探偵という身分を明かすことは本物の探偵ではない

浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください



  • 探偵は身分を明かさない


    探偵とは依頼人に代わって依頼を受けた案件に対して極秘裏に調査を進め、結果を出して報酬を得る職業です。

    基本的に探偵とはどのような状況に置かれようとも探偵であることを隠し続けなければなりません。
    万が一にも尾行や張り込みが相手に察知されたとしても絶対に探偵であることを認めてはいけません。
    もし探偵であることを認めてしまったらその時点でその人物は探偵としては失格でしょう。

    確かに調査の中で、家出調査や行方不明調査の中には探偵である身分を明かして調査できるものもありますが殆どの調査において身分を明かすことはありません。

    まして尾行、張り込みなどを行う浮気調査、不倫調査、素行調査などでは絶対に探偵であることは隠して行います。
    これは対象者ばかりではありません。
    近隣や周辺住民に対しても同様です。
    例えば、対象者の自宅近くで張り込んでいた際にその前の住民から「ずっとそこにいるけれど貴方は何をしているの?」と尋ねられることもありますが探偵であることは口が避けても言えません。
    人を待っているとか言い訳をする以外ないのですが丁寧に応対しあまりにも不審を抱いていたりするとご迷惑をお掛けしたことを謝罪し速やかに位置をずれるなどして決して騒ぎが大きくならないことに努めていきます。
    たまに警察に通報されてしまい、警察官がその場に来ることもありますがもし近隣住民が近くにいればその場を外れ、警察官に身分を明かすしかありません。 近隣住民には知られないようにすることは探偵が誰かを張り込んでいたという事実を知られない為です。
    近隣住人の噂になり、本人の耳に入らないという保証もありません。

    警察官には身分を明かすのか?と疑問を持たれる人も多くいるかも知れませんが身分を明かさないことで押し問答を続けていても騒ぎは大きくなるばかりですし、下手すると近くの交番か管轄警察署に連れて行かれるということにもなりかねません。
    こうなってしまうと調査を継続するどころではなくなってしまいます。
    ここはこっそりでも警察官に身分を明かし、仕事途中であることを告げ、協力的に対応して貰えるようにするしかありません。
    まして現在は探偵業法にもあるように探偵をしていること自体、警察には登録してありますので確認して貰えれば早く処理ができます。

    探偵はあくまでも対象者に察知されずに調査を継続することが第一目的です。
    その為には張り込み先近隣にも気を配り、不審感を与えない努力も必要とされます。
    ただ、その場所場所で条件も異なり、張り込み場所が限られることもあります。
    それを見切ることができるのは探偵の技術であり、技量と経験なのです。

    また聞き込みという内偵においても探偵という身分は隠します。
    この内偵という調査手法の厳しい点は調査対象者を近隣に教えるしかありません。
    「○○さんについてお尋ねしたい」というように「○○さん」を指定しなければならないのです。
    ○○さんについての調べている、尋ねてきたことは周知されてしまいます。
    しかし、正式な目的から外れてさまざまなことを聞き出すことで調査目的をはぐらかせることは可能なのです。
    調査目的をはぐらかせることは依頼人を守ることにもつながります。

    その為にいろいろな職業の人物になりきり、話を聞き出すのですが怪しまれない為にもある程度の知識は必要となってきます。
    これまた探偵の技術なのです。

    探偵という身分を明かせずに調査を極秘裏に実施することは意外にも難しいことなのですがこれができなければプロの探偵とは言えません。





浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066