Archive for 1月, 2018

探偵ブログ・不倫の結末

1月 31st, 2018

不倫調査をした結果、配偶者の不倫の事実を掴み、証拠を押さえ、報告書にして依頼人に渡す迄が探偵の仕事である。

その後、依頼人夫婦がどうなったのかを正直、知る術がない。
例えば調査が終了して1ヶ月後とか2ヶ月後に依頼人に対して「その後どうなりましたか?」と尋ねることは弊社では全くしていない。

報告書を渡し、調査料金を頂いた時点で調査契約は基本的に終了するのである。
たまに以前の依頼人が同じ不倫調査や全く違う調査で依頼して頂けるリバイバルというケースがあり、その際にその後の顛末をお尋ねすることはある。

 

 

不倫調査で再度、御依頼頂けるケースの多くは女性の依頼人である。
夫の不倫を不倫調査で確定したものの必ず離婚するという人ばかりではない。
夫の不倫相手に慰謝料を請求し離婚しない人や夫の反省を促し、離婚を留まる人も少なくないからかもしれない。

 

 

ところが夫が妻の不倫調査を依頼して不倫の事実が掴めた依頼人である夫からはリバイバルの依頼は殆どなく、その後の対処の結末は知る術がない。
憶測ではあるが離婚したケースが多いのではないかと思われる。
夫にしてみれば妻の不倫を許せる人はなかなかいないのかもしれない。

 

 

また離婚しなくても再び妻の不倫調査を依頼するにしても同じ探偵事務所に依頼するのも男としてのプライドもあり、依頼してこないのかもしれない。

 

 

その辺の事情は定かではないが妻の不倫した家庭の結末を昔の依頼主である夫に尋ねる事もしないので何とも言えないが多分、大きな負担を抱える結果となっていると思われる。

夫にしろ妻にしろ不倫当事者が不倫発覚したことで多大なる負担を強いられる事は結末としては多い。

実際に多くの人が目にしたり、耳に聞いた芸能人や著名人の不倫の結末はその殆どが悲惨な結末となっている。

 

 

一般の人においても何ら変わらない。
不倫が発覚したことで金銭的な損失ばかりではなく、社会的制裁を受けている場会が意外にも多く、不倫による悲惨な結末を迎えた人はかなりの数だと思う。

 

 

 

 

しかし、不思議と不倫が増加しているのである。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・東京の大雪

1月 23rd, 2018

昨日の昼頃から降り出した雪が深夜まで降り続き、東京の記録では積雪26センチとなったのだが実際には30センチ以上の積雪を感じている。

 

 

昨夜も浮気調査などの素行調査で夕方から大雪の中、探偵スタッフは尾行、張り込みに出ていたのである。

探偵は依頼があれば、この大雪でも関係なく、調査に赴かなければならない。

しかも昨夜は風が強く、吹雪のような状況でもあった。

最悪の状況であったがいずれもだいたい定時で退勤しまっすぐ帰宅してくれたのでトラブルはなかった。

 

 

10数年前の大雪の時には相手が浮気相手とホテルに入ってしまい、大雪が降り続く中、ずっと立って出てくるのを待っていたのであるが結局朝まで出てこず、大雪の中、徹夜してしまったという悲惨な現場もあった。

一応、それなりの防寒対策はして現場に赴いたのであるが身体は完全に冷え切ってしまい、体長を崩してしまった事を思い出しながら若い無探偵スタッフにはこんなことをした経験があるとはっぱをかけ、現場へと送り出した。

正直、心の中では依頼人から中止の連絡が来ないかと思っていたのであるが調査は実施、いずれの調査も数時間で終了し事なきを得たのである。

 

 

昨夜の探偵スタッフは体調を崩すことなく出社、まだまだ道には雪の残る夕方の寒い現場に出向いていくのである。

 

 

頑張れ!

 

 

 

 

 

探偵ブログ・小室哲哉氏の不倫疑惑

1月 20th, 2018

ミュージシャンでもあり、音楽プロデューサーとしても著名な小室哲哉さんが週間文春により不倫疑惑がスクープされてしまった。
それにしても文春さんの取材力には最近、スクープを連発している事もあり、驚かされてしまう。
それにしても療養中の妻:KEIKOさんとの仲睦ましい姿や小室氏本人が甲斐甲斐しく介護している話などもよく聞かれていたのであるが・・・・・。

 

 

このニュースを知った一般人の殆どは妻が療養中に不倫したことが特に許せないという声が多く聞かれたが療養中でなくても許せないというのが女性の声かもしれない。
ただ、このスクープが報道された翌日には小室氏が引退会見を開いたのには驚かされてしまった。

