浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください


素行調査事例

  • 女性探偵の必要性

    探偵業界において女性探偵の必要度はかなり高いと言わざるを得ません。
    女性の社会進出を提唱する以前より女性ならではの調査業務も多く、女性探偵は重宝されています。

    内偵と言われる聞き込みにおいて戸別訪問のセールス業務同様、ファーストコンタクトでは男性探偵と比較して、聞き込み先においては断然、聞き込み先に安心感を与えており、その分、情報収集能力はかなり高いと言わざるを得ません。
    探偵は警察みたいに権力がありません。警察バッジを見せて聞き込めれば数々の情報が得られるかも知れませんが一介の探偵にはそんな権力もありません。
    普通のセールスマン同様、いかに扉を開けて貰うか、印象良く話ができるかにつきるのです。
    男性探偵の中にもこの才能に秀でた探偵もおりますがやはり女性探偵には平均的にかないません。

    尾行調査においても対象者が女性の場合、百貨店やファッションビルなどの婦人服雑貨売り場をウィンドショッピングをしながら徘徊しても何ら違和感は無く、察知されることなく尾行を遂行でき、また夜間の尾行でも不審者などに勘違いされる事はまずありません。

    更に男性探偵とペアを組む事でアベックを装う事もできます。
    アベックを装うことで調査上、様々なメリットがあります。
    ラブホテルへ対象者カップルが入った時も続けて一緒に入る事も可能でチェックイン時の重要な証拠の撮影が怪しまれずに撮影できるという大きなメリットもあります。

    しかし、メリットばかりでもありません。女性探偵ならではのデメリットもあるのです。
    長時間の張り込みですとトイレの問題がまず出てきます。
    また繁華街、風俗街、深夜の暗がりでの張り込みなどでは男性探偵とは違い、一人での張り込みにはさまざまな妨害や危険が多く、そういった点でのデメリットは残ります。
    例えば繁華街などに立っていると酔客などに絡まれたり、風俗街では風俗嬢にも間違われ、ちょっかいを出されたりと様々な危険な時や妨害にも遭ってしまいます。
    とても調査に集中できる環境ではなくなってします。
    こういう状況ですと敢えて男性探偵を余分に回さなければなりません。
    弊社ではその増員分の料金は御依頼者に負担して頂いてはおりません。いわゆる弊社の負担となります。
    負担してでも女性探偵を活用するメリットは棟探偵事務所は思っております。

    その他、女性ならではの潜入調査など特殊調査でも活躍する現場もあり、探偵業界での女性の雇用率はけっこう高いのですがやはり勤務時間の不規則、拘束時間の長さなど厳しい面も多くあり、離職率が高く、男性探偵以上に「探偵」という職業が好きでなければ女性探偵は続かないのかもしれません。

    女性探偵になってみたいと希望する女性の方は一度ご連絡して頂けると当探偵事務所でなくてもご紹介できるかもしれません。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066