Archive for the ‘探偵の思考’ Category

探偵ブログ・暑さ寒さも

3月 18th, 2017

暑さ寒さも彼岸まで

 

 

昔の人はよく言い当てたものと感心させられてしまう。

確かに彼岸は入り、寒さも遠のき大分、暖かくなってきましたが朝晩はまだ寒く、冬のコートが手放せません。

飼っている2匹のカメも冬眠から目が覚め、水槽の中でザワザワと動き始めています。

 

 

明後日は祖母と父親の墓参りに行く予定です。

なにしろお彼岸ですからね。

 

 

それと今年は父親の七回忌。

いろいろと法事の準備もしなくてはなりません。

 

 

探偵と言っても世間の親父となんら変わりません。

映画やドラマの探偵に憧れた○○年前が懐かしい。

 

 

もう私も孫が4人もいるおじいちゃんです。

 

 

私の人生はどうなることか・・・・・・・墓参りに行って自問自答してみることにします。

 

南無・・・・・・・・私はちなみに浄土真宗ですので南無阿弥陀仏です。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・侠飯

9月 24th, 2016

第1回から毎回楽しんでいた侠飯おとこめしが昨夜終わってしまった。

あの強姦致傷で逮捕、不起訴となった高畑くんも当初、レギュラーで出ていたのだが

さすが途中からまったく姿も何も出てこなくなってしまった。

 

しかし、それにしても面白かった。

自分的には近年にはないヒット作品だと思っている。

知らない人には何のことなのか分からない人もいるかもしれないが、それこそ世界の渡部ではないけれど「ネットを見ろ」と。

最後には意外な結末で・・・・・・・・・・。

毎回、毎回、録画してみていたのであるが昨夜は我慢できずに後追いで見てしまった。

ここ数年、深夜のドラマやアニメにもハマっている。

火付けのドラマは「孤独のグルメ」だったかもしれないが。

いい歳をした初老なのに深夜ドラマやアニメに嵌ってはいけませんか。

 

アニメの「モブサイコ」も笑える。

 

以前はあきれていた女房も一緒に嵌って昨夜は2人して感激、もらい泣き。

あ~ぁ、じじぃだと改めて感じた秋の深夜でした。

 

 

 

 

探偵だって人の子ですよ。

 

 

探偵ブログ・芸能人の不倫騒動

6月 13th, 2016

いやはや、今年は芸能人を含め著名人の不倫騒動が多くでまたしてもという感じです。

 
ベッキーの「ゲス不倫」に始まり、名前も忘れたい元国会議員の宮崎先生、米米CLUBのカルースモーキー石井さん、桂文枝師匠、元ファンモンのファンキー加藤さん、そして三遊亭円楽師匠などなど、世間は不倫ブームである。

 

 

一般人においても同様で今年に入り、夫の不倫調査の結果、不倫相手が人妻であったり、妻の不倫調査の結果、相手が妻帯者というW不倫の結果が繰り返し得られているのである。

 

 

もう妻の貞操観念という言葉は過去の遺物なのかもしれません。

 

 

以前、妻の浮気については夫との夜の営みを拒む等の多少、不倫相手に対しての義理みたいな行動もあり、拒んでいたら浮気、不倫の傾向があると探偵は助言していたのであるが現在は平気で夫との営みもこなし、平然と不倫相手と会っている女性も多く、その助言もあてにならなくなってきている。

最近では人妻であることを隠し、合コンなどで男性と知り合う女性もいると聞く。
完全に不倫を期待した予備軍である。

 

 

女性の事ばかり書いてしまい申し訳ない。

決して女性を馬鹿にしているのではない。

 

 

ただ探偵をしている私個人の持論としては男女の不倫に大きな差があるという事を言いたい。

 
男性が不倫をしたいと思ってもそう簡単には出来ないのである。
お金を支払っての風俗的浮気は不倫ではない。
男性は不倫をしたいと思ってもそうそう簡単に出来るものではないのである。
相手である女性が受け入れてくれなければ不倫は成立しないのである。
強引に強姦でもしたならもはや不倫ではなく犯罪である。

 

 

しかし、人妻だろうが女性から不倫を望めば相手をしてくれる男性は多分大勢いるはずである。
会社の同僚やサークルなどで知り合った人妻から好意を持たれ、誘われたら絶対に断れるかというと正直、自信がない。

 
それだけ男女の不倫には大きな差があるのである。

 

 

最近の妻の傾向としては夫に対して少しの不満でも生じれば不倫に走ってしまう傾向が強いと聞く。

全般に結婚生活での我慢ができなくなってきているのであろう。
しかもゲーム感覚的に罪の意識も薄く、家庭を壊してまでにのめり込む人も少ないとも聞いている。

 

