Archive for 10月, 2015

探偵ブログ・ハロウィン

10月 30th, 2015

今夜から多分盛り上がるハロウィンパーティー。

 
今年はハロウィンの10月31日が土曜日。
当探偵事務所のある赤坂の街から隣接する六本木、表参道、原宿、渋谷、それこそ東京の繁華街など至るところハロウィン一色になっており、明日はどうなるか。
いや、今晩からの可能性も充分にある。
ここ数年みたいに派手であったり怪しげな衣装や化粧をして仮装した男女で深夜まで騒がれるかと思うと・・・・・・・。

 

 

どうも今ひとつ、ハロウィンに馴染めないでいるアラカンの探偵です。
何しろ幼少時から少年時代、いや青年時代においてもハロウィンという行事は日本ではなかった。
ここ15年、20年くらい前から少しずつ盛り上がってきたと記憶している。
多分、商業商戦によってここまで大きなイベントとなったのであろうがお祭り好きの日本人には宗教も何も関係なく、ただ騒いでいるだけなのでしょう。

 

 

2年前のハロウィンの日。
ご主人からの依頼で妻の浮気調査で妻を尾行、勤務終了後、仲間達とハロウィンパーティーの為にあるお店に。
その店で着替え化粧もして仮装したらしく、全く別人として出てきた時には焦ってしまったが持っていたバックをそのまま持って出て来てくれたのが幸いし本人を特定することが出来た。
その後、仲間内と2次会まで繰り出し、結果、浮気をしている事実はこの日にはなかったのであるが探偵にとっては全くとんでもない浮気調査の日となったのである。

 

店を移動する際に似たような仮装をしている連中は多いし見ず知らずのいくつかのグループと一緒になって騒いでいたりと余計な神経を使わしてくれ、普段の浮気調査以上にかなり疲れたのを記憶している。
なにしろ仮装した人混みの中、対象者を見失わないようにするだけでも大仕事である。
それに仮装していない人が逆に目立つ状況もある。

 

 

もともと収穫祭が発展したとされるお祭りで海外では子供達が仮装し近隣の家々を周り、お菓子などを貰うらしいのであるが日本では若い男女が中心となり、深夜まで騒いでいる。

これがもっと浸透してくると年々、年齢層も高くなり、クリスマス同様に浮気カップルにも好都合のイベントデーになりかねない。

 

 

仮装するのは本当にカンベンしてくれ、探偵からの願いでもある。
これが友人のマンションなどに立ち寄って仮装され、荷物を置いてこられたら、判別がつかない。
なにしろ最近の仮装は靴から小物まで用意しており、派手な化粧をして出てくる本人を特定するのは困難である。

 

 

ハロウィンは探偵泣かせのお祭りであることは言うまでもない。

 

 

そして問題なのは明日も浮気調査が入っているのである。
対象者は33歳の既婚の男性。
妻からの依頼で勤務先は休みであるが夕方から友人なんかと飲み会で外出するという。
年齢的にもハロウィンパーティーの可能性は高い。

 

 

今年は探偵も仮装できるような品物をいくつか用意しておいた方が賢明かも知れない。

 

 

 

探偵ブログ・ご迷惑

10月 26th, 2015

原宿駅近くの明治通りが昨日の昼間、封鎖。

 

 

警察車両も多く来ていた為、何事かと・・・・・・・・・・。

最近ニュースでも聞いていた広域暴力団山口組の分裂騒動に関わる事件かなと。

すぐさまネット検索、最近はニュースより一般の人からの情報が早いかも。

外国人が集団で暴れているという。

 

 

詳細については昨夜のニュースで知ったのだがトルコ人同士での民族対立であったらしい。

かなり根の深い民族問題であるらしく、トルコ人とクルド系トルコ人の国民同士の集団による喧嘩騒動であったのだが何も日本に来てまで暴れないで欲しい。

双方かどうかは判らないが殴られて骨折した人も多くいたらしい。

 

 

国境のない島国育ちの自分にはなかなか理解できない問題である。

日本にも民族問題があるのは知ってはいる。

探偵という職業をしているとどうしても絡んでくる問題で差別にもつながる。

この点での理解は頭ではしているものの正直、いまひとつである。

日本人は海外で主義主張が違うからと他国で争ったという話は殆ど聞いたことがない。

国内においては過去にも主義、思想により様々な争議はあった。

 

