合理的な調査

11月 1st, 2014

探偵は困難な調査に対峙した場合には全ての記憶と可能性に基づく想定を思考回路全開で行わなければならない。どのような案件であっても「調査結果を導き出す」ために必要になる。

殆どの調査案件は「必要な情報が全て揃っていない」状況が殆どである。

当然、結果を出すべく「最短時間で最短費用」を心がけ「調査手法を選択」し着手する。それでも結果が導き出せない案件は「着手時点での情報を見直し」他の可能性を想定しながら再び調査を実施する。

調査の過程であらたな「有力情報」が得られたならば結果に到達するスピードは一気に加速することとなる。全ての調査において必要な考え方であり、必要な思考回路である。

調査に手順が存在するならば「基本的な手順」といえることだろう。もし、途中経過を省き時間短縮だけを目的に「想定重視な調査」を実施したならば「結果の出ない調査」を繰り返し実施する悪循環に入ってしまい「どの情報が正しく」「どの情報が信憑性が低い」のか判断できない手順で調査を実施を繰り返す「無駄」が多く出てしまうのである。

合理性やリスクを念頭に業務を遂行し「依頼人に正確な情報をスピーディーに提供」する為には「正しい手順を守った調査」を実施し「勘に頼らず」合理的に調査はすすめられることが望ましい。

This entry was posted on 土曜日, 11月 1st, 2014 at 2:57 PM and is filed under 探偵の思考. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)