恋愛感情の制御

10月 31st, 2014

浮気をしてしまう人物達の多くは「恋愛感情の制御」がきかなくなってしまい「浮気をする」といえる。これ以上好きになってしまうと・・・・「自制心」が働き感情と行動を制御している。この恋愛感情の制御が「異性のアプローチ」により限界を超えてしまう方も多く、「恋愛上手な異性」が相手だった場合は「浮気・不倫関係」に陥りやすいと言えるだろう。

これとは別に自身が「愛欲に飢え」て過激なアプローチを繰り返し浮気に走る場合もある。ご自分の容姿を維持し「綺麗でいるために浮気」と考える男女も存在するのでひとくくりにはできないといえるだろう。

既婚者は生活に制限が発生し日常を送っている。

その制限があるがゆえに「窮屈に感じる方」も多く存在し「反動で浮気や不倫」とも考えられる一面も存在している。具体的な制限を申し上げれば「既婚者は恋愛できない」であったり「既婚者は自由に異性と出掛けられない」などや「ご近所の目をきにして自由に余暇を利用できない」などが代表的といえる。

結婚は本来「社会性が要求」され「ご近所や親戚」との接点も考慮した上で取り交わされる。既婚者の自由は社会性の範囲内が前提であるため「想像以上のストレス」がかかる方も存在するのである。

 

This entry was posted on 金曜日, 10月 31st, 2014 at 3:46 PM and is filed under 浮気の心理. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)