Archive for the ‘浮気調査’ Category

探偵ブログ・彼女がホテトル嬢③

3月 24th, 2018

第3日目も同じに11時から張り込みを開始する。
この日は16時前に10歳位の女の子と7歳位の男を連れた母親が彼女宅を訪問。
いずれもバイ降りケースを抱えており、レッスン日と想定16時過ぎには調査を打ち切ったのです。

 

 

そして第4日目も同様に調査を開始する。
すると13時前に1人で外出、最寄り駅から電車で移動、都心のターミナル駅に行き、別路線に乗り換え、やはり都心の繁華街に行ったのです。
ただ驚いたのは電車で移動中にスマホを2台取り出し、それぞれ操作しているのです。
依頼人である彼からもスマホの2台持ちは聞いていませんでした。

 

 

繁華街の駅で降り、歩いて5分程にある小さな8階建て雑居ビルに入り、エレベーターで4階に行ったのです。
その雑居ビルには各階2部屋があり、4階の2部屋にはいずれも会社名が案内板には表示されていましたが会社名からはなんの会社からは判断がつきません。
すぐに現地の調査員もスマホで確認したり、探偵事務所でもパソコンで検索した結果、402号室はコンピューター関連の会社らしき事は確認できましたが401号室のもう1社については検索しても会社名が出てきません。

事務所で登記関係を調べてみるも当該所在地には該当がないという状況です。
まして小さなビルなので一緒にエレベーターに乗ることも出来ず、1階で待機しているとものの15分程で彼女が出てきました。
ちょっと大きめのショルダーバックを抱えています。
もちろん家から出たときには所持していませんでした。

1分程歩くと路地にワゴン車が停車しており、その車の後部座席に彼女が乗り込んだのです。
後部座席の窓にはスモークがかかっており、中が良く確認できません。
探偵も後続のタクシーを拾おうと試みるのですが路地のため、タクシーが全くいません。
瞬く間に彼女を乗せた車は探偵の視界から消えてしまったのです。

 

 

当然、この出来事を依頼人である彼氏に報告するとこの雑居ビルの4階にある会社らしき処が個人的な彼女の練習場なのか、家族の関係する処なのか、音大時代の友人関係なのかも全く知らず、そのような場所に彼女と一緒に行ったことがないという。
当然、彼氏の知らない知り合いもいるだろうから何かのお使いかもしれないと言うことで彼と相談した結果、そのビル前でしばらく待機する事にしたのです。
尚、彼氏にスマホの2台持ちの件を話すとびっくりしており、今まで2台目を持っていたことは全く見たことがなく、「本当に本当なのですか?」と驚愕していました。
とりあえずこの事実は彼女には絶対に話さないで欲しいとくれぐれも口止めして張り込みを続行したのでした。

 

 

約1時間半が経過した頃に例のショルダーバックを抱え彼女が歩いてそのビルに戻ってきたのです。
すると5分もしないうちにまたビルより出てきて、同じ路地から同じ車の後部座席に乗り込み、走り出したのです。
当然、ここではタクシーは来ませんので追尾が出来ません。
もしかすると最寄りの繁華街の駅まで送ってもらったのかもしれませんし行き先は全くわかりません。
彼氏に連絡をすると彼女のスマホの電源が切れているみたいで繋がらず、ラインも既読にならないというのです。

今度は1時間、2時間、3時間と待っていても彼女が戻ってきません。
駅まで送ってもらった可能性もあると思っていた20時過ぎにまた彼女が歩いてそのビルに帰ってきたのです。
そしてまた5分位でビルから出ると今度は最寄り駅に行き、21時には帰宅したのです。

 

 

そして彼氏には帰宅前の21時前に電話が入り、バイオリンのレッスンをしていて今夜は疲れたので帰宅したらお風呂に入って早く寝るとの事だったというのです。
ただバイオリンケースは持っておらず、大きさからいってショルダーバックに入っていたとは到底思えません。
強いて上げれば別のバイオリンをレッスン場においてある事も否めませんが確かに行動を監視していても不可解な1日でした。

 

 

 

 

探偵ブログ・ホワイトデー

3月 14th, 2018

本日はホワイトデー。

 

 

