Archive for the ‘探偵 調査’ Category

探偵ブログ・孤独のグルメ8

9月 2nd, 2019

テレビ東京の深夜ドラマとしてシリーズ化している人気番組「孤独のグルメ」が10月からまたまたシーズン8として放映されます。
以前にも何度かこの探偵ブログでも取り上げてきましたが私自身も気に入って毎回録画して見ている番組です。
私というよりも妻も気に入っているので夫婦で見ると会話が続きます。

 

 

探偵という職業柄、調査や打ち合わせなどで東京都並びに近県には頻繁に訪れており、この長年の経験から都内の殆どの駅に赴いた事があります。
以前、何気なく記憶をたどり調べてみた処、降車したことの無い駅は青梅線と五日市線、奥多摩線の数駅位しかありませんでした。
確か各私鉄でも都内の駅は全て降車した経験があり、沿線の神奈川県、埼玉県、千葉県内まで拡張するとまだまだ降車した駅はいくつも出てきてしまいます。
それでも都内の地下鉄の駅は完全に制覇しており、この37年間でよくあちこちへいったと我ながら感心しています。

ですから自分が行ったことのある地域も多く放送されており、その度にこの街には行ったことがあるとかと会話が増えるのである。

 

 

 

孤独のグルメの主人公である「井之頭五郎」が仕事で赴く場所においてただ食事をするだけのドラマであるがなんとも感慨深いのである。
自分はこの主人公みたいに行った先で気軽に「食堂」や「レストラン」に入って食事をすることが出来ない。
冒険することが嫌いなのかもしれないが実際はこの主人公みたいに昼食や夕食にそんなにお金を掛けられない。
ドラマでは平気でランチなのに合計2000円内外の料理を注文し食している。
時にはもっと高いのではないかと思ってしまう時もある。
私はお小遣い制では無いのだがランチにそんなに掛けられない。
食事するとなると立ち食い蕎麦店やチェーン展開している牛丼店、うどん店などで終わらせる事が殆どである。
美味しそうに食事をしている主人公に対してある意味、憧れを持っているのかもしれない。

 

 

 

そんな可愛そうな私だからこそこのドラマが好きになったのかもしれません。
10月からの楽しみが又ひとつ増えました。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・純烈騒動

1月 18th, 2019

昨年末のNHK紅白歌合戦に年街の初出場をしたムード歌謡グループの純烈。
メンバーのDV問題、二股疑惑、借金問題などにより1人が脱退し芸能界を引退という結末となりました。
応援するファンの中には嘆願書を集めて復帰を願っていた人もいたみたいですがそのファンに対しても批判が続発し嘆願書の集めるサイトを閉鎖したとのことです。

 

 

それにしても「純烈」の事務所関係者やメンバーはかなり厳しい状況へ陥ってしまったといわざるを得ません。
せっかく何年も地道な活動をしてファンを集め、それなりに歌もヒット、念願であったNHK紅白歌合戦にも出演し今後の活動にも大きく期待されていただけにファンも含めメンバー、事務所関係者は大変なショックだったと思います。

 

 

確かにメンバーが集まり結成する前に各人の身辺身元調査をしっかりする事務所はないかもしれません。
将来、売れるとは決まっていないからなのは判りますがある程度の身辺身元調査は実施しておくべきだったのです。
昨今ではSNSにより個人の過去の状況なども信憑性はともかく拡散してしまいます。

 

 

事務所も注力しどうにか売れてきたと思ったら過去のスキャンダルで簡単に干される時代です。
昔の芸人などは女遊びが常識であっても現代ではそうそう遊べるものではありません。

 

 

歌手やアイドルなどの人気商売では特に注意しなければならないのがスキャンダルです。
確かに純烈メンバーの今回の不祥事はメンバーの責任ではありますが事務所の管理が行き届いていれば途中で脱退させるなどの手段もあったはずです。
実際にあるアイドルグループでの初期メンバーの1人が過去に問題となるスキャンダルを持っていた為に短期間で卒業、引退させたという事もあったのです。
将来を見据えていたなら当然の処置かもしれません。

 

 

 

純烈に関しては今年のNHK紅白歌合戦出場は余程心機一転頑張るか大きなヒットでもない限り絶望的だと思います。

 

 

この純烈騒動は芸能界ばかりの問題だけとは言い切れません。
一般社会にも往々にして存在する問題なのです。

例えば中途採用社員も同様で面接だけで信用し採用したらとんでもない人物で会社に多大な損害を与えたという人も多く存在するのです。
商取引ばかりか個人的な交友関係もしかりです。
相手のいうことだけを信じた為に損害を被ったという人もそれなりにいるのも事実です。

