探偵ブログ・浮気原因による離婚の慰謝料

8月 25th, 2018

浮気の慰謝料とは浮気をした配偶者とその浮気相手から受けた精神的苦痛に対して支払われる損害賠償金となります。
配偶者や浮気相手に慰謝料を請求することは不貞行為という不法行為に対する損害賠償請求として法律で認められていますが、その慰謝料の金額はケースバイケースによって異なってきており、明確な金額が決まっていないというのが現状なのです。

 

そのため,過去の判例などを参考に慰謝料の金額は、単に浮気をしただけで離婚も別居もせずに夫婦関係も継続する場合なら50万円から100万円が相場と言われており、浮気が原因で別居に至った場合には100万円から200万円、離婚に至った場合には200万円から300万円が一般的な相場のようです。
金額にかなりの幅がありますが、浮気による損害が大きいほど慰謝料も高くなってくるものと考えられます。

 

 

 

また婚姻期間の長短、浮気相手との交際期間、子供の存在などによっても大きく金額が異なってきます。
例えば結婚2年目で子供がおらず、約1年間の浮気していた期間が認められた人と結婚20年目で高校生と中学生の子供が2人存在、やはり1年間の浮気期間としていずれも離婚を選択とした場合、前者が100万円、後者が300万円という差が出たというのです。

 

 

全てがこうとは言えません。
例えば婚姻期間が2年間であっても夫婦円満であった、20年間であったとしてもここ数年間、別居状態になっており、世間的にも夫婦関係が破綻していたとなると慰謝料の金額も異なってきます。
前者は変わらず100万円ですが後者は全く取れないというケースもあり、総体的にかなり減額される場合もあるのです。

 

 

 

いずれも裁判となった場合の金額ですので多少の資産を持っているならば示談というか話し合いで慰謝料を出させた方が高額になる場合もあります。

 

 

 

尚、慰謝料の請求については請求ができない場合や時効がありますのでこの点については弁護士などにきちんと相談される事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

This entry was posted on 土曜日, 8月 25th, 2018 at 1:46 PM and is filed under 探偵ブログ, 浮気相談所. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)