 

 

ただ原宿駅から近く、原宿と言う街中にあるトルコ大使館前での騒動である。

まして日曜日には原宿あたりには東京以外からも小、中学生がかなり集まってきている。

子供達が巻き込まれなかったらしいが制止に入った警察官の中には何人か怪我をした人もいるらしい。

 

 

本当にご迷惑である。

 

 

赤坂という街やその周辺には各国の大使館が存在している。

このような事件。争議が起こらないことを強く望みます。

 

 

 

 

探偵ブログ・大学内での張り込み

10月 23rd, 2015

某有名私立大学の教授の浮気調査。

 

 

このところ毎日、大学キャンパスにて張り込みを続けている。

このキャンパスは正門や裏門などに警備員が常駐、その他の通用出入口にも防犯ビデオが設置されている。

このキャンパスにはいくつかの棟が建っており、その殆どが連絡通路で各階が繋がっており、対象教授の研究室からも別な棟に移動が出来る。

しかもその別な棟から別な棟への移動も可能な為、厄介を極める。

 

 

対象教授の研究室の前にずっといることは困難の為、研究室のある棟とキャンパスの出入口数カ所を押さえるしかなく、到底2名では対応が出来ず、4名のチームで対応するがそれでも完全という訳ではなく、依頼人の予算の関係上、話し合いで可能性のない出入口は捨てるしかなかったのである。

 

 

若い探偵は学生に間違われる程にキャンパスに馴染んでいるが私の様な老獪な探偵は浮いた存在となってしまう。

OBや教授などの教職員を訪ねてきた来訪者に紛れようとするが長時間だと怪しい。
学生ばかりでなく、キャンパス内を巡回する警備員もおり、「なんだ、あのおじさんは?」と言いたそうである。

 

 

これが数日続くと老獪な探偵にとっては致命傷である。
キャンパス内は若い探偵に任せ、大学の外での立ち張りである。

 

 

大学教授というのは時間があってないような仕事である。

専門学によって時には授業を助手などに任せ、研究室に籠もっていたり、学会や講演会などで外出することも多いのである。

ですから出勤したからといって朝からキャンパス内外で張り込みを続けなければならない。
探偵にとっては長時間の仕事は有難いのであるがやはり張り込み場所によるのである。

 

 

この大学教授は自分と余り年齢が変わらないのであるがなかなかお盛んである。

浮気相手とされる女性は同じ大学の教職員か卒業生、いや現役の女子大生ということも考えられる。

 

先日も司法試験問題の漏洩事件で某大学教授が逮捕されていた。
相手は教え子の女子大生だという。
このケースで深い男女関係にあったかまでは知らないが今までの実績、名誉まで全て失ってしまった教授である。

 

 

まっ、探偵という仕事柄、多くの浮気調査を手掛ける中、男女の浮気には年齢、職業などは殆ど関係ないことは認知しており、浮気する人はいくつになっても浮気するのである。

 

 

この本件の大学教授は浮気が認められたとして家庭内争議だけで終わればよいのだが、浮気相手が教え子であったりすると・・・・・・・・・。

 

 

おっと、今日はこの時間に大学より出てきました。

どこへ行くかは判りませんが浮気に関わる尾行調査開始です。

せっかく交代してもらい遅い昼食を摂りながらの休憩中にこのブログを書いていたのですが・・・・・・・。

 

 

結果は後日にでも。

 

 

 

 

探偵ブログ・松茸

10月 22nd, 2015

食欲の秋。

 
秋の味覚の王様である「松茸」。

 
香り高き国産物をつぼみの状態の物を素焼き、天ぷら、土瓶蒸し、松茸と国産牛のすき焼き、松茸ご飯などで腹一杯食べてみたいのは山々ではあるがそんな贅沢をしたことがない。
せいぜい探偵風情が食することの出来るのは松茸ご飯程度である。
しかも低価格の中国産、韓国産の松茸は当たり前で茶碗一杯に3切れも入っていれば贅沢である。

 

 

以前、清水寺から飛び降りるつもりである高級料亭で松茸づくしなるコースを食したことがあるが確かに美味しかった。
松茸を使った料理をそれぞれ堪能したのであったが当然、腹一杯という訳にもいかなかった。
それぞれの料理についても単品で追加すれば腹一杯は食べれるのであるが一品料理が数千円からではなかなか手が出ない。
まして中には単品で2万円を超える料理もある。

 
たかだか探偵風情が悪徳探偵でもない限りそんな贅沢を出来る訳がない。

 

 

今夜は松茸は食べれないとしてもきのこ料理でも堪能しますか?
椎茸とエリンギの素焼き、エノキのバターホイル焼き、シメジのガーリック炒め、安く仕入れた松茸の炊き込みご飯の素、松茸風味のお吸い物と洒落て秋を満喫しますか?

