Archive for 3月, 2016

探偵ブログ・女子中学生監禁事件を考える

3月 29th, 2016

 

まだ詳しい犯行経緯や状況は不明であるが計画的な犯行であるらしい。
計画的ということはストーカー的行為を繰り返していた可能性も高くなる。

女子中学生宅近隣からは不審な男性が行方不明になる前に家の周りをウロウロしていた若い男性の姿が目撃されていたという複数の証言が得られていると報じられていた。

この誘拐監禁は金銭目的ではなく、多分、性的目的と推察されるが約1年11ヶ月の間、周囲にばれずに監禁していたと思う。
余程、女子中学生に対して恐怖を与えてコントロールしていたとしか思えない。
普通に考えれば犯人が外出している際に大声を出して助けを求めたり、窓を割ったり、窓から物を投げ捨てたり、それこそニュースで報じられているように玄関口に外から鍵が掛かっていたとしても物を燃やしたりと近隣に伝える方法はあったと思われるので余程精神的に脅迫、追い込んでいたとしか考えられない。

 

 

13歳の少女の恐怖心はかなりのものと推察され、この犯人には憤りを覚える。

ただ救われるのは命を奪わなかったことである。
この点だけは情状の余地はあるかと。

 

 

ストーカー行為もこのような犯罪の序章である可能性も充分にあり、やはりストーカー行為については充分な警戒が必要である。

 

町で見掛けた素敵な異性の後をつけ、家を突き止めたいという軽い気持ちもストーカー行為の初期減少である。

 
ストーカー行為は誰でも考えてしまう過ちであり、大きな犯罪へと発展してしまう可能性もある。

 

 

ストーカーされていると感じたら警察への相談は当然であるが探偵に相談して貰えれば専属で警護を含めストーカーの事実を押さえ犯罪を防止しています。

 

 

しかし、今回の女子中学生について命が無事で良かったと本当に思う。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・乙武氏の不倫問題

3月 25th, 2016

またまた出ました著名人の不倫、浮気問題。
今年に入ってから約3ヶ月、政界、芸能界などでは不倫発覚によりこの問題がいろいろと取りざたされている。

 

 

探偵という職業柄、いろいろな不倫ケースを見てきたが世間でもこの問題はずっと続いている。

 

夫の不倫に関しては夫側の職業は全く関係ない。
それこそ不倫という非道徳行為をするとは思われない聖職者と言われる人でもこの間違いは犯している。

小、中、高校の先生、大学の教授、講師という教職者、弁護士、検事、検察事務官などの司法関係者、警察官、消防士、税務官、それこそ各官公庁職員からお坊様から神主の宗教関係者まで本当に全く関係ないのである。

表面上、道徳や倫理感を唱えている人にも不倫調査で確認された浮気は数多く、男女問題に関しては一般人、俗に言うところの下世話な人と何ら変わりないのである。

また企業経営者、大手から中小会社役員しかり、本当に職業は関係なく、金銭的余裕と時間的余裕がある人に多く不倫問題が出てきている。

 

 

更に最近の傾向としては妻の不倫問題も増加、全く疑いを持っていない夫も多く存在していると思われ、その割合は夫と変わらなくなってきているのかも知れません。

 

確かに不倫という行為は刑事罰の対象となる犯罪ではありませんが民事に認められている不法行為なのです。

不倫についてはこのくらいにしておきますが乙武氏の謝罪文とは別に乙武氏の妻も謝罪文を各マスコミに送付、その内容に世間の女性から疑問視される声が多く聞かれている。

 

何で浮気された妻が世間に対して謝罪文を出したのか?

夫の不倫の原因は妻にもあったかのような書き方です。

 

 

確かに世の中の女性は妻の不倫、浮気に対しては浮気に走った原因は夫にあると言う人も多くいます。
男性である私には理解に苦しみますが・・・・・・。

 
ところが逆のパターンでは許せないのでしょう。

 
夫の不倫、浮気については夫が悪いと言う人が殆どでした。
この差はいったいどこから来るのでしょう。

 

 

しかし、五体不満足の乙武氏もどこが不満足?
不倫したくてもできない男性も増えているといわれている昨今、なかなかどうして「雄」としての力は昨今の男性以上だったのですね。

今年の選挙に立候補して国政に参加するとの噂もあるみたいですが。

 

 

何はともあれ、浮気、不倫調査は当探偵事務所・赤坂アーガス東京にお任せ下さい。

実績、経験が違います。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・ショーンK問題を考える

3月 22nd, 2016

経営コンサルタントでテレビコメンテーターとしても活躍していたショーン氏が学歴などを詐称していた事でレギュラー出演していた番組を自ら降板した問題。

 

