結婚詐欺調査なら当探偵事務所へ

探偵が結婚詐欺調査いたします

結婚詐欺調査なら当探偵社へお任せください


相手を100%信用しないことです。

探偵の結婚詐欺調査 「結婚詐欺」イケメンの男性が詐欺を働く。結婚詐欺にはそんなイメージがありませんか?さもお金が有りそうな女性を狙い、結婚詐欺師が言葉巧みに誘惑する。そんなケースを想像しませんか?合コンや出会い系などでも結婚を利用した詐欺行為が勃発しています。また昨今では女性の結婚詐欺師も横行、男性被害者も増加してきています。当探偵事務所が認知するところでは、その多くが金銭トラブルへと発展しています。



  • 多くの結婚詐欺とは?


    当探偵事務所に結婚詐欺の相談
    そもそも結婚詐欺の狙いとは何なのか?結婚という言葉に惑わされますが、当然の事ながら詐欺の目的は 「お金」です。しかし、結果として失うものは決してお金だけではないというのが当探偵事務所・赤坂アーガス東京の認識としてあ ります。
    当探偵事務所にも結婚詐欺被害をご相談される方たちがいらっしゃいます。結婚詐欺被害を受けて、「私が騙されるなんてどうしよ う…」と気づいたときには後の祭り。結婚詐欺師は恐ろしい存在です。

    事前に情報を集め、言葉巧みに相手の心の隙をつき、理想の相手となりすましてやってきます。
    探偵としても許せない存在です。残酷なまでに行う「結婚詐欺」の実態は、金銭はもちろん、肉体も傷つけられ、精神的ダメージを 与えられ、立ち直るのにはかなりの時間が必要となります。

    相手は結婚詐欺のプロです。証拠となる記録や、金品の受領の証拠をうまく消しています。
    身内にも結婚の約束をしているかのように振る舞い信用させるのが手口です。結婚詐欺の結末は、奪うもの全てを奪い、精神的に追 い詰め自分には否がなかったように仕組み、犯罪にならない様にしています。
    当探偵事務所にご相談ください。当探偵事務所は結婚詐欺を絶対に許しません。
    恋愛感情や結婚願望が生まれると自分を見失いがちです。人を信じることは大切な事です。ただ、疑う気持ちも少しは持ち合わせま しょう。
    信じることは幸せです。確かに疑いの眼差しばかりは悲しいですよね。

    しかし、明らかに嘘だと感じることがあったら自分自身でも充分に警戒心を持つことが必要です。調査(当探偵社の結婚調査)の必 要性が有る場合は是非ご相談下さい。企業でも探偵などを雇って取引先の実態や信用などを調べることは常識で、当社ではこれと同 じように探偵を雇い身元や素行をお調べになることをお勧めします。

急に…会おうとしなくなった


泣いている場合ではありません。

●結婚詐欺の実例として
合コンやパソコンの出会い系で知り合い、メール交換したり、電話を掛け合ったりするものの、気がつくと相手のことについては 携帯電話番号しか知らない。
危ないですよ。
親や兄弟を病気に仕立て上げたり、保証人になり困っているとか、会社の設立資金が足りない、様々な上手い言葉で金銭を要求して きます。本人は、自宅を決して教えない、もちろん自宅には呼ばない。細かなテクニックで相手を交わす。自分の身上には全く触れ ない。両親、兄弟の話題にも触れない。自分をさらけ出さない。

●結婚調査で探偵が疑問を解明
何か変だと感じたら、結婚調査で身元の確認や素行調査をご決断ください。探偵が調査で尾行してみたら例えば他に交際相手がいた などというのはよくあることです。簡単に信用してしまい、金銭を渡してしまったり、保証人になってしまうのはいけません。安易 に名義を貸す行為は絶対に避けてください。きちんとした形で責任の追及を可能にしましょう。金品の受け渡しの事実を明確にして おきましょう。事前に探偵事務所による結婚調査で相手を調べておくくらいの慎重さが必要な時もあります。当探偵社が解決のアド バイスをさせて頂きます。

●結婚詐欺は当探偵事務所にお問い合わせを
残念なことに結婚詐欺に遭ってしまった場合、今までのメール、金銭であれば振込の日時や金額のわかる資料をご提示ください。本 来、詐欺というものは探偵の領域ではないのかもしれません。しかし、例えば警察を頼るには事件性が認められなければならず、そ うでない場合は民事不介入となります。当社では相手を掴み、事実の究明をいたします。被害届けも含め、損害賠償の対象となる場 合は、請求手続きをいたします。困難な事態にも負けません。あなたをお救いいたします。結婚詐欺事件はなかなか立証が難しいも のですが当探偵事務所とともにあきらめずに根気よく解決していきましょう。

結婚詐欺調査は相手の身元や素行を調べることで解決の糸口を見いだせます。ご依頼者様に応じた適切な調査をご提供しております。
  • 結婚詐欺とは


    「結婚詐欺」とは一般的によく言われますが、法律にそのような個別の規定があるわけではなく刑法24 6条「詐欺罪」に該当します。(※刑法250条未遂罪もある)刑法246条には以下のように記載されています。

