Archive for 7月, 2016

探偵ブログ・リオオリンピック

7月 29th, 2016

ブラジルのリオデジャネイロで実施されるリオオリンピック。
もうまもなく開幕です。
しかし、治安が悪いことやジカ熱などの伝染病の懸念により選手を含め応援団などにも渡航を控えたいと思っている人が増えてきている様です。
しかもテロに巻き込まれる可能性も高いと懸念されている昨今、余程の安全が見込めない限り、渡航したくないと考えるのは当然ですよね。
警備が他よりもしっかりとしている選手村の生活や競技会場に赴く代表選手はともかく、テレビ関係者を筆頭にマスコミはこぞってリオには行きはじめています。
しかし、ヨーロッパやアフリカで頻繁に起こっているテロ問題も解決していない今、オリンピックを狙ってくるテロ組織は多いらしく、かなり覚悟しての渡航みたいです。
オリンピックでのテロが成功すればそのテロ集団にとっては世界的なアピールとなりますし注目を集めます。
自分なんかは絶対に行きたいとは思いません。
正直、治安の良い日本だからこそ、この探偵という職業で生活が出来ているとも思っています。
日本でも正直、探偵をしていて怖いと感じる場所はあります。
暴力団事務所や外国人が多い地域。
暴力団にしてみれば抗争でもしていれば抗争相手の関係者や警察関係者と間違えられたり、実際にピリピリムードとなり、張り込みが出来なくなったと言う経験も
あります。
また外国語が飛び交う周辺では言葉も通じず、妨害的な行動をされた経験もあります。
爆弾や銃ですぐに殺されるという事はまずないのですがそれでも怖いです。
ビビリなのかもしれませんが。
そんな私はいつ爆弾や銃で撃たれるかもしれない様な現在のリオには個人的には行きたいとも思わないですし頼まれれば断るでしょう。
ただ仕事として行かなければならないとなったら判りません。
例えば応援に行った配偶者のリオでの素行調査が入ると行かざるを得ないかもしれません。
仕事で赴くテレビ関係者と同じなのかもしれませんがやはり個人的には絶対に行きたくはないですね。

探偵ブログ・ポケモンGо

7月 25th, 2016

昨日の日曜日、繁華街や主要な駅周辺ではスマホ片手にウロウロする人たちが目立っていた。
正直、迷惑千万である。
スマホに夢中になり、ゆっくり歩く人、夢中になりすぎてぶつかってくる人、なんでこんなに歩きスマホをしている人が突然増えたのか。
原因はどうやら任天堂のゲーム「ポケモンGO」みたいである。
何しろ日本国内ばかりでなく、世界中の老若男女が夢中になっているというゲームだから驚きである。
ニュースを見ていても国内外でいろいろと弊害も起きているようである。
自分はスマホのゲームをしないのであまり興味がないのだが確かに20年位前にテレビアニメのポケモンブームがあり、子供たちもシール集めに没頭し自分も多少なり協力していたことが懐かしい。
確かにポケモンキャラクターのほとんどは可愛くて今でも押し入れの中にはびかちゅーの人形が入っているかもしれない。
こんな日本発のアニメが愛され、世界中でブームになり、ゲームとして席巻していることに日本人としてはうれしいにはうれしいのであるが。
ゲームをする人たちはもう少し周りの人たちにも気を遣う環境で遊んでほしい。
歩きスマホの迷惑行為は以前より言われていたのだが正直、極端に増加している。
自分もしていないかというと正直しているときはある。
探偵という職業柄、地図アプリやいろいろな情報を検索していてつい、歩きスマホをしてしまう。
ただ人の多いところではできるだけしないようにはしている。
驚くなかれ、昨日、今日で自転車やバイク、車の運転しながらスマホをしている人を見かけてしまった。
この運転中のスマホは絶対にやめてほしいし警察も厳しく検挙、逮捕に本腰を入れてほしい。
人の命を奪える凶器になるものを運転しているという自覚を持ってほしい。
それこそこのゲームブームに対していろいろな法規制ができるかもしれないしそんなことは製作者も本意ではないと思う。
まさかここまで歩きスマホが増加するとは思っていなかったのかもしれないが。
でも絶対にやめてほしい。
運転中のスマホだけは。

