Welcome!

探偵ブログ・季節の変わり目

10月 18th, 2017

春先の3月4月、秋口の9月10月、共に寒くもなく、暑くもなくなり過ごしやすい時期なのですが探偵業界にはこの時期に少しノイローゼではないかと思しき人からの問い合わせが多く入ります。
昔から年長者より季節の変わり目にはおかしな人が増えると聞いたことがありますが探偵という職業に就いて初めて「本当だと」実感しています。

 

 

まずこの時期に多くあるのが盗聴、盗撮による被害者からのご相談です。
当社の過去からの統計でも実際に盗聴、盗撮の被害者の御依頼で実際に取り付けられていたケースや現在、取り付けられていなくても以前に取り付けられていたのではないかと
疑われる形跡のあったケースは正直、3%くらいです。
しかも最近は固定電話の盗聴というのは殆どなくなり、もっと率は下がっているかもしれません。

 

 

盗聴、盗撮の被害者と訴えている相談者の殆どが明らかに被害妄想というかノイローゼの人が多く、こういった人の問い合わせがこの時期に集中しているのも何故かおもしろいと思ってしまう現実です。

 

 

同時期に増加する相談にストーカー行為や嫌がらせ行為に対する相談です。
実際に本当の被害者からの相談もあります。
この本当の被害者はある程度具体的な内容が提示され、どういった行為をされているかなど説明され、それに対する証拠蒐集の為の調査方法を共に考え実践していきます。
そしてストーカー行為や嫌がらせ行為などの加害者を特定していきます。

 

ところが被害妄想やノイローゼの方は具体的な事は殆どありません。

例えば外出すると自宅のそばにはいないのに駅や商業施設などで待ち伏せをしていて、それから追ってくるのでかなりの人数が連携して追跡してくる。
遠い近い関係なく、買い物に行くとその先々の店舗の人がおかしな応対をしてくるので私の悪口を誰かが広めている。
近所の人に自身の悪口を言いふらし、みんなから変な目で見られる。
鍵を代えても代えても居宅内に入ってきていろいろと物色するが盗んではいかない。
警察に相談したら巡回を強化すると言われたにしていないから警察もグルで終いにはキチガイ扱いされたなどなど。

しまいにはどこからか身体に電波らしきものを当てて私の考えている事が判ってしまうので誰がこんな嫌がらせをしているのか突き止めて欲しい。

 

 

困ったものである。

 

 

実際に盗聴の被害やストーカー被害を被っておられる方も多くいらっしゃいます。
盗聴調査では調査をすれば盗聴器が付いているか否かは明白です。
ストーカーや嫌がらせ行為に対しても通常であれば加害者を特定することは可能です。
また集団ストーカーという事があっても基本的には尾行、張り込みの連続ですのでその実態は解明できます。
ノイローゼの方は通常では考え難い行為を指摘してくるのです。
しかし、何故か季節の変わり目にノイローゼの方からの相談が集中するのは探偵の七不思議のひとつです。

 

 

 

 

探偵ブログ・追跡バスターズ

10月 12th, 2017

昨夜、「追跡バスターズ」という番組でヤラセの事件を制作した探偵が糾弾されていた。

なんとも簡単な計画にテレビ局、いや番組制作会社が踊らされていた。

 

 

まず最初に1年間で300通も超える嫌がらせの誹謗中傷の郵便物の現物があるのに警察が捜査しないわけがない。

しかも依頼人が警察に相談したのに断られ、夫にも相談せずに探偵事務所に相談した時点でもおかしさ100倍である。

確かにストーカー事件についてはある程度の確証がないと警察は捜査してくれないが番組で放映されていた内容の投函物が300通を超えてあればなかなか動かないという警察でも捜査はしてくれる。

 

 

最初から「おかしい」と思っていて見ていたのであるが案の定である。

 

 

それにしても稚拙で幼稚な絵図にテレビ関係者は踊らされたものである。

 

 

過去の探偵が活躍するドキュメンタリー的な番組をいくつかみていたものであるがいずれもこれは「ヤラセ」ではないか?と疑わしい番組がいくつかあった。

浮気調査の現場や詐欺事件である。

浮気調査ではよくこんなに出入口が撮影しやすいホテルに入るものだと感心してしまう。

遠くからでも丸見えの現場である。

浮気調査100件してもこんなに都合の良いホテルを利用してくれるカップルはそんなにいない。

しかも滅多に出演してくれない浮気調査の依頼人が出てくれてこの結果である。

統計学的に言ってもなん千分の1の確率だろう。

ともかく陳腐なストーリーとその展開に笑ってしまうのである。
どこの探偵事務所が出演していたかの名言は避けるが何社かは耳が痛いはずである。

探偵事務所のホームページの中を見てみると番組協力を強く出している探偵事務所がいくつかあるのでそのうちの数社かもしれないが。

 