マスコミによるといろいろな虚偽や詐称が更に出てきており、問題視されている。

 

個人的には今まで出ていた番組を見ていてもそれなりの勉強をしていて知識もあり、好感は持っていたのであるが・・・・・・残念である。

 

このような詐称問題は探偵をしているとよくぶち当たる。

ショーンK氏と同様、自分を良く見せたいが為に嘘をつく虚栄心の強い人は多いのである。

 

中途採用の際の採用調査などにおいて学歴や職歴を詐称して履歴書を作成してくる人物はけっこう存在しているのである。

 

多分、中退しているのであろうが卒業したと記述していたり、職歴も実際にはいくつもあり、転々としているのに2カ所位を記述して入退職日をごまかしていたりと様々である。

 

また中には手の込んだ詐称をしてくる輩もいる。

既に倒産した一流会社に勤務していたとする場合である。

倒産した会社から情報はなかなか得られないので探偵でも難しいのであるが精査していくと辻褄が合わなくなり、詐称が判明する。

人事担当者をだませても探偵はだませないのである。

 

ただ、このショーンK氏と同様に外国の大学での学士、修士、博士などの取得に就いては探偵でも調べるのが困難である。

たとえ英語が堪能であっても外国の大学では全く卒業確認の協力はして貰えず、日本のように同窓会名簿などの入手もできない。

この手の詐称については正直、難しいのであるが当時の居住先近隣での聞き込みをするとけっこう判明してくるものである。

例えば、日本の大学にいったものの途中で退学しアルバイトをしていた事が判明すると留学していたという事が嘘になってしまう。

仮に嘘と断定できなくても嘘の可能性があるとの報告ができる。

 

 

この判断ができる為の情報を如何に収集できるかできないかが探偵の資質なのかも知れない。

 

しかし、ショーンK氏も外国の大学を卒業したとかは調べても判らないと思ったのか高い代償を支払う嘘をついてしまったものである。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・ストーカー犯罪の公式統計

3月 18th, 2016

2015年度のストーカー犯罪のデータが警察庁より公開されました。
約20000件のストーカー被害が報告されたと言うことです。

 

 

確かにストーカー殺人などニュースになり、社会の注目を集めた事件もありましたがストーカー犯罪の殆どはニュースにもならない事件だということです。

しかもそれだけの被害者が世の中に存在しているということなのです。

それでも2014年よりは約3%ほど減少したとも言われています。

 

 

被害者は9割が女性で20代、30代、40代、10代と続き、70歳以上でも200人を超える被害者が存在しています。
加害者の年代別では30代、40代、50代と続き、60歳代でも1500人、70歳以上でも600人以上と高齢化している現在の結果統計には驚きを隠せません。

また被害者と加害者の関係については元を含む交際相手が50%の約10000件、続いて知人、友人の2700件、勤務先同僚などの職場関係が2500件、元配偶者を含む配偶者が1700件の順となっており、全く面識がないという件でも1300件あったという事実です。
いわゆる町中で見掛けただけの面識のない人に対してストーカーするという行為でしょう。

 

 

動機についても好意の感情が最も多く15000件、好意が満たされない怨恨の感情が5000件となり、この怨恨の感情が殺人や傷害へと導くものとされています。

 

 

統計から見るストーカー行為で多いのが複数回答になりますが「つきまとい・待ち伏せ行為」と「面会や交際の要求」がいずれも10000件と多く、続いて「無言電話・連続電話・メールなどの嫌がらせ行為」、そして「乱暴な言動」となっています。

 

 

警察庁が把握しているストーカー犯罪の統計は上記のようになりますが実際、警察に届けていない、届けられない被害者も数多くいるのが現実です。

 

 

また実際に所轄警察署に相談に行ったとしても相手を特定するなどの捜査はなかなか実行して貰えず、加害者が特定されていた場合でも連絡して指導する程度と却って怨恨の感情を逆撫でしてしまう場合も出てきます。

 

 

探偵事務所では加害者の特定から警護も致します。

 

 

もし貴方自身や身内の方にストーカー被害を宇たっえている方がいらしゃっれば当探偵事務所・赤坂アーガス東京にご相談下さい。
きっとお役に立てるものと思っております。

 

 

 

探偵ブログ・悪徳探偵の実態

3月 17th, 2016

絶対にあってはならない悪質な探偵とはどういった事をするのでしょう。

 

 