探偵ブログ・潜入調査①

7月 16th, 2016

探偵というのは時として様々な場所に潜入しなければなりません。
尾行、張り込みをする素行調査の対象者が喫茶店やレストランなどの飲食店に入った場合、一緒に入る事はせず、通常、外で出てくるまで何時間でも張り込み、待ち続けます。

 
しかし、調査目的が飲食店内での待ち合わせをしている相手の特定や会話内容の掌握、録音、更に撮影といった場合、どうしても飲食店に入らなければなりません。

 
これもひとつの潜入調査なのです。
潜入する飲食店には喫茶店やレストランばかりではありません。
居酒屋、スナック、キャバクラ、クラブ等の飲み屋なども同様です。
むしろこういったお店の方の潜入が多いかもしれません。
しかも最近は個室的に仕切っている店舗も増え、こういった調査が難しくなってきているのが現状です。
また会話が聞き取れる近くの席に座れるかという条件が付きます。
こういった場合、決して無理しても良い結果は得られませんので的確な状況判断が必要となります。

 
飲食店への潜入調査の場合、調査対象者がお客様とは決まっていません。
そのお店の従業員やホステスさんから情報を聞き込まなければならない潜入調査もあります。
ただスナック、キャバクラ、クラブなどではお酒を飲み、ホステスさん等ともうまく会話をしなければなりません。
女性探偵も同様にホストクラブなどへの潜入調査もあります。
いずれも話し下手でお酒が下戸では務まりません。
ドラマや小説での探偵は男女問わず、酒好きといったイメージが強いかもしれませんが。
お酒については飲めなくても本人の話術や演技力でいくらでもごまかしはできます。
探偵が酔っぱらってしまっては調査も何もありません。

 
お客として潜入した後、ホステスさんなどから探偵と悟られずに情報を聞き出さなければならない調査では探偵が話し下手ではどうしようもありません。
これは内偵という聞き込み調査全般に言いきれます。

 
話し下手は探偵本人の努力でしか直せません。
政治、経済、国際からサイエンス、スポーツ、芸能情報を常に頭に入れておき、時には下ネタも交え、楽しく会話できる事、つまり優秀なホステスさん同様に演技力を備え博識になる事が探偵の要素なのです。

 
しかも任務で行くお店はいずれも初めてのお店ばかりです。
いかに短時間で従業員やホステスに気に入られ、上手く情報を聞き出せるかが探偵の資質なのです。
時として「一見お断り」的な店もありますが身だしなみをきちんとして紳士的に振る舞えば、会員制や高級料亭は無理でも銀座の高級クラブなどにもけっこう入れます。

 

店に入ってからは探偵の技量です。

まずはそういったお店に飛び込んで接客を受ける経験も探偵には必要な研修のひとつなのですが当然、自腹です。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・芸能人の不倫現場

7月 8th, 2016

 

探偵という職業柄、芸能人の普段の個々の実態を垣間見ることがあるし噂を聞くこともある。
特に事務所所在地の赤坂という場所柄、芸能人は多く見掛ける。
また六本木も隣接しているしそれこそ、渋谷、麻布十番、西麻布、恵比寿にも近い、また銀座、汐留もそんなに遠くはない。
恐るべし赤坂という街。

お昼過ぎから夜にかけて赤坂は芸能人をよく見掛けることが多い。
六本木では夜から深夜、早朝にかけて見掛ける事が多い。
中にはこれは不倫とか?更にもっとやばい現場に出くわすこともある。

 

 

私は決してミーハーでもないので芸能人と出くわしても握手やサインを求めた事などは一度もない。
写真などもお願いしたこともない。
正直言うと最近の芸能人を余り知らないし芸能人の殆どの実態というか裏側を知っている為にほとんど興味もないのである。
今はどうか知らないが以前の清純系のアイドルや女優、モデルの実態はけっこう生々しいのである。
中には本当に清純な人もいるでしょうが大半は・・・・・・・。
私も何を基準として清純と言ってるかはいろいろと意見もあると思いますが。
男性アイドルなどもしかりである。
独身イケメンアイドルグループの中には結構ないい年齢の人もいますがファンの人は皆、自分で処理していると思っているのでしょうか?
常識的に考えてファンの夢を壊すようですがそんなことはまず無いですよ。

 

 