 

かなり以前に当探偵事務所もテレビ番組に協力をしたことがあるが人探しの番組である。

まず依頼人が出演してくれるかが大問題で殆ど人は出るわけがない。
結果的に本当の依頼人を捜し出す労力で疲弊してしまい、その後、依頼人を呼ぶような番組は断るようにしている。

そして浮気調査にしろ、詐欺事件やストーカー事件など探偵が扱う調査案件は対人問題でどういった展開になるか全く予想が付かない。
テレビ放映までの限られた時間内に結末が得られるという保証は全くないのです。

 

 

ま、娯楽として見る分にはおもしろいのでしょうが出演してくれる依頼人を捜し、どのような展開になるか判らない内容をテレビサイドの都合では計りしうる事は出来ないのが現実なのです。

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵の違反行為

10月 11th, 2017

前回の探偵ブログでも記述した「違法行為」と似てはいるのですが今回は「違反行為」についてです。

 

 

尾行調査の中でも花形ともいえる調査でもあるのが対車両の尾行調査です。

見逃さずにまた相手に気付かれずに対象車を追跡していくことは探偵の技量を語る上で重要な要素です。

 

対象者が運転している車や乗車している車を尾行していく際、対象車両が交通規則を遵守し安全運転をしてくれるとは限りません。

速度規制のある道路を普通でも10キロオーバー位のスピードを出して走っている人は多いかと思います。

それが20キロや30キロオーバーとなると捕まれば免停や高額な罰金となります。

 

 

対象車両が60キロ制限の道路を90キロで走行、違反になるから追跡を止めました。

また対象車両が道を間違えたかして車線変更禁止区間で変更したり、強引に割り込んだりした場合、探偵は違反になるからと変更はしなかったので追跡を断念しましたとかUターン禁止場所でUターンをしたのでやはり追跡が出来ませんでした。

探偵としてみればいずれも法規を遵守した正論で間違った事は言ってはいません。
きちんと交通規則を遵守しているのですから。

そのような状況において尾行を継続すれば運転して追跡をしている探偵も完全に違反行為です。
しかも反則金や罰金などは依頼者にも請求できず時には探偵事務所そのものにも請求出来ない場合もあり、しかも免停という処分が下されれば探偵業務にも大きく影響してきます。
殆どが探偵の個人責任となり大きなリスクとなってしまいます。

 

 

探偵は依頼人とはいえ一個人に対してそこまでリスクを背負う必要はあるのでしょうか?
探偵の悲しい性かもしれません。
そんなリスクを背負い、依頼人の為に違反してくれる探偵は意外にも多いかもしれません。
でもそんな探偵を頼もしいと思ってくれますか?

 

 

やはり一般の人に問いたい。

 

 

貴方は交通規則などを遵守、尾行が中断したという探偵を選びますか?
それとも多少の違反をしてでも尾行を継続してくれる探偵を雇いますか?

 

 

世間では探偵というイメージがそれほど良いとは正直言えません。
むしろアウトロー的に見ている人も多いはずです。
それは違反行為や違法行為を探偵個人で考え、許容範囲を広げているかに過ぎないのですが探偵というイメージが悪いのもこういった違反行為も辞さないという探偵が多いからかもしれません。

 

まだまだしばらくは探偵のイメージが上がるとは言い難い世の中であるのは否定できないのが現在の探偵の現実なのかもしれません。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵の違法調査

10月 10th, 2017

ストーカー規制法で違法とされる行為に付きまとい、待ち伏せなど行為があります。
これは探偵が実施する尾行、張り込みと大きく変わりません。

探偵は探偵業法によって尾行、張り込みが許される職業です。
ただし依頼人がいなくて探偵が個人的にこの尾行、張り込みを実施すればやはり付きまとい、待ち伏せ行為となってしまうのです。

配偶者の浮気を疑い、配偶者の勤務先で出てくるのを待っている行為は探偵や記者など報道関係者以外の一般人が配偶者の許可なく行えば待ち伏せ行為となり、ストーカー規制法で罰せられます。

 

 

ところが探偵でも刑事事件として罰せられる法律がいくつかあるのです。

 

 

一例をあげてみましょう。

 