探偵にとっては浮気、不倫調査のイベントデーでもあります。
バレンタインデーのお返しをする日。

恋人同士ばかりか不倫カップルにおいても大事なイベントデーとなっているこの日。

通常よりも少しでも会えれば嬉しいと思うのは恋人同士と何ら変わりない心境なのでしょう。

 

 

 

お陰様で本日の夕方からいくつかの不倫調査が入っています。

さあ、どうなるかは今夜中に結果が得られるのでしょうが多分、御依頼者の希望に沿う結果となることでしょう。

それにしてもバレンタインデーやホワイトデーは不倫カップルにおいても大事な日なのでしょうね。

 

 

ところで私もいくつかのお返しを用意しておかなければなりません。
何しろ妻からもバレンタインにはゴディバのチョコレートを、娘たちや姪っ子、孫娘たちや義理でくれた知人たちへのお返しが大変なのです。

正直、多少憂鬱感も感じています。

 

 

 

でもこんな事を言っている場合ではありません。
本日の不倫調査はみんなにも頑張って貰わないとなりません。

御依頼者が希望する調査結果をお届けするためには気合いを入れて夜に備えます。

 

 

しかし、不倫カップルも恋人気分満喫なのでしょうね。

 

 

 

 

探偵ブログ・本日バレンタインデー

2月 14th, 2018

本日はバレンタインデー。

 

チョコレートを貰えるかと楽しみにしている男性も多いかと思います。

ただ最近は義理チョコを止めている女子も増えて来ていると言われ、少し寂しいと感じている男性も多いのではないでしょうか?
また手作りチョコを嫌がる男性も増加傾向にあるとも聞きます。
確かに女子高生など若い女の子の間ではバレンタインデーにチョコを渡すという風習は以前よりも下火になりつつあるみたいです。

 

 

ところが恋人同士にはこのバレンタインデーは愛を確認し合うイベントとして未だに強い指示があり、高級なチョコレートなどや男性の好きな品物をプレゼントをして愛情表現をする日になってきています。

 

 

そんなバレンタインデーですが探偵にとってはクリスマスに次いで忙しいイベントの日でもあります。
なにしろバレンタインデーを祝うのは恋人同士ばかりとは限りません。

浮気や不倫をしているカップルにとっても大事な日なのです。
このバレンタインデーに少しでも会ってプレゼントを渡したい、出来れば一緒に過ごしたいと思うのは恋人同士と何ら変わらない感情みたいです。

 

 

殆ど本日の昼過ぎからか夕方からの調査で今、書いている午前10時という時間はこれから実施される浮気調査、不倫調査への待機時間の合間に書いています。

 

 

さぁ、本日の浮気や不倫をしている対象者にとっては可愛そうですが2人にとって最後のバレンタインデーになるかもしれませんよ。
思う存分、楽しんで下さい。
なにしろ明日以降はかなり厳しい現実が待っているのですから。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・もうすぐバレンタインデー

2月 6th, 2018

またまたこの時期がやって参りました。
バレンタインデーは来週の水曜日と刻一刻と迫ってきています。
菓子店以外にもスーパーやコンビニでは既にチョコレート商戦が始まっています。

 

 

今年はいくつのチョコレートが貰えるかと楽しみにしている諸兄も多いことではないでしょうか?
正直、著者も「義理チョコ」とはいえ、貰えないよりは貰えた方が嬉しいのは正直な気持ちです。
貰えたならばホワイトデーのお返しも気になるのですが・・・・・。

 

 

それにしてもバレンタインデーは恋人同士であれば楽しいイベントの1日には間違いなく、夫婦にとっても奥様からチョコを貰えて嬉しくないご主人はいないかと思います。
中には娘さんからも貰える父親も多いのではないでしょうか。

 

 

この女性から愛情表現するバレンタインデー。

 

 

不倫カップルでも同じなのです。
まして普段から抑圧された関係からか不倫をしている女性もチョコレートに限らず、何かプレゼントしたいという気持ちが強くなるみたいです。
少しでも一緒に過ごしたいという気持ち、判らない訳ではありません。

 

 

実際に過去のバレンタインデーに少しの時間でも逢瀬を楽しむ不倫カップルも少なくなかったのです。

ですからクリスマス期間同様にバレンタインデーに会って一緒の時間を過ごす不倫カップルは多く、このチャンスを逃さないと考える奥様も多いのです。

 

 

探偵業界ではクリスマス同様に浮気、不倫調査の依頼が多くなる1日です。

1,2日前に依頼をされてもお受けできないこともありますので浮気調査、不倫調査のご予約は早めにお願いいたします。

 

 

 

 

探偵ブログ・平成30年

1月 4th, 2018

新年明けましておめでとうございます。

 

 

本年も赤坂アーガスを宜しくお願い致します。

 

 

昨年は芸能界、政界では不倫問題が大いに世間を騒がしていましたが今年も多分多くの話題があがるかもしれません。

 

何しろ世間でも不倫がブームというか多くなってきています。

特に妻の不倫問題は驚愕に増加してきています。

世の中の夫としては心配事が増えてきていませんか?