そんな私も芸能人に対して隠しカメラの練習として撮影したことは過去に何度かある。
隠し撮りをしても個人で楽しむ分には法律に抵触しないはずである。

 
しかし、週刊誌に売れば高く買ってくれそうな写真も過去にはあったと記憶している。
また事実として芸能人の配偶者などから浮気調査を依頼され、証拠を押さえた過去もある。
別のケースでは企業役員や広告代理店の配偶者から依頼されて調査した結果、浮気相手が芸能人であったというケースも結構あるのです。
殆ど余り売れていない芸能関係者が多いのですがそれでもたまに誰もが知っている人が浮気相手であったというケースもありました。

 

 

これら写真を勝手にネットにあげたりすると残念ながら守秘義務や法律的な問題が出てきてしまうのですよ。
当探偵事務所は守秘義務を徹底していますので絶対に出しませんし出てきません。

 

 

探偵という職業柄、プライベートの時間に芸能人の不倫らしき現場に遭遇したら尾行や張り込みをしてみたいのだが正式に第三者からの依頼が無く、趣味で尾行して警察にでも
通報されたり、職質でもされたりしら探偵であってもストーカー規制法に抵触してしまうのです。
プロの探偵がもしこんな事で逮捕でもされたら、いい笑いモンで、探偵も続けられなくなってしまうでしょうね。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・もう半年経過

7月 7th, 2016

2016年もあっという間に半年が過ぎてもう7日、今日は七夕です。

 

 

探偵として2016年上半期の印象の残る出来事と言えば、やはり芸能界、政界の不倫問題が多く発覚、ベッキーを筆頭に世間を騒がした半年でした。

 

 

最近ではNHKのアナウンサーも同僚女子アナとの不倫現場を写真週刊誌に撮られ、更迭されたという。

 

 

探偵という職業をしている私も個人的には世相同様、不倫が増加していることを肌で感じている。
なにしろ不倫・浮気調査の依頼、相談が多いこと。

 

 

マスコミに取り上げるのは殆ど既婚男性と独身女性との不倫ではあるが世間的には既婚女性、いわゆる妻の不倫が横行している。

 

 

実際に夫から妻の不倫調査を依頼されるケースがかなり増えてきており、また奥様からの依頼で夫の浮気調査を実施した結果、浮気相手が人妻だったというケースも多い。

浮気相手が人妻であったケースでは相手のご主人は「寝耳に水」の状況だったと思う。

突然、依頼人から不倫相手の夫宛に連絡が来たり、妻宛に弁護士から内容証明が届いたりするとその家庭はどうなるか、想像をするだけでも恐怖が走ります。

最近の妻は子供がいても関係ありません。

女として生きていくことを選択する人が多い傾向にあるのかもしれません。

 

 

貴方の奥様は大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

探偵ブログ・炎天下での浮気調査

7月 5th, 2016

7月に入り全国的に真夏日、猛暑日となっている昨今、探偵にとっては過酷な時期の到来です。

 

 

炎天下での張り込み、尾行は結構辛いものなのですよ。

都心のオフィス街ではコンクリートの照り返し、オフィスのクーラーからの熱風も加わり、気温よりも熱く感じられ、運良く日陰でもあれば多少は凌げるのであるが日向という状況でも張り込みを続けなければならないのである。

水分補給においても注意を払わないと簡単に熱中症になってしまう。

 

 

車での張り込みでは通常、エンジンを切っていますのでクーラーは当然、使えません。
長時間、アイドリングしている状況ではかなり目立ってしまいます。
しかもアイドリングをしているだけでもガソリンを結構喰うのである。

 
窓を開けて凌いでいるのだが夕方にもなってくると蚊も入ってくる。
暑さ以外にも虫との戦いである。
最近は虫除けスプレーもいろいろと開発されて助かっているが昔は刺され放題であった。

車の中ではたまに蚊取り線香を焚いていたこともあったほどである。

虫除けスプレーが内示台にはせいぜい刺された後にかゆみ止めを塗るくらい。
今でもデング熱やジカ熱などは蚊を媒介にしてくる病気も流行しており、虫除けスプレーは探偵の必需品となっている。

 

 

個人的にはそんな真夏の炎天下でも冬の極寒に比べればまだ楽かもしれない。

どちらかというと寒さより暑さの邦画隙だからであるのだが人それぞれかも知れない。

正直、手足の感覚がなくなる極寒での張り込みはかなり辛いのである。

 

 

そしてこれからは台風の時期も迫っている。

探偵の調査は天候などはまったく関係がない。

 

 

台風の中でも猛暑の中でも不倫カップルはクーラーの効いたホテルの一室で楽しんでいるのですから。

 

