浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください



  • 探偵の変装とは


    探偵事務所の浮気調査、素行調査において尾行、張り込みをする際に対象者に絶対に気づかれないことが大前提ですが、そのために探偵は変装しなければならない事もあります。

    変装といっても調査対象者とは面識もないのでドラマや映画の様に大袈裟な変装をして別人になる必要は全くありません。
    しかし長時間の追跡調査になった場合にはちょっとした小道具を活用するだけで印象がだいぶ変わりますので、いつでも印象が変えられるちょっとした小道具を持っておく事が必要なのです。

    ちょっとした小道具とはどういったものでしょう。
    単純なものです。帽子、メガネ、マスク、そして替えの上着、この程度のものを組みあわせる事で何通りかの別人になれます。

    強いて印象が変えられるのは替えの上着と縁ありメガネでしょうね。
    ジャケットをジャンパーや作業上着に変えたり、縁ありメガネを掛けるだけでも大きく印象は変わります。
    何しろ対象者は顔を覚えようとしていないからです。目に入った印象を何気に記憶しているだけなのですから。

    一例としては電車などで真っ正面に座った人の顔を覚えている人はいますか?そうそういません。
    ところが背景については印象強く残ってしまう場合があります。同じ場所に何日もいると顔を含め印象が残ってしまいますが別な場所で同じ人を見ても 同一人物とはなかなか思えないものです。

    更に絶対に目を合わせない事です。人間は目があった人については結構印象強く残ってしまう場合があります。
    ですから何度かすれ違ってしまっても、急に振り返られたりしても対象者の目を絶対に見ない事です。
    これは完璧に身に付くまでには経験が必要となってきます。

    探偵の変装では大袈裟にかつら、付け髭などはつけて変装をする必要はなく、また探偵というとサングラスの印象があるかもしけませんがサングラスは逆に目 立ってしまい調査で使用する事はまずあり得ません。

    長時間、尾行をしているとどうしても対象者の視野の中に何度か入ってしまう場合が出てきます。
    ずっと同じ印象では感づかれる可能性も高くなります。
    まして警戒をしている対象者を尾行する場合もあります。
    しかし、ちょっとした小鈍具を使うだけで印象を変えられれば、気付かれる可能性は極端に減ります。
    これが現実の探偵の変装です。

    ちなみに住宅地の張り込みなどではサンダル姿やコンビニの袋なども持っているだけで近所の人という印象を近隣に植え付けられる場合もあります。
    オフィス街ではスーツ姿、工場や農地のある処ですと作業上着を用意しておき、違和感もなく目立たなくするといった工夫も一種の変装といえば変装になるでしょうね。

    そしてなんと言っても変装する服装、小道具全て言える事ですが色彩的に目立たない地味な色を選ぶ事は大前提です。



浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066