    刑法第246条  
    人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

    財物とは金銭や何らかの金銭的価値のあるものを指します。一般的には結婚する意思が嘘だったことが問題のように言われますが、 法的には金銭を騙し取ったことそのものが問題となります。
    ですので、結婚詐欺とは結婚の意思のあるなしにかかわらず、結婚を前提とした交際の状況を利用して「詐欺」を行う(相手から 財物を騙し取る)=詐欺の手法の一つ、ということになります。
    もともとこの結婚詐欺という手法は男性が女性を騙すことが多いと言われてきましたが、近年では女性結婚詐欺師の事件が大々的 に報道されたこともあったように、女性による結婚詐欺事件が増加、結婚詐欺にならないかも知れませんが結婚までして相手の命 を奪い、財産を奪うというケースもあった程です。
    結婚や恋愛の願望、幸せな生活を夢見る想いなどを利用して相手から金銭を騙し取る行為は、まさに人の心を踏みにじる行為、卑 劣極まりないと言えます。


    結婚詐欺師の手口


    容姿が魅力的であり、その容姿を生かして相手を魅了する手口を使用する者もいますが、基本的には結婚詐欺師 は相手の「感情」や「心」につけこんできます。
    結婚詐欺のターゲットとされやすいのはやはり結婚適齢期の方もしくは結婚願望の強い方です。近年では、インターネットの婚活 の場を利用し、結婚願望がある人が集まることを逆手にとることが増えているようです。また、出会い系サイト・掲示板、SNS なども容易に身分を偽装して知り合えるために利用されやすいと言えます。知り合ったターゲットから何らかの理由で金銭を詐取 (多くは借りるという形)した後に連絡を断つのが一般的な手口です。

    ●男性結婚詐欺師

    男性詐欺師の場合、事業を手掛けているなどの嘘をついて金を持っていることを匂わせ、最初に実際に高額な金を使ったりします。 その後、「親が病気になった・・・」「騙されて借金の保証人にされてしまった・・・」「急に事業資金が必要になった・・・」 などと嘘をついて金銭を出させ、必ず返すと言いながら最後には返さないまま連絡を断ちます。

    ●女性結婚詐欺師

    女性詐欺師の場合は、肉体関係を匂わせる、もしくは関係を持つことにより相手を籠絡してしまうのが一般的です。多くは男性と 同様に情に訴える方法で金銭を詐取しますが、共犯者といわゆる美人局(つつもたせ)のような手法を使うこともあります。

    ●被害にあう前に探偵にご相談を

    怪しいと感じたら事前に探偵事務所の身元調査や結婚調査を行うことをおすすめいたします。
    当探偵社の結婚調査では対象者の詳細な情報をお調べしております。部分的に結婚調査を行うアレンジも可能です。
    詐欺被害にあうと回復はかなり難しくなりますので未然に防ぐことが最も重要です。当探偵事務所では無料相談を行っております ので当探偵事務所までお問い合わせ下さい。



    結婚詐欺被害にあわれた方へ


    「相手方に刑罰を与えたり、騙し取られた金銭を取り戻すにはどうすればよいのか?」
    ・・・当探偵事務所のアドバイス

    ①詐欺罪の立証

    相手方に刑罰を与えるには、被害者が被害届の届出、もしくは告訴の手続きを行い、裁判において詐欺罪が立証される必要があり ます。騙す意思があったことやそれによって金銭を交付したことを証明する証拠が必要です。結婚詐欺師は巧妙で狡猾な手口を使 用しますので、立証がかなり難しいケースもあります。

    ②不法行為・詐欺・債務不履行などの立証

    金銭を取り戻すには民事訴訟を提起する必要があります。民法709条不法行為による損害賠償請求です。(詐欺罪が確定した場 合は不法行為も確定します。)場合によっては民法96条詐欺による取消、同415条債務不履行による損害賠償請求も考えられ ます。

    ※当探偵事務所によるサポートの他、訴訟や専門的な法律問題に関しては当探偵事務所顧問弁護士をご紹介、無料相談も可能です。


    「立証には何が必要か?」
    ・・当探偵事務所のアドバイス

    ①相手方(結婚詐欺師)に金銭を渡したことを証明できるもの

    金額の内容、渡した日時などの記載された明細や文書など
    例)振り込み明細、借用書、メール
    これらをお持ちの場合はその証拠をもとに当探偵社が対策のサポートを致します。しかし、詐欺師も通常は金銭を受け取った形跡 を残さないように行動しますので、何らの明細も文書もお持ちではないかもしれません。但し、その場合でも状況により対策を打 つことが可能ですので詳しくは当探偵事務所へご相談下さい。

    ②相手方(結婚詐欺師)の正確な身元

    民事訴訟を提起する場合は、訴える相手方の正確な身元(氏名・住所)が必要となります。どちらかが不足もしくは不正確である と手続きが上手く進まなくなります。
    たいていの場合、詐欺師は偽名や嘘の住所を使用しておりますが、探偵による尾行、相手方 が使用している携帯電話番号、使用車両、銀行口座などから当探偵事務所にて情報を収集することも可能です。詳しくは当探偵事 務所までご相談下さい。

    ③その他、相手方(結婚詐欺師)との関わりを示す文書・資料等

    結婚詐欺師との関わりを示す資料等がありましたら、ご相談時に当探偵事務所までご持参下さい。
    当探偵事務所にて精査さ せていただきます。

    結婚詐欺の問題解決のためには、ご自身が行動を起こすことが非常に重要です。
    金銭を取り戻す方法は主に交渉か民事訴訟ですが、 訴訟では立証責任というものが生じます。上記2項目は必要最低限のものと言って宜しいかと思います。また、警察に被害届を受 理してもらう、もしくは告訴を行うには、ご自身が被害にあったことを明確に第三者が理解できるようにする必要があります。
    ご依頼の際は当探偵事務所に全てをお話し下さい。また、ご相談の段階から相談者様の秘密はお守りしておりますのでご安心下さい。