Posts Tagged ‘ストーカー’

探偵ブログ・季節の変わり目

10月 18th, 2017

春先の3月4月、秋口の9月10月、共に寒くもなく、暑くもなくなり過ごしやすい時期なのですが探偵業界にはこの時期に少しノイローゼではないかと思しき人からの問い合わせが多く入ります。
昔から年長者より季節の変わり目にはおかしな人が増えると聞いたことがありますが探偵という職業に就いて初めて「本当だと」実感しています。

 

 

まずこの時期に多くあるのが盗聴、盗撮による被害者からのご相談です。
当社の過去からの統計でも実際に盗聴、盗撮の被害者の御依頼で実際に取り付けられていたケースや現在、取り付けられていなくても以前に取り付けられていたのではないかと
疑われる形跡のあったケースは正直、3%くらいです。
しかも最近は固定電話の盗聴というのは殆どなくなり、もっと率は下がっているかもしれません。

 

 

盗聴、盗撮の被害者と訴えている相談者の殆どが明らかに被害妄想というかノイローゼの人が多く、こういった人の問い合わせがこの時期に集中しているのも何故かおもしろいと思ってしまう現実です。

 

 

同時期に増加する相談にストーカー行為や嫌がらせ行為に対する相談です。
実際に本当の被害者からの相談もあります。
この本当の被害者はある程度具体的な内容が提示され、どういった行為をされているかなど説明され、それに対する証拠蒐集の為の調査方法を共に考え実践していきます。
そしてストーカー行為や嫌がらせ行為などの加害者を特定していきます。

 

ところが被害妄想やノイローゼの方は具体的な事は殆どありません。

例えば外出すると自宅のそばにはいないのに駅や商業施設などで待ち伏せをしていて、それから追ってくるのでかなりの人数が連携して追跡してくる。
遠い近い関係なく、買い物に行くとその先々の店舗の人がおかしな応対をしてくるので私の悪口を誰かが広めている。
近所の人に自身の悪口を言いふらし、みんなから変な目で見られる。
鍵を代えても代えても居宅内に入ってきていろいろと物色するが盗んではいかない。
警察に相談したら巡回を強化すると言われたにしていないから警察もグルで終いにはキチガイ扱いされたなどなど。

しまいにはどこからか身体に電波らしきものを当てて私の考えている事が判ってしまうので誰がこんな嫌がらせをしているのか突き止めて欲しい。

 

 

困ったものである。

 

 

実際に盗聴の被害やストーカー被害を被っておられる方も多くいらっしゃいます。
盗聴調査では調査をすれば盗聴器が付いているか否かは明白です。
ストーカーや嫌がらせ行為に対しても通常であれば加害者を特定することは可能です。
また集団ストーカーという事があっても基本的には尾行、張り込みの連続ですのでその実態は解明できます。
ノイローゼの方は通常では考え難い行為を指摘してくるのです。
しかし、何故か季節の変わり目にノイローゼの方からの相談が集中するのは探偵の七不思議のひとつです。

 

 

 

 

探偵ブログ・何度も起こるストーカー殺人

5月 27th, 2016

ストーカー的な人物による殺人事件が多発しており、いずれも警察に相談しているいるものの対応の遅れが目につく。

 

 

確かに生活安全課の刑事さん達の話でもそれなりの対応はしている事は理解しているが殺人事件になってしまうとどうしても警察の対応の遅れを指摘されている。

現実問題、警察に相談してきているストーカー被害者の数は多く、対応できる警察官が不足していることは否めない。

しかもいつ事件が怒るかも判らないのであるからどうしても後手になるのはしょうがないと言える。

ストーカー的な犯罪はいつ起こるか判らないしストーカー相談者全てに警察官を付けて捜査や警護するなんて事は不可能に近い。

殺人事件や傷害事件などを起こす加害者は仮に警察官が出向き、説得したとしても犯罪を犯さないという保証は無く、更に陰湿化して執拗な行為に出る可能性もある。

正直に言うといたちごっこである。

 

 

もし貴方自身や親族にストーカー的な嫌がらせを受けていると思ったら当然、警察にも相談されるでしょうが探偵にも相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

確かに警察と違い、民間業者ですから料金が発生してしまいます。

しかし、常時、指定された時間、身を挺して警護や調査をしていきます。

 

