Archive for the ‘探偵 調査’ Category

探偵ブログ・宗教問題

2月 16th, 2017

現在、新進気鋭の若手女優が宗教問題などで芸能界が揺れています。

 

 

確かに憲法でも宗教の新興の自由は認められています。

私自身、それほど信仰心が強くない為か、宗教に傾倒する人の気持ちは分かりません。

ただ言えることは自分が信仰する宗教と違う人と交際したり、結婚するとなるといろいろな問題が出てきてくるという現実があると言うことなのです。

 

特にどの宗教とは名指ししませんがある宗教と別の宗教が何かにつけ、敵対関係にあるような場合、その信者同士または家族が熱心な信者であった場合、上手くいく事は少ないという現実です。

 

決して差別をしているという訳では無いことはあらかじめ承知しておいて下さい。

 

例えばキリスト教でもカトリックとプロテスタントでは違います。

昨今ではイスラム教を敵視する声も聞こえてきています。

 

仮に貴方萱家族がイスラム教を信仰していてキリスト教を信仰する人と交際するとなった場合、

教会も違えば、習慣もかなり違ってきます。

 

交際以前に信仰宗教のことは話しているでしょうからこんな人は少ないかと思いますがカルト的な宗教であったり、新興宗教であった場合、隠している場合があるのです。

 

交際を継続、結婚してから新興宗教を信心していると分かった場合、理解できれば良いのですがなかなかそうは行かないのが現実です。

 

仕事に影響したり、それこそ出家するなんて事になると家庭そのものが崩壊してしまう場合もあるのです。

 

 

宗教については大事な問題と私は思っています。

探偵が実施する結婚調査や身元調査では信仰宗教についても調査致します。

決して差別する訳ではありませんが大事な事なのではないでしょうか?

 

 

それこそ日本で大事件を起こした新興宗教もある位です。

もし子供が交際している人がそんな宗教の熱心な在家信者だったとしたらどうしますか?

 

 

私の偏見が強いのでしょうか?

宗教というのはその信仰心において人を危めたり、戦争の原因にもなるという現実を考えてみるべき大事な問題なのです。

調査において信仰宗教を調査することはとても大事な調査と思っています。

 

 

 

 

探偵ブログ・ショーンK問題を考える

3月 22nd, 2016

経営コンサルタントでテレビコメンテーターとしても活躍していたショーン氏が学歴などを詐称していた事でレギュラー出演していた番組を自ら降板した問題。

 

マスコミによるといろいろな虚偽や詐称が更に出てきており、問題視されている。

 

個人的には今まで出ていた番組を見ていてもそれなりの勉強をしていて知識もあり、好感は持っていたのであるが・・・・・・残念である。

 

このような詐称問題は探偵をしているとよくぶち当たる。

ショーンK氏と同様、自分を良く見せたいが為に嘘をつく虚栄心の強い人は多いのである。

 

中途採用の際の採用調査などにおいて学歴や職歴を詐称して履歴書を作成してくる人物はけっこう存在しているのである。

 

多分、中退しているのであろうが卒業したと記述していたり、職歴も実際にはいくつもあり、転々としているのに2カ所位を記述して入退職日をごまかしていたりと様々である。

 

また中には手の込んだ詐称をしてくる輩もいる。

既に倒産した一流会社に勤務していたとする場合である。

倒産した会社から情報はなかなか得られないので探偵でも難しいのであるが精査していくと辻褄が合わなくなり、詐称が判明する。

人事担当者をだませても探偵はだませないのである。

 

ただ、このショーンK氏と同様に外国の大学での学士、修士、博士などの取得に就いては探偵でも調べるのが困難である。

たとえ英語が堪能であっても外国の大学では全く卒業確認の協力はして貰えず、日本のように同窓会名簿などの入手もできない。

この手の詐称については正直、難しいのであるが当時の居住先近隣での聞き込みをするとけっこう判明してくるものである。

例えば、日本の大学にいったものの途中で退学しアルバイトをしていた事が判明すると留学していたという事が嘘になってしまう。

仮に嘘と断定できなくても嘘の可能性があるとの報告ができる。

 

 

この判断ができる為の情報を如何に収集できるかできないかが探偵の資質なのかも知れない。

 

