Archive for 3月 17th, 2016

探偵ブログ・悪徳探偵の実態

3月 17th, 2016

絶対にあってはならない悪質な探偵とはどういった事をするのでしょう。

 

 

まず依頼内容を調査対象者に打ち明け、調査結果や行動状況を教えて貰い、あたかもきちんと調査したかの様に調査報告書を作成し提出、調査料金を搾取するという行為。
これは時として調査対象者からも金品を搾取する場合があり、完全に犯罪行為です。
また浮気調査では浮気の事実を掴んだ浮気相手に報告書に虚偽の報告をしてやるといって脅迫、金品を搾取、依頼人には事実を報告しないという探偵社。

 
当然、この行為も犯罪です。

 
ただ、これらは現在、認可制とはいえ公安委員会に届出をしている正式な探偵社ではまずありえない行為と言えるでしょう。

 

 

次に調査そのものをしないで調査したかの様に振る舞い、調査料金を搾取する探偵社。
例えば浮気調査などで尾行などしないで帰宅した時間だけを見て「何時に帰宅しましたよね。でも浮気の事実は無かったです。」
「調査料金を安くする為に報告書は無駄なので作りません」という探偵社。

 

実際に存在するみたいですがやはり詐欺行為です。

 
全く浮気の事実が無かったとしてもその行動を裏付ける要所要所の写真や映像を添付した報告書は必ず提供して貰いましょう。
調査実施日に浮気の事実が本当に無かったとしてもそれを裏付ける証拠写真を貼付した調査報告書の提出は探偵としての責務でもあります。
こういったケースは調査料金前払いのところが多いみたいです。

 

 

更に浮気現場が押さえられる様な時に勝手に調査員を増やし、割増料金を請求する探偵社。
確かに浮気現場の状況で設定した調査員人数で対応できない場合もあります。
その際は必ず御依頼者に状況を説明しご納得の上、人数を追加すべきことでこれを怠り、勝手に人数を増やし、「証拠が押さえられたから良かったでしょう」と平然と割増料金を請求する探偵社もあるようです。
依頼人にしてみれば証拠が取れたから致し方ないと思い、支払う人が多いらしいのですが同業者としては業界の信用問題にも発展し悪質と感じています。

 

 

また最近多い悪質な行為は4人の調査員を使うということで契約したものの実際には2人しか調査員を派遣せずに4人分の料金を搾取する探偵社。

 
やはり詐欺行為ですがなかなか立証するのが厳しいみたいです。

 

 

張り込み場所で2人しか調査員をクライアントが確認できなくても裏側にいるとか隠れているとかと何とでも言い訳ができてしまうからです。

 

 

もちろん探偵業法や各法律に違反する様な調査を受けていたり、調査そのものに違法性がある探偵社は悪質なのですが・・・・・。