ネットやスマートフォンによる情報網が発達している現代では、誰でもストーカーの被害に遭う可能性があります。「もしかしてストーカーでは」と感じたら、探偵へご依頼ください。対策として調査を行い、相手の顔・居所・行動を証拠として押さえましょう。

ストーカー被害対策なら「探偵赤坂アーガス」へお任せください

  • 自身がストーカー被害を受けている。
  • 大切な我が子がストーカー被害を受けている。

このような被害に遭われた場合は、お早めに調査等の対策を行うことをおすすめいたします。

相手がつきまとい等の迷惑行為を始める“きっかけ”のほとんどは、「あなたを手に入れたい」という自己中心的な感情だといわれています。

しかしそれはストーカーの勝手な言い分であり、個人の尊厳を著しく踏みにじる行為であることには変わりません。

当然、「ストーカー被害を受けた」と感じられた方の精神的ダメージ、恐怖は計り知れないものです。

また社会的にも人道的にも、ストーカーは決して許される行為ではありません。

ストーカー被害にあてはまる行為とは

ストーカー被害に遭われている方の中には、「ストーカーかもしれないけれど、確証が持てない」という方もいらっしゃいます。これはストーカーが巧妙、かつ陰湿な手口で被害者を追い詰めるからです。

現在施行されているストーカー規制法では、好意や恋愛感情による「つきまとい」、反復してつきまといを行う「ストーカー行為」を規制しています。つきまといやストーカー被害の例としては、以下が挙げられます。

  • 仕事や学校帰りに、誰かから尾行、待ち伏せをされている
  • 非通知で無言電話、いたずら電話が頻繁にかかってくる
  • 帰宅後すぐ「おかえり」と非通知で電話をしてくる
  • 届いたはずの郵便物が盗まれている
  • 復縁や面会、交際をしつこく求めてくる

また、最近ではネットやSNS,GPSなどを悪用したストーカー被害も増えています。

  • 被害者の誹謗中傷をネットへ掲載し、深く傷つける
  • 拒否しているのに、一方的な手紙が毎日ポストに届く
  • 自家用車で立ち寄った場所について一方的に把握されている
  • SNS経由で「行動範囲を把握しているぞ」と脅され、実際に会いに来られた

これらはすべてストーカー規制法で禁止されている行為です。

とはいえ、どうにかストーカー対策を講じようとしても、自宅や職場などを把握されていてなかなか動けない……というケースも多いでしょう。

ストーカー被害でお困りの方は、探偵赤坂アーガスへご相談ください。被害がより深刻化する前に対策をしていただくことで、その後の状況悪化を防げます。

ストーカー被害に素早く対応してもらうには「証拠調査による対策」が重要

ストーカーが本格的な犯罪へと発展するのを阻止するには、相手の特定、および証拠を確保する対策が必要です。あらかじめ相手の素性や行動・証拠を掴んでいれば、警察や裁判所への被害相談で圧倒的に有利になります。

ストーカー被害に遭った場合、警察が行ってくれる対策とは

ストーカー規制法では、相手及び被害者に対しどのような対策を取ってもらえるのでしょうか。

【ストーカー規制法における警察・司法等の対応、対策例】

  • 警察による自宅巡回の回数増加
  • 被害者へ防犯ベルの貸与
  • 裁判所命令による指導
  • 警察の拘束、行政処分
  • 反復性があり悪質な場合は犯罪として逮捕もある

ストーカー規制法第四条では、相手への対策として「つきまといをした者へ、警察が警告を出せる」と定められています。しかしこれはあくまでも注意勧告であり、相手が違反したとしても罰則はありません。

