Archive for 8月, 2015

探偵ブログ・歩道の自転車

8月 26th, 2015

先日、都内の○○通りという片側3車線のある大通りにある歩道、その大通り沿いにあるビルから出た途端に歩道をかっ飛ばしてきた自転車とぶつかり、こけてしまった。
もちろん、自転車の人もこけたのだが当たり所が悪ければ双方、大怪我をしていたかもしれない。
自転車を運転していた男性は当然、謝罪してくれたので特に揉めることもなく、その場は収まったのであるがもしも逆ギレでもされていたら大喧嘩は必至だったと思う。

 

自分も自転車に乗るので歩道を走るなとは言いたくはない。
しかし、ゆっくり走り、それも車道側を走って欲しい。
住宅側に沿って走られると店舗やビル、マンションなどから出た人と接触する可能性も高く、まず避けきれない。

 

探偵という職業柄、対自転車尾行もよくあるケースである。

自転車の追跡もなかなか難しいのであるが田の歩行者にも充分、配慮して追跡する。

それこそ何か事故やトラブルが発生したら目立ってしまったり、追跡もできなくなってしまう。

探偵という仕事にもならないので周辺にも気を配り尾行するのである。

 

確かに現在、自転車の運転マナーが悪くなり、いろいろと交通法規も変わったりして面倒なのは判る。
しかし、自転車ばかりか自動車を運転していても普通に歩道を歩いていてもあきらかに無謀といえる運転をする自転車が増えている。

 

今更ながら交通法規を云々するつもりはないが常識的な運転だけはして欲しい。
飛ばすなら車道を走るべきだし、歩道を走った場合は歩行者に気をつけて走行し基本的には歩行者優先を徹底として欲しい。

 

狭い歩道を歩いていても後から来た自転車の呼び鈴を鳴らされ驚かされることもある。
しかも、まるで「ドケッ」と言わんばかりにベルを鳴らし続けてくる輩もいるしまつである。

またリードを引っ張りながら自転車で犬の散歩をしている人がいる。
これは常識問題以前の話だと思う。

 

昨今、自転車による人身事故が増加して、その為に交通法規も改訂されているのだが遵守している人は少ない。
と、いうか殆どの人が守っていない。

 

更に法規が改訂される傾向もあるという。
自転車の免許制度や違反点数制度である。

 

煩わしさこのうえない。

 

もう少しみんなが気をつけて走行すればこの様な煩わしさから解放されるのだが。

 

いかんせん、最近の自転車事情は確かにマナーは悪すぎる。

 

 

 

探偵ブログ・赤坂周辺のタレント有名店

8月 15th, 2015

当探偵事務所近くには前回、ブログで取り上げた矢沢永吉さんのカフェバー「ダイヤモンドムーン」以外にもけっこう有名人が経営していたり、プロデュースしているお店があります。
決して私自身、ミーハーでもなく、赤坂やその周辺の渋谷、恵比寿、六本木、麻布、四谷、青山あたりを歩いていても芸能人やら著名人ともすれ違うことは多いのですが、写真を撮ったり、握手やサインを求めたりとしたことは一度もありません。

 

なにしろ当探偵事務所のあるマンションにも芸能事務所がいくつか入っており、それなりの有名俳優やらタレントの出入りはあるみたいである。

 

せっかく赤坂という街に探偵事務所を開設して何十年にも成りますので私が知っているタレントさんのお店をいくつか紹介しましょう。

 

まず同じ赤坂9丁目町内会にあるのがグッチ裕三さんの「うまいぞお乃木坂」という創作料理店。
ランチも営業しているのだがさすがに女性客が多い。
住所は港区赤坂9丁目6-29。
パシフィックス乃木坂ビル2階。

 

続いては宇崎竜童さんと阿木燿子さん夫婦のお店「ノヴェンバー・イレブンス」(1111とも書くのですよ)
お店の形態はライブビストロとでも言うのでしょうか、都会的センスのお洒落なレストランバーという感じ。
所在地は港区赤坂3丁目17-8・中華料理店の2階にあります。
簡単に言えば赤坂でも有名な一ツ木通りに面しているお店です。
何しろこのご夫婦の家はやはり赤坂にあり、知ってはいますが住所は教えません。

 

こんな感じなのですが上記以外にも芸能人達がプロデュースに参加しているお店はいくつかあるみたいです。
また当探偵事務所のある赤坂9丁目は六本木のミッドタウンと隣接している場所で乃木坂にも近く、芸能人がこれ見よがしに帽子にメガネとマスクといういでたちの変装などしてうろうろとしています。
本物の探偵と変わらないマスクとメガネ程度の変装ですがどうしても挙動が不審というか異質というか目立っているのですよね。
人によるとそれが芸能人のオーラというものかもしれませんが・・・・。

 

しかし、そんなに芸能人に会えることがステータスなのですかね。

 

