Welcome!

探偵ブログ・宗教問題

2月 16th, 2017

現在、新進気鋭の若手女優が宗教問題などで芸能界が揺れています。

 

 

確かに憲法でも宗教の新興の自由は認められています。

私自身、それほど信仰心が強くない為か、宗教に傾倒する人の気持ちは分かりません。

ただ言えることは自分が信仰する宗教と違う人と交際したり、結婚するとなるといろいろな問題が出てきてくるという現実があると言うことなのです。

 

特にどの宗教とは名指ししませんがある宗教と別の宗教が何かにつけ、敵対関係にあるような場合、その信者同士または家族が熱心な信者であった場合、上手くいく事は少ないという現実です。

 

決して差別をしているという訳では無いことはあらかじめ承知しておいて下さい。

 

例えばキリスト教でもカトリックとプロテスタントでは違います。

昨今ではイスラム教を敵視する声も聞こえてきています。

 

仮に貴方萱家族がイスラム教を信仰していてキリスト教を信仰する人と交際するとなった場合、

教会も違えば、習慣もかなり違ってきます。

 

交際以前に信仰宗教のことは話しているでしょうからこんな人は少ないかと思いますがカルト的な宗教であったり、新興宗教であった場合、隠している場合があるのです。

 

交際を継続、結婚してから新興宗教を信心していると分かった場合、理解できれば良いのですがなかなかそうは行かないのが現実です。

 

仕事に影響したり、それこそ出家するなんて事になると家庭そのものが崩壊してしまう場合もあるのです。

 

 

宗教については大事な問題と私は思っています。

探偵が実施する結婚調査や身元調査では信仰宗教についても調査致します。

決して差別する訳ではありませんが大事な事なのではないでしょうか?

 

 

それこそ日本で大事件を起こした新興宗教もある位です。

もし子供が交際している人がそんな宗教の熱心な在家信者だったとしたらどうしますか?

 

 

私の偏見が強いのでしょうか?

宗教というのはその信仰心において人を危めたり、戦争の原因にもなるという現実を考えてみるべき大事な問題なのです。

調査において信仰宗教を調査することはとても大事な調査と思っています。

 

 

 

 

探偵ブログ・バレンタインデー

2月 14th, 2017

交際している女性、交際していない女性、それこそ既婚している女性と女性にとっては嬉しくもあり、苦痛と感じる日でもあるかもしれんいバレンタインデー。

 

 

チョコレートを男性は貰えると喜び、貰えないと悲しい日でもあるバレンタインデー。

 

悲喜こもごもが交錯する日でもあります。

 

このバレンタインデーは不倫カップルにおいても一大イベントデーの日でもあります。

 

不倫していても浮気をしていてもその関係性は全く関係ありません。

チョコレートを渡したいのです。

 

 

バレンタインデーは女性にとって日頃の気持ちを伝える日であるのです。

また気持ちを伝える日でもあるのです。

このバレンタインデーがきっかけで浮気したり不倫へと陥ってしまう人もいます。

 

 

探偵にしてみればこのバレンタインデーは浮気調査、不倫調査のメインデー。

クリスマスシーズンに続き、忙しい日です。

なにしろ浮気、不倫していようがこの日にプレゼントしたいのです。

 

 

浮気調査、不倫調査のチャンス日なのです。

今夜も既にいろ調査依頼が入っています。

 

 

そんな状況ですが今夜調査を希望される人はまだ間に合います。

 

当赤坂アーガス東京にご連絡下さい。

 

もしご連絡頂き、その際に全て予約が入っていてお受けできなければごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・節分

2月 4th, 2017

昨日は節分。

 

 

何かされましたか?

子供達も皆、独立し手いるために豆まきはすることなく、恵方巻きを食べるだけとなりました。

子供達が小さい時は自分が鬼になり、マメをぶつけられた事も遠い昔。

 

 

ところで恵方巻きを食べるという週間、東京生まれで東京育ちの自分にはこんな習慣はなく、食べるようになったのはきちんと覚えていませんがここ10年位かもしれません。

 

 

それにしてもコンビニなどでアルバイトの人にノルマを課すというニュースが多く聞かれるようになったのには正直、驚きました。

 

 

最近、コンビニなどでアルバイトしている学生さんたちはけっこう学資などで苦労している人が多く、以前のように遊ぶ金が欲しくてアルバイトをしているという人は少なくなった気もします。

全体的に真面目な学生さん達が働いている印象です。

しかも体調を崩したりして急に休む場合でも代わりのアルバイトを見つけなければ休めないとか、ペナルティーとかが付くとか、信じられないルールがまかり通っているみたいです。