 

将来的な事は憶測に過ぎないがこれまでの不倫調査の傾向を知る探偵にしてみれば10年後には殆ど妻の不倫調査が横行しているかもしれないと危惧している。

 

 

 

 

探偵ブログ・テレビ初期の探偵ドラマ

5月 19th, 2016

多分、60歳以上の方しかリアルタイムで見たことはないかと思いますが昭和30年代には探偵が主人公のドラマが全盛でした。

 
実を言うと私も幼いながらリアルタイムで見ていた記憶があるのです。
私の年齢まで察しされてしまうと思いますが事実、初老なのでいたしかたありません。

 
大人気を博したのは「少年探偵団」「月光仮面」「まぼろし探偵」です。
いずれのドラマの主題歌は今でも歌えと言われるとすんなり1番のみは出て来てしまいます。
間違っているかもしれませんが。

 

 

少年探偵団については確か探偵事務所の所長と助手達の少年たちで事件を解決していくストーリーですが「月光仮面」「まぼろし探偵」はそれこそ今で言う変身特撮ドラマの走りというべき娯楽ドラマでピストルを打ちまくったりして悪の犯罪組織などと戦うという展開でした。

 

 

縁日などには月光仮面やまぼろし探偵のお面が人気を得て売られており、私も親にねだり買って貰った記憶もあります。
どのドラマもストーリー自体は殆ど記憶にありませんが変身して現れ、悪人と戦う姿に喜び、探偵という職業に憧れていたものです。

 

 

そして探偵になってしまい30数年になります。

 

 

あっと、ちなみに30年代後半にテレビアニメとして人気を博していた「エイトマン」も主人公は探偵事務所の所長という職業でした。

 

当時は本当に探偵というのはドラマやアニメで活躍、その後も時代を反映して様変わりしていますがいろいろな探偵ドラマやアニメが製作され、現在に引き継がれています。

 

 

あくまでも自分の趣味ですが昭和40年代後半に放送された探偵ドラマ「傷だらけの天使」にははまってしまいました。

 

 

 

探偵ブログ・ジャニーズドラマ

5月 17th, 2016

しがない初老の探偵が批判すべき事ではないだろうがゴールデンタイムの時間帯のドラマにジャニーズのタレントが主演するドラマが多過ぎる感がしてならない。

 

上手いなあ、と感心するジャニーズのタレントがいないわけではないが正直、殆どのタレントの芝居が上手いとは言えず、周りのベテラン俳優や女優達に助けられて
いるようにも見受けられる。

 

こんなしがない探偵がジャニーズを語ること自体、ご迷惑なのは理解していますので批判は受け付けません。

 

 

決してジャニーズのタレントが嫌いなのではありません。

俳優をしなければ個々では好きなタレントもけっこういます。

例えばスマップ、トキオ、嵐などのメンバーはいずれも個性があり、けっこう好きです。
又、ジャニーズの大御所マッチについては歌が好きでスナックなどでも歌ったりしており、数曲がレパートリーとしてあります。

 
また「関ジャニ」の村上君のトークにはおもしろさを感じているし同じグループの渋谷すばる君の歌唱力には驚かされ、正直、ジャニーズ所属のグループの中ではかなり上手いのではと思い、聞き惚れてもおり、素人のしがない探偵が聞いていても魅力は感じる。

 

 

しかし、俳優という職業、簡単にアイドルが勤まるとは考えにくい。
大小、さまざまな劇団があり、多くの売れない役者が頑張っている。
最近は見に行ったことは無いが以前はいくつの劇団の公演を見に行ったりしていた。
皆、演技の勉強についてものすごく努力している事は知っている。

 

 

そんな努力している劇団員にチャンスを与えても良いのではないかと思う。

 

確かに知名度が低く、華がないかも知れないが演技で視聴率は上げられるかもしれない。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・携帯電話の位置情報

4月 7th, 2016

事故対応などで役立つ携帯電話の位置情報サービス。
昨今は殆どの人がスマートフォンを携帯しており、位置情報アプリを活用しています。
家族とか親しい間柄で登録さえできれば誰でも対象者の位置を知ることもできるサービスでもあり、子供の迷子や犯罪予防、徘徊する老人の捜索に役立っています。

 

 

第三者に関しても刑事ドラマなどでは携帯電話の位置情報から犯人を特定したりするシーンも頻繁に出てきています。
実際に警察では犯罪事件などで位置情報を駆使していることは本当で容易くできる機能みたいですが一応、書類などの手続きもあって大変みたいです。

 

 