浮気調査を実施して配偶者と浮気相手がラブホテルに入り、典型的な浮気現場を押さえました。
しかし、浮気調査ではこれで終わりにはなりません。
ラブホテルを出る処を押さえ、2人が別れた後に浮気相手を尾行し配偶者の浮気相手の住所などの身元を特定しなければなりません。
依頼人が浮気相手に対して慰謝料を請求するなど交渉や訴訟する為には浮気相手の名前や住所を特定する必要があるからです。
配偶者と別れた後を尾行していくとあるマンション、アパートなどの集合住宅に入りました。
探偵は当然、出来る限り集合住宅に入り、部屋号室を突き止め、帰宅した部屋を特定し表札などから名前も確認しなければなりません。

 

しかし、探偵がこのマンションの敷地内に許可なく入った時点で「建造物侵入罪」という違法行為となってしまうのです。
誰に許可を取ればよいのでしょうか?
対象者が集合住宅に入ったのでこれ以上の尾行は違法行為になるので尾行しませんでしたと報告したら、多分、どの依頼人はまず納得しないでしょう。

 

 

しかし、これが現実の法律で探偵にとってはある種の大きな「壁」でもあるのです。

 

 

よく探偵事務所のホームページには「当社は違法な調査は一切いたしません」と記載されているものもありますが本当なのでしょうか?
甚だ疑問なのですが。

 

 

改めて世間に問いたい。

 

 

貴方が依頼人の立場で探偵に浮気調査をしてもらい、この様な場面となったらと考えてみて下さい。
探偵に違法行為をさせますか?
いや、違法行為をしてくれて集合住宅に入り、住所を特定してくれるような違法をする探偵を選択致しますか?

違法調査にも重度、軽度があるかもしれませんが犯罪を強要、教唆する事も犯罪です。

 

 

当探偵事務所がどちらかでしょうか?などの野暮な質問は致しませんし現役探偵ある私からこれ以上の事は言えませんが・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・メールやラインの内容

10月 7th, 2017

配偶者や恋人が別の異性とメールやラインをしており、その内容において「好き」「愛してる」「昨夜は楽しかった」「また会いたい」「また抱きたい」などの言葉が入っていたら誰もが「浮気」「不倫」と確信するでしょう。

兄弟、友人などの第三者に相談したとしてもまず「絶対に浮気、不倫をしている」という答えが返ってくるはずです。
かくいう探偵である私もまず浮気、不倫をしていると多分、断言してしまいます。
しかし、このメールやラインの内容だけで不貞行為の証拠となるかは大いに疑問となります。

 

 

浮気や不倫の証拠とは性的関係が認められなくては不貞行為にはならないのです。

上記の「好き」「愛してる」については感情的な表現であって不貞行為があったとは法的に絶対に認められません。

また「昨夜は楽しかった」といっても性行為が行われていたとは限りません。

 

 

確かに昨夜は一緒にいたのでしょうが本当に二人きりだったのでしょうか。
また楽しかったといっても食事をして楽しかったのか談笑して楽しかったのか、性行為をしていて楽しかったのか全く判らないのです。

 

 

不貞行為のあった浮気、不倫を確定するにはこのようにメールやラインの内容だけでは殆ど意味がないのです。
例えば性行為の具体的な内容が記されていたからといって余程の裏付けできる内容がなければ証拠としては取り上げられません。
しかもそんなことを具体的に書く人もまずいないでしょう。
ダークグレーであってもブラックではないのです。

 

 

もし貴方が配偶者や恋人のこのようなやり取りを盗み見たらどうしますか?
すぐに問いただしますか?

 

 

賢い人は問いただすなんて事はしません。
問いただしてもまず認める人は少ないでしょう。

相手は貴方に浮気や不倫がばれてしまったと思うでしょうが殆どの人は認めず、誤魔化してきます。
そして警戒しながらもその交際を続けていくのです。

まず配偶者に感づかれたからといって余程の生がなければ関係を立ちきる人はまずいません。

 

 

そこで登場するのが探偵です。

 

弁護士などに相談したとしても法律上認められる不貞の証拠を持っていないとなかなか厳しいとの返答が聞かれるはずです。
その証拠を押さえるのが探偵なのです。

また探偵といえども警戒している相手を尾行していくことは難易度が高くなってしまいます。
ですから賢い人はメールやラインなどで浮気や不倫の気配を感じたら相手に問いただす事はせずに探偵に浮気調査や不倫調査を依頼するのです。

 

 

浮気や不倫の証拠が手に入れば全てが貴方の希望に添った方向で話し合いが出来るはずです。

 

 

 