しかし、ショーンK氏も外国の大学を卒業したとかは調べても判らないと思ったのか高い代償を支払う嘘をついてしまったものである。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・悪徳探偵の実態

3月 17th, 2016

絶対にあってはならない悪質な探偵とはどういった事をするのでしょう。

 

 

まず依頼内容を調査対象者に打ち明け、調査結果や行動状況を教えて貰い、あたかもきちんと調査したかの様に調査報告書を作成し提出、調査料金を搾取するという行為。
これは時として調査対象者からも金品を搾取する場合があり、完全に犯罪行為です。
また浮気調査では浮気の事実を掴んだ浮気相手に報告書に虚偽の報告をしてやるといって脅迫、金品を搾取、依頼人には事実を報告しないという探偵社。

 
当然、この行為も犯罪です。

 
ただ、これらは現在、認可制とはいえ公安委員会に届出をしている正式な探偵社ではまずありえない行為と言えるでしょう。

 

 

次に調査そのものをしないで調査したかの様に振る舞い、調査料金を搾取する探偵社。
例えば浮気調査などで尾行などしないで帰宅した時間だけを見て「何時に帰宅しましたよね。でも浮気の事実は無かったです。」
「調査料金を安くする為に報告書は無駄なので作りません」という探偵社。

 

実際に存在するみたいですがやはり詐欺行為です。

 
全く浮気の事実が無かったとしてもその行動を裏付ける要所要所の写真や映像を添付した報告書は必ず提供して貰いましょう。
調査実施日に浮気の事実が本当に無かったとしてもそれを裏付ける証拠写真を貼付した調査報告書の提出は探偵としての責務でもあります。
こういったケースは調査料金前払いのところが多いみたいです。

 

 

更に浮気現場が押さえられる様な時に勝手に調査員を増やし、割増料金を請求する探偵社。
確かに浮気現場の状況で設定した調査員人数で対応できない場合もあります。
その際は必ず御依頼者に状況を説明しご納得の上、人数を追加すべきことでこれを怠り、勝手に人数を増やし、「証拠が押さえられたから良かったでしょう」と平然と割増料金を請求する探偵社もあるようです。
依頼人にしてみれば証拠が取れたから致し方ないと思い、支払う人が多いらしいのですが同業者としては業界の信用問題にも発展し悪質と感じています。

 

 

また最近多い悪質な行為は4人の調査員を使うということで契約したものの実際には2人しか調査員を派遣せずに4人分の料金を搾取する探偵社。

 
やはり詐欺行為ですがなかなか立証するのが厳しいみたいです。

 

 

張り込み場所で2人しか調査員をクライアントが確認できなくても裏側にいるとか隠れているとかと何とでも言い訳ができてしまうからです。

 

 

もちろん探偵業法や各法律に違反する様な調査を受けていたり、調査そのものに違法性がある探偵社は悪質なのですが・・・・・。

探偵ブログ・結婚詐欺

3月 4th, 2016

今朝のワイドショーでまたまた結婚詐欺をして1300万円をだまし取っていた女性が逮捕されたと報じられていました。

 

経緯を報じていましたがこの女性は騙した男性と交際している最中に韓国人男性と結婚、既婚者となっており、結婚後にも詐欺を継続、だまし取っていたというのです。

しかも韓国に渡り、韓国で飲食店を経営していたらしいのですがその資金もだまし取ったお金を流用していたとのこと。

 

 

いやいや、最近の女性による結婚詐欺が多いこと。

 
当探偵事務所・赤坂アーガス東京にもこの結婚詐欺事例と似たケースの相談や調査依頼が増加しています。
だまし取られた金額も数万円から1000万円を超える人とさまざまですが被害男性にしてみれば金額の問題よりも気持ちの問題が多くありそうです。

 

当然、結婚詐欺師の女性は結婚を意識させ交際してくるのですが何かと金銭を要求して来るみたいです。

過去の事例でも多いのが家族の病気や借金問題による悩みを打ち明け、同情を買う方法。

 

 

