Archive for the ‘時事ニュース’ Category

探偵ブログ・西城秀樹さん永眠

5月 18th, 2018

ショックです。

 

 

私と同学年の西城秀樹さんが亡くなりました。

自分の青春時代によく流れていた歌謡曲を歌っていた歌手です。

当時、私はフォークソングからロック、ブルースへと歌の趣味が変化していた時期でもあり、余り歌謡曲には興味を持ってはいませんでしたがそれでも西城秀樹さんの全盛期はすさまじい人気でした。

誰も知っている新御三家として野口五郎さん、郷ひろみさんと共に人気を三分していたのですから。

 

 

同い年の有名人が亡くなっていくと自分ももうそんな年なんだと思い知らされてしまいます。

あと何年、探偵として頑張っていられるか、それこそ余命はどれ位かと心配になってきています。

同年代の人との話でも健康面や病院での診察についての話題が多くなってきており、少し観念し始めているのかもしれません。

 

 

西城秀樹さん、合掌。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・TOKIOの山口メンバーの契約解除

5月 7th, 2018

このニュースは昨日の夜に速報として流れ、山口達也氏はやっぱりジャニーズ事務所を辞める事になってしまいました。

それにしてもこの事件は大きく報道され、どういう結末となるかと実は初老の私でも興味を持っていました。

 

 

 

ジャニーズのアイドルグループの中ではTOKIOに関しては好きなグループでした。

最近のアイドルグループはさっぱり知りませんがテレビの影響からかTOKIOには一目置いていました。

日曜夜のダッシュ村からダッシュ島、ダッシュ海岸などは夕飯時にはほとんど欠かさず見ていました。

確かにジャニーズのアイドルグループの中では異色で演出もかなりあると思いますが自身でいろいろと地方などに赴き、様々な体験を通しそれぞれの地元に密着、かなり好感を持っていました。

 

 

山口氏の大工姿や農耕具などにも知識や経験を活かし、活躍している姿が初老の私でも好感を持っていました。

この度の強制わいせつ事件によりこのような結果となり非常に残念でなりません。

確かに事件の内容を鑑みると決して許されることではないことは十分に理解はしていますがしかし、残念です。

 

 

 

芸能界の闇の部分を垣間見ることの多い探偵で常識では考えられない世界であることは知っています。
しかし、今回は未成年に対しての行為は実にまずかったとしか言いようがない。

キスを迫ったという内容もかなり露骨にセクハラ的に迫っていなければ強制わいせつにはならないのである程度の想像はつきます。

 

 

 

それにしてもスマップの解散とかジャニーズの中では一番歌が上手いと思っていた関ジャニの渋谷すばる君の退所騒動と何かと話題が多いジャニーズである。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・公文書書き換え問題

3月 13th, 2018

この探偵ブログでは余程の事がない限り、政治や思想などについての書き込みはしないように心掛けていたのですが今回の森友学園に関する公文書書き換え、いやもう書き換えと言える以上の改竄と言えるこの問題、正直、憤っています。

 

 

公文書の書き換えは正直、民主主義の肯定を覆す大問題とも思えます。

安倍首相の独裁政治的な印象さえも感じてしまう。

 

 

私も先日、税金の申告をしたばかり。

支払いたくはないけれど国民の義務である以上、仕方がない。

収入に対する税金の支払い以下い゛にもたばこ税、酒税も人一倍支払っている印象は拭えないがこれも致し方ない。

 

 

民主主義である現在の日本において生活をしているのだからと自らいやいやながらも納得はしている。

その民主主義を政府は否定するような行為をしているのか指導したのかは知らないが行政機関でのこの書き換えについては正直、国民全体への裏切り行為と言えるのではないだろうか?

 

 

正直、呆れるばかりである。

国民をここまで馬鹿にしているとは。

国政調査権もないに等しいし国会への証人喚問も意味がない。

嘘で固められればそれが真実としてまかり通ってしまうのであるから。

 

 

忖度できるものなら安倍首相に頼みたい。

もっと探偵にも職業上の権利を与えられないのだろうか・・・・・と。

個人情報保護法は必要な法律だけど個人に対して知る権利もあり、正直、困っている人は多いのではないですか?