冷静になって身辺身元調査をすることで被害を押さえることも出来るのです。

 

 

 

 

探偵ブログ・宴会キャンセルのトラブル

11月 15th, 2018

11月に入り、既に半月が経ち、そろそろ忘年会シーズンがやってくる。

 

 

ここ最近の事だが飲食店関係者からの宴会キャンセルにおけるトラブルでの問い合わせが多く入ってきている。

この宴会キャンセルについてはトラブルも多く、社会問題にもなってきている。

忘年会とは限らない。

送別会、親睦会、新年会、結婚式の2次会からそれこそオフ会などなど。

友人数名の宴会から数十人、中には100人近くになるものもある。

 

 

 

昨今、携帯電話の普及により幹事の名前と連絡先の携帯電話番号のみだけで予約ができる飲食店が多いのも問題なのだがお客様に不快感を与えないためにはしょうがないのかもしれない。

最近では前日までだと半金程度や当日は全額近い金額を支払ってキャンセルするのが常識と言われており、急な出来事によりキャンセルを余儀なくなった場合にも連絡して急遽謝罪しいくらか支払うのが一般的な常識とされている。

 

 

 

ところが昨今、宴会を無断でキャンセルする人が増えてきているのです。

テーブルや席などを取り置きし食材なども仕入れはしたものの勝手に当日にキャンセルされたらお店としては迷惑千万である。
中には人数によってお店そのものや会場を貸し切っている場合もあり、その際の損失はかなりの金額となってしまう。

 

 

当然、お店側も連絡を取るが出てくれず、最後には着信拒否という携帯電話の機能を活用しての「完全無視」を決め込んでしまう。

4,5人の宴会キャンセルならまだ損失は少ないために店側は泣き寝入りすることとなってしまう。
ところが多人数の場合ではこういってはおられない。

無断でキャンセルした幹事などの代表者に対し損害賠償を考えるが正式に訴訟を起こすにしても教えて貰った名前が本名かも分からないし住所も知らない。

これでは訴訟も起こせない。

唯一の手掛かりである携帯番号にしても個人情報の観点から持ち主を個人的に調べる事ができないのである。

結果、多額の損失を抱える事になってしまう。

 

 

弁護士に依頼していろいろと調べて特定できるかもしれないが訴訟をするまでには長期間を要し、弁護士費用やら訴訟費用など考えると腰が引いてしまうのが現実なのである。

 

 

予約したお客も最近ではこのような結果になることも分かってきているのか、予約をするものの無断でキャンセルすることに慣れてしまっているのか多発しており、社会問題となっているのである。

 

 

 

個人情報についてもいろいろと問題がある。

そんな飲食店関係の人に朗報です。

当探偵事務所にご相談下さい。
僅かな情報から予約者を特定することが低予算で可能です。

もしこのブログをご覧の飲食関係の方で予約キャンセルによるトラブルで悩んでおられる方は一度、ご相談下さい。
きっとお役に立てると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・家出の時期

7月 20th, 2018

本日が終業式で明日から夏休みに入る学校が多いかと思います。
夏休みに入ると開放感からか子供の家出が多い時期となります。
確かに探偵事務所に家出調査の相談が入るのは8月末から9月上旬が一番多いのですが夏休みに入ると家出を考えてしまう子供が多くいるのも確かです。

 

 

正直、子供の家出を予測すると言うことは親御様でもなかなかできることではないことは理解しております。
しかし、よくお考え下さい。
突然、子供が家出したと想定して下さい。
誰に相談したらとかどうやって探したら良いのだろうと。
学校の先生に相談?
クラスメイトに訪ね歩く?
子供の交友関係をどの程度把握されていらっしゃいますか?

 

 

現代、SNSなどにより学校や塾などの交友関係ばかりとは限らなくなりました。
正直探偵泣かせです。
何しろ全国的に友人が拡散しているのですから。

 

 

昨年も千葉県松戸市に住む家出した女子中学生の調査を請け、いろいろと精査した結果、なんと秋田県大曲市に住む25歳の独身男性のところに転がりこんでいました。
やはりSNSで知り合った男性で当探偵事務所で特定した住所に両親、警察立ち会いの下で乗り込み、確保したのですが25歳の男性もかなり驚いていたようです。

その後については警察に委ねましたので詳細は分かりませんがそれなりの罪を犯した事となり、逮捕されたみたいです。

この男性との出会いもSNSを通じて知り合ったもので現在の交友関係は全国的に広がっており、把握が困難な状況となってきています。

 