これがまた口の上手い詐欺師女性にとってはかなり有効らしく殆どの男性が簡単に騙されてしまうそうなのです。

何しろ男性にしてみれば「男気」を逆手に取ったやり方で交際している女性、又は交際に発展しそうな女性が困っていると助けてやりたいという絶対的真理が
働き、貯めているお金を貸してしまうのだそうです。

男性の結婚詐欺師も同様な手口を使いますが女性詐欺師の方が簡単に引っかかる男性は多いのです。

確かに女性が男性にお金を出すまでにはそれなりの信用を持たさなければなりません。
しかし、女性の場合には男性側の「助平」な心理もあり、女性以上に簡単に引っかかりやすく、また最近のインターネットによる出会い系などで簡単に知り合える環境も結婚詐欺被害に拍車を掛けていると考えられます。

 

 

それでは結婚詐欺に遭わない為にはどうすればよいのでしょうか。

 

まず交際する前に相手の身元をきちんと把握しておくことが最低限必要です。

 
何かと個人情報云々という世の中になってしまいましたが最低限、相手の名前や住所が事実であることは確認しておきましょう。
最近多いのが全く本名を知らず、まして住所も知らないで電話やメールなどで友人関係を発展させ交際、お金を貸したものの突然、連絡が取れなくなってしまうというパターン。

結婚詐欺までとはいかないまでも寸借詐欺的な詐欺も増加している現状です。

婚活サイト、婚活パーティー、出会い系などで知り合えるケースも増えた昨今、これを悪用する結婚詐欺師もいれば、全くの素人が詐欺師に豹変することも多く、その為にも探偵は活躍しています。

 

 

結婚詐欺や寸借詐欺など詐欺行為の被害合われた方はもちろんのこと、もし交際相手から金銭の借り入れを要望された方などは探偵事務所にご相談下さい。

身元を調査しておくことは大事なことです。

探偵ブログ・芸能人への尾行調査

2月 26th, 2016

当探偵事務所・赤坂アーガス東京ではファンによる芸能人への調査はお断りしている。

ファンの中には今の家が知りたいから始まり、交際している異性を知りたいといった内容が殆どである。
調査料金に糸目を付けないようなお金持ちのファンでもお断りしている。

 

 

当探偵事務所には芸能人の尾行調査というか素行調査をする機会は同業者よりは多いかもしれない。
東京都心の赤坂にという場所に事務所があるからばかりか多少、芸能関係とのコネクションも持っているからである。

 

 

まず自社タレントの素行調査。

 

素行面の悪さというか交友関係の実態調査とでも言うべきなのか、所属事務所で把握しかねる深夜の時間帯や休日の行動調査。

でもこの調査は所属事務所からの依頼なので殆どのスケジュールは把握しており、それほど難しいことはない。

 

 

ところが別芸能事務所やスポンサー企業系からの依頼となると難易度がかなり高くなる。

スケジュールが把握できないために長時間の監視となる。

しかもテレビ局、スタジオなど警備が徹底管理された施設への出入りもあり、移動する車もスモーク仕様であったりと本人が乗っているのかも判らないといった具合である。

多少、空振りしたりと無駄な時間が増えてくるのはどうしようもない。

 

また人気のあるタレントだとその相手もマネージャーなどの関係者も常に尾行されることを計算に入れて一緒に行動している。

 

 

以前、銀座や渋谷などの劇場からある芸能人を尾行したことがあったが既にファンの人たちもタクシーなどを準備して追っかける準備をしていたり、バイクを用意していたりとこちらの尾行するどころか「おっかけファン」に邪魔をされ、相手の車の後にもつけることもできず、あっという間に見失ってしまったなんてことも経験している。

 

これほどの売れっ子の芸能人だと尾行もかなり困難でクライアントの希望する情報がなかなか得られないケースも多い。
自宅から車で外出する際もマンションの駐車場から出てくるのであるが車を特定するのにも一苦労である。

 

 

そこそこの芸能人だとこんな苦労もなく、調査を遂行できるのですが。

 

芸能人のピンキリですね。

 

しかし、正直、芸能人といわれる人たちの中にはそれこそ週刊誌ネタになるような素行不良な人もいて驚かされることもあります。
ここでは書けませんが。

 

 

極一般人を対象とした調査でも都心の一流ホテルのロビーなどで張り込んでいると芸能人の出入りもよく見掛けますよ。

 