世の中にはこの度の財務省の様に書き換え、改竄、詐称する人が多くなっている世の中だからこそ、探偵が必要なのではないのではないかと改めて思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・大杉漣さん急死

2月 22nd, 2018

なんとも悲しいニュースが流れた。

けっこう好きであった俳優の大杉漣さんが急性心不全で急死されてしまった。

 

 

 

以前このブログでも書いた「バイプレイヤーズ」という番組は昨年のパート1の1作目から妻に録画を頼み、必ず見ていた。

北野武監督の映画でその存在を知り好きになったのだが最近では「相棒」等を含め、多くの作品に重要な役の脇役として出演、名演技をしていたバイプレイヤーであった。

しかも年齢的に近いこともあり、親近感を覚えていたのに非常に残念である。

 

 

ニュースで知ったのだが最初は平昌オリンピックの女子パシュートの金メダルに喜んでいたのだが突然にこのニュースを知り、まず信じられなかった。

 

 

現在も「バイプレイヤーズ」のパート2が始まったばかりだと言うのに・・・・・・今後、どうなってしまうのか。
昨夜放送された3作目の録画もまだ見ていないのだが・・・・・・。

 

 

 

大杉漣さん、ご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

探偵ブログ・平昌オリンピック

2月 16th, 2018

韓国平昌で熱戦が繰り広げられている冬季オリンピック。

 

 

日本人選手も頑張っており、たとえメダルを取れなくても競技をしている姿勢に感動すら与えてくれている。

夜間の仕事が多い探偵にとってなかなか今回のオリンピックではライブでのテレビ応援はできないのだがダイジェスト版を見ていても一喜一憂している自分がいる。

特にレジェンド葛西選手のスキージャンプ、ノーマルヒルでは残念な結果となってしまったがまもなく始まるラージヒルでは頑張って欲しい。

そしてミーハーかもしれないが男子フィギュアの羽生選手である。

今まで銀、同メダルを取っている日本ではあるが唯一期待できる競技かもしれない。

 

 

それにしても屋外競技では寒さと強風という過酷な状況での競技が続いており、力の発揮できない選手も多いのが何しろ残念である。

自然の力には敵わないことは理解できるが屋外競技にはその自然との闘い以外に運にも大きく左右されてしまうのが疑問に残る。

こればかりはどうしようもないことなのだろうが。

 

 

 

オリンピックも中盤となり、どうなるかは全く分からないがダイジェスト版でも見て 遅れながらも一時でも応援気分を味わうとします。

ただ本日は金曜日、夜間、不倫調査の依頼が数件入っており、テレビはお預けになりそうです。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・秋篠宮真子様の結婚延期

2月 7th, 2018

昨夜の夜7時に報道されたショッキングなニュース。
秋篠宮真子様のご結婚が約2年、延期されたと宮内庁から発表されました。

最近、数社の週刊誌ではお相手の小室圭さんの母親の借金騒動が報道されており、この時期の延期はどうしてもこの騒動が原因と勘ぐってしまう。
確かに宮内庁の発表ではこの報道とは全く関係ないと言ってはいるのですが。
一般人である著者はどうしても??????が残ってしまいます。

 

 

探偵をしているとこの手の相談も多いのです。
お金を貸したけれど返してくれない。
しかも借用書は取ってはいないという。
しかし、間違いなく貸して欲しいと頼まれ、貸したのだが返済を迫ったら「借用書がないのに」とか「貰ったものだ」と言い張り、その後、行方を眩ますというか全く連絡が取れなくなってしまったり、 所在が分からなくなってしまい、困ったあげく、被害者が探偵に相談してくるのです。
その相談にみえる被害者は殆どが男性なのです。
被害者という男性の中には水商売や風俗関係の女性にお金を貸してしまい、本名すら知らなかったという人もいる位です。
この被害者男性に関してはかなり「下心」があったのかもしれませんが・・・・・。