 

まずお子様のスマホやパソコンなどのデータをこまめに確認し把握しておくことが重要となって来ている世の中になっています。

探偵の家出調査も少し前と比べかなり難しくなって来ているのは事実ですので親御様の協力がかなり必要となってきているのです。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・会話の録音

4月 14th, 2018

先日、妻が外出した後、尾行して女友達と会うのでその時に妻と女友だちの会話を聞いて欲しい、可能であれば録音をして欲しいという無茶振りな調査相談がありました。

多分、テレビドラマかスパイ映画でも見たのかもしれませんが現実的にはかなり厳しい依頼です。

 

 

尾行して女友だちと実際に会うのか、そして女友達とどういった行動をしているかは探偵にとって尾行調査すれば明確に掴める調査ですが本件は女友達も知っているしどこへ行くかも判っているというのです。

では何も知りたくて調査を依頼したいかというと、女友達と歩いている時の会話、電車移動の際の会話、どこかのお店に入った時こそ重要で飲食している時の会話を聞き、録音して欲しいというのです。

 

 

 

まず妻と女友だちが歩いている時の会話をを聞くなんて事はまず不可能です。

尾行というのは相手の後ろについて少し離れてついていくことです。

後ろにいるのですからまず会話なんて聞こえてきません。

もし聞き耳を立てるしても真横か真後ろにいるしかありません。

尾行している最中にそんなことは現実的に無理な話です。

 

 

 

電車移動の際でも真横に座るか真ん前に建っていなければなかなか会話を聞き取ることは出来ません。

もし仮に会話を聞けたり、録音が出来たとしてもその後に尾行していくことはかなり厳しくなってきます。

 

 

可能性があるとすれば飲食店の中でしょうが入店した店舗で妻と女友達が座った席の隣が必ず空いているとは保証は全くありません。

離れた席に座られた場合、盗聴器を設置する事も出来ませんし指向性のマイクを向けるにしても限度があります。

たまたま隣の席が空いていたら可能となるというロケーションで無ければならないという現実離れ的な要求となってきます。

また隣に座った探偵が店舗を出ても尾行しなければなりません。

 

 

 

探偵もののドラマかスパイものの映画でも見たのかも知れませんが限られた探偵の数でこれらを遂行する事はかなり不可能なのです。

しかも依頼人は探偵2人という最低限の人数も指定してきています。

これでは到底、この相談を依頼を請けられる訳もありません。

この相談は結果的に依頼に結びつきませんでしたがたまにいるのです。

テレビドラマやスパイ映画のように探偵なら簡単に何でも出来てしまうと思われている方が。

正直、困ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・秋篠宮真子様の結婚延期

2月 7th, 2018

昨夜の夜7時に報道されたショッキングなニュース。
秋篠宮真子様のご結婚が約2年、延期されたと宮内庁から発表されました。

最近、数社の週刊誌ではお相手の小室圭さんの母親の借金騒動が報道されており、この時期の延期はどうしてもこの騒動が原因と勘ぐってしまう。
確かに宮内庁の発表ではこの報道とは全く関係ないと言ってはいるのですが。
一般人である著者はどうしても??????が残ってしまいます。

 

 

探偵をしているとこの手の相談も多いのです。
お金を貸したけれど返してくれない。
しかも借用書は取ってはいないという。
しかし、間違いなく貸して欲しいと頼まれ、貸したのだが返済を迫ったら「借用書がないのに」とか「貰ったものだ」と言い張り、その後、行方を眩ますというか全く連絡が取れなくなってしまったり、 所在が分からなくなってしまい、困ったあげく、被害者が探偵に相談してくるのです。
その相談にみえる被害者は殆どが男性なのです。
被害者という男性の中には水商売や風俗関係の女性にお金を貸してしまい、本名すら知らなかったという人もいる位です。
この被害者男性に関してはかなり「下心」があったのかもしれませんが・・・・・。

 

 

探偵は行方調査、所在調査として行方を眩ました人の居住先を調べることはお受けしておりますが借金を取り返して欲しいとか取り返す手伝いをして欲しいなどという要望には一切お応えできません。

 

 

 

また別の面でもこの延期については考えさせられます。
それは結婚ということはお互いの問題だけではなかなかいかないという事実です。

 

 

もし仮に小室さんのお母様の週刊誌報道が事実だとすると皇族との結婚には余りにもいろいろな生活環境で隔たりがあるのかもしれません。

一般的な人の結婚においても育ってきた環境に因ってもいろいろと考え方が違いますし当事者は認め合っていたとしても家族との関係性や相手の家族の人柄、性格、素行面なども重要となってくるのです。