 

 

探偵ブログ・ネット交流

10月 6th, 2015

最近、中学生、高校生の異性関係でのトラブル、家出問題などで取りざたされているネット上における交流サイト。

 

そうです。

 

SNS等での交流です。

 

確かに昔にも文通という遠距離の人と交流できる方法もありましたが操作も簡単で一気に情報が広がり、多人数の人との交流もオンタイムで可能となっています。

 

地元や学校、塾関係の交流とは別に交流範囲も全国的になり、家族の知らない交流も広がっているのが現状です。

 

確かに交流を広げることは子供達にとっても有益な情報も簡単に取得できたり、交友関係を広げることも人間形成には大事なことと理解はしています。

 

しかし、ネット上での上辺だけの交流で親友関係を構築したり、中には恋愛へと発展する人も少なくありません。

 

親友感覚でいろいろなことを相談します。

当然、同調してくれる友達が大事になってきます。

人間にとっては自分を理解してくれる人がいるとかなり嬉しいものです。

ところが中には悪質の人物もいるのです。

まるで味方を装い、親友になりすまして近寄ってくる人が多いのも事実です。

疑似恋愛に発展してしまったり、金銭や身体が目的で近寄ってくる輩もいるのです。

 

家出をそそのかしたり、騙して金品を搾取したりという被害が拡大しています。

 

実際に昨今、殺人事件などの凶悪犯罪ではこの手口を使ってからの事件も増えていますがニュースに成らないまでもこれ以上に子供の家出や詐欺行為が氾濫しています。

 

お子様の家出ではネットで知り合った人の家に転がり込んでいたというケースもかなり増えており、探偵事務所に依頼される家出調査では今まで以上に困難を極めています。

 

またネット上における寸借詐欺では相手は氏名や住所も出鱈目なことが多く、詐欺加害者を特定するにも難易度が上がってきています。

 

ネット交流そのものを批判している訳ではないのですが両親を含め家族間でももう少し子供のネット状況、交友関係を把握していかないと更にさまざまな事件が増加すると思われます。

 

ネットで知り合った交友関係の掌握は両親、兄弟でも難しいかも知れません。

 

しかし、これまで以上に子供との会話を増やしたり、情報を共有するなど対策をしていかなければなりません。

 

私みたいに「アラカン」でアナログ世代にはなかなか理解できる世界ではありませんがこれが現実と受け止め、当探偵事務所も対策を講じています。

 

 

探偵ブログ・子供の家出シーズン到来

7月 24th, 2015

今年も子供達の大好きな夏休みに入り、お子様を持つ家庭では何かと大変なのではないでしょうか?

 
しかも、猛暑あり、突然の豪雨ありと気候変動にも気になる現在、探偵にとってこの時期、昔から変わらないのが子供の家出調査の依頼です。

 

この夏休みの間にいろいろと家出を画策する子供が昔より多く、特に8月には毎年、多くの家出調査の依頼が入ってきます。
しかも昨今はどんどん低年齢化してきています。

勉強に追いついていないから、虐めに遭っているからなどの事情から9月から学校へ行きたくないという子供。
親との生活が煩わしいから、異性や交友関係の問題、また家庭内暴力とかのさまざまな理由や原因があって家出をしていきます。
特に昨今はインターネット環境により子供達も簡単に交友関係の輪が広がり、それこそ全国展開している勢いです。
都会の子供でも地方に、地方の子供も都心の交友関係が広がり、出会いが広がっている現状なのです。

親御さんにとっては学校や塾などの交友関係以外にネットにより知らない交友の輪がどんどんと広がっていることを認識していなければなりません。

 

もちろん同年代だけの交遊とは限りません。
幅広い年齢層との交友も容易な状況になっています。
中には悪意に満ちた人もいて、何らかの目的を持ち、子供達の心の隙間をついて、家出をそそのかしたりする人も存在します。

 

特に女の子の場合には変質者や反社会勢力関係者などの知らないまま交友しているかもしれないのです。
そんな毒牙に掛かってしまうケースも多々あります。

 

 