 
しかし、これでも2千円は超えるかも。

 

 

だめだ。

 
何か悲しくなってきた。
寂しい秋の夜長に耐えられるか?

 

 

頑張れ、赤坂の探偵。

探偵ブログ・秋の新番組(探偵ドラマ)

10月 17th, 2015

先月には北川景子さんの「探偵の探偵」が終了。
小説同様、最近の探偵事情がある程度、描かれおり、作者の取材力には驚きました。
が、正直、犯罪行為ばかり・・・・鵜呑みにされてはと・・・・・。

 
確かに当探偵事務所でもある知り合いの刑事さんに協力し薬物関係や窃盗事件の容疑者らしき人物の尾行、張り込みをした経緯はありますがあくまでも個人的なことで警察自体から依頼なんてことは絶対にありません。

 
実際の探偵にしてみるとあんなアクションなんかもありませんし頻繁な違法行為もしていません。
ドラマとしては楽しめましたがやはり探偵にしてみると現実離れ感は拭えませんでした。

 

 

今月からも探偵ドラマがいろいろと始まりましたが新番組の探偵ドラマの主人公もあまりにも現実離れで少々ガッカリ。

 

ジャニーズの玉森君主演の「青春探偵ハルヤ」、荒垣結衣さん主演の「掟上今日子の備忘録」という探偵ドラマなのですがそれぞれ第1話を見て・・・・・・・。
多少、「青春探偵ハルヤ」の方はストーカー調査を題材にしていたり多少は現実的であるのですがいかんせん脚本がやはり現実離れして素人受けすることばかり。
「掟上今日子の備忘録」は探偵ドラマお決まりの殺人事件でこれまたガッカリ。

 

 

個人的には近年の探偵ドラマではオダギリジョーさんが主演した「リバースエッジ・大川端探偵社」というドラマがかなり近い印象で好きでしたが多少、昭和の探偵のイメージ。
シーズン2として新シリーズでも始まってくれると嬉しいのですが。

 

 

あと現役の探偵から一言。

 

尾行や張り込みのシーンがよく出てきますが探偵ドラマでは殆どが1人で調査をしています。
やはり9月で終わった高橋克実さん主演の「僕らプレイボーイズ・熟年探偵社」は必ず2人でコンビを組み、尾行や張り込みを実施、リアル感はありましたが。

 
プロの探偵では尾行張り込みにおいて決して1人ではしませんから。
他の探偵ドラマでもそういった点をもう少しリアルに脚本してもらえると嬉しいのですがドラマ的には面白みが減りますか?

 

確かに刑事物なんかでも拳銃を撃ちまくるものよりは「相棒」の様なドラマの方が好きで、最近では拳銃を撃ちまくる刑事ドラマは殆どないかと思うのです。
やはりリアル感が大事だと思うのですが。

 

 

 

探偵ブログ・詐欺に掛かる男達

10月 16th, 2015

「オレオレ詐欺」など老人を騙す悪質な詐欺集団による詐欺被害が話題となっておりますが当探偵事務所には最近、知り合った女性にお金を貸して逃げられたという男性からのご相談が増加しております。

 
殆どの内容が詐欺そのものみたいなケースばかりです。

それも数万円から数百万円、中には何度も貸してしまい総額2千万円を超えている人もいました。

しかし、こんなにも簡単に男性は女性にお金を貸してしまうのでしょうか?
それも借用書を取っていない人が殆どです。

 
信用してお金を貸してしまうのですが信用できる根拠とはいったい何なのでしょう。

 

 

根拠の中には男女問題も出てきます。
深い関係になっていたから、深い関係になっていなくてもなりそうな状況であったから、と、人さまざまですがどうやら男性の助平心の隙間をついたやり方が多く認められています。