まず依頼内容を調査対象者に打ち明け、調査結果や行動状況を教えて貰い、あたかもきちんと調査したかの様に調査報告書を作成し提出、調査料金を搾取するという行為。
これは時として調査対象者からも金品を搾取する場合があり、完全に犯罪行為です。
また浮気調査では浮気の事実を掴んだ浮気相手に報告書に虚偽の報告をしてやるといって脅迫、金品を搾取、依頼人には事実を報告しないという探偵社。

 
当然、この行為も犯罪です。

 
ただ、これらは現在、認可制とはいえ公安委員会に届出をしている正式な探偵社ではまずありえない行為と言えるでしょう。

 

 

次に調査そのものをしないで調査したかの様に振る舞い、調査料金を搾取する探偵社。
例えば浮気調査などで尾行などしないで帰宅した時間だけを見て「何時に帰宅しましたよね。でも浮気の事実は無かったです。」
「調査料金を安くする為に報告書は無駄なので作りません」という探偵社。

 

実際に存在するみたいですがやはり詐欺行為です。

 
全く浮気の事実が無かったとしてもその行動を裏付ける要所要所の写真や映像を添付した報告書は必ず提供して貰いましょう。
調査実施日に浮気の事実が本当に無かったとしてもそれを裏付ける証拠写真を貼付した調査報告書の提出は探偵としての責務でもあります。
こういったケースは調査料金前払いのところが多いみたいです。

 

 

更に浮気現場が押さえられる様な時に勝手に調査員を増やし、割増料金を請求する探偵社。
確かに浮気現場の状況で設定した調査員人数で対応できない場合もあります。
その際は必ず御依頼者に状況を説明しご納得の上、人数を追加すべきことでこれを怠り、勝手に人数を増やし、「証拠が押さえられたから良かったでしょう」と平然と割増料金を請求する探偵社もあるようです。
依頼人にしてみれば証拠が取れたから致し方ないと思い、支払う人が多いらしいのですが同業者としては業界の信用問題にも発展し悪質と感じています。

 

 

また最近多い悪質な行為は4人の調査員を使うということで契約したものの実際には2人しか調査員を派遣せずに4人分の料金を搾取する探偵社。

 
やはり詐欺行為ですがなかなか立証するのが厳しいみたいです。

 

 

張り込み場所で2人しか調査員をクライアントが確認できなくても裏側にいるとか隠れているとかと何とでも言い訳ができてしまうからです。

 

 

もちろん探偵業法や各法律に違反する様な調査を受けていたり、調査そのものに違法性がある探偵社は悪質なのですが・・・・・。

探偵ブログ・データ調査

3月 15th, 2016

現代、個人、法人などについてのさまざまなデータというものが存在しています。

 
ネット上で氾濫している情報データばかりが広告宣伝しているデータ専門の業者もあり、法人情報や個人情報などが意外にも一般人でも入手可能です。

 

 

代表的なのが名簿屋でしょう。

 
いろいろな名簿を買い取り、それを情報事に振り分け、販売しています。
たまに会社の顧客情報は盗み出して名簿屋に売却したというニュースが流れていますがそういった顧客情報をコンピューターに入力することでさまざまな検索方法で情報を得ることが出来るようになっています。
パソコンがこれほど便利になった世の中だからこそ、簡単にデータ検索ができるようになったのでしょう。
以前でも名簿屋はありましたが人力での作業で情報も紙ベースでした。
確かにデータをパソコンに入力する作業も大変でしょうが私たち探偵業者ばかりかいろいろな業種からのニーズもあり、それだけ儲かるのだろうと思います。

 

 

探偵にとっては如何に多くの最新データを収集できるかが探偵の能力のひとつとも言われており、実際に収集能力の少ない探偵社は他の探偵社に依頼して情報を集めなければクライアントの希望に応えられないのも事実です。

 

 

例としてあげた「名簿屋」ひとつにおいても東京にある当探偵事務所はいくつかの名簿屋に直接行っていろいろな情報を集められますが地方ではなかなか厳しいみたいです。

 

公共機関のデータの宝庫といえば国会図書館でしょう。

ここにも大きくデータ関連書籍が満載です。

意外にも個人情報が簡単に見つかります。

これを利用しない手はありません。

 

 

やはり東京という首都、それも赤坂という中心地は片道200円も電車賃を出せば行けるところばかりです。
これが地方ですと下手すれば検索作業を含め1泊する羽目になるかもしれません。

 

 

情報提供する値段にもかなりの差が生じてくるのです。

 

 

その他、名簿屋ばかりでなく、探偵はいろいろな情報を収集し御依頼者の希望する情報を提供したり、さまざまな調査に役立てているのです。

 

