Archive for 5月, 2016

探偵ブログ・何度も起こるストーカー殺人

5月 27th, 2016

ストーカー的な人物による殺人事件が多発しており、いずれも警察に相談しているいるものの対応の遅れが目につく。

 

 

確かに生活安全課の刑事さん達の話でもそれなりの対応はしている事は理解しているが殺人事件になってしまうとどうしても警察の対応の遅れを指摘されている。

現実問題、警察に相談してきているストーカー被害者の数は多く、対応できる警察官が不足していることは否めない。

しかもいつ事件が怒るかも判らないのであるからどうしても後手になるのはしょうがないと言える。

ストーカー的な犯罪はいつ起こるか判らないしストーカー相談者全てに警察官を付けて捜査や警護するなんて事は不可能に近い。

殺人事件や傷害事件などを起こす加害者は仮に警察官が出向き、説得したとしても犯罪を犯さないという保証は無く、更に陰湿化して執拗な行為に出る可能性もある。

正直に言うといたちごっこである。

 

 

もし貴方自身や親族にストーカー的な嫌がらせを受けていると思ったら当然、警察にも相談されるでしょうが探偵にも相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

確かに警察と違い、民間業者ですから料金が発生してしまいます。

しかし、常時、指定された時間、身を挺して警護や調査をしていきます。

 

 

ストーカーの実態を証拠として押さえ、また警護する事で被害を最小限にくい止める努力を致します。

実際に加害者を逮捕に導いたり、待ち伏せされ危害に及ぶかもしれない状況で救った事もあります。

 

 

探偵自身も危険な場合もありますがその為の警護です。

 

 

生死をさまよう危険な状況や命を取られる様な悲惨な結果にならない為にも料金はかかりますが探偵に調査、警護依頼をされてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

探偵ブログ・子供の運動会

5月 21st, 2016

今日、運動会をしている小学校が多いみたいである。

自分が小学校時代には秋に行われていたのだが最近では5月に実施される学校が多くなったと聞く。

 

 

本日の浮気調査は尾行対象者である配偶者がきちんと運動会の応援に行ったためにこの日の調査は昼過ぎに打ち切りとなってしまったのである。

仕事を理由に子供の運動会には行けないかもしれないと言っていた為に浮気相手と会う為に行けないと言っているかもしれないとの事で本日、予定通り浮気調査を実施したものの 突然、昨晩深夜に帰宅後、明日は仕事をキャンセルしたから一緒に子供の運動会に行くと言いだし夜中に依頼人から連絡が入る。

 

それでも途中から抜け出し、別行動をとるかもしれないとそのまま浮気調査を開始する。

 

 

しかし、昼食が終わっても抜け出す気配はなく、夕飯も一緒に外食することとなった為に打ちきりの連絡が入ったのである。

 

無駄な調査は早めに打ち切ったほうが依頼人の負担は少なくなる。

 

 

そして本日の仕事に行かなかった代わりに明日の日曜日に出勤すると言い出したので明日も朝から対象者自宅前で張り込みである。
どうやら浮気相手と連絡が取れて明日に変更になった可能性は高い。
もしかすると浮気相手から「子供の運動会には一緒に行って応援してあげて」でも言われたのかもしれない。

 
私も過去にそんな事があった。

 

 

と見栄を張り、嘘を書いた。

 

 

そんなことより明日の調査に備えて本日はとっとと身体を休めておこう。
多分、この男性は本日、見え見えの家族サービスをしているので明日は必至に浮気相手の機嫌を取るかもしれない。

 

 

過去の自分に照らし合わせて・・・・・なんて嘘はもういいか。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・テレビ初期の探偵ドラマ

5月 19th, 2016

多分、60歳以上の方しかリアルタイムで見たことはないかと思いますが昭和30年代には探偵が主人公のドラマが全盛でした。

 
実を言うと私も幼いながらリアルタイムで見ていた記憶があるのです。
私の年齢まで察しされてしまうと思いますが事実、初老なのでいたしかたありません。

 
大人気を博したのは「少年探偵団」「月光仮面」「まぼろし探偵」です。
いずれのドラマの主題歌は今でも歌えと言われるとすんなり1番のみは出て来てしまいます。
間違っているかもしれませんが。

 

 

少年探偵団については確か探偵事務所の所長と助手達の少年たちで事件を解決していくストーリーですが「月光仮面」「まぼろし探偵」はそれこそ今で言う変身特撮ドラマの走りというべき娯楽ドラマでピストルを打ちまくったりして悪の犯罪組織などと戦うという展開でした。

 

 

縁日などには月光仮面やまぼろし探偵のお面が人気を得て売られており、私も親にねだり買って貰った記憶もあります。
どのドラマもストーリー自体は殆ど記憶にありませんが変身して現れ、悪人と戦う姿に喜び、探偵という職業に憧れていたものです。

 

 

そして探偵になってしまい30数年になります。

 

 

あっと、ちなみに30年代後半にテレビアニメとして人気を博していた「エイトマン」も主人公は探偵事務所の所長という職業でした。

 

当時は本当に探偵というのはドラマやアニメで活躍、その後も時代を反映して様変わりしていますがいろいろな探偵ドラマやアニメが製作され、現在に引き継がれています。

 

 

あくまでも自分の趣味ですが昭和40年代後半に放送された探偵ドラマ「傷だらけの天使」にははまってしまいました。

 

 

 

探偵ブログ・ジャニーズドラマ

5月 17th, 2016

しがない初老の探偵が批判すべき事ではないだろうがゴールデンタイムの時間帯のドラマにジャニーズのタレントが主演するドラマが多過ぎる感がしてならない。

 

上手いなあ、と感心するジャニーズのタレントがいないわけではないが正直、殆どのタレントの芝居が上手いとは言えず、周りのベテラン俳優や女優達に助けられて
いるようにも見受けられる。

 

こんなしがない探偵がジャニーズを語ること自体、ご迷惑なのは理解していますので批判は受け付けません。

 

 

決してジャニーズのタレントが嫌いなのではありません。

俳優をしなければ個々では好きなタレントもけっこういます。

例えばスマップ、トキオ、嵐などのメンバーはいずれも個性があり、けっこう好きです。
又、ジャニーズの大御所マッチについては歌が好きでスナックなどでも歌ったりしており、数曲がレパートリーとしてあります。

 
また「関ジャニ」の村上君のトークにはおもしろさを感じているし同じグループの渋谷すばる君の歌唱力には驚かされ、正直、ジャニーズ所属のグループの中ではかなり上手いのではと思い、聞き惚れてもおり、素人のしがない探偵が聞いていても魅力は感じる。

 

 

しかし、俳優という職業、簡単にアイドルが勤まるとは考えにくい。
大小、さまざまな劇団があり、多くの売れない役者が頑張っている。
最近は見に行ったことは無いが以前はいくつの劇団の公演を見に行ったりしていた。
皆、演技の勉強についてものすごく努力している事は知っている。

 

 

そんな努力している劇団員にチャンスを与えても良いのではないかと思う。

 

確かに知名度が低く、華がないかも知れないが演技で視聴率は上げられるかもしれない。