Posts Tagged ‘尾行調査’

探偵ブログ・お盆

8月 13th, 2018

世間はお盆休みが規制している人や国内外へと旅行する人も多く、東京は人も車も少なく、閑散としているのだがこのお盆の時期は何故か探偵は忙しい。

 

 

殆どが旅行に行くのを尾行していくケースと家族が両行に行く際の配偶者の行動を調査する以来が入ってくるのです。

本日も朝からの尾行が数件入っており、炎天下での張り込みや尾行に調査員が外出している。

 

対象者が良好の際は一緒について行くために探偵も外泊するケースも多く、けっこう繁盛しているのである。

 

 

当探偵事務所の探偵調査員にはお盆の時期でのやすみが摂れる者は少ない。

交代して休みを取るのであるが時には9月に入ってからと言う場合もあるし休みを取らないという者もいる。

 

 

現在、東京では体感温度は35度以上であるが雷鳴も聞かれ始めている。

もしかするとゲリラ豪雨となっている処もあるのかもしれない。

最近の天候にはほとほと手を焼いてしまう。

突然の豪雨で対象者の行動がおかしくなることもあるです。

思いっきり走られてしまったり、急にタクシーに乗られたりと。

尾行するものにとっては絶対にして欲しくない行動なのです。

 

 

今日も明日も明後日もお陰様で尾行調査が入っているが天候の急変だけはカンベンして欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・憂鬱な梅雨どきの尾行調査

6月 1st, 2018

 

 

今日から6月。

 

 

今日の東京の天気は湿気も少なく、快晴。
最高気温も27度前後と言うことでとても過ごしやすい日である。

しかし、今週後半からもしかすると梅雨前線の影響で雨が続くかも知れないという予報。

 

 

探偵にとって憂鬱の時期が近づいてきている。

 

 

雨が降る日の尾行調査には一長一短がある。

移動している際の尾行は傘を差している対象者はどちらかというと警戒心は薄い。
しかも傘の動きを見ていれば良いので対象物も頭部などよりは大きく目立つ。
尾行だけを考えると正直、晴れの日よりは尾行調査はかなりやりやすいと言える。

 

 

しかし、尾行調査に付きものの「張り込み」が正直、憂鬱の原因である。
対象者が飲食店などの小規模店舗や一軒家や集合住宅などの居宅に入った場合から浮気の証拠となるラブホテルに入った時も探偵は雨降る表で対象者が出てくるまで何時間でも張り込み続けなければならない。

場所にもよるが車の回せないところであると当然、傘を差して立って出てくるのを待ち続けるしかないのです。
壁などに寄っかかる事も出来ず、ちょっとしたところに腰掛ける事も出来ない。
しかも傘により片手が使えないと来ている。

 

 

撮影が義務づけされている探偵にとってこの雨降る日ほど手が3本あればと思う瞬間である。

 

 

最近では動画できる撮影機材もいろいろとあるがレンズにも細心の注意をしていないと雨の滴などにより肝心の撮影がぼやけていたではまったく話にならないのである。

 

 

雨の降る日は体力的にもきつく、いろいろと気を遣わないといけない尾行調査現場。

特にそんな雨降る日が続く梅雨時は憂鬱になる。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・会話の録音

4月 14th, 2018

先日、妻が外出した後、尾行して女友達と会うのでその時に妻と女友だちの会話を聞いて欲しい、可能であれば録音をして欲しいという無茶振りな調査相談がありました。

多分、テレビドラマかスパイ映画でも見たのかもしれませんが現実的にはかなり厳しい依頼です。

 

 

尾行して女友だちと実際に会うのか、そして女友達とどういった行動をしているかは探偵にとって尾行調査すれば明確に掴める調査ですが本件は女友達も知っているしどこへ行くかも判っているというのです。

では何も知りたくて調査を依頼したいかというと、女友達と歩いている時の会話、電車移動の際の会話、どこかのお店に入った時こそ重要で飲食している時の会話を聞き、録音して欲しいというのです。

 

 

 

まず妻と女友だちが歩いている時の会話をを聞くなんて事はまず不可能です。

尾行というのは相手の後ろについて少し離れてついていくことです。

後ろにいるのですからまず会話なんて聞こえてきません。

もし聞き耳を立てるしても真横か真後ろにいるしかありません。

尾行している最中にそんなことは現実的に無理な話です。

 

 

 

電車移動の際でも真横に座るか真ん前に建っていなければなかなか会話を聞き取ることは出来ません。

もし仮に会話を聞けたり、録音が出来たとしてもその後に尾行していくことはかなり厳しくなってきます。

 