つきまとい等の行為がより悪質な場合は、対策として都道府県公安委員会による「禁止命令」が出されます。

また禁止命令に違反して被害者に再度しつこくつきまとい、ストーカー行為へと発展した場合は、逮捕に至ることもあります。

実際には相談から解決、対策の実行までに時間がかかる場合も多い

実際のストーカー被害事例では、逮捕へ行きつくまでの間に

「何度も警察へ相談しなければならなかった」

「被害の規模に対し、満足な対策をしてもらえなかった」

といったケースも珍しくありません。

これは警察・裁判所としても、ストーカーの素性や行動を掌握していないと対策がしにくく、逮捕等に踏み切りにくい現状があるためです。

一方、被害者側でストーカーの相手が特定できていたり、行動記録や写真などの証拠を押さえていたりといった対策をしていた場合。

警察や裁判所へ証拠を提出することで、適切な対応・処置をしてもらえる可能性が高くなります。

対策として調査を行い、相手の行動パターンや時間・場所などが判明していると、話は早いでしょう。

このような証拠を掴む「ストーカー対策調査のプロ」が、私ども探偵です。

自己判断で“ストーカー特定対策”をするのは危険行為です

ストーカー被害を受けている最中には、「相手が誰なのか検討がつかない」というケースも多く見られます。

その一方で、ストーカー加害者のうち約7割は「元交際相手」または「元配偶者」だった、というデータがございます。この場合は、被害者側から見てもストーカーをしている相手の目星が立てやすく、一見すると特定対策がしやすいと感じるかもしれません。

ストーカー被害の自己対策はバレやすく、相手を逆上させる

しかしながら、被害者側から「ストーカーをしているでしょう」と問いただす対策は、逆効果です。

相手が逆上してさらなるストーカー被害につながったり、最悪の場合傷害、殺人などの事件に発展してしまったりする可能性があるからです。

また、被害者やそのご家族が探偵のように尾行をするのも、対策としては不適切です。

一般の方の尾行はバレやすく、直接問いただすのと同様にリスキーな対策のため、被害がさらに悪化するおそれがあります。

たとえ相手の目星がついていたとしても、被害者自身やご家族が対策を行うのは大変危険です。

被害者側は決して無理にストーカー対策をなさらないでください。

ストーカー被害の対策はプロへお任せする方法がおすすめです

ストーカー被害に遭われた場合は、無理にご自身で特定や対策をしようと思わないのがベストです。

むやみに特定対策を行うことでかえって逆恨みされ、被害のリスクが高まるからです。

被害者およびご家族の皆様は、安全な場所で身を守ることを最優先にお考えください。また安全かつ確実にストーカー被害の証拠を掴むには、プロの探偵へ対策をご相談ください。

プロに対策をお願いしたあと、自分たちで何か対策はできない?

「被害者側のむやみな対策は得策ではない」と申し上げましたが、被害者やご家族には、「相手の接触を過剰に増やさないようにするための対策」を行っていただくことをおすすめします。

具体的な対策には、以下が挙げられます。

対策①:行為に過剰反応を示さない

対策②:相手への態度を変えない

対策③:SNSで被害を発信しないようにする

対策④:連絡先をそのままにしておく

対策⑤:一人になる時間をなるべく作らない

これらの対策を意識しつつ、探偵へ調査をお任せいただけますと幸いです。

なお、探偵に調査をご依頼いただいたあと、対策として反対に急に冷たい態度を取ったり、連絡先を変えたりするのはおすすめできません。相手が余計に接触機会を増やしたり、嫌がらせがエスカレートしたりするからです。

ストーカー被害対策・調査は探偵赤坂アーガスにお任せください

探偵赤坂アーガスでは、経験豊富な探偵がストーカー被害対策の調査を担当いたします。

ストーカー被害対策調査では、尾行や張り込みなどプロのテクニックを駆使し、対象者の行動、行為を事細かに記録いたします。

調査結果は写真や動画などの「動かぬ証拠」とともに報告書としてまとめ、ご依頼者様へお渡ししております。

この報告書は、警察への被害届提出時や裁判所での処分申請などの対策として大いに役立つものです。

被害者の中には、恐怖が大きくなって「相手への対策として、探偵に調査を依頼したことがばれたらどうしよう」と考えられる方もいらっしゃいます。しかし私どもとしては、被害がより大きくならないうちに対策に踏み出していただくことが最善と考えております。

つきまといやストーカーに遭われたと思ったら、すぐにご相談ください。一緒に対策を考えましょう。

ストーカー被害調査や今後の対策のご相談は、お電話のほか、WEB上のメールフォーム、LINE相談も承っております。

▼お電話でのストーカー被害相談はこちら

TEL:0120-666-820

▼WEBメールフォームからのストーカー被害相談はこちら

探偵赤坂アーガスでは守秘義務を厳守しております。

「周りの人には相談しにくい……」と感じる内容でも、安心してご相談ください。

0120-666-820
WEBでお問い合わせ
友だち追加 LINEで相談