 

 

今年も不倫調査、特に妻の不倫調査の依頼が多くなるかもしれません。

 

 

赤坂アーガスは不倫を見逃しません。

不倫の証拠を必ず押さえて見せます。

 

 

配偶者の不倫、浮気問題はぜひご相談下さい。

解決するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・お急ぎください

12月 14th, 2017

浮気、不倫調査では絶対的に浮気、不倫の証拠が出やすい時期がなんと言ってもクリスマスの時期でもうまもなくです。
あと10日を切りました。

 

 

不倫しているカップルにとっても普通の夫婦、恋人同士と何ら変わりなくクリスマスは一大イベントなのでしょう。
一緒に過ごせるものなら少しでも過ごしたいと誰もが考えているのです。

 

ただ今年はクリスマスイブが日曜日、前日のイブイブが天皇誕生日の土曜日という連休、家庭のある人にとってはなかなか会いづらい両日なのかもしれません。
配偶者に判らないように不倫をしている夫や妻は休日に、しかもクリスマス期間に外出するのは困難な人が多いようです。

 

 

やはり考えられるのが22日金曜日の夜、又は25日クリスマス当日の月曜日の夜かもしれませんがそれでも休日出勤などとなんだかんだと理由を作り、外出する人もいるのが不倫カップルの傾向です。
今年は競馬の有馬記念がイブの24日。
もしかすると夫の中には馬券購入を理由に昼間数時間、外出して不倫相手と会う時間を作る人もいるかもしれません。

 

一昨年、去年の傾向では妻の不倫においては友人女性の助けを借りて、昼間に不倫相手と会う人も少なくないようです。
そして夫や子供たちへのプレゼントを買って何喰わぬ顔で帰宅してくる人もいる位です。

 

 

探偵にとっては今年は22日から25日迄の4日間はかなり忙しくなると思います。
既に予約も入り始めています。
探偵ではケーキ屋さんの様にこの期間だけの臨時アルバイトを募集するという事はありません。

 

 

尾行、張り込みという調査は素人では全く無理な業務だということです。
ですから調査に携われる探偵の人数にも限りがあります。

通常の不倫調査ではいつ会うかなどは余程メールなどが見られ、情報の得られる方以外、判るものではありません。
ただこのクリスマス時期は今年の4日間に集中した調査をしてみると不倫の証拠が得られる可能性が断然違ってきます。

 

 

もし夫や妻に対して不倫の疑惑をお持ちであれば、この時期を逃すことはありません。
早めの予約をお考え下さい。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・早く言ってよ~

12月 2nd, 2017

妻の浮気調査をして欲しいと夫である40代の男性から相談の電話。
さっそくその依頼人と面談し状況を確認する。

 

 

妻は36歳で共働きをしており、3ヶ月位前より帰宅が遅くなることがしばしば。
何か仕事を任されるようになり、部下も出来て会議や親睦を兼ねて飲食もあると言っているらしい。
家にいるときはスマホを手放さず、ロックをかけていたり、夜間や休日にこそこそとメールか何かをしているという。
状況から浮気の可能性が高いということで調査料金を説明、するとすんなり正式に契約して頂き、2日後に調査を実施する事となった。

 

 

夕方、勤め先で張り込みを開始。
すると残業もなく定時の退社時間に出てきた。
ところが出てきてから周辺をキョロキョロ、誰かと待ち合わせしているのか思っていると歩き始め、今度はうしろを振り返りながら勤務先最寄りの駅に向かう。
普通の人ではこんな動きはまずしない。
何故か警戒している様子が見て取れる。
駅に入り階段を上がると下から来る人をずっと見ている。
しかも電車に乗るかと思えば、寸前で乗らないのである。
そしてホームに残っている人を凝視。
当然、尾行している探偵も乗らなかった為に凝視されてしまう。
明らかに警戒していると言うより完全に誰かしらに尾行されていると思って見ている。

