赤坂の探偵ブログ » 時事ニュース

Archive for the ‘時事ニュース’ Category

探偵ブログ・お悔やみ並びにお見舞い

7月 9th, 2018

この西日本を中心とした大雨により亡くなられた方、そのご親族に対してお悔やみ申し上げます。

また怪我をされた方に対して、更に被災された地域の方たちにお見舞い申し上げます。

 

 

自然による災害とはいえ、被災された方たちにとってはまだまだこれからが大変なことが続くものと思います。

しかも猛暑と言われる本格的な夏はこれからです。

またこれからは被災地には台風がいくつか直撃するかもしれません。

この被災の後かたづけも大変でしょうが十分に身体を大事にされて頑張って下さい。

 

 

それにしても今後、どの地域にどうなるかも全く分かりませんし地震の恐怖もずっと付きまとっています。

いつ東京に天災が来てもおかしくないのです。

 

 

義援金の募集がすぐにあると思いますからしがない探偵で僅かしかできませんが送金したいと思っています。

どうか厳しい環境でしょうが頑張って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・麻原彰晃の死刑執行

7月 6th, 2018

元オウム真理教の教祖であった麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が本日執行された。
麻原死刑囚と同じに死刑囚であった元教団幹部6人も本日死刑が執行されたという。

 

 

オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件はとても印象深く記憶に残っている。
何しろ前日に霞ヶ関に仕事で行っていたのである。
もし1日ずれていたなら私も毒ガスサリンに巻き込まれていたかも知れないという恐怖に怯えました。

また電車違いで難を逃れたという知り合いも何人かいました。

 

オウム真理教の起こした事件は地下鉄サリン事件だけではありません。
そしてオウムの手によって亡くなった方も数多くおられたのは事実です。
亡くなられた家族の方たちにとって一応、この死刑執行で一区切りつかれたのかもしれませんが第三者が勝手に憶測することではないですね。
大変失礼しました。

 

 

死刑制度についてはいろいろと議論があるのは知っています。
しがない探偵が口にすることではないかもしれませんが私自身は死刑制度は賛成です。

 

 

身勝手な行動で他人の命を奪った人は自らの命で謝罪するべきだと考えます。

未成年でも関係ありません。

もし年齢を設けるのならそれこそ小学生未満で良いかとも考えます。

中学生にもなればそれこそ老人以上の腕力はもうできています。

そして認知症にもなっていません。

ものの良し悪しの判断は絶対的に知っているはずです。

法律での成人年齢が18歳になりました。

しかし、飲酒や喫煙は20歳からという変則規制、だったら中学に入って身勝手に人を殺めたら死刑でも良いのかと思ってしまいます。

正直、中学生や高校生が犯した殺人事件について少年法によって守られている点には正直、疑問を感じてしまいます。

 

 

余計な事を書いてしまいました。

 

 

ただオウム真理教や統一協会、その他のカルト宗教に嵌り、出家してしまった家族の捜索に過去随分と関わりました。
確か昭和60年に入った頃から10年位の期間が多く宗教がらみの所在調査に携わったと記憶しています。

ただ調査して居住先を特定しても未成年でなければ確保できません。
当然、ご両親から捜索に関する親権委任状を貰っていますから未成年でしたら拘束はできます。
しかし、成人しているとどうすることもできません。
ご両親が説得している様子を遠くで見守るしかできなかったのです。

 

 

あの当時に発見した人たちは現在、どうしているのかとこの死刑執行のニュースに聞いて感慨深く当時の事を思い出してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・米朝会談結果

6月 13th, 2018

昨日は期待してこの探偵ブログにも書いてしまいましたがなんと残念な会談としか言いようがありません。

なんでトランプ大統領はあんな内容で納得し署名をしたのか判りません。

自身のパフォーマンスとしか取れない位に残念な会談内容でした。

正直言って「失望」しかありません。

少しでも期待した私が馬鹿だったのでしょう。

 

 

核廃棄にしてもどうなるか分からない。

中距離ミサイルにしても分からない。

拉致問題は調印内容にも入っていない。

なんだ、これは!!!

 

 

本当に少しでも期待した私が馬鹿だったのですね。

もう少し賢い人かと思ったのですが人気取りのパフォーマンスにしか見えない。

 

 

安倍首相もそんなトランプ大統領に踊らされているようにしか見えてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・米朝会談

6月 12th, 2018

ついにトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による会談がシンガポールで始まった。

確かに歴史上から見ても大きなニュースである事は間違いない。

本日の夕方にはトランプ大統領の記者会見がある予定であるが私もかなり興味を持っている。

 

 

今後の日本の将来においても重要だからである。

北朝鮮には正直、核問題、拉致問題も含め、良い印象は持ってはいない。

 

 

しかし、過去に戦争をしていたベトナムとは現在、アメリカとは良好な関係を築いており、ベトナムから日本に来ている人も多くなってきている。いる。

何年かかるか分からないがこの会談をきっかけに良い方向へと進んでいき、拉致問題なども解決して欲しいと正直、思う。

 