赤坂の探偵は全く芸能人に興味がないということを改めて気付かされたのですが、もし会えたとして誰に一番感動して、それこそ握手して貰いたいと思える人は・・・・・・・子供の時の大スターであった長島茂雄さんかも。
何しろ選手としてあの華麗で素敵なプレーを知っている年代なので。

 

あぁ、またまた年がばれてしまう。

探偵ブログ・ダイヤモンドムーン

8月 6th, 2015

当探偵事務所から歩いて数分のところにあるカフェバー「ダイヤモンドムーン」。

 

知る人ぞ知る超有名店です。

 

住所は東京都港区赤坂7丁目4-8。

 

赤坂の繁華街から離れた閑静な住宅街の中といってもかまわないような地域ににこぢんまりとしたビルの中にある隠れ家的なお店。
開業してもう既に10年くらいになるみたいです。

 

何しろ全国津々浦々からさまざまなお客様が来ているようです。

 

それもそのはず。
大スターである矢沢永吉さんのお店なのですよ。

 

1階がカフェバーで2階が永ちゃんグッズが販売されています。
BGM、PVからインテリア装飾品など店内全てが矢沢永吉さん一色。
しかも料理も美味しく、値段はリーズナブルと安心価格。

 

永ちゃんファンにとっては神聖なお店とも言えるのでしょうね。

 

私は熱心な大ファンとは言えませんが矢沢永吉さんは好きな歌手の1人ではあります。
なにしろ「キャロル」時代が青春でしたから。
一時、キャロルにははまっていました。
何しろドライブ必需品はキャロルのカセットテープ。
探偵実務での車を使用する際にも持って行ったテープの1本です。

今でもLPレコードを数枚、カセットテープ、CDなども持っています。

 

既にもう探偵家業を辞めてしまった可愛い後輩のひとりが大の永ちゃんファン。
今では四国のある地方都市で自動車整備会社を経営し頑張っています。
そしてたまに永ちゃんのコンサートがあると家族を置いて単身上京。
ロックンロールしています。
そんな彼から教わった「ダイヤモンドムーン」

 

都会の雑踏や人間関係に疲れた身体をたまには永ちゃんに癒されるのもいいかなと思ったらファンでなくても行ってみて下さい。
永ちゃんファンでなくてもけっこう楽しめると思います。

 

当探偵事務所のある赤坂の新名所かもしれません。

 

探偵ブログ・優秀な探偵とは?

8月 4th, 2015

探偵の調査においてけっこう厄介なのが都心に多い高級な高層マンション。
いや、高層でなくても低層マンションでもとりあえず厄介なのはオートロック式の高級マンションでしょう。
たぶんのどの探偵でもいろいろと苦労されているかと思います。

 

浮気調査によって浮気の事実が掴め、浮気相手を尾行していったところ、オートロックのマンションに入ってしまいました。
オートロックが閉まり、部屋を特定する事ができません。
仮に一緒に入る事ができたとしても、マンション内に勝手に入る事は容易ではありません。
まず、ここで問題になるのが法規制です。
住居侵入罪という刑事罰に抵触してしまうということなのです。
探偵業務については探偵業法で尾行、張り込みや聞き込みについて正当な業務として認められています。
しかし、勝手にマンション内に入る事は違法行為として禁じられているのです。

 

また技術的にもピッタリとすぐ後を尾行できれば良いのですが、どのマンションかも判らずに、ずっとピッタリとくっついて尾行する訳にもいかず、ある程度の距離をとって追跡していかなければなりません。
相手がマンションに入っても一緒に入るのはなかなか困難なのです。

 

それでも探偵ならどうにか入って調べてくるのが探偵でしょう。
後から入る人にくっついて入るとか、瓶をよじ登るとかして敷地に入って調べて来なさいよ。
と、言われる人もいるかと思います。

 
その人はいわゆる家宅侵入という犯罪を教唆してくるわけです。
そういう人に限って悪質な探偵云々と批判をする人なのかもしれません。

 

確かに探偵という業務において法律や法規に遵守していて出来る仕事ではないかもしれません。
その点が探偵という職業をアウトロー的と感じる由縁なのかもしれません。

 

例えば60キロ制限道路を対象者が80キロで走行したとして速度違反になるからと尾行を中断してしまった。
交通法規を遵守した優良な探偵ですね、とお褒めの言葉を頂けるでしょうか?

 

 

皆様に問いたい。

 

優秀な探偵とは???

 

違法、違反のギリギリで生きている、と言えば「カッコイイ」と思う人もいるかもしれません。
聞こえは良いかもしれませんが結局、探偵は全て自己責任なのです。

 

違法、違反して捕まれば悪質な探偵、違法、違反しても捕まらず、情報や結果を掴んでくれば優秀な探偵となるのかもしれません。

 

探偵の屁理屈を書いてしまいました。

戯れ言です。

 

しかし、東京、赤坂というコンクリートジャングルは今日もうだるように暑い。