 

 

当日はこれ以上調査を続けても探偵もばれてしまう恐れがあるので早々に打ち切る。
すぐさま依頼人の夫に問いただすと数日前に夫自身が探偵の真似事をして1人で尾行、駅に入ったところでうしろを振り返られ、尾行がばれてしまったということを隠していたという。

 

 

思わず、「早く言ってよ~」

 

 

 

 

探偵ブログ・メールやラインの内容

10月 7th, 2017

配偶者や恋人が別の異性とメールやラインをしており、その内容において「好き」「愛してる」「昨夜は楽しかった」「また会いたい」「また抱きたい」などの言葉が入っていたら誰もが「浮気」「不倫」と確信するでしょう。

兄弟、友人などの第三者に相談したとしてもまず「絶対に浮気、不倫をしている」という答えが返ってくるはずです。
かくいう探偵である私もまず浮気、不倫をしていると多分、断言してしまいます。
しかし、このメールやラインの内容だけで不貞行為の証拠となるかは大いに疑問となります。

 

 

浮気や不倫の証拠とは性的関係が認められなくては不貞行為にはならないのです。

上記の「好き」「愛してる」については感情的な表現であって不貞行為があったとは法的に絶対に認められません。

また「昨夜は楽しかった」といっても性行為が行われていたとは限りません。

 

 

確かに昨夜は一緒にいたのでしょうが本当に二人きりだったのでしょうか。
また楽しかったといっても食事をして楽しかったのか談笑して楽しかったのか、性行為をしていて楽しかったのか全く判らないのです。

 

 

不貞行為のあった浮気、不倫を確定するにはこのようにメールやラインの内容だけでは殆ど意味がないのです。
例えば性行為の具体的な内容が記されていたからといって余程の裏付けできる内容がなければ証拠としては取り上げられません。
しかもそんなことを具体的に書く人もまずいないでしょう。
ダークグレーであってもブラックではないのです。

 

 

もし貴方が配偶者や恋人のこのようなやり取りを盗み見たらどうしますか?
すぐに問いただしますか?

 

 

賢い人は問いただすなんて事はしません。
問いただしてもまず認める人は少ないでしょう。

相手は貴方に浮気や不倫がばれてしまったと思うでしょうが殆どの人は認めず、誤魔化してきます。
そして警戒しながらもその交際を続けていくのです。

まず配偶者に感づかれたからといって余程の生がなければ関係を立ちきる人はまずいません。

 

 

そこで登場するのが探偵です。

 

弁護士などに相談したとしても法律上認められる不貞の証拠を持っていないとなかなか厳しいとの返答が聞かれるはずです。
その証拠を押さえるのが探偵なのです。

また探偵といえども警戒している相手を尾行していくことは難易度が高くなってしまいます。
ですから賢い人はメールやラインなどで浮気や不倫の気配を感じたら相手に問いただす事はせずに探偵に浮気調査や不倫調査を依頼するのです。

 

 

浮気や不倫の証拠が手に入れば全てが貴方の希望に添った方向で話し合いが出来るはずです。

 

 

 

探偵ブログ・浮気相手が友人

9月 21st, 2017

最近、浮気調査の結果、「浮気相手が友人」というケースが多くなってきている。

夫の浮気相手が妻の友人であったり、妻の浮気相手が夫の友人であったというケースである。

 

 

考えてみると納得なのだが身近な存在を「浮気相手」に選んでしまう。
共有する時間が多ければ多いほど恋愛感情もわき出てしまうのかもしれない。
友人を紹介したり、頻繁に家族ぐるみで会うことは避けた方が良いのかもしれない。

 

 

浮気相手が友人だったケースではよく家族ぐるみでおつきあいをしている人が多く、お互いの家を行き来していたり、ホームパーティーなどで配偶者と親しくなっていったりしていたケースが報告されている。

 

 

しかし、どうにも節操がないとしか言いようがない。

 

 

浮気調査で浮気相手が友人と特定されてしまった後についてどうなったかまでは探偵とはいえ結果を報告した後にどうなりましたかと聞くわけにもいかず、想像の域を出ないが当然、見ず知らずの浮気相手以上に確執を生み、夫婦関係は破綻し友人関係も崩壊したと考えられる。
実際に最近では元アイドル女優の不倫相手が家族ぐるみで交際していた医者であったというケースもあったほどである。