自業自得とは良く言ったものですがこのパターンは男の助平心で借用書も取らず、いいかっこうしたい男性を餌食にした詐欺です。
なにしろお金を返して欲しいといった途端に連絡が取れなくなってしまうのだそうですから。

 

 

確かに以前からこの様な寸借詐欺的な女性はいました。
殆どがホステスさん的な客商売する女性でお店で知り合い親しくなり、お金に困っているという悩みを打ち明けられ同情して貸してしまうパターンだったのですが最近ではネット上で知り合った女性から悩みを相談されてお金を貸してしまうケースも
増加してきています。

 
こういった女性の中には本当にお金に困り、借りた人もいるのは確かですがこの様な人はきちんと借用書なども書いています。
そして何かの事情により返金が滞り、逃げてしまった言うパターンでしょうが最初からお金を騙すつもりで接触してくる女性も少なくなく、そういった女性は最初から身元を徹底的に隠して接触してきます。
完全に詐欺を目的としているという証拠でしょう。

 

SNSやメールなどで親しくなり、会ったらすぐに男女関係へとなり、しばらくしてお金を貸して欲しいと・・・・・。

 

今現在、このブログを読まれて思いあたる人はいませんか?

 

少数ですがメールだけで親しくなりお金を貸してしまった人もいる位です。

この手の詐欺について警察としては相談には乗ってはくれますがどうすることも出来ません。
弁護士などに相談してもやはりどうしようもないみたいです。
しかも相手を特定しなければなりません。
そして詐欺であることを立証しなければなりませんが借用書もなく、手渡ししていればお金を貸したという証拠もないのです。

 

このようなケースの場合はどうすればよいのでしょうか?

 

まず探偵に依頼して相手の居住先を特定させることです。

 
特定することで相手と接触することが可能となるでしょう。
そして接触した際にお金を貸した事実を認めさせ、借用書を取ったり、その時の会話を録音しておくことで貸した事実が認定されることも出てきます。

 

この様にお金を貸したけれど逃げられてしまったケースなど泣き寝入りせずに探偵事務所にご相談下さい。

中には本格的なプロの詐欺師もいて探偵でも特定できない場合もあるかもしれませんが過去の実績では9割程度、特定しております。

 

逃げ得にさせないために探偵の技術を提供し協力致しますので当探偵事務所に相談してみて下さい。

 

 

 

探偵ブログ・ネット交流

10月 6th, 2015

最近、中学生、高校生の異性関係でのトラブル、家出問題などで取りざたされているネット上における交流サイト。

 

そうです。

 

SNS等での交流です。

 

確かに昔にも文通という遠距離の人と交流できる方法もありましたが操作も簡単で一気に情報が広がり、多人数の人との交流もオンタイムで可能となっています。

 

地元や学校、塾関係の交流とは別に交流範囲も全国的になり、家族の知らない交流も広がっているのが現状です。

 

確かに交流を広げることは子供達にとっても有益な情報も簡単に取得できたり、交友関係を広げることも人間形成には大事なことと理解はしています。

 

しかし、ネット上での上辺だけの交流で親友関係を構築したり、中には恋愛へと発展する人も少なくありません。

 

親友感覚でいろいろなことを相談します。

当然、同調してくれる友達が大事になってきます。

人間にとっては自分を理解してくれる人がいるとかなり嬉しいものです。

ところが中には悪質の人物もいるのです。

まるで味方を装い、親友になりすまして近寄ってくる人が多いのも事実です。

疑似恋愛に発展してしまったり、金銭や身体が目的で近寄ってくる輩もいるのです。

 

家出をそそのかしたり、騙して金品を搾取したりという被害が拡大しています。

 

実際に昨今、殺人事件などの凶悪犯罪ではこの手口を使ってからの事件も増えていますがニュースに成らないまでもこれ以上に子供の家出や詐欺行為が氾濫しています。

 

お子様の家出ではネットで知り合った人の家に転がり込んでいたというケースもかなり増えており、探偵事務所に依頼される家出調査では今まで以上に困難を極めています。

 

またネット上における寸借詐欺では相手は氏名や住所も出鱈目なことが多く、詐欺加害者を特定するにも難易度が上がってきています。

 

