探偵の聞き込みはどれだけ多くの人から情報を得るかで調査の成功率が変わってきます

浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください



  • 探偵の聞き込み


    人探しにしても結婚に関する調査にしても聞き込みを主体としている内偵調査はかなり重要な役割を占めます。

    しかし、聞き込んでも、聞き込んでも、それこそ朝から晩に掛けて歩き回っても全く情報が得られないなんてこともしょっちゅうあるのです。

    特に人探しにおいては御依頼者から得た情報を基に聞き込みを開始、どこの誰が新しい情報を持っているかも判りません。
    また間違った情報かもしれないのです。

    無駄な時間が過ぎていきます。

    1日の歩く距離は尾行なんかよりも想像のできない距離を歩いているかもしれません。
    若干の休憩を挟んでも殆どが歩き続け、交通手段での移動は極僅かです。

    実例として30年以上前に行方がわからなくなったお世話になった人を探して欲しいとの依頼が入りました。

    当時に住んでいた地域と当時の職業は判りますが詳しい住所は記憶していませんでした。
    しかし、当時の写真だけは保管しておられ、本人を特定できる大事な資料です。
    また当時の職業については会社員でしたがその会社は20年位前に倒産していました。

    まずは倒産した会社の閉鎖登記簿を取得、当時の代表者が生存していること、更に所在地を掴めやすいかなどを調べることから開始します。
    生存しておられれば当時の同僚社員について聞き出し、情報が集められると思ったのですが。
    結果、当時の代表者は夜逃げ同然で転居、既に他界しており、その身内までも追跡しましたが父親が経営していた会社の従業員についての記憶は全くなく、当時のその他のに社員についても全く情報は得られなかったのです。
    この調査は完全に無駄骨に終わってしまいました。

    次に当時住んでいた地域での調査ですが市区町村規模なのかもう少し範囲が狭いのかによって調査そのものに大きく異なってきてしまいます。
    当時の住所が判らないというのはかなりのハンデになります。
    今回は○○市○○町の○○中学校近くという情報があったのである程度の地域が限定されました。

    そして国会図書館やその地域の図書館で古い住宅地図や電話帳を閲覧、その地域の同じ姓名の家をピックアップするところにも着手していきます。
    当時、家族で居住していたのか、1人で共同住宅で暮らしていたのかも全く不明ですが30年以上前ですと現在と違い、電話帳に記載していた人も多く、貴重な資料となります。

    そして同地域に赴き、ある1軒を同姓の家に対して直接、聞き込み開始です。もちろん、現存していればの話ですが。
    通常、探偵の調査というと極秘裏にする物と決まっていますがこのお世話になった人探しなどについては探偵の身分を隠さなくてもかまわない場合が多いのです。
    御依頼者から了承をとっているこの調査では大っぴらに聞き込みができます。
    ところが現存していれば直接当たれますがそんなに甘くはありません。
    現存していなければ対象者宅かもしれません。現存している同姓宅を拠点に円を描くように聞き込み開始です。
    近隣の記憶だけが頼りの調査です。
    近隣とどれだけ接触して多くの情報を集められるかによって結果が異なってくるのです。
    記憶ある人から全くの別人との証言が聞かれればすぐに次の人へと移動し同様の聞き込み調査の繰り返しです。

    数軒の同姓宅調査を繰り返した後に対象者宅らしき家にあたりました。
    その人は家族で居住していましたが25年位前に転居していったそうです。
    しかし、ここからです。
    現在、どこへ転居したのかはもちろんのこと、当時の家族構成とかその家族についての情報を詳しく聞き出します。
    これがなかなか困難で殆どの人が記憶が薄いのが現状です。
    当然、転居していった先などの記憶はありません。

    それでも子供が2人いてお姉さんの方が○○高校に通っていたとの情報、更に下の名前までもを何となく記憶していました。
    このお姉さんの中学時代の同窓生から情報でしたがその親である父親については全く記憶がないとのこと。

    その情報を基に同高校の同窓会名簿の取得に動きますがこの情報が対象者宅とは断定できません。
    同窓会名簿の取得に成功、精査したところ、娘は既に結婚して家庭を持ち、○○県△△市に暮らしていることが判明。
    直接、その娘さんに会いに出向き、接触、当然、探偵は身分を明かし協力を要請、父親と連絡を取って貰い、話をすることに。
    当然、相手は不審がるし何でと思ったに違いないでしょう。
    しかし、御依頼者から聞いていた情報を伝えたところ、間違いなく、探していた相手であり、御依頼者に対しても記憶が残っており、不信感も解け、住所、連絡先を聞き出し、調査終了となりました。

    当然、娘さんには謝罪をしてどうして娘さんのところに来たのかの経緯も説明、納得して貰い、後日、対象者と御依頼者が面談、御依頼者は大変満足され本件は大成功に終わり、当探偵事務所・赤坂アーガス東京も成功報酬を受領できたのです。
    この件では以前の近隣の人が娘さんの高校を覚えていてくれたことが成功に繋がりましたが覚えていなかったら、いや、その人と接触できなかったら見つけることはできなかったかもしれません。

    聞き込み調査では聞き込む上で相手が話してくれなかったり、無視されてしまうケースも多々あり、いかにさまざまな人と上手く接触し誠意を感じさせ、調査に協力して貰えるかが探偵の技量となってくるのです。
    これは先輩探偵に教わってできるものではなく、探偵自身が苦労して肌で覚えなければできない調査かもしれません。

    上記のように無駄を惜しまず足を使い、印象を良く接することの大事さが探偵にとっては大切なことと思い知らされるのが聞き込み調査でもあります。




浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066