Welcome!

探偵ブログ・寒波到来

11月 20th, 2017

例年になく早い段階で寒波が襲来、東京都心でも本日は最高気温が10度という寒さ。

毎年の事ながら冬場の調査はかなり身体に応える。

 

 

まだ11月20では余りにも真冬の格好では目立ちすぎてしまうしまだ男性などはマフラーや手袋をしている人は少ない。

しかし、夜間になると身体に応える厳しい寒さが忍び込んでくる。

数時間、張り込みをしていても寒さにより困ってしまう。

最近ではヒートテックのアンダーシャツなどが出回っているため、下に何枚か重ね着をして対応するのだが手や顔が冷たく感覚も無くなってくる。

これから3月上旬まではこの寒さとの戦いでもある。

簡易カイロからホットドリンク缶などの出費も増えるし探偵には辛い時期でもある。

 

 

あぁ、今夜も長時間の張り込みになりそうである。

 

 

 

 

探偵ブログ・ボジョレーヌーボー解禁

11月 16th, 2017

探偵はウィスキーのロックが似合うかもしれない。

探偵小説や探偵ドラマではそういったシーンがけっこう出てくる。

また今度上映される「探偵はBARにいる3」でもバーを舞台としている。

ただ実際の探偵はバーにも居酒屋にも行くしそれこそお酒は全く駄目という下戸もいる。

喫煙もしない探偵も多くなってきている。

昔の探偵の様相が一変、それこそ調査員といった印象の方が強い探偵が多くなってきている。

 

 

話は全く変わるが本日から今年のボジョレーヌーボーが解禁され販売された。

私はワインも嗜む。

いや、お酒であれば何でも良いのかもしれない。

ワインはどちらかというと辛口系の白が好きである。

冷やして飲むとそんなに当たりはずれがないのが白である。

 

ボジョレーはどちらかというと赤が主体である。

赤ワインでは自分に合うのはなかなか難しい。

でも今まで飲んだワインで一番美味しいと感じたのはバブル時代、少々高かったのであるが昔の赤坂プリンスホテルのレストランでソムリエに勧められたフランス赤ワインであった。

あのフルーティーで芳醇な味わいは今でも覚えている。

それまでは赤ワインはエグみがあったりして自分には余り合わないと思っていたのであるがその赤ワインは衝撃的であった。

 

 

ボジョレーヌーボーでも以前、まあまあ美味しいなと感じるものに出会ったことがあったがその後、美味しいと感じられるものには出会っていない。

多分、自分の舌がそんなに良くないのか感動しないのである。

 

確かに探偵で買えるワインは安いワインばかりである。

思い切って出せたとしても安売りの酒屋で数千円程度、1本数拾万円のワインはなかなか飲んだことがない。

 

 

今年は清水の舞台から飛び降りるつもりで1万円前後のワインを買ってみるか。

妻の許しが必要なのは当然なのであるが・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・武豊氏の不倫報道

11月 13th, 2017

日本国内で騎手の頂点とも言える名騎手:武豊氏の不倫報道が写真週刊誌フライデーにより報じられ、テレビのワイドショーでもけっこう大きく取り上げられている。

 

 

記事を読む限り、競馬番組のキャスターらしき女性と不倫しているかの報道で路上で抱きついていたりキスしている写真も掲載されており、多分、不倫に近い行為があったと想定はされる。
しかし、この週刊誌報道では不倫という不貞行為は断定できない。

もし武豊氏の奥様が離婚訴訟として家庭裁判所に訴えたとしても不貞行為にはならないのです。

 

 

写真週刊誌では読者が不倫をしていると憶測するだけで十分なのである。
その憶測することで週刊誌の販売数が増えれば十分で確かに記事でも「2人で夜の町に消えていった」と書かれただけでその後、どうなったかは書かれていない。
普通であればこの抱擁やキスの写真が撮れればOKという事はなく、記者も最後まで追跡するものである。
邪推すれば写真週刊誌側と武豊氏との間に何かしらの闇取引があったかもと取ろうと思えば取れなくもない。
なにしろ一番不倫記事にしては重要な部分が抜け落ちているからなのである。

 

 

探偵の不倫調査でも確かに別れ際に抱きしめ、キスだけで別れてしまったというケースは時々ある。
その写真や動画が撮影できたとしても不貞の事実には認定されないのが現行の法律の世界である。
依頼人の中にはこれだけで不倫の証拠は十分だと勘違いして配偶者なりに突きつけてしまう人もいますが大きな間違いです。