 

 

極希に似たケースではあるが配偶者の身内というケースもあったのである。
妻の浮気相手が夫の兄弟、父親、夫の浮気相手が妻の姉妹となると家族関係も崩壊してしまう。
ここまで来ると人間性も問われる事にもなる。

 

 

それにしても浮気相手が友人というケースもよくあるパターンですので注意が必要です。
友だちに配偶者の浮気をそうだんしていたらその相談相手が浮気相手となると目も当てられません。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・ある歯科医の浮気調査

8月 17th, 2017

 

ある歯科医院を個人経営する歯科医師の妻から浮気調査の依頼が入り、素行調査を開始する。
この歯科医師が経営するクリニックは都内のある駅の近くにある商業施設の5階に入っている歯科クリニックで車で通勤している。
診察は月曜、火曜、木曜、金曜日が9時から12時までと午後2時から6時までと水曜日と土曜日は午前中のみ、平日はだいたい夜9時半前後には帰宅している。
日曜、祭日は休診日である。
そして日曜、祭日は余程のことがない限り、1人で外出することはなく、家族と過ごしいる。
またお酒は殆ど飲むことはなく、まして車通勤である。

 

 

奥様は絶対に浮気しているという。

 

 

数日間、尾行調査を実施するも多少の残業があっても勤務先クリニックを出てもまっすぐ帰宅してしまう。
奥様の思い違いなのか、それとも浮気相手との関係そのものが既に終わってしまったのかとも考えてしまう。
また雇用している歯科助手であったり受付女性なのかと思われる女性たちは対象者よりも先に順次クリニックを出ており、いつも対象者が施錠して退勤している。
浮気している事実は認められない。
もしかすると昼の休憩時間である12時から午後2時までの2時間に会っているとの不安から更に数日間を昼休みと夕方からに絞り調査を実施するが昼食を食べに出ても
何事もなく、クリニックに戻ってくる。

 

 

どうしても勤務時間以外に浮気をしている様子が見えてこない。
それでも依頼人である奥様は浮気をしていると強く確信している。
話をしている印象ではノイローゼという感じはしない。

 

 

それでもそのまま張り込みを続行する。
駅近くの商業施設とはいえ、5階フロアーは閑散としておりクリニックのそばにずっと張り込んでいるのも怪しまれるが今回は続行する。
すると閉店ギリギリに入っていく30歳前後の女性がいる。
以前にも8時半前後に出て行ったのを確認しているが当時は受付か歯科助手などの関係者と思っていた女性である。
7時から8時の間に数名の女性が出て行く。
閉店ギリギリの患者か関係者女性かの区別がつかないが閉店ギリギリに入った女性はまだ出てきていない。
すると8時20分にその女性が出てきた。
そして約10分後に本人が出てきて施錠、そのまままっすぐ帰宅したのである。

 

 

もしや診察室で浮気?という疑念が強くなってきた探偵。

クライアントの奥様と再度の打ち合わせ。
今までの調査結果から探偵からの指摘を受け、奥様もそう感じたらしい。
奥様はご主人から合い鍵を渡されているとのことでクリニックに盗聴器を設置することを提案する。
しかもこの奥様は医療法人として登記しているクリニックの役員としても名を連ねているのである。

もし奥様が役員でなかったり、合い鍵を渡されていなければ、いくら夫婦とはいえ、夫が経営しているクリニックに盗聴器を仕掛けることは法律に抵触してしまう可能性もある。
しかし、役員であり、合い鍵を渡されているとのことで違法性は殆ど問われることは無いとの弁護士の見解から提案したのである。

 

 

休診日である日曜日に奥様と合流しクリニックに盗聴器を診察室と待合室に設置する。

結果は案の定である。

生々しい男女の営みに至る会話からそのものの行為の声までも聞こえてきて録音する。

事が終わり、出てきた女性を尾行して自宅を突き止め、浮気相手を特定。

どうにか御依頼者の希望の添える結果を取得して調査を打ち切った次第である。

 

 

しかし、このような形での浮気もあり、証拠を得るにもなかなか困難な場合がある事も想定しておかなければならないのである。