しかし、探偵ではこの機能を使い、調査に役立てることは不可能に近いのです。
例えば、依頼人が前述したように配偶者の携帯電話を登録しておきさえすれば位置情報を得ることは簡単に出来るのであるが第三者が勝手に検索することは全くと言っていい程、不可能なのです。
当然、家族であっても登録していなければ検索することはできません。

 
探偵調査においてもどうにかして対象者の携帯電話から現在の位置情報が得られないかを調べているのですがどうしてもできません。
この機能が使えればさまざまな調査に役立てられるのですが世の中はそんなに甘くはありません。

浮気調査や素行調査での尾行追跡調査や家出、行方不明者の所在調査においてもこの機能を利用できればどんなに役立つことでしょう。

 

 

特に家出調査や行方不明者の捜索では絶対的な威力を発揮すると思います。
ピンポイントでは無理なのは知っていますが半径数10メートルの地域を検索すれば該当者がいるのですからこれほど助かることはありません。
特に最近はネット環境の充実により家出も全国範囲となっています。
なにしろ育った地域から出たことのない子供がとんでもない遠隔地のネット上の友だちを頼って家出することも当たり前になってきている時代ですから。

 

 

確かに依頼人の中には正当な理由を持たず、興味本位や犯罪に使用する為に探偵に依頼してくる人もいるかもしれません。
しかし、多くの場合、心配で食事も通らず、寝れない日々を送っている両親や家族も多数存在しているのです。

 

 

あくまでも探偵の身勝手な要望なのですが探偵という業種にこのサービスを利用させて欲しいものです。

 
しかし、日本では探偵は国家資格ではありませんし免許制度でもありません。
まず無理な話なのでしょうね。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・渋谷という街

4月 5th, 2016

仕事の依頼人と打ち合わせで昼頃、渋谷に行っていたのですが4月1日以上に入学式帰りの親子が歩いていた。

 

ピカピカの制服に母親などは地味に着飾り、よそよそしいいでたちで歩いている。

 

制服から推察したのだが多分、私立系学校の入学式が多かったのであろう。

 

こんな私も40数年前に中学の入学式の時には母親が来てくれていた。

娘たちの中学校の入学式は確か元妻が付き添っていってくれた。

なんて想い出に浸りながら渋谷の街を歩く。

 

 

しかし、渋谷の街はいつも人でごった返している。

よくまあ、これだけの人が集まっているものだと感心する。

そして渋谷駅を中心とした再開発によりあちこちで建築工事や基礎工事をしている。

駅前にあった東急プラザもなくなってしまっている。

この地下にあった「渋谷市場」も当然、なくなっている。

渋谷の街中にあって生鮮食料品が意外と安く手に入ったものでよく買い物に来たことがある。

この市場がなくなってしまうとは・・・・・・。

 

 

隣接とは言わないまでも赤坂の街からもほど近い日本を代表する繁華街の一つである渋谷という街。

隣の原宿はもちろん、代官山、青山などと違った文化で栄え、現在は恵比寿という街も若者が住みたい街の上位に挙げられており、周辺地域もどんどん再開発が進んでいる。

 

まだ渋谷の街にチンチン電車やトロリーバスが走っていたのを知っている自分にしてみると再開発の連続でどこまで進化続けていくのだと思ってしまう。

 

渋谷駅周辺同様、大都会東京には進化続けている駅は多い。

品川駅も全く変わってしまった。

今度は品川駅周辺について書き込みますね。

 

 

さあ、本日もこれから浮気調査が入っており、調査員からの連絡を待っていなければ。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・4月1日

4月 1st, 2016

 

新年度の最初の日。

 

 

早朝より電車で移動していると新入社員らしき初々しい男女が人混みの中に混じりながら出勤していた。

黒や紺のリクルートスーツに新品のビジネスバックを持ち、一目で新入社員と分かる。

 

 

社会人として第1歩の日、多くの人もこういった経験をしているのだろう。

 

 

また午後、赤坂の街を歩いていると入学式を終えたと思える親子連れにも何人かすれ違った。

昔を思い出す。

子供達の入学式。

 

 

朝から何か厳かな気分で過ごしている。

 

 

今日はエイプリルフールでもあるから明るい嘘でも考えようかと思っていたがそんな雰囲気にはなれそうもない。

たまには今年度の最初の日は探偵という人間の裏を見ている日常の自分から自分自身を見つめ直す日にしてみよう。

 

 

なんて嘘をついてしまった。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・原発と北朝鮮

3月 12th, 2016

何か北朝鮮が戦争を起こしかねない状況に陥っているみたいである。

 

国連でも人権委員会から脱退、制裁においても中国を含め各国が協調しいろいろな手段を講じてきており、更に孤立化して追い込まれつつある。

 

 