 

 

探偵は行方調査、所在調査として行方を眩ました人の居住先を調べることはお受けしておりますが借金を取り返して欲しいとか取り返す手伝いをして欲しいなどという要望には一切お応えできません。

 

 

 

また別の面でもこの延期については考えさせられます。
それは結婚ということはお互いの問題だけではなかなかいかないという事実です。

 

 

もし仮に小室さんのお母様の週刊誌報道が事実だとすると皇族との結婚には余りにもいろいろな生活環境で隔たりがあるのかもしれません。

一般的な人の結婚においても育ってきた環境に因ってもいろいろと考え方が違いますし当事者は認め合っていたとしても家族との関係性や相手の家族の人柄、性格、素行面なども重要となってくるのです。

結婚相手ゆその親族の知らない一面がみえてきたり、隠し事、それこそ詐称していたというケースです。

こういった事は探偵の結婚調査で解明、判明することも可能なのです。

ですから探偵に依頼する結婚調査という調査も実在し重宝がられているのです。

 

 

最近では安易に結婚し離婚する夫婦が多くなっていますが一時期の感情だけで結婚する事には私も反対です。
相手やその家族についてよく調べてから結婚を考えてみることは大事な事と思うのですが。

 

 

 

 

探偵ブログ・キョンキョンの不倫

2月 5th, 2018

既婚俳優との不倫を自ら発表した元アイドル「キョンキョン」こと小泉今日子氏。

最近では女優として活躍しており、未だにCM等に出ている女性である。

 

 

昨日、その不倫相手男性である既婚俳優が記者会見をしていた様子が今朝のワイドショーで放送されていたが何とも優柔不断な会見であった。

小泉今日子が何故に既婚男性との不倫を発表したかは憶測の域を出ないが離婚をしないでいる相手男性に対して白黒つけさせる為の発表だったようにも感じてしまったのは自分だけではないように思う。

 

 

2人の関係は過去にスクープされ周知されていたとはいえ、小泉今日子氏にとっては多少の慰謝料を払ってでもきちんと離婚して欲しかったのではないかと邪推してしまう。
小泉氏が自ら不倫を発表した事についてはそんな理由しか思いつかないのであるが。

 

 

小泉氏に対してはCMとか今後の芸能活動にも影響が出るだろうと言われており、かなりのリスクを背負っての発表であったがなにか2人の結末が見えたような相手男性の記者会見であったと思う。

 

 

 

それにしても不倫が発覚してリスクを負わないというケースは殆どない。
不倫という行為にはそれなりの魅力もあるのだろうが発覚後、失うものの大きさも考えて行動しないと一般人でも相当のリスクを背負うこととなる。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・小室哲哉氏の不倫疑惑

1月 20th, 2018

ミュージシャンでもあり、音楽プロデューサーとしても著名な小室哲哉さんが週間文春により不倫疑惑がスクープされてしまった。
それにしても文春さんの取材力には最近、スクープを連発している事もあり、驚かされてしまう。
それにしても療養中の妻:KEIKOさんとの仲睦ましい姿や小室氏本人が甲斐甲斐しく介護している話などもよく聞かれていたのであるが・・・・・。

 

 

このニュースを知った一般人の殆どは妻が療養中に不倫したことが特に許せないという声が多く聞かれたが療養中でなくても許せないというのが女性の声かもしれない。
ただ、このスクープが報道された翌日には小室氏が引退会見を開いたのには驚かされてしまった。

正直、あの才能が惜しいような気もするが。

引退ではなく、不倫を認め、反省し音楽の道を突き進んでいって欲しかったのであるが。

 

 