 

 

ある意味、金持ちと貧乏人との格差がかなり広がってきているようにも感じます。

探偵という職業にもその格差の広がりを痛感する事が多くなりました。

政治が悪いと言ってしまえばそれで終わりでしょうがどうにかならないかとおもう昨今です。

 

 

 

 

探偵ブログ・移転

1月 26th, 2017

新年の挨拶をしてからのブログ更新となってしまいました。

 

 

実は新年早々、移転することとなり、しばらく赤坂を離れてアーガス本部のある東京都荒川区西日暮里に移りますので宜しくお願い致します。

それでも赤坂アーガスの名前は今まで通りです。

事務所ビル1階のコンビニ、近所の「なか卯」、弁当屋、中華料理店、洋食レストラン、美味しい物をありがとうございました。

 

まっ西日暮里も本部があるため、頻繁に行っている町ですし馴染みの店舗を多く、その点は安心です。

赤坂アーガスで顧客となって頂いた御依頼者様、こちらから出向きますので今後のおつきあいも宜しくお願い致します。

 

 

これまでの信頼を裏切ること無く、継続していきますので希望される日時をご指定下さい。

 

このブログも今まで通りに更新を出来る限りしていく所存です。

 

 

赤坂アーガス

 

 

 

 

 

探偵ブログ・2017年

1月 10th, 2017

新年明けましておめでとうございます。

 

本年も探偵事務所・赤坂アーガス東京を宜しくお願い致します。

 

当探偵事務所・赤坂アーガス東京は浮気調査を主体に創業35年以上になる探偵事務所です。

 

浮気調査ばかりでなく、貴方の不安や悩みを解消するためにさまざまな調査により情報を提供しております。

 

過去よりいろいろとお役に立っていると自負しております。

 

調査のご用命がありましたらぜひ探偵事務所・赤坂アーガス東京にご相談下さい。

 

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

 

簡単ですが新年の挨拶とさせて頂きます。

 

 

 

 

探偵ブログ・プランタン銀座

12月 20th, 2016

JR有楽町駅にほど近くに建つファッション商業施設「プランタン銀座」が今年いっぱいで閉店するという。

 

 

この商業施設ができた当初には既に探偵として活躍していた私。

 

悲しいかな、年を取るわけである。

 

当時の銀座と言えば老舗の商店の中に大手百貨店が数棟、そして夜のソシアルビルが立ち並んでいたのであるが今では多くのお洒落なファッションビルや高級ブランドビルも建ち並び観光客も増加してきており、昔の印象と少しことなってきてはいるがそれでも「銀座」で歩く人もやはり新宿、池袋、渋谷とは違う。

 

「プランタン銀座」はバブル時期の走りであった昭和59年に開業した百貨店的なファッションビルで当時としてはお洒落の代表的な商業施設となった。

 

 

この「プランタン銀座」には探偵として苦い思い出がある。

何しろ女性の対象者を見逃してしまった経験がある。

何階であったか今は忘れてしまったが女性ファッション売り場でウインドショッピングする対象者を見逃してしまったのである。

男性2人で尾行していたのであるがそのフロアーをウロウロする対象者を尾行していたのであるが余り近づくことができずに少し離してしまったのが運の尽き。

展示商品の陰に入り、見逃してしまったのである。

フロアーのどこを探してもいないのである。

こうなると1人が全ての階を探し回り、1人が正面玄関で張り込むも結局見つからずに数時間後に打ち切ったのであるがこの日の調査料金は請求できなかったという苦い経験である。

 

 

そんな「プランタン銀座」も今年いっぱいとは・・・・・・・感慨ひとしおである。

 

とはいえ、来年の3月か4月には「マロニエゲート銀座」としてリニューアルオープンするらしい。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・忘年会

12月 14th, 2016

今週末からはあっちこっちの会社などでは忘年会がピークとなっています。

 

特に16日の金曜日はメインみたいです。

 

浮気や不倫カップルにとってはこの忘年会の時期は待ちに待ったものでしょう。

 

1次会に参加し2次会には参加せずに2人で過ごすパターン。

 

でも配偶者や家族には2次会、3次会に参加したという理由を言います。

 

今週はこの忘年会に絡んだ浮気調査がありがたいことに既に予約が入っており、夜間はフル稼働になりそうです。

 

 

そして今週が終わると来週は浮気調査の一番のメインであるクリスマス週間です。

 

特に今年は22日の木曜日からが特にメインとなります。

 

