探偵が銀行口座調査いたします

銀行口座調査なら探偵赤坂アーガス東京へお任せください

銀行調査(銀行口座調査)とは

探偵事務所では、銀行口座に関する調査もお受けしています。

銀行口座調査と一言でいってもいろいろな調査がありますが、遺産相続問題解決や資産調査、所在調査などを目的として、全国の都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、信用組合などを対象にした調査が、主なものとなっています。

探偵事務所による銀行調査では、家族や他人の隠し口座とその残高まで把握できるので、調査による問題解決や活用幅が広いのも特徴です。

探偵事務所の銀行調査で調べられること

<指定銀行口座の残高調査>

資産調査や信用調査の裏付けとして利用されることの多い指定口座の残高調査です。

探偵事務所の銀行調査では、ご指定の銀行、支店、口座種類、口座番号の情報をもとに、現在の銀行預金残高をお調べすることができます。

解約されていない銀行口座であればほぼ100%で回答が得られます。

<指定銀行口座から名義人調査>

探偵事務所の銀行調査では、ご指定の銀行口座番号から口座所有者の氏名、住所を特定することができます。

現在、銀行口座開設においては身元を証明するものが必要となっており、仮名や偽名では口座開設はできませんので開設した際の名義人は実在する人物、法人です。

探偵事務所による銀行調査では調査対象に「個人」、「法人」を問いません。

所在調査などにご活用いただけます。

<銀行口座割り出し調査>

よく遺産相続問題、口座差押えなどにおいて役立つ銀行口座の確認と残高確認です。

探偵事務所での銀行調査では、調査対象者が所有しているとされる銀行口座自体を特定することもできます。

都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合などの口座全てを対象に精査、銀行名、支店名、口座種類、口座番号、更に銀行預金残高もお調べ致します。

この調査では、現在利用されていない休眠口座についても調査結果に含まれてしまいますので口座数を指定して頂くことは可能です。

仮に5口座分までと指定して頂ければ3口座しか結果が得られなければ3口座分の調査料金のみです。また御依頼者が既に把握されている口座を除外しての調査も可能ですので無駄がありません。

尚、この調査では何万円以上とか口座残高による指定はできません。

あくまでも口座が判明したことで付随して残高で出てくるものですので希望残高を指定しての口座調査は不可能です。

※銀行調査、口座調査につきまして現在、海外の銀行並びに外資系銀行並びにネットバンクの調査は不可能となっておりますのであらかじめご承知下さい。

また時として都市銀行などでも一部の銀行の調査が不可能な場合もありますのでその都度、銀行口座調査担当者にご確認下さい。

銀行調査のご依頼例

具体的に、探偵事務所へご依頼の多い銀行調査の事例のなかで、代表的なものを挙げてみましょう。

債務を請求するため

離婚の際、配偶者や浮気相手などへの慰謝料請求、財産分与、養育費請求などにおいて、貯蓄がないことを理由に支払いを行わない債務者に対し、銀行調査で銀行口座残高を確認することで、支払い能力を確認することができます。

夫婦間でも、結婚前の貯蓄を隠しもっていたり、お互いに把握していないケースは少なくありません。離婚に際し、探偵事務所への銀行調査依頼により、請求相手の財産をしっかりと把握することで、本来請求できる額での請求に繋げることができます。

また同様に、部屋を貸している相手への家賃の未払い請求、お金を貸している相手への返金請求などにおいても、口座残高を確認することで、本当に支払いができない状態なのかの把握に役立ち、債務請求に繋げることができます。

遺産相続のため

被相続人が預金口座を相続に知らせないまま亡くなってしまった場合や、認知症を患っていた場合、残された相続人は被相続人の財産について把握できない状況が起きます。

そのような際にも、銀行調査を行うことで、被相続人の生前に蓄えた財産を把握することができ、滞りなく遺産相続を実施することができるようになります。

信用調査のため

結婚相手など、これから深いお付き合いをしていく相手の信用調査の一環として、経済状況の把握に銀行調査が役立ちます。高級車に乗り、いくら気前がよくても、実際に銀行貯蓄がゼロで借金もあるようでは、結婚後の生活の安定が危ぶまれます。

