探偵ブログ・雪の影響

1月 30th, 2016

既に1週間以上、毎日続いているある妻の浮気調査。
依頼者である夫が妻のメールを見てしまい、特定の男性と浮気をしていると確信、依頼してきたものである。

 
しかし、そのメールを見たことで夫が妻に対して問いただしてしまうという行為をしてしまった。
ところが妻は絶対に認めない。
当然である。
認めてしまうと不利になることは妻も充分に判っている。

 

 

そこで当探偵事務所に妻の浮気調査を依頼してきたものであるが昨日で8日目となるも親しい男性との接触が全く見受けられない。

警戒しているかというと行動を見る限り、特にうしろを警戒している気配はない。
尾行については全く無警戒である。

やはり問いただしてしまったという行為の結果、浮気相手と会うのをしばらく避けているのか?

 

 

ただ浮気相手がいれば、絶対に会いたいはずである。
妻の浮気の場合、夫にばれそうだからといって関係を断ち切る人は少ない。
夫の浮気よりもある程度、本気になっている人が多いからかもしれないのだが。

 

 

そろそろ動き出してもおかしくはないのであるが・・・・・・・・尾行、張り込みを続けるしかない。

 

 

ところで先日、東京には降雪があり、朝から交通が大きく乱れてしまい、別件に向かった1人の探偵の到着が京王線沿線にある自宅への到着がかなり遅れてしまった。
プロの探偵としては「雪の影響」との言い訳はできない。

ただ京王線が通常の2割程度の運行しかできておらず、駅には人が溢れ、どうしようもなかったのであるが。
東京という大都会は本当に雪には弱い。

 

 

今回も何が起こるか判らない。
昨夜から雪との予報により本件の現場近くのビジネスホテルを急遽予約し探偵2名が宿泊することに。

 

ところが深夜も早朝も雪は降らず、都心は全く積雪はなく、交通の乱れも殆ど無かったのである。

そんなものである。

 

しかもこのホテル代は依頼者には請求できない。
プロの探偵としてのプライドで勝手に宿泊したのだから。

 

さあ、今日の調査で浮気の証拠を押さえたいのであるが動いてくれるか。

 

 

 

 

This entry was posted on 土曜日, 1月 30th, 2016 at 11:09 AM and is filed under 探偵ブログ, 浮気調査. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)