 

可能性があるとすれば飲食店の中でしょうが入店した店舗で妻と女友達が座った席の隣が必ず空いているとは保証は全くありません。

離れた席に座られた場合、盗聴器を設置する事も出来ませんし指向性のマイクを向けるにしても限度があります。

たまたま隣の席が空いていたら可能となるというロケーションで無ければならないという現実離れ的な要求となってきます。

また隣に座った探偵が店舗を出ても尾行しなければなりません。

 

 

 

探偵もののドラマかスパイものの映画でも見たのかも知れませんが限られた探偵の数でこれらを遂行する事はかなり不可能なのです。

しかも依頼人は探偵2人という最低限の人数も指定してきています。

これでは到底、この相談を依頼を請けられる訳もありません。

この相談は結果的に依頼に結びつきませんでしたがたまにいるのです。

テレビドラマやスパイ映画のように探偵なら簡単に何でも出来てしまうと思われている方が。

正直、困ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・寒波到来

11月 20th, 2017

例年になく早い段階で寒波が襲来、東京都心でも本日は最高気温が10度という寒さ。

毎年の事ながら冬場の調査はかなり身体に応える。

 

 

まだ11月20では余りにも真冬の格好では目立ちすぎてしまうしまだ男性などはマフラーや手袋をしている人は少ない。

しかし、夜間になると身体に応える厳しい寒さが忍び込んでくる。

数時間、張り込みをしていても寒さにより困ってしまう。

最近ではヒートテックのアンダーシャツなどが出回っているため、下に何枚か重ね着をして対応するのだが手や顔が冷たく感覚も無くなってくる。

これから3月上旬まではこの寒さとの戦いでもある。

簡易カイロからホットドリンク缶などの出費も増えるし探偵には辛い時期でもある。

 

 

あぁ、今夜も長時間の張り込みになりそうである。

 

 

 

 

探偵ブログ・プランタン銀座

12月 20th, 2016

JR有楽町駅にほど近くに建つファッション商業施設「プランタン銀座」が今年いっぱいで閉店するという。

 

 

この商業施設ができた当初には既に探偵として活躍していた私。

 

悲しいかな、年を取るわけである。

 

当時の銀座と言えば老舗の商店の中に大手百貨店が数棟、そして夜のソシアルビルが立ち並んでいたのであるが今では多くのお洒落なファッションビルや高級ブランドビルも建ち並び観光客も増加してきており、昔の印象と少しことなってきてはいるがそれでも「銀座」で歩く人もやはり新宿、池袋、渋谷とは違う。

 

「プランタン銀座」はバブル時期の走りであった昭和59年に開業した百貨店的なファッションビルで当時としてはお洒落の代表的な商業施設となった。

 

 

この「プランタン銀座」には探偵として苦い思い出がある。

何しろ女性の対象者を見逃してしまった経験がある。

何階であったか今は忘れてしまったが女性ファッション売り場でウインドショッピングする対象者を見逃してしまったのである。

男性2人で尾行していたのであるがそのフロアーをウロウロする対象者を尾行していたのであるが余り近づくことができずに少し離してしまったのが運の尽き。

展示商品の陰に入り、見逃してしまったのである。

フロアーのどこを探してもいないのである。

こうなると1人が全ての階を探し回り、1人が正面玄関で張り込むも結局見つからずに数時間後に打ち切ったのであるがこの日の調査料金は請求できなかったという苦い経験である。

 

 

そんな「プランタン銀座」も今年いっぱいとは・・・・・・・感慨ひとしおである。

 

とはいえ、来年の3月か4月には「マロニエゲート銀座」としてリニューアルオープンするらしい。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・芸能人の不倫現場

7月 8th, 2016

 

探偵という職業柄、芸能人の普段の個々の実態を垣間見ることがあるし噂を聞くこともある。
特に事務所所在地の赤坂という場所柄、芸能人は多く見掛ける。
また六本木も隣接しているしそれこそ、渋谷、麻布十番、西麻布、恵比寿にも近い、また銀座、汐留もそんなに遠くはない。
恐るべし赤坂という街。

お昼過ぎから夜にかけて赤坂は芸能人をよく見掛けることが多い。
六本木では夜から深夜、早朝にかけて見掛ける事が多い。
中にはこれは不倫とか?更にもっとやばい現場に出くわすこともある。

 

 

