浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください



  • 浮気調査の心得


    浮気調査の目的は単なる浮気の事実を確認する為であったり、離婚調停や離婚裁判での証拠として使用する為であったりとひとそれぞれかもしれません。

    いずれにしても浮気調査を依頼する以上、配偶者に何か不審な言動があるからでしょう。
    浮気の疑いを持って配偶者の事を調べる訳ですから、その調査結果を得る為に御依頼者はある程度の調査費用を負担される訳です。
    しかし、そうした御依頼者の心理を逆手に取って高額な調査料金を請求したりする悪質な浮気調査をする探偵事務所もあるのは事実です。

    このような悪質な探偵事務所を見極める為にも、御依頼者も事前にある程度、探偵事務所の下調べをしておく事が必要でしょう。
    まずは数社に問い合わせして料金の相場を知っておく事は必要でしょう。
    相場を知らなくて高額だとか安過ぎるとの判断が出来ません。
    またどのような追加料金が発生するかも聞いておきましょう。
    下調べ料金がいくらだとか、報告書に対しても1部いくらだとか、写真1枚に対していくらだとか付加料金が付くところもあるみたいです。
    極端に安価な調査料金設定の会社は、あれこれと付加料金がつけているところもあるみたいです。
    本来なら探偵事務所を数社訪ねて行かれる事をお勧めします。

    探偵事務所に浮気調査を依頼したからといって短期間で浮気の証拠が押さえられるとは限らないということを理解することです。
    浮気とは対象者と浮気相手がいる事で成立します。
    御依頼者がおかしいと思っていた時に浮気があったとしても調査を実施した時に二人の関係が既に終わっていれば、いくら浮気調査しても出てきません。
    また浮気相手の都合などによって浮気調査期間内に会えなかったり、浮気行為にまで発展しない可能性もあります。
    どんな優秀な探偵であっても対象者と浮気相手が浮気行為をしなければ浮気の証拠は押さえられないのです。

    だからといって調査料金がかからないという事はありません。
    調査期間内では浮気の事実がなかったという調査結果が得られるからです。
    例えば浮気相手らしい異性とふたりっきりで会って飲食をしただけでは当然、浮気の証拠にはなりません。
    また浮気相手の家に行き、2,3時間過ごしただけではやはり浮気の証拠には成り得ません。
    二人で会話をしていた、ゲームをしていた、テレビを見ていたと言われれば、それに対する絶対的な反論材料はないのです。
    それにふたりっきりという証拠もありません。異性の家族が最初から在宅していたとか後から友人が来てみんなで過ごしていたと言われる可能性もあるからです。

    このようにいろいろな状況によっても浮気の証拠をなかなか掴みづらい事もありますのでその点を御依頼者も心得ているか否かによって今後の信頼関係も異なってきます。

    くれぐれも探偵に浮気調査を依頼したからといって確実な浮気の証拠が短期間で簡単に得られるとは思わないことです。





浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066