結婚相手ゆその親族の知らない一面がみえてきたり、隠し事、それこそ詐称していたというケースです。

こういった事は探偵の結婚調査で解明、判明することも可能なのです。

ですから探偵に依頼する結婚調査という調査も実在し重宝がられているのです。

 

 

最近では安易に結婚し離婚する夫婦が多くなっていますが一時期の感情だけで結婚する事には私も反対です。
相手やその家族についてよく調べてから結婚を考えてみることは大事な事と思うのですが。

 

 

 

 

探偵ブログ・探偵からの警鐘2

12月 12th, 2017

最近、増加しているのがデータ調査などによる検索料の搾取という事態が横行しているようです。

 

 

データ調査の中には検索料を前金として受け取ってから調査に着手、調査結果が得られたら成功報酬という調査があります。
ところが検索も全く実施せずに、さも検索したかのように数千円から数万円単位の検索料を搾取する業者もあるみたいなのです。
最初から検索もしないで検索料をだまし取り、結果が得られませんでしたでは依頼人もたまりません。
ただこればかりは正直、調査会社を信用するしかないのです。

 

 

もっと悪質になると住所調査などでは空き家や出鱈目な調査結果を報告して成功報酬を騙す業者もあると探偵業界では噂になっています。

 

 

まず業界での料金相場を知っておくことです。
どんな個人情報であれ、安価な値段で手に入る訳がありません。
様々なデータ情報から検索して結果を得るのです。
その手間暇を考えると安価という訳はまずあり得ません。
依頼人にしてみれば安価の情報を得てしまいがちですがその点をよく考えてデータ調査を依頼する会社を選ぶべきです。
検索料だけ取られたり、出鱈目な調査結果を貰っても不利益ばかりと気付くべきです。

 

 

当探偵事務所ではこのような詐欺行為は一切ございません。
確かにデータ調査項目の中には着手金が必要な場合もありますが弊社では殆どが完全成功報酬制で検索料も頂戴しておりません。
結果が判明してからの引き替えとなります。

 

 

 

 

探偵ブログ・宗教問題

2月 16th, 2017

現在、新進気鋭の若手女優が宗教問題などで芸能界が揺れています。

 

 

確かに憲法でも宗教の新興の自由は認められています。

私自身、それほど信仰心が強くない為か、宗教に傾倒する人の気持ちは分かりません。

ただ言えることは自分が信仰する宗教と違う人と交際したり、結婚するとなるといろいろな問題が出てきてくるという現実があると言うことなのです。

 

特にどの宗教とは名指ししませんがある宗教と別の宗教が何かにつけ、敵対関係にあるような場合、その信者同士または家族が熱心な信者であった場合、上手くいく事は少ないという現実です。

 

決して差別をしているという訳では無いことはあらかじめ承知しておいて下さい。

 

例えばキリスト教でもカトリックとプロテスタントでは違います。

昨今ではイスラム教を敵視する声も聞こえてきています。

 

仮に貴方萱家族がイスラム教を信仰していてキリスト教を信仰する人と交際するとなった場合、

教会も違えば、習慣もかなり違ってきます。

 

交際以前に信仰宗教のことは話しているでしょうからこんな人は少ないかと思いますがカルト的な宗教であったり、新興宗教であった場合、隠している場合があるのです。

 

交際を継続、結婚してから新興宗教を信心していると分かった場合、理解できれば良いのですがなかなかそうは行かないのが現実です。

 

仕事に影響したり、それこそ出家するなんて事になると家庭そのものが崩壊してしまう場合もあるのです。

 

 

宗教については大事な問題と私は思っています。

探偵が実施する結婚調査や身元調査では信仰宗教についても調査致します。

決して差別する訳ではありませんが大事な事なのではないでしょうか?

 

 

それこそ日本で大事件を起こした新興宗教もある位です。

もし子供が交際している人がそんな宗教の熱心な在家信者だったとしたらどうしますか?

 

 

私の偏見が強いのでしょうか?

