Archive for 2月, 2016

探偵ブログ・警察OBを広告の謳い文句に

2月 27th, 2016

探偵社や興信所の中には警察OBが経営していたり、社員に多くいるなどを「警察OB出身」を謳い文句に広告宣伝している同業他社さんがいます。

 

でもよく考えてみて下さい。

 

定年退職を迎えた警察官が探偵業を営んでいるのかもしれませんが正直、尾行、張り込みは年齢的にかなり厳しいかと思います。
実際は探偵調査業務はせずに経営に専念しているか、アドバイザー的に席をおいているものと思います。

 

定年退職者でなければ中途退職者しかありません。

 

警察という組織に属している警察官は安定した環境下にある地方公務員です。
警察官を中途退職した者の殆どは何かしらの職務規程違反を犯し懲戒退職か懲戒処分までは行かなくても退職を余儀なくされたケースが多く、将来的に昇進が望めなくなった者が多いと聞きます。
いわゆる落ちこぼれてしまった者たちなのです。
正直、全ての中途退職者がそうだとは言いません。
家庭の事情や健康上の理由で中途退職した者も当然いることでしょう。
しかし、知り合いの現職警察関係者複数からの話では殆どが何かしらの処分を受けて退職した者が多いのは現実みたいです。

 

 

そしてここがもっとも重要なのですが警察官全てが探偵という職業に向いているかというとそうではありません。

 

実際に過去、当探偵事務所でも何人か中途退職した元警察官を雇っていた経緯があります。
当然、何かしら処分を受けて自ら退職した中途退職者たちでした。
それでも即戦力として期待をしていたのですが・・・・・いずれも期待はずれでした。

 

まず尾行、張り込みですが探偵を志してきた一般素人と何ら変わりなかったということです。
確かに刑事という経験があれば尾行、張り込みの最低限の方法や苦労は知ってはいます。
しかし、それでも甘さがかなりあります。
まず少人数でのチームでの調査には慣れていないということです。
また警察の捜査には何日も掛けられますが探偵は1日1日、依頼者からの調査料金で成り立っているので日数を掛けられません。

 

そして刑事ではない警察官もたくさん存在しています。
交番勤務である地域課であったり交通系や鑑識系なども尾行や張り込みは基本することはありません。

 

聞き込みにおいては素人と何ら変わりませんでした。
探偵の聞き込みはまずセールスマン同様に如何に玄関を開けさせるかに掛かっています。
話に興味を持って聞いてくれなければ何も会話はできず、聞き込みそのものもできないのです。

警察官に対しては警察手帳とかバッジを見せれば多くの人は捜査や調査に協力を惜しみません。

 
探偵は身分を一切明かせません。
明かしてはいけないのです。
こういった制約の中でいろいな情報を聞き込んで来なければならないのです。
権力のない方法での聞き込みには刑事経験者でもかなり閉口したようです。

 

ですから警察官を経験していた人は探偵としては優秀という構図が全く成り立たなくなります。
まして組織から落ちこぼれ、探偵として役立たない人が探偵社の看板を上げたからといって優秀な探偵社であるということはありえなくなります。
もちろん全てがそうだとは言いません。
中には警察OB(6年在籍していましたがある行為により1ヶ月の停職処分で退職)ですが30年近く探偵をしている優秀な探偵も知ってはいます。
ただ彼は警察OBという事実を広告などに公開していません。

 

 

「警察OB出身」などと書かれている広告は一般の人にとっては誇大イメージ広告のひとつとして通用するかもしれませんが探偵経験者からしてみれば無能な探偵事務所の看板を上げているのに等しいと思われています。

 

 

そんな誇大イメージ広告に騙されて被害を受けなければいいのにな、と思いながら・・・・・・・・。

 

 

探偵ブログ・芸能人への尾行調査

2月 26th, 2016

当探偵事務所・赤坂アーガス東京ではファンによる芸能人への調査はお断りしている。

ファンの中には今の家が知りたいから始まり、交際している異性を知りたいといった内容が殆どである。
調査料金に糸目を付けないようなお金持ちのファンでもお断りしている。