 

ストーカーの実態を証拠として押さえ、また警護する事で被害を最小限にくい止める努力を致します。

実際に加害者を逮捕に導いたり、待ち伏せされ危害に及ぶかもしれない状況で救った事もあります。

 

 

探偵自身も危険な場合もありますがその為の警護です。

 

 

生死をさまよう危険な状況や命を取られる様な悲惨な結果にならない為にも料金はかかりますが探偵に調査、警護依頼をされてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

探偵ブログ・女子中学生監禁事件を考える

3月 29th, 2016

 

まだ詳しい犯行経緯や状況は不明であるが計画的な犯行であるらしい。
計画的ということはストーカー的行為を繰り返していた可能性も高くなる。

女子中学生宅近隣からは不審な男性が行方不明になる前に家の周りをウロウロしていた若い男性の姿が目撃されていたという複数の証言が得られていると報じられていた。

この誘拐監禁は金銭目的ではなく、多分、性的目的と推察されるが約1年11ヶ月の間、周囲にばれずに監禁していたと思う。
余程、女子中学生に対して恐怖を与えてコントロールしていたとしか思えない。
普通に考えれば犯人が外出している際に大声を出して助けを求めたり、窓を割ったり、窓から物を投げ捨てたり、それこそニュースで報じられているように玄関口に外から鍵が掛かっていたとしても物を燃やしたりと近隣に伝える方法はあったと思われるので余程精神的に脅迫、追い込んでいたとしか考えられない。

 

 

13歳の少女の恐怖心はかなりのものと推察され、この犯人には憤りを覚える。

ただ救われるのは命を奪わなかったことである。
この点だけは情状の余地はあるかと。

 

 

ストーカー行為もこのような犯罪の序章である可能性も充分にあり、やはりストーカー行為については充分な警戒が必要である。

 

町で見掛けた素敵な異性の後をつけ、家を突き止めたいという軽い気持ちもストーカー行為の初期減少である。

 
ストーカー行為は誰でも考えてしまう過ちであり、大きな犯罪へと発展してしまう可能性もある。

 

 

ストーカーされていると感じたら警察への相談は当然であるが探偵に相談して貰えれば専属で警護を含めストーカーの事実を押さえ犯罪を防止しています。

 

 

しかし、今回の女子中学生について命が無事で良かったと本当に思う。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・最近の悲惨なニュース

7月 16th, 2015

いじめにより子供自殺や自殺未遂、ストーカーによる脅迫行為から傷害事件、殺人事件など毎日のようにそんなニュースが流れています。

 

そして探偵がいつも残念に思うのが事件が発生してからの身内の後悔コメント。
何となく気付いていたというSOS信号。

何で探偵に相談してくれないのか?
なんで調査依頼をしてくれないのか?
事件が起こってからの身内の話を聞いてももう少しいじめやストーカーに対する身に迫る恐怖を察して感じてあげて欲しい。

 

確かに探偵は民間の調査会社であるから料金は発生する。
しかし、金銭を惜しむ前に現実を直視して欲しいと思っています。

 

いじめ行為の中には刑事事件で起訴できるような内容もあります。
ストーカー行為は完全にストーカー規制法違反という犯罪行為でもあります。
相手は犯罪という認識があるのか判りませんが正当な行為と思って行為をしている人はまずいないと思います。
正当性を訴えても周りからは認められないと知っての行為なのです。
だからこそ、こそこそと隠れ、人目に付かないようにストーカーしたり、いじめも周辺をも強制的に同調させたりして、行ってくるのです。

 

いじめやストーカー行為など被害者をとことん追い詰めて精神的にもかなりの傷害を与えている現状、少しでも周りの人が気づき、守ってあげる努力をしなければなりません。
その為に探偵も協力が出来るのです。
しかも専門的に隠密的に調査もできます。

 

調査の結果、虐めやストーカーの事実を突き止め、関係各所への手続きや訴えなどの証拠も提示、過去より成果を上げています。

 

家族の中に少しでも虐めやストーカーに対してSOSを出していると感じたら警察への相談はもちろんのこと、探偵事務所にもご相談下さい。
きっとお役に立てると思っております。
そして命をお守り致します。

 