 

 

やはり性的関係が認められる行為まで押さえなくてはならないのが不倫調査なのです。

写真週刊誌の世界では通りますが探偵業界では、いや司法の世界では全く通りません。

今回の武豊氏の報道だけを見ると法的には不倫はしていないという結果になってしまいます。

これから不倫調査を探偵に依頼しようと考えておられる方はこの点も充分に考慮して下さい。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・不倫願望のある妻たち

11月 6th, 2017

現在、土曜日の深夜に放送されている「フリンジマン」というドラマ、数人の男性が愛人が欲しい、不倫をしてみたいといろいろと努力するマンガで連載されたのをドラマ化したもので男性の哀愁というか馬鹿さ加減がコミカルに描かれています。

 

 

確かに男性の多くは愛人を持ってみたい、不倫をしたいという願望を持っているでしょう。
しかし、不倫をしてみたいと考えているのは男性ばかりではありません。
女性の中には不倫をしたいと思っている人は少なくないみたいです。

 

実際に女性雑誌などでは不倫をテーマを取り上げ、様々な人にアンケートしています。
それが回答が事実がどうかは判りませんが不倫経験者がかなりの確率で存在しています。
独身女性が既婚男性との不倫から既婚女性の不倫まで様々ありますが経験者は多く存在しています。

ここで問題なのが既婚女性の不倫問題です。

 

 

現実問題として夫からの妻のに対する浮気調査、いわゆる不倫調査が私ども探偵業界にも増加してきており、女性雑誌のアンケートの裏付けとも言える状況なのです。

実際に不倫している妻は年齢を問いません。
新婚早々の妻から子供、更に孫までいる女性も夫以外に交際している男性がいる世の中なのです。
しかも妻の行動に不信を抱き、探偵事務所に不倫調査を依頼する夫は少ないはずです。
多くの夫は妻を信じている人が多いからでしょう。
それでも確実に妻の不倫調査は増加しています。

 

 

事実として夫の浮気相手が人妻であったというケースは少なくありません。
この人妻の夫は多分、信じ切っているのでしょう。

 

 

こんな家庭が更に増えていくのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵はBARにいる3

10月 26th, 2017

映画「探偵はBARにいる3」が12月1日より全国ロードショーとなるらしい。

探偵の映画やドラマはけっこう気にして見てしまっている。

特に各探偵ドラマは殆ど録画しておいて貰い、暇な時にまとめて見ている。

この「探偵はBARにいる」シリーズは1,2とも映画館で見ている。

 

 

実際の探偵にしてみれば現実ではありえない事ばかりなのであるがエンターテイメントとして見ている。

今回は北川景子さんがヒロインとのこと、これも楽しみのひとつではある。

確かテレビドラマの「探偵の探偵」で主演をしていた女優さんだったが演技が光っていたと思う。

 

 

 

世の中にはこういった探偵ドラマが流行ると探偵になりたいと思う若者が増えて「募集していませんか?」等の問い合わせがくる。

実際の探偵はそんなに楽しいことはない。
むしろ体力的にも時間的にも、そして金銭的にも厳しい業種と思っている。

 

 

多分、12月は探偵にとって忙しい時期でもあるので見れるか分からないが年明けにでも暇なときが出来たら映画館で見てみたいと思う。

現実離れした探偵を見てみるとそのおもしろさが倍加して感じるからかもしれない。
ひとりで「そんな探偵いるかよ」と突っ込んだりしながら。

年末は映画館に行く楽しみがひとつ増えた感じです。

 

 

 

探偵ブログ・季節の変わり目

10月 18th, 2017

春先の3月4月、秋口の9月10月、共に寒くもなく、暑くもなくなり過ごしやすい時期なのですが探偵業界にはこの時期に少しノイローゼではないかと思しき人からの問い合わせが多く入ります。
昔から年長者より季節の変わり目にはおかしな人が増えると聞いたことがありますが探偵という職業に就いて初めて「本当だと」実感しています。

 

 