 

 

 

探偵ブログ・蒲田での浮気調査

7月 4th, 2016

東京の西側にある蒲田駅。

JR京浜東北線の発車ベルは昔の映画でヒットした蒲田行進曲の主題歌を音にしている。また東急池上線と多摩川線(旧:目蒲線)の始発、終着駅でもあるターミナル駅でもある。
東口よりは西口が繁華街として開けており、駅ビル以外にもアーケード型商店街もあり、人波は東口に比べ3倍以上は多い感はある。

 

 

何で蒲田駅について書いたかと言うと先日、蒲田駅から徒歩10分程のマンションに暮らすご主人から奥様の浮気調査依頼があり、最近何度か蒲田駅に行っている。
案の定、奥様は浮気をしており、その浮気の事実の証拠を押さえたのであるが浮気相手男性はパート先の同僚男性であった。
それにしても最近は妻の浮気調査が本当に増加している。

 

 

依頼人であるご主人は虎ノ門にある大手商社に勤務、ある程度の給料も保証されていると思われ、人柄も優しく2人の子供にも恵まれ、第三者から見る限り、何に不満があり、浮気に走ってしまったのか正直、理解に苦しむのだが。

浮気相手男性は40歳近いのだが同じアルバイトで生活環境は余り良いとは言えない。
しかも独身ではあるがどうやら離婚歴があるらしい。

 

 

ご主人も最初はまったく浮気を疑っていなかったという。
しかし、スマホでのメールがやたら目につくようになり、手放すことが無くなったのに不信感を抱き、妻が寝た隙に覗き見たら、特定の男性との親密なメールのやり取り。
そしてメールの内容から妻のアルバイトの休みの日の昼間に会うというやりとり。

 

 

これに動揺したご主人、自ら奥さんが休みの日に探偵の真似事をしてしまったのである。

 

 

自宅マンションから出た奥さんを隠れながらも尾行、ところが蒲田駅の駅ビルに入ってしまい、見逃してしまう。
探していると奥さんとバッタリ。
会社に行っていると思っている奥さんもビックリして「何で」と。

いろいろいと誤魔化した模様であるが妻には背徳心もあり、お互いに疑いのまなざしだったという。
こうなってはご主人も尾行は出来ず、あきらめたのであるがその日の夜にはメールが全て消されていたという。

 

 

素人というか一般人が特に配偶者自ら尾行などをしてしまうと結果は明白である。
殆どの人がばれてしまうか簡単に見逃してしまう。

特に今回の場合は尾行がばれてしまったのは大きい代償である。

 

そして当探偵事務所に依頼してきたのである。
依頼内容としては奥さんのアルバイトの休みの日だけの調査ではあるが初日、奥様が外出するも周辺をかなり警戒しており、蒲田駅に行くまでも何度もうしろを振り返り、気にしている。
こうなるとまったく面識のない探偵でも尾行が難しくなる。
しかし、歩いている人の殆どは蒲田駅に向かっているという状況により警戒はしているものの探偵を警戒しているというよりもご主人を警戒している様子である。
駅に着いてもウロウロ、駅ビルに入ってもウロウロ、困ったものである。
そして電車に乗り、川崎駅に移動、そこでもウロウロ、キョロキョロの繰り返し。
どうにかここまでは気付かれる事なく尾行はできたものの余り近くには近づけない。
南口の商店街の中にある喫茶店に入り、男性と合流する。
ただこの日は警戒をしていた為なのか、この男性とは喫茶店で話をしただけで別れてしまったのである。
これではこの男性が浮気相手とは想定できなかったものの喫茶店を出てから男性と別れるまでは腕を組んだり、手を繋いでいたために親しい男性と断定、2人が別れた後は調査対象を男性に切り替え、尾行を継続する。
男性は別れた後、近くのパチンコ店で数時間遊んだ後に家をつきとめたのではあるが普通であればもっと2人で過ごしていたに違いない。

 

 

結果、3回目にしてこの男性とホテルに入り、不貞の事実を掴んだのであるが依頼人であるご主人が自ら尾行などしなければ1日で結果が得られた案件であった可能性が高く、もったいないことをしてしまったものである。

 

 

このように自ら探偵の真似事をして負担が多くなってしまうリスクを負った依頼人も多いが浮気の疑惑が生じたら絶対に自ら調べようとは思わずすぐに探偵事務所に浮気調査の依頼をするべきである。