まだまだ秋がありますのでこのクリスマス週間では早めの予約をお願い致します。

 

21日に「明日お願いします」と言われてもお断りする場合も出てきます。

 

無駄になるかもしれませんが浮気カップルには普通の恋人同士同様に一緒に過ごしたい気持ちに変わりはありません。

 

こんなチャンスはバレンタインデーとホワイトデーなど年に数回しかありませんのでチャンスと捉え、浮気調査を考えてみて下さい。

 

 

多くの方がこのチャンスをものにしていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・韓国大統領

12月 10th, 2016

昨日、各国大統領の弾劾が韓国国会で可決された。

 

 

韓国国民の大多数が望んだ結果となったのであるが韓国国民のあのパワーには正直、驚かされた。

日本でもデモも行われているが国のトップをあそこまで追い込む力には改めて敬服するしかない。

築地の移転問題にしても東京オリンピック問題にしろ、それこそ福島原発の廃炉費用問題にしろ、沖縄の吉問題にしろ、いろいろと納得できないことが多いのだが声を出して問題提起する人が少ないと思う。

 

 

正直、自分を含めてなのだが日本国民は大人しすぎるのだろうか、改めて考えさせられてしまう。

誰かが言うだろう、誰かがするだろう、と、考えている自分がそこにはいる。

確かに韓国大統領は国民を欺くことをしていたのだろうが同じようなことが日本でも起こっても日本国民がそこまでしているかは甚だ疑問である。

自分には良し悪しはよく分からないが改憲問題にしても同様である。

 

今の自分にはこの赤坂アーガスのことで手一杯で世間のことについては何ともデアル。

多分、日本人のほとんどは同じように自分のことで手一杯なのだと思う。

余程、自分自身に火の粉が降りかからなければさまざまな諸問題に関しても所詮他人事という考えかもしれない。

 

それではいけないと頭では分かっているのだが・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・あと1ヶ月

12月 1st, 2016

今年も早いものでもう1ヶ月となりました。

 

 

なんか年々早く年を取る感じです。

またクリスマス時期が近づいて来ました。

もし配偶者や恋人の浮気で悩んでいらっしゃる方がおられましたらクリスマス前からの調査をお考えになり当探偵事務所・赤坂アーガスにご相談されて下さい。

 

 

浮気をしている当事者である配偶者や恋人もクリスマスの時期には相手と一緒に過ごそうとしています。

プレゼント交換もあるかも知れません。

 

毎年のことですがクリスマスの時期が浮気調査には絶好のねらい目となります。

その為に毎年、予約で一杯になり、前日では調査の依頼をお受けできないこともあります。

今年はクリスマスイブの24日が土曜日で前日の金曜日が天皇誕生日で祭日です。

狙い目は22日の木曜日の夜からになります。

 

 

もし浮気で悩まれている方がいらっしゃったらこの時期がお勧めです。

早めに浮気調査を決断されて予約されることをお勧め致します。

悩んでいるよりも結論を得るために早めの決断を。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・赤坂の料亭

11月 25th, 2016

赤坂アーガスのある赤坂は古くから社交場として料亭が多く建ち並び、現代でもその料亭を利用する政治家や財界人などは多くいる。

しかし、それこそ赤坂にある料亭の中でも「口悦」という料亭は有名であったがその料亭が買収され閉店するという。

またひとつ赤坂の代表的な社交場のひとつである料亭が無くなってしまう。

この「口悦」という料亭は以前は別の名前の料亭であったがそのお嬢さんが俳優であった故・渡辺文雄さんと結婚し正式に女将として料亭を継いでから改名したものでその名付け親が映画監督として著名な故・小津安二郎さんだという。

そして歴代の総理経験者を筆頭に多くの政治家や財界人も利用していた料亭なのです。

赤坂を語る上で昭和から平成の政治経済の裏舞台を提供してきたと言っても過言ではないのかもしれない。

 

赤坂と言えば東京の代表的な繁華街のひとつとして銀座、六本木、新宿、渋谷、池袋と共にその名を響かせ、歌謡曲の題材にも多く取り上げられた街であったのだが現在では徐々に繁華街という印象よりオフィス街といった雰囲気に変貌してきている。

 

昔からの赤坂をしる私にとってはとても寂しい限りではあるが正直、この様な高級料亭などには馴染みがなく、買収された後にどうなるかはわからないが多分、大きなオフィスビルが建つこととなるでしょう。

むしろ当探偵事務所・赤坂アーガスにしてみれば需要は多くなるかもしれず、ちょっとした期待感はあるのですが。

 

でも正直、寂しいのも事実である。