の赤坂という場所柄、芸能人は多く見掛ける。
また六本木も隣接しているしそれこそ、渋谷、麻布十番、西麻布、恵比寿にも近い、また銀座、汐留もそんなに遠くはない。
恐るべし赤坂という街。

お昼過ぎから夜にかけて赤坂は芸能人をよく見掛けることが多い。
六本木では夜から深夜、早朝にかけて見掛ける事が多い。
中にはこれは不倫とか?更にもっとやばい現場に出くわすこともある。

 

 

私は決してミーハーでもないので芸能人と出くわしても握手やサインを求めた事などは一度もない。
写真などもお願いしたこともない。
正直言うと最近の芸能人を余り知らないし芸能人の殆どの実態というか裏側を知っている為にほとんど興味もないのである。
今はどうか知らないが以前の清純系のアイドルや女優、モデルの実態はけっこう生々しいのである。
中には本当に清純な人もいるでしょうが大半は・・・・・・・。
私も何を基準として清純と言ってるかはいろいろと意見もあると思いますが。
男性アイドルなどもしかりである。
独身イケメンアイドルグループの中には結構ないい年齢の人もいますがファンの人は皆、自分で処理していると思っているのでしょうか?
常識的に考えてファンの夢を壊すようですがそんなことはまず無いですよ。

 

 

そんな私も芸能人に対して隠しカメラの練習として撮影したことは過去に何度かある。
隠し撮りをしても個人で楽しむ分には法律に抵触しないはずである。

 
しかし、週刊誌に売れば高く買ってくれそうな写真も過去にはあったと記憶している。
また事実として芸能人の配偶者などから浮気調査を依頼され、証拠を押さえた過去もある。
別のケースでは企業役員や広告代理店の配偶者から依頼されて調査した結果、浮気相手が芸能人であったというケースも結構あるのです。
殆ど余り売れていない芸能関係者が多いのですがそれでもたまに誰もが知っている人が浮気相手であったというケースもありました。

 

 

これら写真を勝手にネットにあげたりすると残念ながら守秘義務や法律的な問題が出てきてしまうのですよ。
当探偵事務所は守秘義務を徹底していますので絶対に出しませんし出てきません。

 

 

探偵という職業柄、プライベートの時間に芸能人の不倫らしき現場に遭遇したら尾行や張り込みをしてみたいのだが正式に第三者からの依頼が無く、趣味で尾行して警察にでも
通報されたり、職質でもされたりしら探偵であってもストーカー規制法に抵触してしまうのです。
プロの探偵がもしこんな事で逮捕でもされたら、いい笑いモンで、探偵も続けられなくなってしまうでしょうね。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・東京ミットタウン

4月 30th, 2016

当探偵事務所・赤坂アーガス東京のある東京都港区赤坂9丁目には東京ミッドタウンもある。

 

 

ここではゴールデンウィーク中、毎年恒例の「OPEN THE PARK」というちょっとしたお祭りイベントが開催されている。

 

ミッドタウンの中にある「ミッドパーク・カフェ」では世界各国のウイスキーのハイボールの飲み比べができるイベントをしており、ウイスキー好きなら一度行ってみるのも一興である。

 

 

ちょっと昔の探偵を主人公にした映画やドラマではハードボイルドを気取り、カウンターバーで1人静かにウイスキーロックやハイボールを飲む探偵がシーンが出ていたもので探偵小説にもそのような描写も多く出ていた。

 

しかし、現実の探偵ではそんな探偵は実際少ないと思う。

自分的には憧れはあり、たまにしてみるのであるがどうも1人で飲むのは寂しくて長続きしない。

やはり女性と飲むのが一番である。

いや、愛する妻とが一番である。(妻も見ているかも知れないので)

 

 

東京ミッドタウンでは季節によって大人のイベントもけっこう開催しており、このイベントにサンカする不倫カップルもおり、調査の段階で事務所の近くにまで来ていたことも何度かあり、調査員の交代や応援にも助かっている。

 

 

赤坂という街に探偵事務所を開設して東京の地理を考えると最適の場所である。

車なら六本木は1分、青山は5分、霞ヶ関も5分、渋谷、恵比寿、表参道、大手町は10分、新宿、品川は20分、上野、池袋は30分と東京の繁華街の殆どは30分もあれば行けるのだから。