また、みすぼらしい身なりが気になり結婚へ踏み切れない場合においても、銀行調査によって、実は倹約家なだけで貯蓄は安心できるものだったというケースもあります。

結婚前に銀行調査を行っておくことで、結婚相手の隠し口座を把握しておくこともできるでしょう。

また、探偵事務所での銀行調査は、法人の口座を調査することもできるので、取引先相手の財産状況を把握することで、破産による損害を防ぐためなどにも役立ちます。

探偵事務所での銀行調査依頼に必要な情報

探偵事務所へ銀行調査を実施するにあたり、必要となる情報についても、調査内容によって異なります。

相手の口座を割り出す場合

相手の口座を割り出す際には、以下のものについて正確な情報が必要となります。

<調査対象者が個人の場合>

  • 調査対象者の氏名(正しい漢字表記のフルネーム)
  • 調査対象者の住所
  • 調査対象者の生年月日
  • 調査対象者の電話番号

<調査対象者が法人の場合>

  • 調査対象企業の法人名(正しい漢字表記)
  • 調査対象企業の代表者氏名(正しい漢字表記のフルネーム)
  • 調査対象企業の所在地
  • 調査対象企業の、商業登記簿程度の情報

住所においては、引越しの際に口座の住所変更をしていない場合もあるので、引っ越し前住所もわかるとよいでしょう。もし、上記の情報をお持ちでない場合は、別途住所調査などの調査が必要となる場合があります。

預金残高だけ知りたい場合

対象者の口座番号などが分かっており、預金残高だけが知りたいという場合には、以下のものが必要となります。

  • 調査対象口座の銀行名
  • 調査対象口座の銀行支店名
  • 調査対象口座の口座種類
  • 調査対象口座の口座番号
  • 調査対象口座の口座名義

特定の銀行口座から口座所有者の住所が知りたい場合

銀行口座がわかっていて、その口座の所有者の住所を知りたい場合には、以下のものが必要となります。

  • 調査対象口座の銀行名
  • 調査対象口座の銀行支店名
  • 調査対象口座の口座種類
  • 調査対象口座の口座番号
  • 調査対象口座の口座名義

銀行調査の料金・費用

探偵事務所の銀行調査にかかる費用については、調査対象の口座ごとの料金設定となっており、調査する口座が増えれば、それだけ料金もかかってきます。

また、銀行によって調査の難易度が異なるため、難易度の高い銀行の調査となった際は、調査料金が変動する場合もありますので、お見積りをよくご確認下さい。

なお、探偵事務所赤坂アーガスでは、明瞭な料金体系によるお見積書をお出しすることができます。

無料相談時にご相談下さい。

銀行調査なら探偵事務所『赤坂アーガス』へ

銀行口座の必要性を感じたら、まずはフリーダイヤルの相談専用電話へお問合せ下さい。

探偵事務所赤坂アーガスの経験豊富な相談員が無料で親身にご相談に対応させていただきます。ご相談のうえ、銀行調査によってお悩みが解決方向へ向かうことを実感されましたら、調査のご依頼を承ります。

調査のご依頼が確定しましたら、調査に必要となる情報を探偵事務所へご提供いただきます。

情報が多いほど、効率的な調査ができ、調査にかかる日数の短縮に繋がります。

お金にまつわるトラブルやお悩みは、ご依頼者様自身の今後の生活に大きく影響を与えます。探偵事務所なら個人では調べることができない銀行情報の調査も可能です。

また、悩んでストレスを抱えた状態でいるよりも、探偵事務所へご相談されるだけでも、解決の糸口が見つかるかもしれません。

どうぞ、探偵事務所赤坂アーガスへお気軽にお問合せください。

 

銀行口座調査について電話でのお問合せ

相談専用電話

TEL 0120-666-820

銀行口座調査に特化したサイトです。

0120-666-820
WEBでお問い合わせ
友だち追加 LINEで相談