探偵ブログ・ある人妻の不倫調査

9月 27th, 2017

先日、50過ぎの男性から妻の不倫調査の依頼が入った。

 

最近では妻の不倫調査は珍しいことではなく、当探偵事務所でも不倫調査依頼の半数は夫からの依頼による妻の不倫調査である。

その妻に関して詳細は言えないが夫より3歳年上の女性である。
年齢は55歳前後とだけ言っておこう。

 

 

結果から話をすると夫以外に2人の男性と不倫をしていたのである。

しかもいずれも1週間の内に1度は会ってホテルに行っており結果的には1週間の内に2日はそれぞれの男性と不倫をしていたのである。
そして男性の身元を特定すると2人とも妻子持ちなのである。

 

 

この妻は勤めに出ていたのであるが平日の1日は休業日であるのに通常の時間に出勤し、時間をつぶして男性と会い、ホテルに行き、別の男性とは休日に外出しホテルに行っていたのである。

いやはや夫にしてみればたまったものではない。

 

夫は完全に妻を信じ切っていたのであるがたまたま妻の携帯電話を見てしまったら男性とのやり取りがあり、浮気を確信、不倫調査を依頼してきたのである。
それにしてもたった1週間の不倫調査の結果、2人の男性との密会(不貞行為)が確認されたのにはバブル期の男性の不倫調査のようであった。

 

 

現代の女性は公言している人だけでも4人に1人は不倫経験があるという。
公言していない人を入れると相当数になるのではないかと。

 

妻の不倫調査が更に増加することは確実と行っても良いのではないのでしょうか。

 

 

 

 

探偵ブログ・別れさせ屋

9月 22nd, 2017

深夜のテレビ番組の「ナカイの窓」で9月20日、仮面を被り顔を隠した女性が出演しプロの仕事として別れさせ屋が登場していました。

 

しかも探偵事務所の業務の一環と述べて、その探偵事務所の内部までも撮影、同僚らしき探偵も数名写っていましたが現在、探偵業法では「別れさせ屋」なる業務は禁止されています。

 

いったいどこの探偵事務所が番組に出たのかは判りませんがよく「別れさせ屋」として番組に登場したのか甚だ疑問です。

 

 

違法行為とされているこの「別れさせ工作」をテレビで取り上げる事自体も問題ですがよく出演したとある意味感心していました。

 

 

公安委員会の方から指導や処分が来ないのでしょうか?

 

公安委員会より認可を受けた正式な探偵事務所が「別れさせ工作」をする処はないと思っていたのですが・・・・・・。

 

 

テレビ局もその辺の法律的な事を学んで番組出演を考えないと倫理委員会にでも問題になるのではないでしょうか?

 

 

あくまでも本物の探偵からの提言です。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・浮気相手が友人

9月 21st, 2017

最近、浮気調査の結果、「浮気相手が友人」というケースが多くなってきている。

夫の浮気相手が妻の友人であったり、妻の浮気相手が夫の友人であったというケースである。

 

 

考えてみると納得なのだが身近な存在を「浮気相手」に選んでしまう。
共有する時間が多ければ多いほど恋愛感情もわき出てしまうのかもしれない。
友人を紹介したり、頻繁に家族ぐるみで会うことは避けた方が良いのかもしれない。

 

 

浮気相手が友人だったケースではよく家族ぐるみでおつきあいをしている人が多く、お互いの家を行き来していたり、ホームパーティーなどで配偶者と親しくなっていったりしていたケースが報告されている。

 

 

しかし、どうにも節操がないとしか言いようがない。

 

 

浮気調査で浮気相手が友人と特定されてしまった後についてどうなったかまでは探偵とはいえ結果を報告した後にどうなりましたかと聞くわけにもいかず、想像の域を出ないが当然、見ず知らずの浮気相手以上に確執を生み、夫婦関係は破綻し友人関係も崩壊したと考えられる。
実際に最近では元アイドル女優の不倫相手が家族ぐるみで交際していた医者であったというケースもあったほどである。

 

 

極希に似たケースではあるが配偶者の身内というケースもあったのである。
妻の浮気相手が夫の兄弟、父親、夫の浮気相手が妻の姉妹となると家族関係も崩壊してしまう。
ここまで来ると人間性も問われる事にもなる。

 

 

それにしても浮気相手が友人というケースもよくあるパターンですので注意が必要です。
友だちに配偶者の浮気をそうだんしていたらその相談相手が浮気相手となると目も当てられません。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・不倫議員

9月 8th, 2017

またまた文春砲が炸裂という感じでしょうか?