 

 

当探偵事務所には芸能人の尾行調査というか素行調査をする機会は同業者よりは多いかもしれない。
東京都心の赤坂にという場所に事務所があるからばかりか多少、芸能関係とのコネクションも持っているからである。

 

 

まず自社タレントの素行調査。

 

素行面の悪さというか交友関係の実態調査とでも言うべきなのか、所属事務所で把握しかねる深夜の時間帯や休日の行動調査。

でもこの調査は所属事務所からの依頼なので殆どのスケジュールは把握しており、それほど難しいことはない。

 

 

ところが別芸能事務所やスポンサー企業系からの依頼となると難易度がかなり高くなる。

スケジュールが把握できないために長時間の監視となる。

しかもテレビ局、スタジオなど警備が徹底管理された施設への出入りもあり、移動する車もスモーク仕様であったりと本人が乗っているのかも判らないといった具合である。

多少、空振りしたりと無駄な時間が増えてくるのはどうしようもない。

 

また人気のあるタレントだとその相手もマネージャーなどの関係者も常に尾行されることを計算に入れて一緒に行動している。

 

 

以前、銀座や渋谷などの劇場からある芸能人を尾行したことがあったが既にファンの人たちもタクシーなどを準備して追っかける準備をしていたり、バイクを用意していたりとこちらの尾行するどころか「おっかけファン」に邪魔をされ、相手の車の後にもつけることもできず、あっという間に見失ってしまったなんてことも経験している。

 

これほどの売れっ子の芸能人だと尾行もかなり困難でクライアントの希望する情報がなかなか得られないケースも多い。
自宅から車で外出する際もマンションの駐車場から出てくるのであるが車を特定するのにも一苦労である。

 

 

そこそこの芸能人だとこんな苦労もなく、調査を遂行できるのですが。

 

芸能人のピンキリですね。

 

しかし、正直、芸能人といわれる人たちの中にはそれこそ週刊誌ネタになるような素行不良な人もいて驚かされることもあります。
ここでは書けませんが。

 

 

極一般人を対象とした調査でも都心の一流ホテルのロビーなどで張り込んでいると芸能人の出入りもよく見掛けますよ。

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の川津桜

2月 24th, 2016

2月の下旬、東京は暖かい日も希にありますがまだまだ真冬の状態で寒い日が続いています。
そんな中、地元の「赤坂サカス」の広場にある「川津桜」が開花しており、ちょっと早めの花見を楽しみました。
「川津桜」とは伊豆半島の河津町にある早咲きの桜で,寒緋桜と大島桜の雑種であると聞きましたが詳しくは知りません。
周辺のOLさんやサラリーマンもスマホで撮影したりと早めの春を感じていました。
あと1ヶ月もすると赤坂周辺には「ソメイヨシノ」を中心とした桜の花見の名所はいくつもあり、本格的な花見シーズンとなり、多くの人が赤坂周辺にも訪れるでしょう。

 

 

それにしても探偵にとって寒さはかなり堪えます。
張り込みには寒さは大敵です。
張り込みの際にいつも車が使えるとは限りません。
真冬の深夜、早朝の立っての張り込みは感覚がなくなる程に厳しいものです。
しかも張り込みについては殆どが先が見えないというのが現実です。
対象者がいつ出てきてくれるのか、全く判りません。
それこそ出てくれないかもしれません。
例えば対象者があるマンションの1室に入っていったとします。
2,3時間で出てきてくれるのか、そこが浮気相手の部屋で外泊するかもしれないのです。
それでも出てくるまでじっと待ち続けるしかないのです。
この辛さに耐えられず、転職していった新人君も多くいました。

 

 

今では「ヒートテック」なアンダーウェアから薄手のダウンジャケットなど数多くの種類が開発販売され、探偵にはずいぶん助かってはいます。

 

 

こんな辛い思いをして一生懸命に張り込んでいても不審者として警察に通報されることも。

探偵とは本当に辛い業種です。
それでも何かしらの魅力があるから何年も探偵を頑張れるのです。

 