正直、あの才能が惜しいような気もするが。

引退ではなく、不倫を認め、反省し音楽の道を突き進んでいって欲しかったのであるが。

 

 

男性の不倫問題にはある程度の資産を持っている人でないとなかなか不倫をする事は現代では厳しいからか男性の不倫問題ではある程度の資産家が多いのは理解できる。
ところが妻の不倫に関しては不倫相手男性の資産に因ることも大きく、時間さえ作れれば容易に不倫が出来てしまう。
実際に当探偵事務所・赤坂アーガス東京では夫の不倫調査よりも妻の不倫調査が多くなってきているという事実もある。

 

 

 

探偵ブログ・平成が終わる

1月 15th, 2018

今年の秋頃には再来年5月から実施される新元号が決まるという。
再来年の5月より現行大使が天皇に即位されることが決定したためである。
どのような元号になるかは不明だがやはり明治、大正、昭和、平成の頭文字であるM.T.S.Hが付くものは避けるはずである。
するとマ行、タ行、サ行、ハ行は候補から外れ、そして過去の元号は絶対に付けないという。
あくまでも私見であるがカ行が本命、対抗にア行、穴にザ行ではないかと思っている。

 

 

それにしても平成となっての30年もまるまる探偵業に携わっていた。
何しろ私は昭和50年代から探偵業をしているのである。
著者の年齢がばれてしまうかもしれないが。
しかし、よくこれだけ長く続けて来れたものである。
ひとえに御依頼者様のお陰であるが強いて挙げれば特にリバイバルの御依頼者様のお陰である。

 

 

探偵業はなかなか営業セールスが出来る業種ではない。
貴方の配偶者が浮気していませんか?などと言えるはずもない。
如何に名前を知って貰って多くある探偵事務所の中から選択して貰えるかが決め手となるのであるが依頼頂いた案件を誠実に誠意を持って対応するとその依頼者がまた何か
調査が必要となったり、困ったことが起こった際に当社、赤坂アーガス東京を選択して頂けるのである。
これはその1件1件の案件を誠意を持って応えていかないとリピートしてくれる御依頼者は自ずと少なくなってくる。

 

 

新しい元号に変わっても探偵業は続けていかなければ今までの御依頼者にも申し訳がない。
身体が動く限り、携わっていきたいと思ってはいる。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・女子アナ不倫報道

1月 11th, 2018

いやいや本当に最近の不倫報道の多い事。

 

 

またまた文春砲が炸裂しました。

 

 

既婚女子アナが既婚男性とのダブル不倫報道。

女子アナといってもフジテレビのアナウンサーで全国的にも顔が知られているのに大胆にもよく不倫したものと感心してしまう。

別居しているとの話は聞かれているがまだ離婚をしていないのだから我慢できなかったのでしょう。

きちんと離婚してから独身男性と交際すればお目出たい話として多少は印象も良くなったものの、離婚せずに不倫、相手も既婚者。

どちらの家庭からも相当額の慰謝料がそれぞれに請求されるかもしれませんね。

 

 

 

しかし、最近の浮気調査というか不倫調査では不倫相手が人妻というケースが特に多くなってきている。

夫の不倫調査の不倫相手が人妻。

 

 

また妻の不倫調査の不倫相手が妻子ある男性というダブル不倫の関係。

一般人にもこのケースは多くなってきている。

お互いの配偶者に隠れて会っているという関係性に刺激があるのか、束縛できない関係性からかは不明であるがお互いに背徳心を持って逢瀬を味わっており、共通することが多いのだろう。

 

 

 

それにしてもこのダブル不倫という現象は最近のトレンドみたいに増加している。

貴方の奥様は大丈夫?

一度、探偵に依頼してはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・平成30年

1月 4th, 2018

新年明けましておめでとうございます。

 

 

本年も赤坂アーガスを宜しくお願い致します。

 

 

昨年は芸能界、政界では不倫問題が大いに世間を騒がしていましたが今年も多分多くの話題があがるかもしれません。

 

何しろ世間でも不倫がブームというか多くなってきています。

特に妻の不倫問題は驚愕に増加してきています。

世の中の夫としては心配事が増えてきていませんか?

 

 

今年も不倫調査、特に妻の不倫調査の依頼が多くなるかもしれません。

 

 

赤坂アーガスは不倫を見逃しません。

不倫の証拠を必ず押さえて見せます。

 

 

配偶者の不倫、浮気問題はぜひご相談下さい。

解決するお手伝いをさせて頂きます。