自民党の男性議員の不倫騒動が立て続けてあった次は同じ自民党の元アイドル女性議員が妻子ある男性市会議員との不倫騒動が勃発、その騒動も冷めない内に今度は民進党の女性議員も不倫疑惑のスクープ。

 

いやはや国会議員の女性議員も世間と同様に不倫ブームなのでしょうか?

 

 

ただ女性議員の場合、不倫はまず認めない。
今回も元アイドル女性議員と同様に「男女の関係はない」と会見では言っているがなんともである。
実際の不倫調査でも今回の不倫報道はいずれも「黒」と判断出来る内容ではないのであるが。
このあたりが週刊誌記者と探偵の違いなのでしょう。
探偵は確実な証拠を押さえなければなりません。

 

 

当探偵事務所にも相変わらず男性からの妻の不倫調査の相談が多くある。
この探偵ブログでも妻の浮気、妻の不倫については何度も書いたと記憶しているが本当に不倫している妻に対する夫からの依頼件数が多くなってきているのである。

 

 

独身女性も同じである。
妻子ある男性と不倫関係に陥っている独身女性も多く存在しているのです。
しかも彼氏らしき独身男性という存在がいるにもかかわらず、いわゆる二股、三股交際しているという独身女性も多く存在している事は否定できなくなっています。
なんか恐ろしい時代になってしまったという印象です。

 

 

恋人と思っていた女性が浮気や不倫をしている。
結婚して2人の将来のために一緒に働いたり、育児家事にと多忙の日々を送っている妻が不倫していると想像したら、恋愛にも結婚にも興味を示さない男性が増えてしまうのではないでしょうか?

 

 

少子化云々と叫ばれている時代ですが恋愛が出来ない男性、結婚に興味を示さなくなってしまう男性が増えていくような気がします。

 

 

それにしても女性による不倫問題は更に増加すると思っています。

不謹慎ではありますが探偵という職業柄、不倫が増えることは不倫調査や浮気調査の増加にも繋がり、需要は増えると期待はしているのですが・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・北朝鮮の水爆実験

9月 7th, 2017

9月3日に実施された北朝鮮の水爆実験は広島、長崎に投下された原爆の10倍以上の威力だという。

正直、今までは北朝鮮のアメリカに対するデモストレーション的な事と捉え、ミサイルに関しても他人事のように感じていたのだが今回の水爆実験については恐怖を感じてしまう。

 

 

それは日本に投下されるという危機よりもアメリカ、韓国と北朝鮮の戦争が勃発しアメリカの同盟国である日本も戦争に巻き込まれるという恐怖である。

もし戦争が勃発したら日本も無傷では済まないでしょう。
国内でもテロ的な爆発なども各所であるかもしれません。
なにしろ北朝鮮人が日本にもかなり住んでいると言われているからです。
戒厳令が引かれた場合、探偵なんか一発で干上がってしまいます。

 

 

しかも現代の戦争はインフラである電気や水道を破壊すると大ダメージを簡単に与えられるという事である。
今回の核爆発の実験は電磁パルスも発生出来るという。
もしそんなのが日本の上空で爆発し電磁パルスが降りかかると本当かどうかは詳しく知らないが電気系統、電子機器全てが使用できなくなると言う。

今の日本で電気がないという事はどういった生活になるかも想像出来ない。
電車ばかりか車も電気系統が破壊され動かなくなるしエレベーターも当然止まる。
モーター関係も動かず、ビルには水も溜められない。
当然、パソコンや携帯、無線機、ラジオも使えなくなってしまう。
現代、電気が使えない生活なんてまず考えられなくなっている。
しかも原発に与える被害も考えてしまう。
2次、3次災害が多く発生する危険も十分に考えなければならないのである。

 

 

また中国の出方も気になってしょうがない。
ここぞとばかりに東シナ海にくる可能性も否定は出来ないのである。

 

 

戦争になれば北朝鮮は多分、短期間で負けるでしょうがその後の展開ではアメリカと中国、ロシアなどの介入によって朝鮮半島が大きな火種を抱える事は明白です。
なにしろ北朝鮮が韓国に統合される様な事で民主化すると中国やロシアとの国境問題が勃発するのです。
中国もロシアもアメリカ寄りの韓国とは直接国境が接しないことを望んでいるからなのです。

こうなってくると国際的紛争の火種はいつまでもくすぶってしまう事になりかねません。

 

 

一介の探偵がブログで書くような内容ではなかったかもしれませんがやはり戦争にならないことを望むしかないのです。