探偵ブログ・ストーカー事件を考える

3月 23rd, 2015

警察庁によると平成26年におけるストーカー被害件数は22823件で過去最多に上り、摘発も2473件と過去最大であったと発表されました。

これほどの被害件数が発表されましたが摘発は1割強程度と思った以上に少なく、また警察に被害を訴えられない人も多くいるものと想定され、実際の被害者数はかなりの数になると思われます。

発表された内訳は女性の被害者が9割弱で内20代女性が約36%となっており、加害者も40代以上の男性が41%、30代が24%で中高年のストーカーが増加しているそうです。
またストーカーの内容もネット社会を反映するかのようにメールによる嫌がらせが最も多かったみたいです。
ストーカー規制法の改正により頻繁なメール送信からリベンジポルノなど写真のネット上の公開などもストーカーの対象になりました。

当探偵事務所でもストーカーによる相談も年々増加してきています。
ストーカーとなる加害者は元配偶者、元恋人、元浮気相手と被害者と深い関係にあった人から、上司や同僚などの仕事関係、ちょっとした知人から全
くの他人と様々です。
それでも被害者と深い関係にあった人が加害者になるケースが最も多いとの統計のようで、殺人や殺人未遂などの凶悪犯罪もこの加害者によるものが殆どです。

警察庁の発表にある様に脅迫、待ち伏せ、付きまとい、嫌がらせ、恫喝などのストーカー被害を訴える相談者は年々増加していますが各警察署でもその対応に追われているのが現実です。
結果、相談者の殆どの対応が疎かとまでは言わないまでも手が回らず、話を聞くだけで終わってしまったり、巡回警らの強化、加害者への電話連絡程度の対応で終わってしまっています。
確かに度重なる脅迫メールなどの証拠が残っているものに対しては対応も早いのですが付きまといや待ち伏せなどの行為は証言してもなかなか操作して貰えないのが
現実なのです。
それはそういった行為の証拠がないからとも言われています。
確かに真つぶせや付きまといなどの行為に対しと被害者が証拠を集めるのは困難です。
感じたこと、見たことを証言するしかないのです。
これでは警察もなかなか捜査してくれません。
そんな時こそ探偵事務所の出番なのです。
探偵がストーカーの動かぬ証拠を押さえます。
その結果や映像、写真などを警察に提出する事で素早く対応して貰えます。
確かに探偵は民間業者ですから料金はかかります。
しかし、多少の金額を掛けても身体や命の危険もせまるストーカーの実態を押さえる事はお金に換えられません。

中には被害妄想的なノイローゼに患っている人の訴えも警察には多いと聞きます。
言動が全くおかしな人から極一般人と同じに社会生活を送っているのにいろいろな人から付きまといをされて困っていると訴えてくる人もいます。
当探偵事務所にも年に2人か3人、この様な相談者が訪ねて来られます。
重度のノイローゼと判断した場合にはお断りさせて頂く事もありますが一応、調査はします。
そして現状、そのような事が無いと写真や映像を持って理解して頂き、安心されて帰宅する人もいる位です。

ストーカー行為はちょっとした興味から起こしてしまう人もいれば、恨みが募り更に大きな犯罪をも起こしてしまう可能性のある行為です。
ストーカーの被害を少しでも感じられましたら警察への相談は勿論の事、探偵事務所にも気軽にご相談下さい。
御依頼頂ければ犯罪の抑止力ばかりか大きな犯罪をくい止める事が出来るのです。

御自身や御身内にストーカーに対する不安を感じられていたら当探偵事務所にご相談、御依頼下さい。

またストーカー殺人か?

9月 6th, 2014

警察にストーカー相談していた女性が別れた彼氏らしき男性に殺される事件がまた起こった。

ストーカー被害者に対して最悪なケースも増加している。

確かに警察にしてみれば年間、かなりのストーカー相談があるという。

ひとつひとつの事件にずっとかまっている訳にもいかない現状は理解できるのだが。

専属的にストーカー対策を実施している探偵事務所にも相談をして欲しい。

確かに調査や警護を依頼されれば警察と違い、有料ではある。

しかし、自身や身内に被害があるのなら長期的にも専属的にストーカー対策をしないとならない。

加害者を調べることで何時頃、動くのかも分かる時もある。

よく考えて欲しい。

一時のお金を惜しんた為に守れる者も守れなかったらと。