小学校高学年から高校生と思春期の難しい年頃ですと親御さんにも話さないこと、話せないこと、隠したいことなども多く出てきます。
なかなか理解しづらくなっているのも現実ですがそれでも家出するには多少なりとも予兆はあります。
我が子は家出するような原因は絶対にない、と決めつけられていると見えるものも見えてきません。

確かに子供が家出をしない限り、探偵事務所に相談はしないでしょう。
しかし、親御さんは日頃から子供の動静に気を配っておいて下さい。
そしてできるだけ時間を作り、会話をしてあげて下さい。
そのことで家出はまず防げるでしょう。

 

しかし、もし家出をしてしまったらできるだけ早く探偵事務所にご相談下さい。

 
もちろん警察への捜索願いも必要ですが単なる家出ですときちんと捜索はして貰えません。

探偵ブログ・神田うのさん被害

6月 2nd, 2015

タレント以外にも実業家としても活躍している「神田うの」さん。

彼女が雇っていたベビーシッターが彼女の所有する高価なアクセサリーやプランドバッグなどを勝手に持ち出し、売却していたというニュースが流れ、犯人は既に逮捕、裁判でも実刑の判決が出ているとの事でした。

被害額は3000万円にも及ぶと言います。

さすがに資産1500億円の実業家の夫を持つセレブタレントです。

 

これは神田うのさんというタレントに起こった事件でしたので話題性もあり、ニュースとして取り上げられましたが実は世間には意外にも多く似た犯罪が頻発しています。

神田うのさんの場合にはベビーシッターでしたが家政婦さん、ホームヘルパーさん、訪問介護人などさまざまです。

 

真面目にそれぞれの仕事をしている人は大勢いらっしゃるのは確かです。

しかし、世の中、そんなに良い人ばかりとは限りません。

そして犯人もちょっとした出来心から起こしてしまった人から計画的に実行する人など様々なのです。

 

実際に雇った人がこのように装飾品やバック、小物類を持ち出し、売却していた調査もお受けした経験があります。

当探偵事務所のある赤坂やその周辺にはけっこう資産家も多く居住しており、家政婦さんや各ヘルパーさんを雇用している家も少なくありません。

やはり家から高級な物がなくなっており、不審に思った家人がホームヘルパーを疑い依頼してきたのですが案の定、新宿の深夜も営業している換金ショップに赴き、盗んだ物を売却していました。

やはりこの家政婦さんは調査結果を元に逮捕されましたが最初は出来心からだったそうです。

 

しかし、警察関係者の話ですと大がかりな窃盗集団の仲間がこの様な職業に登録して手引きするケースもあると聞きました。

こうなると窃盗だけで終われば、幸いと思わなければならないかも知れません。

いつ強盗に早変わりするか、命の危険はないのかなど。

 

またこの様なヘルパーさんを紹介する業者も大変です。

会社の信用問題にも発展してしまいます。

しかも個人情報保護法の観点から個人の事をなかなか調べられません。

 

実際にこの神田さんの事件の犯人が5年後などに別のヘルパー紹介業者に登録しても見抜けるのでしょうか?

面接などで正直に話すとは思いませんし履歴書にも記載はしないはずです。

はなはだ疑問が残ってしまいます。

 

探偵事務所では前述した様に素行調査ばかりではありません。

採用調査、身元調査、借金調査などの調査項目があります。

こういった調査を組み合わせる事でより詳細に対象者ついて過去から現在までを調べられます。

 

もし高価な物品や金銭を自宅に置いておく場合、その家に事由に出入りできる人に対して調査してみるのも大事な事です。

 

当探偵事務所ではこの様な調査のご要望にもお応えしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・ストーカー事件を考える

3月 23rd, 2015

警察庁によると平成26年におけるストーカー被害件数は22823件で過去最多に上り、摘発も2473件と過去最大であったと発表されました。

これほどの被害件数が発表されましたが摘発は1割強程度と思った以上に少なく、また警察に被害を訴えられない人も多くいるものと想定され、実際の被害者数はかなりの数になると思われます。

