Posts Tagged ‘夫の浮気調査’

探偵ブログ・宮崎議員の不倫問題

2月 12th, 2016

自由民主党の国会議員で育児休暇制度を国会議員でも活用する云々と言っていた宮崎議員の不倫問題が社会面でのニュースを賑わしている。

 

 

探偵業を営む者にとって宮崎議員がしでかした不倫、浮気は夫の浮気調査の中でも典型的なパターンである。
妻が出産を控えた時期での浮気は過去より結構多いのである。
確かに出産を控えた妻との夫婦関係は殆どできないのであるがそれでも夫も我慢し他の女性に走るという不倫行為は倫理上、やはり認められない。
まして育児休暇云々の話は国会議員という職ではどうなのかと議論が出てきた矢先の不倫問題である。

 

 

確かに育児は大変で私も経験がある。

探偵という不規則な職業をしていた為に行き児は妻に全てを任してしまっていた。
確かに全国民が育児休暇を取れるシステムが構築、制度化されれば助かる家庭も多いことだろう。
まして少子化という現実問題もある時代である。

 

 

しかし、この宮崎議員は育児休暇云々の前に浮気相手との時間を取る為の休暇申請と捉えられても致し方ない。

困った国会議員である。

この問題発覚で夫の育児休暇問題は後退するかもしれない。

 

 

世間でも妻の出産時期での浮気は実に多い。
男として理解できる部分も少しはある。
しかし、自分で処理するとか風俗店で処理してもらうとかいろいろと方法はあるのである。
妻の中には風俗店での処理もアウトという人もいるかもしれないが。

 

 

まっ、この宮崎議員は国会議員としての資質に乏しく、実際、政治生命を脅かす程の窮地に追い込まれるはずである。

 

 

出産時期に入っている奥様は子供を授かるという幸せの時期で夫を疑うということはなかなかできないかもしれないが少しでもおかしな行動が見え隠れしたならば探偵に浮気調査を依頼することをお勧めです。

なにしろ出産後、育児に大変な時期に浮気相手と交際が継続しているというパターンの多いこの手の浮気は早めにつみ取らなければならない問題である。

 
こんな時こそ本当に探偵は役立つ。

 

 

それにしても宮崎議員や「ゲスの極み乙女」の川谷君も夫の浮気、不倫を世間に出され、窮地だろうが探偵にしてみれば夫の浮気、不倫問題を改めて世間に問い質してくれた功労者である。

 
これで夫の浮気調査の依頼もまた向上してくれ、探偵業界が活気づくことを望んでいる私も「ゲス」かもしれない。

 

 

 

探偵ブログ・あとわずか

2月 8th, 2016

先日にも記述しましたが浮気に疑惑のある方、浮気調査をしてみたいとお考えの方。

バレンタインデーというイベントデーにおいて不倫カップル、浮気カップルも変わりありません。

女性から不倫相手や浮気相手にプレゼントができる日なのです。

相手が既婚者であれ、独身であれ、女性からプレゼントをあげられる日なのです。

特に浮気、不倫カップルにおいて配偶者の存在を知っている人が殆どです。

 

 

夫と浮気相手女性のカップルの場合は普段は奥様に遠慮しているのかもしれません。

夫の都合で都合の良い女とされているかもしれません。

それでもこのバレンタインデーでは奥様以上に愛がある事を伝えられる日なのです。

 

 

妻と浮気相手男性のカップルの場合は妻が女に変貌し浮気相手男性に愛情の証であるプレゼントを渡したいのです。

 

浮気夫にしろ浮気妻にしろバレンタインデーは普通の恋人同士と変わりない大事なイベントデーなのです。

 

逆に言えばこれほど浮気の証拠を押さえるのにチャンスな時はありません。

まして今年は日曜日がバレンタインデー。

こうなってくると14日は当然ながら12日の金曜日、13日の土曜日、15日の月曜日の4日間に絞られます。

 

バレンタインデーである14日の日曜日に何かしら外出する予定を入れていたら要注意ですが当日に外出しなくても前々日の金曜日の夜、土曜日の1日、15日月曜日の夜、考えてみてください。

 

何しろバレンタインデーは探偵にとってクリスマスの次に浮気調査の多いイベントデーですので予約が殺到します。

 

せっかくのチャンスなのに前日のご依頼では浮気調査をお受けできない時もあります。

もうギリギリかもしれません。

 

バレンタインデーを挟む数日間の浮気調査については早めのご予約をお願いします。

あとわずかです。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・ハロウィン

10月 30th, 2015

今夜から多分盛り上がるハロウィンパーティー。

 
今年はハロウィンの10月31日が土曜日。
当探偵事務所のある赤坂の街から隣接する六本木、表参道、原宿、渋谷、それこそ東京の繁華街など至るところハロウィン一色になっており、明日はどうなるか。
いや、今晩からの可能性も充分にある。
ここ数年みたいに派手であったり怪しげな衣装や化粧をして仮装した男女で深夜まで騒がれるかと思うと・・・・・・・。

 

 

どうも今ひとつ、ハロウィンに馴染めないでいるアラカンの探偵です。
何しろ幼少時から少年時代、いや青年時代においてもハロウィンという行事は日本ではなかった。
ここ15年、20年くらい前から少しずつ盛り上がってきたと記憶している。
多分、商業商戦によってここまで大きなイベントとなったのであろうがお祭り好きの日本人には宗教も何も関係なく、ただ騒いでいるだけなのでしょう。

 

 

2年前のハロウィンの日。
ご主人からの依頼で妻の浮気調査で妻を尾行、勤務終了後、仲間達とハロウィンパーティーの為にあるお店に。
その店で着替え化粧もして仮装したらしく、全く別人として出てきた時には焦ってしまったが持っていたバックをそのまま持って出て来てくれたのが幸いし本人を特定することが出来た。
その後、仲間内と2次会まで繰り出し、結果、浮気をしている事実はこの日にはなかったのであるが探偵にとっては全くとんでもない浮気調査の日となったのである。

 

店を移動する際に似たような仮装をしている連中は多いし見ず知らずのいくつかのグループと一緒になって騒いでいたりと余計な神経を使わしてくれ、普段の浮気調査以上にかなり疲れたのを記憶している。
なにしろ仮装した人混みの中、対象者を見失わないようにするだけでも大仕事である。
それに仮装していない人が逆に目立つ状況もある。

 

 

もともと収穫祭が発展したとされるお祭りで海外では子供達が仮装し近隣の家々を周り、お菓子などを貰うらしいのであるが日本では若い男女が中心となり、深夜まで騒いでいる。

これがもっと浸透してくると年々、年齢層も高くなり、クリスマス同様に浮気カップルにも好都合のイベントデーになりかねない。

 

 

仮装するのは本当にカンベンしてくれ、探偵からの願いでもある。
これが友人のマンションなどに立ち寄って仮装され、荷物を置いてこられたら、判別がつかない。
なにしろ最近の仮装は靴から小物まで用意しており、派手な化粧をして出てくる本人を特定するのは困難である。

 

 

ハロウィンは探偵泣かせのお祭りであることは言うまでもない。

 

 

そして問題なのは明日も浮気調査が入っているのである。
対象者は33歳の既婚の男性。
妻からの依頼で勤務先は休みであるが夕方から友人なんかと飲み会で外出するという。
年齢的にもハロウィンパーティーの可能性は高い。

 

 

今年は探偵も仮装できるような品物をいくつか用意しておいた方が賢明かも知れない。