Posts Tagged ‘張り込み’

探偵ブログ・寒波到来

11月 20th, 2017

例年になく早い段階で寒波が襲来、東京都心でも本日は最高気温が10度という寒さ。

毎年の事ながら冬場の調査はかなり身体に応える。

 

 

まだ11月20では余りにも真冬の格好では目立ちすぎてしまうしまだ男性などはマフラーや手袋をしている人は少ない。

しかし、夜間になると身体に応える厳しい寒さが忍び込んでくる。

数時間、張り込みをしていても寒さにより困ってしまう。

最近ではヒートテックのアンダーシャツなどが出回っているため、下に何枚か重ね着をして対応するのだが手や顔が冷たく感覚も無くなってくる。

これから3月上旬まではこの寒さとの戦いでもある。

簡易カイロからホットドリンク缶などの出費も増えるし探偵には辛い時期でもある。

 

 

あぁ、今夜も長時間の張り込みになりそうである。

 

 

 

 

探偵ブログ・炎天下での浮気調査

7月 5th, 2016

7月に入り全国的に真夏日、猛暑日となっている昨今、探偵にとっては過酷な時期の到来です。

 

 

炎天下での張り込み、尾行は結構辛いものなのですよ。

都心のオフィス街ではコンクリートの照り返し、オフィスのクーラーからの熱風も加わり、気温よりも熱く感じられ、運良く日陰でもあれば多少は凌げるのであるが日向という状況でも張り込みを続けなければならないのである。

水分補給においても注意を払わないと簡単に熱中症になってしまう。

 

 

車での張り込みでは通常、エンジンを切っていますのでクーラーは当然、使えません。
長時間、アイドリングしている状況ではかなり目立ってしまいます。
しかもアイドリングをしているだけでもガソリンを結構喰うのである。

 
窓を開けて凌いでいるのだが夕方にもなってくると蚊も入ってくる。
暑さ以外にも虫との戦いである。
最近は虫除けスプレーもいろいろと開発されて助かっているが昔は刺され放題であった。

車の中ではたまに蚊取り線香を焚いていたこともあったほどである。

虫除けスプレーが内示台にはせいぜい刺された後にかゆみ止めを塗るくらい。
今でもデング熱やジカ熱などは蚊を媒介にしてくる病気も流行しており、虫除けスプレーは探偵の必需品となっている。

 

 

個人的にはそんな真夏の炎天下でも冬の極寒に比べればまだ楽かもしれない。

どちらかというと寒さより暑さの邦画隙だからであるのだが人それぞれかも知れない。

正直、手足の感覚がなくなる極寒での張り込みはかなり辛いのである。

 

 

そしてこれからは台風の時期も迫っている。

探偵の調査は天候などはまったく関係がない。

 

 

台風の中でも猛暑の中でも不倫カップルはクーラーの効いたホテルの一室で楽しんでいるのですから。

 

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の川津桜

2月 24th, 2016

2月の下旬、東京は暖かい日も希にありますがまだまだ真冬の状態で寒い日が続いています。
そんな中、地元の「赤坂サカス」の広場にある「川津桜」が開花しており、ちょっと早めの花見を楽しみました。
「川津桜」とは伊豆半島の河津町にある早咲きの桜で,寒緋桜と大島桜の雑種であると聞きましたが詳しくは知りません。
周辺のOLさんやサラリーマンもスマホで撮影したりと早めの春を感じていました。
あと1ヶ月もすると赤坂周辺には「ソメイヨシノ」を中心とした桜の花見の名所はいくつもあり、本格的な花見シーズンとなり、多くの人が赤坂周辺にも訪れるでしょう。

 

 

それにしても探偵にとって寒さはかなり堪えます。
張り込みには寒さは大敵です。
張り込みの際にいつも車が使えるとは限りません。
真冬の深夜、早朝の立っての張り込みは感覚がなくなる程に厳しいものです。
しかも張り込みについては殆どが先が見えないというのが現実です。
対象者がいつ出てきてくれるのか、全く判りません。
それこそ出てくれないかもしれません。
例えば対象者があるマンションの1室に入っていったとします。
2,3時間で出てきてくれるのか、そこが浮気相手の部屋で外泊するかもしれないのです。
それでも出てくるまでじっと待ち続けるしかないのです。
この辛さに耐えられず、転職していった新人君も多くいました。

 

 

今では「ヒートテック」なアンダーウェアから薄手のダウンジャケットなど数多くの種類が開発販売され、探偵にはずいぶん助かってはいます。

 

 

こんな辛い思いをして一生懸命に張り込んでいても不審者として警察に通報されることも。

探偵とは本当に辛い業種です。
それでも何かしらの魅力があるから何年も探偵を頑張れるのです。

 

それにしても毎年思うのですが春が待ち遠しい。

 

 

 

 

寒波

1月 9th, 2014

アメリカでは大寒波でマイナス40度を記録したという。そして数十人の方が寒波の影響で毎日亡くなっているという。

日本も今夜くらいから寒波が南下して東京でもかなり冷えて込んでくるという。

探偵にとって外での張り込み、寒波の時が一番辛い。寒波の深夜、長時間、外で張り込んでいると手足の感覚がなくなり、いくつものカイロを使用したり重ね着をしてもどうしようもない。この時こそ飲食店やホテルなどで暖かく過ごす対象者が羨ましく思える事はない。自分の仕事に悔恨さえも芽生えてくる。それでも毎年続けている。

多分、真夏にも炎天下の猛暑の中での張り込みが一番辛いとブログに書くかもしれないが探偵のちょっとした愚痴と許してほしい。

しかし、この辛さがあってこそ探偵の仕事なのである。

 

 

 

今夜は雪?

12月 18th, 2013

赤坂は地名の通り坂の多い町である。最寄りの赤坂駅や乃木坂駅には坂の上り下りはないが溜池から新橋へ向かう方面以外の3方は上り坂に囲まれている。

東京は今夜、雪が降るかもしれないとの予報である。積もらなければ良いのだけれど坂道が積もるとかなり危険で積雪が多いと通行止めにもなってしまう。

都内は本当に積雪に弱い。少しでも積もれば交通状況は一変、最悪マヒに近い状態となってしまう。今期の冬はかなり寒さが強いと言われ、雪の多い日が多いかもしれないがなるべく降ってほしくない。

探偵調査の醍醐味でもある尾行調査では雪は鬼門である。雪の中で張り込んでいる辛さはハンパない。

今夜の調査の為にも雪は降らないで!

更にもうすぐくるクリスマスもホワイトクリスマスにはなってほしくない。なんと言っても最大の浮気調査のシーズンだからである。