 

その収集能力こそ探偵の力でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・原発と北朝鮮

3月 12th, 2016

何か北朝鮮が戦争を起こしかねない状況に陥っているみたいである。

 

国連でも人権委員会から脱退、制裁においても中国を含め各国が協調しいろいろな手段を講じてきており、更に孤立化して追い込まれつつある。

 

 

もし韓国と北朝鮮が戦争でも起こせば、アメリカは韓国を支援し日本も韓国側につくのは明白でしょう。
北朝鮮にしてみれば韓国は同じ朝鮮人であり、親戚なども南北に別れている人も多いと聞く。
アメリカは遠く、また怖い存在でもあり、直接、アメリカ本土を攻撃することは少ないと思われる。
すると狙いやすいのは日本かもしれない。
アメリカの属国と考え、日本海を挟んで近い存在、ミサイルを打ち込むには適していると考えるかもしれない。

 
北朝鮮が狙うのはどこがベストかと考えると北朝鮮が持っているミサイルの精度にもよるが東京、大阪などの大都心、又は原発施設かもしれない。
北朝鮮でも5年前の福島原発事故のことは当然知っているでしょうしその放射線被害がまだまだ続いており、除線されるのに更に3,40年以上掛かるということも。

 

核兵器を使わなくても命中精度さえあれば日本を混乱させるだけの方法は知っており、また日本各所に標的となり得る原発は点在しており、場所も公開されている。

 

とても嫌な感じがする。
こんな悲観的な考えをしているのは自分だけなのでしょうか。

 

 

原子力規制委員会などが再稼働についていろいろと話しあったり検証したりしていると聞くがこのミサイル攻撃も想定しているのだろうか?
東日本大地震の際でも津波を想定していなかったというのが刑事訴訟の論点となっているようにミサイイル攻撃は想定外と思っているのだろうか?

5年前に起こった東日本大震災における福島原発事故の映像が3月11日前後に連日放送されているが今になって知る当時の切迫した状況。

 

いつミサイルが飛んでこないとも限らない状況において本当に原発は必要なのでしょうか?

 

 

しがない探偵でもたまにこんなことも考えているのです。

 

 

 

 

探偵ブログ・ホワイトデー

3月 11th, 2016

先日のブログに書きましたがクリスマス、バレンタインデーに次ぐ、男女にとってのイベントデーの一つであるホワイトデーが明々後日となりました。

 

 

配偶者の浮気が気になる人は浮気調査の予約はすみましたか?

 

 

けっこうホワイトデーも浮気調査によって浮気の事実が判明する高い日です。

何しろ男性にとってはお返しをしなければなりません。

けっこう男性は女性と比べると義理堅いところのある人が多いみたいです。

特に浮気相手から貰ったバレンタインデーのお返しはするでしょう。

と、いうことは会うのです。

 

浮気相手が遊び相手と割り切った関係なら会わないかもしれません。

しかし、浮気相手にいい関係を続けたいのならまず会うでしょう。

 

こんなチャンスを逃す手はありません。

 

ましてホワイトデーは月曜日。

残業、接待、付き合いなどいろいろと配偶者に嘘を言えやすい日です。

 

明日、明後日、当日とまだ日があると思われるかも知れませんがお急ぎ下さい。

 

既に何件かの浮気調査の予約が入っています。

明後日、当日は殆ど依頼を受けてもお断りする事となってしまうでしょう。

 

ご決断は今しかないのです。

 

 

それこそ、浮気調査はいつするの?

 

 

ホワイトデーである「今でしょ!!!」

 

 

 

 

 

探偵ブログ・浮気調査で発覚

3月 9th, 2016

あるIT企業の経営者の奥様から浮気調査の依頼を受けて日常の行動をチェックすることに。

 
経営者ということで夕方決まった時間に退社するとは限らないので朝から張り込み、尾行調査を実施する。

確かに午前中には経営する勤務先に行き、それなりに仕事はしているようではある。

奥様によると浮気を疑うようになったのは接待と称して深夜や朝方の帰宅が多くなったことや洋服やアンダーシャツにファンデーションが付いていたことがあったということである。
またお金使いが粗くなり、奥様に対する接し方にも以前とは異なり、喜怒哀楽が激しくなってきたと性格面での変化も訴えていた。

 

 

この様なことから女性の存在を疑ったようで当探偵事務所・赤坂アーガス東京に依頼されてきたのである。

 

 