 

しがない探偵が言うことではないかも知れないが本当に平和が訪れて欲しいと切に思う。

核の心配もなく、ミサイルの心配も無くなれば将来、子供たちや孫たちも安心した生活を送って貰える。

 

 

この会談が本当に上手く行き、東アジアの平和に繋がれば、中東問題などにも良い刺激を与えることにもなり、世界中に平和が訪れる事を期待している。

 

 

本日の夕方には大筋の内容が分かると思うが会談が成功し北朝鮮も速やかに核を放棄、拉致被害者の解放も含め、平和的な解決をしてくれることを望んでいます。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・西城秀樹さん永眠

5月 18th, 2018

ショックです。

 

 

私と同学年の西城秀樹さんが亡くなりました。

自分の青春時代によく流れていた歌謡曲を歌っていた歌手です。

当時、私はフォークソングからロック、ブルースへと歌の趣味が変化していた時期でもあり、余り歌謡曲には興味を持ってはいませんでしたがそれでも西城秀樹さんの全盛期はすさまじい人気でした。

誰も知っている新御三家として野口五郎さん、郷ひろみさんと共に人気を三分していたのですから。

 

 

同い年の有名人が亡くなっていくと自分ももうそんな年なんだと思い知らされてしまいます。

あと何年、探偵として頑張っていられるか、それこそ余命はどれ位かと心配になってきています。

同年代の人との話でも健康面や病院での診察についての話題が多くなってきており、少し観念し始めているのかもしれません。

 

 

西城秀樹さん、合掌。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・TOKIOの山口メンバーの契約解除

5月 7th, 2018

このニュースは昨日の夜に速報として流れ、山口達也氏はやっぱりジャニーズ事務所を辞める事になってしまいました。

それにしてもこの事件は大きく報道され、どういう結末となるかと実は初老の私でも興味を持っていました。

 

 

 

ジャニーズのアイドルグループの中ではTOKIOに関しては好きなグループでした。

最近のアイドルグループはさっぱり知りませんがテレビの影響からかTOKIOには一目置いていました。

日曜夜のダッシュ村からダッシュ島、ダッシュ海岸などは夕飯時にはほとんど欠かさず見ていました。

確かにジャニーズのアイドルグループの中では異色で演出もかなりあると思いますが自身でいろいろと地方などに赴き、様々な体験を通しそれぞれの地元に密着、かなり好感を持っていました。

 

 

山口氏の大工姿や農耕具などにも知識や経験を活かし、活躍している姿が初老の私でも好感を持っていました。

この度の強制わいせつ事件によりこのような結果となり非常に残念でなりません。

確かに事件の内容を鑑みると決して許されることではないことは十分に理解はしていますがしかし、残念です。

 

 

 

芸能界の闇の部分を垣間見ることの多い探偵で常識では考えられない世界であることは知っています。
しかし、今回は未成年に対しての行為は実にまずかったとしか言いようがない。

キスを迫ったという内容もかなり露骨にセクハラ的に迫っていなければ強制わいせつにはならないのである程度の想像はつきます。

 

 

 

それにしてもスマップの解散とかジャニーズの中では一番歌が上手いと思っていた関ジャニの渋谷すばる君の退所騒動と何かと話題が多いジャニーズである。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・公文書書き換え問題

3月 13th, 2018

この探偵ブログでは余程の事がない限り、政治や思想などについての書き込みはしないように心掛けていたのですが今回の森友学園に関する公文書書き換え、いやもう書き換えと言える以上の改竄と言えるこの問題、正直、憤っています。

 

 

公文書の書き換えは正直、民主主義の肯定を覆す大問題とも思えます。

安倍首相の独裁政治的な印象さえも感じてしまう。

 

 

私も先日、税金の申告をしたばかり。

支払いたくはないけれど国民の義務である以上、仕方がない。

収入に対する税金の支払い以下い゛にもたばこ税、酒税も人一倍支払っている印象は拭えないがこれも致し方ない。

 

 

民主主義である現在の日本において生活をしているのだからと自らいやいやながらも納得はしている。

その民主主義を政府は否定するような行為をしているのか指導したのかは知らないが行政機関でのこの書き換えについては正直、国民全体への裏切り行為と言えるのではないだろうか?

 

 

正直、呆れるばかりである。

国民をここまで馬鹿にしているとは。

国政調査権もないに等しいし国会への証人喚問も意味がない。

嘘で固められればそれが真実としてまかり通ってしまうのであるから。

 

 

忖度できるものなら安倍首相に頼みたい。

もっと探偵にも職業上の権利を与えられないのだろうか・・・・・と。

個人情報保護法は必要な法律だけど個人に対して知る権利もあり、正直、困っている人は多いのではないですか?