宗教というのはその信仰心において人を危めたり、戦争の原因にもなるという現実を考えてみるべき大事な問題なのです。

調査において信仰宗教を調査することはとても大事な調査と思っています。

 

 

 

 

探偵ブログ・ショーンK問題を考える

3月 22nd, 2016

経営コンサルタントでテレビコメンテーターとしても活躍していたショーン氏が学歴などを詐称していた事でレギュラー出演していた番組を自ら降板した問題。

 

マスコミによるといろいろな虚偽や詐称が更に出てきており、問題視されている。

 

個人的には今まで出ていた番組を見ていてもそれなりの勉強をしていて知識もあり、好感は持っていたのであるが・・・・・・残念である。

 

このような詐称問題は探偵をしているとよくぶち当たる。

ショーンK氏と同様、自分を良く見せたいが為に嘘をつく虚栄心の強い人は多いのである。

 

中途採用の際の採用調査などにおいて学歴や職歴を詐称して履歴書を作成してくる人物はけっこう存在しているのである。

 

多分、中退しているのであろうが卒業したと記述していたり、職歴も実際にはいくつもあり、転々としているのに2カ所位を記述して入退職日をごまかしていたりと様々である。

 

また中には手の込んだ詐称をしてくる輩もいる。

既に倒産した一流会社に勤務していたとする場合である。

倒産した会社から情報はなかなか得られないので探偵でも難しいのであるが精査していくと辻褄が合わなくなり、詐称が判明する。

人事担当者をだませても探偵はだませないのである。

 

ただ、このショーンK氏と同様に外国の大学での学士、修士、博士などの取得に就いては探偵でも調べるのが困難である。

たとえ英語が堪能であっても外国の大学では全く卒業確認の協力はして貰えず、日本のように同窓会名簿などの入手もできない。

この手の詐称については正直、難しいのであるが当時の居住先近隣での聞き込みをするとけっこう判明してくるものである。

例えば、日本の大学にいったものの途中で退学しアルバイトをしていた事が判明すると留学していたという事が嘘になってしまう。

仮に嘘と断定できなくても嘘の可能性があるとの報告ができる。

 

 

この判断ができる為の情報を如何に収集できるかできないかが探偵の資質なのかも知れない。

 

しかし、ショーンK氏も外国の大学を卒業したとかは調べても判らないと思ったのか高い代償を支払う嘘をついてしまったものである。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・悪徳探偵の実態

3月 17th, 2016

絶対にあってはならない悪質な探偵とはどういった事をするのでしょう。

 

 

まず依頼内容を調査対象者に打ち明け、調査結果や行動状況を教えて貰い、あたかもきちんと調査したかの様に調査報告書を作成し提出、調査料金を搾取するという行為。
これは時として調査対象者からも金品を搾取する場合があり、完全に犯罪行為です。
また浮気調査では浮気の事実を掴んだ浮気相手に報告書に虚偽の報告をしてやるといって脅迫、金品を搾取、依頼人には事実を報告しないという探偵社。

 
当然、この行為も犯罪です。

 
ただ、これらは現在、認可制とはいえ公安委員会に届出をしている正式な探偵社ではまずありえない行為と言えるでしょう。

 

 

次に調査そのものをしないで調査したかの様に振る舞い、調査料金を搾取する探偵社。
例えば浮気調査などで尾行などしないで帰宅した時間だけを見て「何時に帰宅しましたよね。でも浮気の事実は無かったです。」
「調査料金を安くする為に報告書は無駄なので作りません」という探偵社。

 

実際に存在するみたいですがやはり詐欺行為です。

 
全く浮気の事実が無かったとしてもその行動を裏付ける要所要所の写真や映像を添付した報告書は必ず提供して貰いましょう。
調査実施日に浮気の事実が本当に無かったとしてもそれを裏付ける証拠写真を貼付した調査報告書の提出は探偵としての責務でもあります。
こういったケースは調査料金前払いのところが多いみたいです。

 

 

更に浮気現場が押さえられる様な時に勝手に調査員を増やし、割増料金を請求する探偵社。
確かに浮気現場の状況で設定した調査員人数で対応できない場合もあります。
その際は必ず御依頼者に状況を説明しご納得の上、人数を追加すべきことでこれを怠り、勝手に人数を増やし、「証拠が押さえられたから良かったでしょう」と平然と割増料金を請求する探偵社もあるようです。
依頼人にしてみれば証拠が取れたから致し方ないと思い、支払う人が多いらしいのですが同業者としては業界の信用問題にも発展し悪質と感じています。

 

 

また最近多い悪質な行為は4人の調査員を使うということで契約したものの実際には2人しか調査員を派遣せずに4人分の料金を搾取する探偵社。

 
やはり詐欺行為ですがなかなか立証するのが厳しいみたいです。

 

 

張り込み場所で2人しか調査員をクライアントが確認できなくても裏側にいるとか隠れているとかと何とでも言い訳ができてしまうからです。

 

 

もちろん探偵業法や各法律に違反する様な調査を受けていたり、調査そのものに違法性がある探偵社は悪質なのですが・・・・・。