ネット交流そのものを批判している訳ではないのですが両親を含め家族間でももう少し子供のネット状況、交友関係を把握していかないと更にさまざまな事件が増加すると思われます。

 

ネットで知り合った交友関係の掌握は両親、兄弟でも難しいかも知れません。

 

しかし、これまで以上に子供との会話を増やしたり、情報を共有するなど対策をしていかなければなりません。

 

私みたいに「アラカン」でアナログ世代にはなかなか理解できる世界ではありませんがこれが現実と受け止め、当探偵事務所も対策を講じています。

 

 

探偵ブログ・孤独のグルメ5

10月 2nd, 2015

待ちに待っていた井之頭五郎というおじさんが各所でただ食べ歩くというドラマ「孤独のグルメ・シーズン5」が明日(今晩深夜)0時過ぎから放送されます。
私はシーズン2の途中から始めて見て虜に成ってしまいましたが「松重豊」さんが演じる飄々とした主人公に愛着が湧き、愛する妻と共に楽しみにしている番組です。
また松重さん以外にも名俳優や女優さんがちょい役で出てきたりと毎回、楽しんでいます。

 

 

探偵という職業柄、常に東京以外にもあっちこっちへと外出、時間の余裕があれば井之頭五郎同様に食べ歩きをしたいのですが、なかなか時間の余裕がありません。
なにしろ探偵は「早飯」「速食」が条件みたいなところがあります。
特に尾行中ではゆっくりお店で食事なども出来ません。
それこそ映画やドラマ出はありませんが菓子パンと牛乳の世界です。
お店に入れたとしても殆どが牛丼店、立ち食い蕎麦屋、ファーストフード店ばかり、井之頭五郎のようにお店を選んで味わってなんてことはありません。
探偵にとっては職業柄、こういったお店が多くあると助かるのですが味気はありません。
せいぜい聞き込みなどの内偵や地方出張の際に楽しむ程度です。
しかも内偵の場合、住宅地域も多く、お店をいろいろと選択するなどもなかなか出来ません。
仮に内偵途中でお店に入れたとしても聞き込みをしながらの食事もあり、味わっている余裕もそうそうありません。
だからからなのか「孤独のグルメ」に共感しファンになってしまったのかとも思えます。

 

明日の深夜は仕事がなければダイレクトに見たいのですが仕事でも録画しておきます。

 

 

探偵ブログ・六本木

10月 1st, 2015

赤坂と隣接する東京でも有名な六本木という繁華街。

特に当探偵事務所がある赤坂9丁目はミッドタウン東京と隣接しています。

 

東京の地下鉄「赤坂」駅からは徒歩7分くらいですが「六本木」駅からですと5分くらいで当探偵事務所に来られます。

ただし急な坂を下りて頂くことになり、帰りはその坂を上って頂くことになりますのでけっこう疲れるかもしれません。

 

しかし、昼間や夜間、特に深夜の時間帯は芸能人がよく歩いているのを見かけます。

 

尾行の練習で追跡してしまおうかと思うことしばしば。

もしかして芸能ニュースのスクープになるような出来事をキャッチできるかと。

しかし、探偵は依頼のない調査は御法度です。

悲しいかな、探偵は調査依頼があって初めて探偵業務に携われるのです。

探偵といえども個人の趣味で尾行をすればストーカー行為になってしまいます。

 

 

写真撮影も同じです。

個人の趣味で撮影し楽しむのは全く問題はありませんがネット上の投稿などは本来、禁止事項です。

ただ芸能人ならばその辺は許される場合はあるみたいです。

 

赤坂、六本木、渋谷などには探偵の技術を持っていればそれこそ芸能ネタになる情報はけっこうキャッチできることがあります。

 

実際にあの芸能人が・・・・・なんてこともよく見かけています。

 

東京の繁華街に事務所を構える探偵はけっこうあるかもしれません。

特に当探偵事務所のあるオフィスマンションにもいくつかの芸能事務所があるのですから。

 

 

しかし、多少、お金になるかも知れませんがそれほど探偵は暇ではありません。

日々の正式な調査依頼を遂行するために日夜、頑張っているのです。

芸能週刊誌やスポーツ新聞などから依頼があればいろいろと動けるのですがまず来ないでしょうね。

 

なにしろ自社で探偵まがいのスタッフを抱えているみたいですから。