世の中にはこの度の財務省の様に書き換え、改竄、詐称する人が多くなっている世の中だからこそ、探偵が必要なのではないのではないかと改めて思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・大杉漣さん急死

2月 22nd, 2018

なんとも悲しいニュースが流れた。

けっこう好きであった俳優の大杉漣さんが急性心不全で急死されてしまった。

 

 

 

以前このブログでも書いた「バイプレイヤーズ」という番組は昨年のパート1の1作目から妻に録画を頼み、必ず見ていた。

北野武監督の映画でその存在を知り好きになったのだが最近では「相棒」等を含め、多くの作品に重要な役の脇役として出演、名演技をしていたバイプレイヤーであった。

しかも年齢的に近いこともあり、親近感を覚えていたのに非常に残念である。

 

 

ニュースで知ったのだが最初は平昌オリンピックの女子パシュートの金メダルに喜んでいたのだが突然にこのニュースを知り、まず信じられなかった。

 

 

現在も「バイプレイヤーズ」のパート2が始まったばかりだと言うのに・・・・・・今後、どうなってしまうのか。
昨夜放送された3作目の録画もまだ見ていないのだが・・・・・・。

 

 

 

大杉漣さん、ご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

探偵ブログ・平昌オリンピック

2月 16th, 2018

韓国平昌で熱戦が繰り広げられている冬季オリンピック。

 

 

日本人選手も頑張っており、たとえメダルを取れなくても競技をしている姿勢に感動すら与えてくれている。

夜間の仕事が多い探偵にとってなかなか今回のオリンピックではライブでのテレビ応援はできないのだがダイジェスト版を見ていても一喜一憂している自分がいる。

特にレジェンド葛西選手のスキージャンプ、ノーマルヒルでは残念な結果となってしまったがまもなく始まるラージヒルでは頑張って欲しい。

そしてミーハーかもしれないが男子フィギュアの羽生選手である。

今まで銀、同メダルを取っている日本ではあるが唯一期待できる競技かもしれない。

 

 

それにしても屋外競技では寒さと強風という過酷な状況での競技が続いており、力の発揮できない選手も多いのが何しろ残念である。

自然の力には敵わないことは理解できるが屋外競技にはその自然との闘い以外に運にも大きく左右されてしまうのが疑問に残る。

こればかりはどうしようもないことなのだろうが。

 

 

 

オリンピックも中盤となり、どうなるかは全く分からないがダイジェスト版でも見て 遅れながらも一時でも応援気分を味わうとします。

ただ本日は金曜日、夜間、不倫調査の依頼が数件入っており、テレビはお預けになりそうです。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・秋篠宮真子様の結婚延期

2月 7th, 2018

昨夜の夜7時に報道されたショッキングなニュース。
秋篠宮真子様のご結婚が約2年、延期されたと宮内庁から発表されました。

最近、数社の週刊誌ではお相手の小室圭さんの母親の借金騒動が報道されており、この時期の延期はどうしてもこの騒動が原因と勘ぐってしまう。
確かに宮内庁の発表ではこの報道とは全く関係ないと言ってはいるのですが。
一般人である著者はどうしても??????が残ってしまいます。

 

 

探偵をしているとこの手の相談も多いのです。
お金を貸したけれど返してくれない。
しかも借用書は取ってはいないという。
しかし、間違いなく貸して欲しいと頼まれ、貸したのだが返済を迫ったら「借用書がないのに」とか「貰ったものだ」と言い張り、その後、行方を眩ますというか全く連絡が取れなくなってしまったり、 所在が分からなくなってしまい、困ったあげく、被害者が探偵に相談してくるのです。
その相談にみえる被害者は殆どが男性なのです。
被害者という男性の中には水商売や風俗関係の女性にお金を貸してしまい、本名すら知らなかったという人もいる位です。
この被害者男性に関してはかなり「下心」があったのかもしれませんが・・・・・。

 

 

探偵は行方調査、所在調査として行方を眩ました人の居住先を調べることはお受けしておりますが借金を取り返して欲しいとか取り返す手伝いをして欲しいなどという要望には一切お応えできません。

 

 

 

また別の面でもこの延期については考えさせられます。
それは結婚ということはお互いの問題だけではなかなかいかないという事実です。

 

 

もし仮に小室さんのお母様の週刊誌報道が事実だとすると皇族との結婚には余りにもいろいろな生活環境で隔たりがあるのかもしれません。

一般的な人の結婚においても育ってきた環境に因ってもいろいろと考え方が違いますし当事者は認め合っていたとしても家族との関係性や相手の家族の人柄、性格、素行面なども重要となってくるのです。

結婚相手ゆその親族の知らない一面がみえてきたり、隠し事、それこそ詐称していたというケースです。

こういった事は探偵の結婚調査で解明、判明することも可能なのです。

ですから探偵に依頼する結婚調査という調査も実在し重宝がられているのです。

 

 

最近では安易に結婚し離婚する夫婦が多くなっていますが一時期の感情だけで結婚する事には私も反対です。
相手やその家族についてよく調べてから結婚を考えてみることは大事な事と思うのですが。