男性の不倫問題にはある程度の資産を持っている人でないとなかなか不倫をする事は現代では厳しいからか男性の不倫問題ではある程度の資産家が多いのは理解できる。
ところが妻の不倫に関しては不倫相手男性の資産に因ることも大きく、時間さえ作れれば容易に不倫が出来てしまう。
実際に当探偵事務所・赤坂アーガス東京では夫の不倫調査よりも妻の不倫調査が多くなってきているという事実もある。

 

 

 

探偵ブログ・藤吉久美子氏の不倫

12月 22nd, 2017

いやいや太川陽介さんの奥さんである藤吉久美子さんの不倫問題がまたもや文春によりスクープされてしまいました。

 

それにしても最近のニュースでは芸能人ばかりでなく、著名人である女性、特に妻の不倫問題は多すぎませんか?
しばらくどうなるかと様子を見ていましたが太川陽介さんの会見で終了といったところでしょうか。

世間では夫である太川陽介さんの会見での対応が素晴らしいとの声が上がっていましたが・・・・・・なんともです。

演技で応対したのか本当に妻を信用しているかは不明ですがほぼ文春記事からは真っ黒に近い印象は拭いきれません。

 

 

事実、法的にも不倫が認定されるかもしれない状況でもあるのです。
強いて挙げるとシティホテルでの密会という点くらいかもしれません。
シティホテルとはいえ、1室に男女が朝まで一緒にいた理由が男性にマッサージをしてもらい、その後共に寝てしまったというお笑いの言い訳。
しかもその男性の自宅の合い鍵を持って時々訪ねていたという。
かなり黒に近いタークグレートしか言いようがない状況です。
それにしても著名人の妻の不倫問題が多く聞かれるようになったのは事実です。

 

 

一般の人たちにもかなり影響しているのか妻の不倫問題で当探偵事務所に相談に見えるご主人の多いこと、多いこと。
貴方の妻は大丈夫ですか?
当探偵事務所の夫の不倫調査でも人妻が不倫相手というケースもかなり多くなっています。

 

 

 

今晩から当事務所の探偵スタッフは数日間、みっちりと不倫調査で頑張って貰わないと。

 

 

 

探偵ブログ・武豊氏の不倫報道

11月 13th, 2017

日本国内で騎手の頂点とも言える名騎手:武豊氏の不倫報道が写真週刊誌フライデーにより報じられ、テレビのワイドショーでもけっこう大きく取り上げられている。

 

 

記事を読む限り、競馬番組のキャスターらしき女性と不倫しているかの報道で路上で抱きついていたりキスしている写真も掲載されており、多分、不倫に近い行為があったと想定はされる。
しかし、この週刊誌報道では不倫という不貞行為は断定できない。

もし武豊氏の奥様が離婚訴訟として家庭裁判所に訴えたとしても不貞行為にはならないのです。

 

 

写真週刊誌では読者が不倫をしていると憶測するだけで十分なのである。
その憶測することで週刊誌の販売数が増えれば十分で確かに記事でも「2人で夜の町に消えていった」と書かれただけでその後、どうなったかは書かれていない。
普通であればこの抱擁やキスの写真が撮れればOKという事はなく、記者も最後まで追跡するものである。
邪推すれば写真週刊誌側と武豊氏との間に何かしらの闇取引があったかもと取ろうと思えば取れなくもない。
なにしろ一番不倫記事にしては重要な部分が抜け落ちているからなのである。

 

 

探偵の不倫調査でも確かに別れ際に抱きしめ、キスだけで別れてしまったというケースは時々ある。
その写真や動画が撮影できたとしても不貞の事実には認定されないのが現行の法律の世界である。
依頼人の中にはこれだけで不倫の証拠は十分だと勘違いして配偶者なりに突きつけてしまう人もいますが大きな間違いです。

 

 

やはり性的関係が認められる行為まで押さえなくてはならないのが不倫調査なのです。

写真週刊誌の世界では通りますが探偵業界では、いや司法の世界では全く通りません。

今回の武豊氏の報道だけを見ると法的には不倫はしていないという結果になってしまいます。

これから不倫調査を探偵に依頼しようと考えておられる方はこの点も充分に考慮して下さい。