もし韓国と北朝鮮が戦争でも起こせば、アメリカは韓国を支援し日本も韓国側につくのは明白でしょう。
北朝鮮にしてみれば韓国は同じ朝鮮人であり、親戚なども南北に別れている人も多いと聞く。
アメリカは遠く、また怖い存在でもあり、直接、アメリカ本土を攻撃することは少ないと思われる。
すると狙いやすいのは日本かもしれない。
アメリカの属国と考え、日本海を挟んで近い存在、ミサイルを打ち込むには適していると考えるかもしれない。

 
北朝鮮が狙うのはどこがベストかと考えると北朝鮮が持っているミサイルの精度にもよるが東京、大阪などの大都心、又は原発施設かもしれない。
北朝鮮でも5年前の福島原発事故のことは当然知っているでしょうしその放射線被害がまだまだ続いており、除線されるのに更に3,40年以上掛かるということも。

 

核兵器を使わなくても命中精度さえあれば日本を混乱させるだけの方法は知っており、また日本各所に標的となり得る原発は点在しており、場所も公開されている。

 

とても嫌な感じがする。
こんな悲観的な考えをしているのは自分だけなのでしょうか。

 

 

原子力規制委員会などが再稼働についていろいろと話しあったり検証したりしていると聞くがこのミサイル攻撃も想定しているのだろうか?
東日本大地震の際でも津波を想定していなかったというのが刑事訴訟の論点となっているようにミサイイル攻撃は想定外と思っているのだろうか?

5年前に起こった東日本大震災における福島原発事故の映像が3月11日前後に連日放送されているが今になって知る当時の切迫した状況。

 

いつミサイルが飛んでこないとも限らない状況において本当に原発は必要なのでしょうか?

 

 

しがない探偵でもたまにこんなことも考えているのです。

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵の口コミ、ランキングサイトについて

1月 9th, 2016

探偵や各種調査項目などのキーワードで検索するといろいろな口コミサイトやランキングサイトが出てきます。

 

正直に申し上げますと口コミサイトの殆どが自作自演のサイトばかりです。

 

知恵袋などのサイトでは興信所や探偵事務所のURLを出して回答している人のほとんどは過去の依頼人になりすましての投稿が多く、自画自賛をしているものばかりです。

 

またランキングサイトですが信憑性がないのには驚きます。
いや、驚きを通り越して笑ってしまいます。
同じ契約者がいくつもの興信所や探偵事務所と依頼したとは到底思えません。
ですから比較することはできないと思います。
確かに相談でいくつかの興信所や探偵事務所に赴き、検討された人はいると思いますが実際にいくつもの調査会社に同じ案件で依頼する事は絶対に無いのです。
それなのにランキングが発表されています。
どのように比較して何を基準としているのでしょうか?
第1位と第2位の違いは何なのでしょう?
具体的に記述されているのを一度も見たことがありません。

 

ラーメン店などの飲食店でのランキングは判りますがあくまでも食事した人の味覚や食感によっても異なってくるものです。
私は昔ながらのさっぱりした醤油味の中華そばが大好きです。
人によっては豚骨味が好きだとかみそ味、いや塩味でしょうとさまざまな意見もあり、それでもいくつかの店を食べ比べ自分の味覚にあったラーメン店に一票を投じるのです。
スイーツ店、居酒屋なども同様ですよね。
ですから飲食系ランキングの意味は充分に理解できます。
自作自演のランキングサイトもあるでしょうが食べ比べた人の感想をトータルして統計的なもので評価しているサイトやブログもあるからです。

 

調査業務においてのランキングは全く意味がわかりません。
飲食店などと違い、ひとりの人が浮気調査を何社にも依頼することは絶対といってよいほどにありえません。
せいぜい2,3社でしょう。
その理由としてあげられるのが1社目において何かトラブルがあったからでしょう。

 

そんな自作自演のサイトに踊らせる人は少ないと思いますがそれでも踊らさせられている人も現実にいるのです。

 

またこの様な自作自演のランキングサイトの運営会社を調べるとそのサイトで第1位にランクされた調査会社の系列会社が運営していたりするのです。
完全に広告媒体のひとつなのですよね。
それに全てとは言いませんが第1位となっている調査会社は調査業界の中では高額な料金を請求、依頼者の対応もひどく、業界内でも評判の悪い業者ばかりなのです。

 

こんなランキングサイトが公然とネット上で公開されていては調査業界の発展にも繋がりませんしむしろ衰退する原因のひとつかも知れません。
興信所、探偵などの調査業界においては正しい評価のあるランキングサイトは無いに等しいのが現状です。
騙されて被害に遭うのは御依頼者自身なのですから口コミやランキングサイトではなく、依頼者ご自身が自分の足で数社へ赴き、自分で判断で選択し契約する事です。