それにしても毎年思うのですが春が待ち遠しい。

 

 

 

 

探偵ブログ・桂文枝師匠の不倫疑惑

2月 22nd, 2016

関西の大物落語家である「桂文枝」師匠の不倫疑惑。

 

 

なんと相手の女性演歌歌手は自分が以前ファンであった「紫艶」さん。

15年位前に知り合いの女性がスナックのカラオケで「渋谷のネコ」を歌い、良い曲だと思い、CDを購入、本人の歌を聴き、ファンになった過去がある歌手でした。

何ともその当時から不倫関係はあったらしいのですが。

 

 

まっ、芸能人ですからある程度、男性関係はあるとは思っていましたけれど。

その後も、宴会ソング的な歌を出したり活動してはいましたが最近では全く彼女の名前は聞かなくなり、とうに引退でもしていたかと思っていたらこの報道。

 

 

桂文枝師匠もなかなかですね。

ただ、テレビの報道では泣いて弁明。

少々ガッカリです。

 

 

「なにわの春団治」みたいに「芸の為なら女房も泣かす」的に落語家的に笑いに終始してくれればとテレビを見て思ったのは私だけでしょうか?

 

 

さすがに現代では「不倫」は通らないのかもしれませんが落語家らしくなんか洒落で返して欲しかった。

 

 

ま、不倫をしていたのなら今の世の中、女性層からは受け入れないのかもしれませんが。

 

 

でも探偵から一言。

最近は男性の浮気というか不倫が少なくなってきていますよ。

ご主人の浮気調査が以前と比べ減ってきているのは確かです。

浮気をできるのもそれなりの余裕をもっていないとできないのかしれません。

不倫が本当かは定かではありませんが本当ならさすがは「桂文枝師匠」。

 

ところが妻の浮気調査は増加中。

男性としては考えさせられる状況です。

 

数10年後の将来はどうなっているのか、私もとっくに他界しているでしょうが気になる女性の不倫状況です。

 

 

 

 

探偵ブログ・今年のバレンタインデー結果

2月 17th, 2016

今年も相変わらず、馬鹿な不倫カップルがバレンタインデーにデートして不倫。

 
結果として当探偵事務所に不倫の事実を押さえられた数組の不倫カップルさん、残念でした。

 
多分、ホワイトデーはないですよ。
その頃にはそんな気分ではない状況に追い込まれているかもしれません。

しかし、不倫カップルでもイベントデーには弱いのですね。
配偶者にもバレバレになるほどに見え見えの不倫相手との時間調整。
イベントデーでの単独の動きは配偶者にはけっこう読まれていますよ。
いろいろと努力して嘘の予定を入れていたみたいなのに・・・・・・。

 

 

やはりバレンタインデーには恋人気分で会いたいのですね。

ただこの傾向は不倫カップルとなってまだ日の浅いカップルが行う行動。
家庭があっても関係ない状況にまで燃えているのかもしれません。
本当に気持ちは独身の恋人同士となんら変わりません。

 

 

ベッキーの件にしても、あの育メン元国会議員の宮崎大先生にしても・・・・・。

 

 

そんな中、長年、不倫を続けているカップルはイベントデーは差し控えたりしているみたいです。
長年不倫関係を継続できる秘訣はお互いそれぞれの生活に立ち入らないルールもあったりしてイベントデーなども干渉し合わないというのです。

こういった不倫カップルはなかなか尻尾を出さず、長期間に調査が及ぶこともあります。
なにしろ月に1,2度位しか会わないのですから。
それでも継続できる関係性は不倫とはいえ大したものかもしれません。

 

 

まっ、今年のバレンタインデーの期間において不倫相手と会ってウキウキしているカップルの内、何組かはこの数日後、修羅場になるかもしれませんよ。

 

 

探偵を恨まないで下さい。

 

 

 

 