まずこの時期に多くあるのが盗聴、盗撮による被害者からのご相談です。
当社の過去からの統計でも実際に盗聴、盗撮の被害者の御依頼で実際に取り付けられていたケースや現在、取り付けられていなくても以前に取り付けられていたのではないかと
疑われる形跡のあったケースは正直、3%くらいです。
しかも最近は固定電話の盗聴というのは殆どなくなり、もっと率は下がっているかもしれません。

 

 

盗聴、盗撮の被害者と訴えている相談者の殆どが明らかに被害妄想というかノイローゼの人が多く、こういった人の問い合わせがこの時期に集中しているのも何故かおもしろいと思ってしまう現実です。

 

 

同時期に増加する相談にストーカー行為や嫌がらせ行為に対する相談です。
実際に本当の被害者からの相談もあります。
この本当の被害者はある程度具体的な内容が提示され、どういった行為をされているかなど説明され、それに対する証拠蒐集の為の調査方法を共に考え実践していきます。
そしてストーカー行為や嫌がらせ行為などの加害者を特定していきます。

 

ところが被害妄想やノイローゼの方は具体的な事は殆どありません。

例えば外出すると自宅のそばにはいないのに駅や商業施設などで待ち伏せをしていて、それから追ってくるのでかなりの人数が連携して追跡してくる。
遠い近い関係なく、買い物に行くとその先々の店舗の人がおかしな応対をしてくるので私の悪口を誰かが広めている。
近所の人に自身の悪口を言いふらし、みんなから変な目で見られる。
鍵を代えても代えても居宅内に入ってきていろいろと物色するが盗んではいかない。
警察に相談したら巡回を強化すると言われたにしていないから警察もグルで終いにはキチガイ扱いされたなどなど。

しまいにはどこからか身体に電波らしきものを当てて私の考えている事が判ってしまうので誰がこんな嫌がらせをしているのか突き止めて欲しい。

 

 

困ったものである。

 

 

実際に盗聴の被害やストーカー被害を被っておられる方も多くいらっしゃいます。
盗聴調査では調査をすれば盗聴器が付いているか否かは明白です。
ストーカーや嫌がらせ行為に対しても通常であれば加害者を特定することは可能です。
また集団ストーカーという事があっても基本的には尾行、張り込みの連続ですのでその実態は解明できます。
ノイローゼの方は通常では考え難い行為を指摘してくるのです。
しかし、何故か季節の変わり目にノイローゼの方からの相談が集中するのは探偵の七不思議のひとつです。

 

 

 

 

探偵ブログ・追跡バスターズ

10月 12th, 2017

昨夜、「追跡バスターズ」という番組でヤラセの事件を制作した探偵が糾弾されていた。

なんとも簡単な計画にテレビ局、いや番組制作会社が踊らされていた。

 

 

まず最初に1年間で300通も超える嫌がらせの誹謗中傷の郵便物の現物があるのに警察が捜査しないわけがない。

しかも依頼人が警察に相談したのに断られ、夫にも相談せずに探偵事務所に相談した時点でもおかしさ100倍である。

確かにストーカー事件についてはある程度の確証がないと警察は捜査してくれないが番組で放映されていた内容の投函物が300通を超えてあればなかなか動かないという警察でも捜査はしてくれる。

 

 

最初から「おかしい」と思っていて見ていたのであるが案の定である。

 

 

それにしても稚拙で幼稚な絵図にテレビ関係者は踊らされたものである。

 

 

過去の探偵が活躍するドキュメンタリー的な番組をいくつかみていたものであるがいずれもこれは「ヤラセ」ではないか?と疑わしい番組がいくつかあった。

浮気調査の現場や詐欺事件である。

浮気調査ではよくこんなに出入口が撮影しやすいホテルに入るものだと感心してしまう。

遠くからでも丸見えの現場である。

浮気調査100件してもこんなに都合の良いホテルを利用してくれるカップルはそんなにいない。

しかも滅多に出演してくれない浮気調査の依頼人が出てくれてこの結果である。

統計学的に言ってもなん千分の1の確率だろう。

ともかく陳腐なストーリーとその展開に笑ってしまうのである。
どこの探偵事務所が出演していたかの名言は避けるが何社かは耳が痛いはずである。

探偵事務所のホームページの中を見てみると番組協力を強く出している探偵事務所がいくつかあるのでそのうちの数社かもしれないが。

 

 