 

東京での不倫調査などの素行調査はもちろんのこと、各種調査でもこんなに利便性の地域はない。

 

 

今夜、仕事が早く終わればハイボールの飲み比べでもしに寄ってみますか。

愛する妻でも連れて。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・4月1日

4月 1st, 2016

 

新年度の最初の日。

 

 

早朝より電車で移動していると新入社員らしき初々しい男女が人混みの中に混じりながら出勤していた。

黒や紺のリクルートスーツに新品のビジネスバックを持ち、一目で新入社員と分かる。

 

 

社会人として第1歩の日、多くの人もこういった経験をしているのだろう。

 

 

また午後、赤坂の街を歩いていると入学式を終えたと思える親子連れにも何人かすれ違った。

昔を思い出す。

子供達の入学式。

 

 

朝から何か厳かな気分で過ごしている。

 

 

今日はエイプリルフールでもあるから明るい嘘でも考えようかと思っていたがそんな雰囲気にはなれそうもない。

たまには今年度の最初の日は探偵という人間の裏を見ている日常の自分から自分自身を見つめ直す日にしてみよう。

 

 

なんて嘘をついてしまった。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の川津桜

2月 24th, 2016

2月の下旬、東京は暖かい日も希にありますがまだまだ真冬の状態で寒い日が続いています。
そんな中、地元の「赤坂サカス」の広場にある「川津桜」が開花しており、ちょっと早めの花見を楽しみました。
「川津桜」とは伊豆半島の河津町にある早咲きの桜で,寒緋桜と大島桜の雑種であると聞きましたが詳しくは知りません。
周辺のOLさんやサラリーマンもスマホで撮影したりと早めの春を感じていました。
あと1ヶ月もすると赤坂周辺には「ソメイヨシノ」を中心とした桜の花見の名所はいくつもあり、本格的な花見シーズンとなり、多くの人が赤坂周辺にも訪れるでしょう。

 

 

それにしても探偵にとって寒さはかなり堪えます。
張り込みには寒さは大敵です。
張り込みの際にいつも車が使えるとは限りません。
真冬の深夜、早朝の立っての張り込みは感覚がなくなる程に厳しいものです。
しかも張り込みについては殆どが先が見えないというのが現実です。
対象者がいつ出てきてくれるのか、全く判りません。
それこそ出てくれないかもしれません。
例えば対象者があるマンションの1室に入っていったとします。
2,3時間で出てきてくれるのか、そこが浮気相手の部屋で外泊するかもしれないのです。
それでも出てくるまでじっと待ち続けるしかないのです。
この辛さに耐えられず、転職していった新人君も多くいました。

 

 

今では「ヒートテック」なアンダーウェアから薄手のダウンジャケットなど数多くの種類が開発販売され、探偵にはずいぶん助かってはいます。

 

 

こんな辛い思いをして一生懸命に張り込んでいても不審者として警察に通報されることも。

探偵とは本当に辛い業種です。
それでも何かしらの魅力があるから何年も探偵を頑張れるのです。

 

それにしても毎年思うのですが春が待ち遠しい。

 

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の街に青森県

2月 6th, 2016

東京メトロ千代田線「赤坂」駅からほど近いビルの1階に青森市、青森県平内町、外ケ浜町、今別町、蓬田村の5市町村が連携し「青森と首都圏をつなぐビジネス交流拠点」を今年3月に開設するらしく準備に入っているという。
特産物販売ばかりでなく、飲食もできるスペースもあるらしく今からとても楽しみである。

 

 

なにしろ探偵という職に就いて30年以上経つ私は探偵の仕事で何度か青森県内へ行っている。
その際、食事に恵まれていたのか入った店にハズレがなく、どのお店で食べた食事が非常に美味しかった。
また青森県内で普通に売られている果汁100%のリンゴジュースが美味しかったのには驚かされてしまった。
電車で移動するときも仕事であった為、アルコールは禁止、駅の売店で購入したリンゴジュースを飲んだのだが本当に美味しかった。
2年に1回も行かない青森県なのですが行った際には必ず飲んでいるリンゴジュース。