午後4時過ぎに勤務先から出た対象者は繁華街にあるシティーホテルのロビーに行き、男性2人と待ち合わせ、商談的な打ち合わせをしている。
その後、ホテルのバーに席を移動しお酒を飲みながら楽しそうに会話をしている。
8時過ぎにホテルより出た3人は1人の男性と途中で別れ、2人で繁華街の中にある8階建ての雑居ビルに入り、7階に行ったのである。

1、2階には飲食店は入っているがエレベーターで行く3階以上は小さなオフィスなどが入っている。
しかし、全体的に得体のしれない要素の強いビルである。

一緒にエレベーターには乗れず、後から7階に行くと出入口に監視カメラのついたオフィスがあり、完全に怪しい雰囲気。
1階近くで張り込んでいると反社会勢力、いわゆる暴力団関係者らしき人がやたらと警戒している。

トラブルを起こしたくない為にかなり離れて張り込むも正直、見づらい。

2人の男性は数時間そこで過ごし、出てきたもののそれぞれタクシーに乗って帰宅してしまった。

 

 

翌日、そのビルについて簡単に調べてみるも何のオフィスか実態が全く見えてこない。
1.2階の飲食店からも全く話が聞かれない。
直接、7階オフィスに尋ねたのだがインターフォン越しに冷たい対応。
全く得体が知れない。

 

その後、5日間調査した結果、最終日にある女性と浮気していた事実は掴み、浮気相手女性も特定したのであるが5日間においてこの怪しげなビルには2回行っている。
浮気相手と会うよりも回数が多いことになる。

調査終了後、いろいろと情報を集め、それこそ暴力団関係者からも情報を収集した結果、ルーレットとバカラをする「裏カジノ」であることが判明する。

 

 

完全に違法の賭博場で暴力団の資金源のひとつでもある。

 

裏カジノであるからか出入りも厳しいチェックもあり、会員でないと入れない為、周辺から聞き込みをしても実態すら聞かれないのも頷ける。

この対象者は浮気ばかりか暴力団との黒い交際までも発覚、裏カジノが摘発でもされれば、それこそいつ逮捕されるかも分からない状況である。

 
この奥様も浮気どころの問題では無くなってしまう。
早めにどう処置するかをアドバイスして調査は終了したのであるがその後、この夫婦はどうなったかは判らない。

 

 

浮気調査や素行調査をしていると繁華街での張り込みではたまにこういったケースに出会う。
特に新宿の歌舞伎町という地域では暴力団の事務所や裏カジノ、秘密売春クラブなども多く、ビル、マンションなどを張り込む際には周辺にも充分な配慮を怠るととんでもないことに遭遇する。

 
探偵としても身の危険を感じる時でもある。

 

 

 

探偵ブログ・ホワイトデーでの浮気調査予約

3月 7th, 2016

クリスマス、バレンタインデーと続き、イベントデーの中で3番目に浮気調査の依頼が多い、ホワイトデーがあと1週間後です。

 

 

男性からバレンタインのお返しをする日なのですが不倫・浮気カップルにとっても恋人、夫婦と変わりなくお返しをされたい、お返しをしたいと願うみたいです。

浮気・不倫カップルでも会いたいと願う1日なのです。

 

 

浮気・不倫を疑っている配偶者にしてみれば願ってもいないチャンスデーとなります。

このホワイトデーを見過ごすと次はクリスマスまでの9ヶ月以上、間が空きます。

まして今年は月曜日という平日。

バレンタインデーが日曜日であったために外出ができなかった人も多かったと思いますが月曜日には自由な時間が取れやすいはずです。

 

 

通常の月曜日でも浮気・不倫カップルにとっては会う可能性の高い曜日です。

意外と思っている人もいるかもしれませんが探偵にしてみると納得の理由が隠されているのです。

 

 

週の初めの月曜日から残業は余りしたくありませんしそれほど仕事もたまっていないはずです。
更に週の初めから接待や飲み会も少なく、自由になる時間が取りやすいのです。
しかも、土曜日、日曜日には家族サービスをしていて会えない浮気・不倫カップルも多く、そのようなカップルにとっては待ち遠しい月曜日なのです。

 

 

ホワイトデーというイベントデーが今年は月曜日という日にあたり、浮気・不倫カップルには好都合な日でもあり、会う確率はグンと上がります。

 

こんな日を逃すことはありません。

 

浮気に悩む人の中にはこの日と思っている人も少なくなく、浮気調査依頼が増加しますので早めのご予約をお勧めします。

単純に貴方が浮気をしていたとした場合を想定すると自ずとチャンスデーと言うこともご理解頂けるはずです。