探偵ブログ・宮崎議員の不倫問題

2月 12th, 2016

自由民主党の国会議員で育児休暇制度を国会議員でも活用する云々と言っていた宮崎議員の不倫問題が社会面でのニュースを賑わしている。

 

 

探偵業を営む者にとって宮崎議員がしでかした不倫、浮気は夫の浮気調査の中でも典型的なパターンである。
妻が出産を控えた時期での浮気は過去より結構多いのである。
確かに出産を控えた妻との夫婦関係は殆どできないのであるがそれでも夫も我慢し他の女性に走るという不倫行為は倫理上、やはり認められない。
まして育児休暇云々の話は国会議員という職ではどうなのかと議論が出てきた矢先の不倫問題である。

 

 

確かに育児は大変で私も経験がある。

探偵という不規則な職業をしていた為に行き児は妻に全てを任してしまっていた。
確かに全国民が育児休暇を取れるシステムが構築、制度化されれば助かる家庭も多いことだろう。
まして少子化という現実問題もある時代である。

 

 

しかし、この宮崎議員は育児休暇云々の前に浮気相手との時間を取る為の休暇申請と捉えられても致し方ない。

困った国会議員である。

この問題発覚で夫の育児休暇問題は後退するかもしれない。

 

 

世間でも妻の出産時期での浮気は実に多い。
男として理解できる部分も少しはある。
しかし、自分で処理するとか風俗店で処理してもらうとかいろいろと方法はあるのである。
妻の中には風俗店での処理もアウトという人もいるかもしれないが。

 

 

まっ、この宮崎議員は国会議員としての資質に乏しく、実際、政治生命を脅かす程の窮地に追い込まれるはずである。

 

 

出産時期に入っている奥様は子供を授かるという幸せの時期で夫を疑うということはなかなかできないかもしれないが少しでもおかしな行動が見え隠れしたならば探偵に浮気調査を依頼することをお勧めです。

なにしろ出産後、育児に大変な時期に浮気相手と交際が継続しているというパターンの多いこの手の浮気は早めにつみ取らなければならない問題である。

 
こんな時こそ本当に探偵は役立つ。

 

 

それにしても宮崎議員や「ゲスの極み乙女」の川谷君も夫の浮気、不倫を世間に出され、窮地だろうが探偵にしてみれば夫の浮気、不倫問題を改めて世間に問い質してくれた功労者である。

 
これで夫の浮気調査の依頼もまた向上してくれ、探偵業界が活気づくことを望んでいる私も「ゲス」かもしれない。

 

 

 

探偵ブログ・あとわずか

2月 8th, 2016

先日にも記述しましたが浮気に疑惑のある方、浮気調査をしてみたいとお考えの方。

バレンタインデーというイベントデーにおいて不倫カップル、浮気カップルも変わりありません。

女性から不倫相手や浮気相手にプレゼントができる日なのです。

相手が既婚者であれ、独身であれ、女性からプレゼントをあげられる日なのです。

特に浮気、不倫カップルにおいて配偶者の存在を知っている人が殆どです。

 

 

夫と浮気相手女性のカップルの場合は普段は奥様に遠慮しているのかもしれません。

夫の都合で都合の良い女とされているかもしれません。

それでもこのバレンタインデーでは奥様以上に愛がある事を伝えられる日なのです。

 

 

妻と浮気相手男性のカップルの場合は妻が女に変貌し浮気相手男性に愛情の証であるプレゼントを渡したいのです。

 

浮気夫にしろ浮気妻にしろバレンタインデーは普通の恋人同士と変わりない大事なイベントデーなのです。

 

逆に言えばこれほど浮気の証拠を押さえるのにチャンスな時はありません。

まして今年は日曜日がバレンタインデー。

こうなってくると14日は当然ながら12日の金曜日、13日の土曜日、15日の月曜日の4日間に絞られます。

 

バレンタインデーである14日の日曜日に何かしら外出する予定を入れていたら要注意ですが当日に外出しなくても前々日の金曜日の夜、土曜日の1日、15日月曜日の夜、考えてみてください。

 

何しろバレンタインデーは探偵にとってクリスマスの次に浮気調査の多いイベントデーですので予約が殺到します。

 