 

 

今まで殆どが結婚調査、身上調査、所在調査における聞き込み主体の内偵調査で青森市、八戸市、弘前市などなど。
個人の旅行や学生時代の合宿を含めると既に10回くらい青森県内には行っている。
五所川原市、十和田市、むつ市など。

 

 

弘前市には今でも思い出深い場所となっている。

 

今からちょうど30年前。
羽田から飛行機で青森空港へ行き、そのまま現地であるむ弘前市のはずれにある山間部の集落に行く。
聞き込みをするのだが弘前弁というか津軽弁かは判らないが方言がきつく、何を言っているのか理解できない。
特にご老人からは調査に協力してくれて話をして下さるのだが何度も何度も聞き直ししてしまった。
本当に外国に行っている気分。
方言でこれほど苦労したのは後にも先にもこの弘前市である。
確かに方言のきつい地域は全国にあるがなんとか理解できる。
相手も東京から来たと判ると方言を避けて話してくれるからだろうが。
当時、まだ探偵としてキャリアが浅かったなのか苦労してしまった思い出が今でも鮮明に残っている。

 

 

それにしても新幹線によって青森県も近くになってしまった。
1年位前に弘前市に調査に行ったのであるがなんと日帰りで帰って来れたのである。
旅館かホテルに一泊して地方の夜を謳歌するなんてことは・・・・・・昔がなつかしい。

 

 

私の勤める探偵事務所がある街、赤坂に青森県が・・・・・・・楽しみである。

 

 

 

探偵ブログ・ビルボードライブ東京

1月 16th, 2016

探偵事務所・赤坂アーガスの所在地である赤坂9丁目1番とほぼ近い赤坂9丁目7番にあるライブ施設「ビルボードライブ東京」を今回はご紹介。

 

赤坂9丁目7番といってもどこ?

住所表示を言われてもピンと来ないという人が多い事でしょう。

赤坂といっても六本木駅から程近い「東京ミッドタウン」内のガーデンテラスに在する高級感溢れるライブ&レストラン施設です。

 

 

同ライブ施設は音響施設も充実しており、世界でも著名なミュージシャンやシンガーが頻繁に出演しており、そのショーを飲食をしながら堪能できます。
そのステータスには好きなアーティストの音楽を聴くならこのライブ施設が良いという人も大勢います。、
また、その飲食についても本格的なレストランとしても活用できる程のメニューを揃え、なかなか良い味ですよ。

高台にある事からステージ後方のカーテンを開けると一面が窓になっており、赤坂の夜景を楽しむことのできるようにもなっており、このライブ施設では結婚式場としても活用できるようになっており、本格的な演奏を余興として利用する人もけっこういます。

 

 

またクリスマスシーズンから年明け2月頃までのイルミネーションは都内でも有数の規模と幻想の世界を作り出しており、カップルばかりでなく一度、家族や友人達と見に来られても損はないと思います。

浮気カップルも多く来ており、東京ミッドタウンないのホテルを利用したり、近くにも様々なホテルがあり、当探偵事務所の浮気調査では当探偵事務所の近くでいろいろな証拠を押さえています。

赤坂という場所に開業している地の利ですね。

 

 

当探偵事務所に浮気相談や尾行調査、結婚調査、身辺調査など各種調査のご相談を含めお越しになる際には立ち寄ってみてはいかがですか?

世界的なアーティストの音楽を堪能されたり、東京ミッドタウンでの日常とは違う世界を見て回るだけでも、日々のお悩みから一時でも解放されるかもしれませんよ。

 

 

 

探偵ブログ・六本木

10月 1st, 2015

赤坂と隣接する東京でも有名な六本木という繁華街。

特に当探偵事務所がある赤坂9丁目はミッドタウン東京と隣接しています。

 

東京の地下鉄「赤坂」駅からは徒歩7分くらいですが「六本木」駅からですと5分くらいで当探偵事務所に来られます。

ただし急な坂を下りて頂くことになり、帰りはその坂を上って頂くことになりますのでけっこう疲れるかもしれません。

 