発表された内訳は女性の被害者が9割弱で内20代女性が約36%となっており、加害者も40代以上の男性が41%、30代が24%で中高年のストーカーが増加しているそうです。
またストーカーの内容もネット社会を反映するかのようにメールによる嫌がらせが最も多かったみたいです。
ストーカー規制法の改正により頻繁なメール送信からリベンジポルノなど写真のネット上の公開などもストーカーの対象になりました。

当探偵事務所でもストーカーによる相談も年々増加してきています。
ストーカーとなる加害者は元配偶者、元恋人、元浮気相手と被害者と深い関係にあった人から、上司や同僚などの仕事関係、ちょっとした知人から全
くの他人と様々です。
それでも被害者と深い関係にあった人が加害者になるケースが最も多いとの統計のようで、殺人や殺人未遂などの凶悪犯罪もこの加害者によるものが殆どです。

警察庁の発表にある様に脅迫、待ち伏せ、付きまとい、嫌がらせ、恫喝などのストーカー被害を訴える相談者は年々増加していますが各警察署でもその対応に追われているのが現実です。
結果、相談者の殆どの対応が疎かとまでは言わないまでも手が回らず、話を聞くだけで終わってしまったり、巡回警らの強化、加害者への電話連絡程度の対応で終わってしまっています。
確かに度重なる脅迫メールなどの証拠が残っているものに対しては対応も早いのですが付きまといや待ち伏せなどの行為は証言してもなかなか操作して貰えないのが
現実なのです。
それはそういった行為の証拠がないからとも言われています。
確かに真つぶせや付きまといなどの行為に対しと被害者が証拠を集めるのは困難です。
感じたこと、見たことを証言するしかないのです。
これでは警察もなかなか捜査してくれません。
そんな時こそ探偵事務所の出番なのです。
探偵がストーカーの動かぬ証拠を押さえます。
その結果や映像、写真などを警察に提出する事で素早く対応して貰えます。
確かに探偵は民間業者ですから料金はかかります。
しかし、多少の金額を掛けても身体や命の危険もせまるストーカーの実態を押さえる事はお金に換えられません。

中には被害妄想的なノイローゼに患っている人の訴えも警察には多いと聞きます。
言動が全くおかしな人から極一般人と同じに社会生活を送っているのにいろいろな人から付きまといをされて困っていると訴えてくる人もいます。
当探偵事務所にも年に2人か3人、この様な相談者が訪ねて来られます。
重度のノイローゼと判断した場合にはお断りさせて頂く事もありますが一応、調査はします。
そして現状、そのような事が無いと写真や映像を持って理解して頂き、安心されて帰宅する人もいる位です。

ストーカー行為はちょっとした興味から起こしてしまう人もいれば、恨みが募り更に大きな犯罪をも起こしてしまう可能性のある行為です。
ストーカーの被害を少しでも感じられましたら警察への相談は勿論の事、探偵事務所にも気軽にご相談下さい。
御依頼頂ければ犯罪の抑止力ばかりか大きな犯罪をくい止める事が出来るのです。

御自身や御身内にストーカーに対する不安を感じられていたら当探偵事務所にご相談、御依頼下さい。

探偵の調査は関東に限らず日本全国

11月 5th, 2014

一般的には調査を依頼するならば「最寄りのターミナル駅周辺の探偵や興信所」に相談し調査依頼をする。しかし、数少ない探偵の中から調査を依頼する事は「費用と時間」のバランスを考えた上でベストな選択とは言い難い。

調査の舞台となる地域に精通した探偵に依頼したならば「必要経費も最小限」で済むメリットがあり、現場で調査を実施する探偵達もスムーズな調査を実施でき「悪い要素」が極めて少なく調査が進行できることと思う。

適材適所が探偵や興信所の調査業務に存在するならば上記の要素に他ならないといえる。土地勘が無い探偵が見知らぬ場所で調査を実施したならば「つまらないミス」が発生する確率が上るからである。こと現代の探偵業界は「ベテランと呼ばれる人材」が極少数であり経験豊富な探偵により調査が行われているか?も不安定といえる。

経験値が高くキャリアも申し分ない探偵であれば関東・日本全国どこへ足を運んでも充分な調査を実施出来ることだろう。

出張調査の経験が豊富にあり「判断の良い探偵」による調査は「地元探偵の調査」にも匹敵する調査力を持ち合わせているのである。