せっかくのチャンスなのに前日のご依頼では浮気調査をお受けできない時もあります。

もうギリギリかもしれません。

 

バレンタインデーを挟む数日間の浮気調査については早めのご予約をお願いします。

あとわずかです。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の街に青森県

2月 6th, 2016

東京メトロ千代田線「赤坂」駅からほど近いビルの1階に青森市、青森県平内町、外ケ浜町、今別町、蓬田村の5市町村が連携し「青森と首都圏をつなぐビジネス交流拠点」を今年3月に開設するらしく準備に入っているという。
特産物販売ばかりでなく、飲食もできるスペースもあるらしく今からとても楽しみである。

 

 

なにしろ探偵という職に就いて30年以上経つ私は探偵の仕事で何度か青森県内へ行っている。
その際、食事に恵まれていたのか入った店にハズレがなく、どのお店で食べた食事が非常に美味しかった。
また青森県内で普通に売られている果汁100%のリンゴジュースが美味しかったのには驚かされてしまった。
電車で移動するときも仕事であった為、アルコールは禁止、駅の売店で購入したリンゴジュースを飲んだのだが本当に美味しかった。
2年に1回も行かない青森県なのですが行った際には必ず飲んでいるリンゴジュース。

 

 

今まで殆どが結婚調査、身上調査、所在調査における聞き込み主体の内偵調査で青森市、八戸市、弘前市などなど。
個人の旅行や学生時代の合宿を含めると既に10回くらい青森県内には行っている。
五所川原市、十和田市、むつ市など。

 

 

弘前市には今でも思い出深い場所となっている。

 

今からちょうど30年前。
羽田から飛行機で青森空港へ行き、そのまま現地であるむ弘前市のはずれにある山間部の集落に行く。
聞き込みをするのだが弘前弁というか津軽弁かは判らないが方言がきつく、何を言っているのか理解できない。
特にご老人からは調査に協力してくれて話をして下さるのだが何度も何度も聞き直ししてしまった。
本当に外国に行っている気分。
方言でこれほど苦労したのは後にも先にもこの弘前市である。
確かに方言のきつい地域は全国にあるがなんとか理解できる。
相手も東京から来たと判ると方言を避けて話してくれるからだろうが。
当時、まだ探偵としてキャリアが浅かったなのか苦労してしまった思い出が今でも鮮明に残っている。

 

 

それにしても新幹線によって青森県も近くになってしまった。
1年位前に弘前市に調査に行ったのであるがなんと日帰りで帰って来れたのである。
旅館かホテルに一泊して地方の夜を謳歌するなんてことは・・・・・・昔がなつかしい。

 

 

私の勤める探偵事務所がある街、赤坂に青森県が・・・・・・・楽しみである。

 

 

 

探偵ブログ・節分

2月 3rd, 2016

今日は節分。

 

世間では清原が覚醒剤で逮捕のニュースで持ちきりですが。

 

 

お寺、神社などでは力士、スポーツ選手や芸能人などの著名人が豆まきをするイベントで盛り上がったりすることでしょう。
家庭でも小さいお子様がいらっしゃればお父さんが鬼に扮し豆まきする家もあることでしょう。

 

私も小さいときには「福は内、鬼は外」と大きな声で豆まきをした記憶があり、近所の家でも同じような声が聞こえていたものです。
しかし、最近は自宅にいても殆ど聞かなくなりました。いや、聞こえなくなりました。
マンションでは窓から外に豆をまくなどはしないのでしょう。
近所迷惑にもなりますし・・・・でも、なんか寂しい限りです。

 

豆まきに代わり、節分の行事として全国的に流行りだしたのが「恵方巻き」。
東京生まれで東京育ちの私には節分に「恵方巻き」を食べるという習慣がなく、当初は???でしたがここ数年、食べる習慣になっています。
今年は南南東が恵方ということですが。

 

 

今晩は南南東に向きながら探偵業界の今後をお願いしつつ黙々と食べることとします。