かなり以前に当探偵事務所もテレビ番組に協力をしたことがあるが人探しの番組である。

まず依頼人が出演してくれるかが大問題で殆ど人は出るわけがない。
結果的に本当の依頼人を捜し出す労力で疲弊してしまい、その後、依頼人を呼ぶような番組は断るようにしている。

そして浮気調査にしろ、詐欺事件やストーカー事件など探偵が扱う調査案件は対人問題でどういった展開になるか全く予想が付かない。
テレビ放映までの限られた時間内に結末が得られるという保証は全くないのです。

 

 

ま、娯楽として見る分にはおもしろいのでしょうが出演してくれる依頼人を捜し、どのような展開になるか判らない内容をテレビサイドの都合では計りしうる事は出来ないのが現実なのです。

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵の違反行為

10月 11th, 2017

前回の探偵ブログでも記述した「違法行為」と似てはいるのですが今回は「違反行為」についてです。

 

 

尾行調査の中でも花形ともいえる調査でもあるのが対車両の尾行調査です。

見逃さずにまた相手に気付かれずに対象車を追跡していくことは探偵の技量を語る上で重要な要素です。

 

対象者が運転している車や乗車している車を尾行していく際、対象車両が交通規則を遵守し安全運転をしてくれるとは限りません。

速度規制のある道路を普通でも10キロオーバー位のスピードを出して走っている人は多いかと思います。

それが20キロや30キロオーバーとなると捕まれば免停や高額な罰金となります。

 

 

対象車両が60キロ制限の道路を90キロで走行、違反になるから追跡を止めました。

また対象車両が道を間違えたかして車線変更禁止区間で変更したり、強引に割り込んだりした場合、探偵は違反になるからと変更はしなかったので追跡を断念しましたとかUターン禁止場所でUターンをしたのでやはり追跡が出来ませんでした。

探偵としてみればいずれも法規を遵守した正論で間違った事は言ってはいません。
きちんと交通規則を遵守しているのですから。

そのような状況において尾行を継続すれば運転して追跡をしている探偵も完全に違反行為です。
しかも反則金や罰金などは依頼者にも請求できず時には探偵事務所そのものにも請求出来ない場合もあり、しかも免停という処分が下されれば探偵業務にも大きく影響してきます。
殆どが探偵の個人責任となり大きなリスクとなってしまいます。

 

 

探偵は依頼人とはいえ一個人に対してそこまでリスクを背負う必要はあるのでしょうか?
探偵の悲しい性かもしれません。
そんなリスクを背負い、依頼人の為に違反してくれる探偵は意外にも多いかもしれません。
でもそんな探偵を頼もしいと思ってくれますか?

 

 

やはり一般の人に問いたい。

 

 

貴方は交通規則などを遵守、尾行が中断したという探偵を選びますか?
それとも多少の違反をしてでも尾行を継続してくれる探偵を雇いますか?

 

 

世間では探偵というイメージがそれほど良いとは正直言えません。
むしろアウトロー的に見ている人も多いはずです。
それは違反行為や違法行為を探偵個人で考え、許容範囲を広げているかに過ぎないのですが探偵というイメージが悪いのもこういった違反行為も辞さないという探偵が多いからかもしれません。

 

まだまだしばらくは探偵のイメージが上がるとは言い難い世の中であるのは否定できないのが現在の探偵の現実なのかもしれません。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵の違法調査

10月 10th, 2017

ストーカー規制法で違法とされる行為に付きまとい、待ち伏せなど行為があります。
これは探偵が実施する尾行、張り込みと大きく変わりません。

探偵は探偵業法によって尾行、張り込みが許される職業です。
ただし依頼人がいなくて探偵が個人的にこの尾行、張り込みを実施すればやはり付きまとい、待ち伏せ行為となってしまうのです。

配偶者の浮気を疑い、配偶者の勤務先で出てくるのを待っている行為は探偵や記者など報道関係者以外の一般人が配偶者の許可なく行えば待ち伏せ行為となり、ストーカー規制法で罰せられます。

 

 

ところが探偵でも刑事事件として罰せられる法律がいくつかあるのです。

 

 

一例をあげてみましょう。

 