しかし、昼間や夜間、特に深夜の時間帯は芸能人がよく歩いているのを見かけます。

 

尾行の練習で追跡してしまおうかと思うことしばしば。

もしかして芸能ニュースのスクープになるような出来事をキャッチできるかと。

しかし、探偵は依頼のない調査は御法度です。

悲しいかな、探偵は調査依頼があって初めて探偵業務に携われるのです。

探偵といえども個人の趣味で尾行をすればストーカー行為になってしまいます。

 

 

写真撮影も同じです。

個人の趣味で撮影し楽しむのは全く問題はありませんがネット上の投稿などは本来、禁止事項です。

ただ芸能人ならばその辺は許される場合はあるみたいです。

 

赤坂、六本木、渋谷などには探偵の技術を持っていればそれこそ芸能ネタになる情報はけっこうキャッチできることがあります。

 

実際にあの芸能人が・・・・・なんてこともよく見かけています。

 

東京の繁華街に事務所を構える探偵はけっこうあるかもしれません。

特に当探偵事務所のあるオフィスマンションにもいくつかの芸能事務所があるのですから。

 

 

しかし、多少、お金になるかも知れませんがそれほど探偵は暇ではありません。

日々の正式な調査依頼を遂行するために日夜、頑張っているのです。

芸能週刊誌やスポーツ新聞などから依頼があればいろいろと動けるのですがまず来ないでしょうね。

 

なにしろ自社で探偵まがいのスタッフを抱えているみたいですから。

探偵ブログ・赤坂周辺のタレント有名店

8月 15th, 2015

当探偵事務所近くには前回、ブログで取り上げた矢沢永吉さんのカフェバー「ダイヤモンドムーン」以外にもけっこう有名人が経営していたり、プロデュースしているお店があります。
決して私自身、ミーハーでもなく、赤坂やその周辺の渋谷、恵比寿、六本木、麻布、四谷、青山あたりを歩いていても芸能人やら著名人ともすれ違うことは多いのですが、写真を撮ったり、握手やサインを求めたりとしたことは一度もありません。

 

なにしろ当探偵事務所のあるマンションにも芸能事務所がいくつか入っており、それなりの有名俳優やらタレントの出入りはあるみたいである。

 

せっかく赤坂という街に探偵事務所を開設して何十年にも成りますので私が知っているタレントさんのお店をいくつか紹介しましょう。

 

まず同じ赤坂9丁目町内会にあるのがグッチ裕三さんの「うまいぞお乃木坂」という創作料理店。
ランチも営業しているのだがさすがに女性客が多い。
住所は港区赤坂9丁目6-29。
パシフィックス乃木坂ビル2階。

 

続いては宇崎竜童さんと阿木燿子さん夫婦のお店「ノヴェンバー・イレブンス」(1111とも書くのですよ)
お店の形態はライブビストロとでも言うのでしょうか、都会的センスのお洒落なレストランバーという感じ。
所在地は港区赤坂3丁目17-8・中華料理店の2階にあります。
簡単に言えば赤坂でも有名な一ツ木通りに面しているお店です。
何しろこのご夫婦の家はやはり赤坂にあり、知ってはいますが住所は教えません。

 

こんな感じなのですが上記以外にも芸能人達がプロデュースに参加しているお店はいくつかあるみたいです。
また当探偵事務所のある赤坂9丁目は六本木のミッドタウンと隣接している場所で乃木坂にも近く、芸能人がこれ見よがしに帽子にメガネとマスクといういでたちの変装などしてうろうろとしています。
本物の探偵と変わらないマスクとメガネ程度の変装ですがどうしても挙動が不審というか異質というか目立っているのですよね。
人によるとそれが芸能人のオーラというものかもしれませんが・・・・。

 

しかし、そんなに芸能人に会えることがステータスなのですかね。

 

赤坂の探偵は全く芸能人に興味がないということを改めて気付かされたのですが、もし会えたとして誰に一番感動して、それこそ握手して貰いたいと思える人は・・・・・・・子供の時の大スターであった長島茂雄さんかも。
何しろ選手としてあの華麗で素敵なプレーを知っている年代なので。

 

あぁ、またまた年がばれてしまう。