浮気調査を実施して配偶者と浮気相手がラブホテルに入り、典型的な浮気現場を押さえました。
しかし、浮気調査ではこれで終わりにはなりません。
ラブホテルを出る処を押さえ、2人が別れた後に浮気相手を尾行し配偶者の浮気相手の住所などの身元を特定しなければなりません。
依頼人が浮気相手に対して慰謝料を請求するなど交渉や訴訟する為には浮気相手の名前や住所を特定する必要があるからです。
配偶者と別れた後を尾行していくとあるマンション、アパートなどの集合住宅に入りました。
探偵は当然、出来る限り集合住宅に入り、部屋号室を突き止め、帰宅した部屋を特定し表札などから名前も確認しなければなりません。

 

しかし、探偵がこのマンションの敷地内に許可なく入った時点で「建造物侵入罪」という違法行為となってしまうのです。
誰に許可を取ればよいのでしょうか?
対象者が集合住宅に入ったのでこれ以上の尾行は違法行為になるので尾行しませんでしたと報告したら、多分、どの依頼人はまず納得しないでしょう。

 

 

しかし、これが現実の法律で探偵にとってはある種の大きな「壁」でもあるのです。

 

 

よく探偵事務所のホームページには「当社は違法な調査は一切いたしません」と記載されているものもありますが本当なのでしょうか?
甚だ疑問なのですが。

 

 

改めて世間に問いたい。

 

 

貴方が依頼人の立場で探偵に浮気調査をしてもらい、この様な場面となったらと考えてみて下さい。
探偵に違法行為をさせますか?
いや、違法行為をしてくれて集合住宅に入り、住所を特定してくれるような違法をする探偵を選択致しますか?

違法調査にも重度、軽度があるかもしれませんが犯罪を強要、教唆する事も犯罪です。

 

 

当探偵事務所がどちらかでしょうか?などの野暮な質問は致しませんし現役探偵ある私からこれ以上の事は言えませんが・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・メールやラインの内容

10月 7th, 2017

配偶者や恋人が別の異性とメールやラインをしており、その内容において「好き」「愛してる」「昨夜は楽しかった」「また会いたい」「また抱きたい」などの言葉が入っていたら誰もが「浮気」「不倫」と確信するでしょう。

兄弟、友人などの第三者に相談したとしてもまず「絶対に浮気、不倫をしている」という答えが返ってくるはずです。
かくいう探偵である私もまず浮気、不倫をしていると多分、断言してしまいます。
しかし、このメールやラインの内容だけで不貞行為の証拠となるかは大いに疑問となります。

 

 

浮気や不倫の証拠とは性的関係が認められなくては不貞行為にはならないのです。

上記の「好き」「愛してる」については感情的な表現であって不貞行為があったとは法的に絶対に認められません。

また「昨夜は楽しかった」といっても性行為が行われていたとは限りません。

 

 

確かに昨夜は一緒にいたのでしょうが本当に二人きりだったのでしょうか。
また楽しかったといっても食事をして楽しかったのか談笑して楽しかったのか、性行為をしていて楽しかったのか全く判らないのです。

 

 

不貞行為のあった浮気、不倫を確定するにはこのようにメールやラインの内容だけでは殆ど意味がないのです。
例えば性行為の具体的な内容が記されていたからといって余程の裏付けできる内容がなければ証拠としては取り上げられません。
しかもそんなことを具体的に書く人もまずいないでしょう。
ダークグレーであってもブラックではないのです。

 

 

もし貴方が配偶者や恋人のこのようなやり取りを盗み見たらどうしますか?
すぐに問いただしますか?

 

 

賢い人は問いただすなんて事はしません。
問いただしてもまず認める人は少ないでしょう。

相手は貴方に浮気や不倫がばれてしまったと思うでしょうが殆どの人は認めず、誤魔化してきます。
そして警戒しながらもその交際を続けていくのです。

まず配偶者に感づかれたからといって余程の生がなければ関係を立ちきる人はまずいません。

 

 

そこで登場するのが探偵です。

 

弁護士などに相談したとしても法律上認められる不貞の証拠を持っていないとなかなか厳しいとの返答が聞かれるはずです。
その証拠を押さえるのが探偵なのです。

また探偵といえども警戒している相手を尾行していくことは難易度が高くなってしまいます。
ですから賢い人はメールやラインなどで浮気や不倫の気配を感じたら相手に問いただす事はせずに探偵に浮気調査や不倫調査を依頼するのです。

 

 

浮気や不倫の証拠が手に入れば全てが貴方の希望に添った方向で話し合いが出来るはずです。