私は決してミーハーでもないので芸能人と出くわしても握手やサインを求めた事などは一度もない。
写真などもお願いしたこともない。
正直言うと最近の芸能人を余り知らないし芸能人の殆どの実態というか裏側を知っている為にほとんど興味もないのである。
今はどうか知らないが以前の清純系のアイドルや女優、モデルの実態はけっこう生々しいのである。
中には本当に清純な人もいるでしょうが大半は・・・・・・・。
私も何を基準として清純と言ってるかはいろいろと意見もあると思いますが。
男性アイドルなどもしかりである。
独身イケメンアイドルグループの中には結構ないい年齢の人もいますがファンの人は皆、自分で処理していると思っているのでしょうか?
常識的に考えてファンの夢を壊すようですがそんなことはまず無いですよ。

 

 

そんな私も芸能人に対して隠しカメラの練習として撮影したことは過去に何度かある。
隠し撮りをしても個人で楽しむ分には法律に抵触しないはずである。

 
しかし、週刊誌に売れば高く買ってくれそうな写真も過去にはあったと記憶している。
また事実として芸能人の配偶者などから浮気調査を依頼され、証拠を押さえた過去もある。
別のケースでは企業役員や広告代理店の配偶者から依頼されて調査した結果、浮気相手が芸能人であったというケースも結構あるのです。
殆ど余り売れていない芸能関係者が多いのですがそれでもたまに誰もが知っている人が浮気相手であったというケースもありました。

 

 

これら写真を勝手にネットにあげたりすると残念ながら守秘義務や法律的な問題が出てきてしまうのですよ。
当探偵事務所は守秘義務を徹底していますので絶対に出しませんし出てきません。

 

 

探偵という職業柄、プライベートの時間に芸能人の不倫らしき現場に遭遇したら尾行や張り込みをしてみたいのだが正式に第三者からの依頼が無く、趣味で尾行して警察にでも
通報されたり、職質でもされたりしら探偵であってもストーカー規制法に抵触してしまうのです。
プロの探偵がもしこんな事で逮捕でもされたら、いい笑いモンで、探偵も続けられなくなってしまうでしょうね。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・芸能人への尾行調査

2月 26th, 2016

当探偵事務所・赤坂アーガス東京ではファンによる芸能人への調査はお断りしている。

ファンの中には今の家が知りたいから始まり、交際している異性を知りたいといった内容が殆どである。
調査料金に糸目を付けないようなお金持ちのファンでもお断りしている。

 

 

当探偵事務所には芸能人の尾行調査というか素行調査をする機会は同業者よりは多いかもしれない。
東京都心の赤坂にという場所に事務所があるからばかりか多少、芸能関係とのコネクションも持っているからである。

 

 

まず自社タレントの素行調査。

 

素行面の悪さというか交友関係の実態調査とでも言うべきなのか、所属事務所で把握しかねる深夜の時間帯や休日の行動調査。

でもこの調査は所属事務所からの依頼なので殆どのスケジュールは把握しており、それほど難しいことはない。

 

 

ところが別芸能事務所やスポンサー企業系からの依頼となると難易度がかなり高くなる。

スケジュールが把握できないために長時間の監視となる。

しかもテレビ局、スタジオなど警備が徹底管理された施設への出入りもあり、移動する車もスモーク仕様であったりと本人が乗っているのかも判らないといった具合である。

多少、空振りしたりと無駄な時間が増えてくるのはどうしようもない。

 

また人気のあるタレントだとその相手もマネージャーなどの関係者も常に尾行されることを計算に入れて一緒に行動している。

 

 

以前、銀座や渋谷などの劇場からある芸能人を尾行したことがあったが既にファンの人たちもタクシーなどを準備して追っかける準備をしていたり、バイクを用意していたりとこちらの尾行するどころか「おっかけファン」に邪魔をされ、相手の車の後にもつけることもできず、あっという間に見失ってしまったなんてことも経験している。

 

これほどの売れっ子の芸能人だと尾行もかなり困難でクライアントの希望する情報がなかなか得られないケースも多い。
自宅から車で外出する際もマンションの駐車場から出てくるのであるが車を特定するのにも一苦労である。

 

 

そこそこの芸能人だとこんな苦労もなく、調査を遂行できるのですが。

 

芸能人のピンキリですね。

 

しかし、正直、芸能人といわれる人たちの中にはそれこそ週刊誌ネタになるような素行不良な人もいて驚かされることもあります。
ここでは書けませんが。

 

 

極一般人を対象とした調査でも都心の一流ホテルのロビーなどで張り込んでいると芸能人の出入りもよく見掛けますよ。

 

 

 

探偵ブログ・ビルボードライブ東京

1月 16th, 2016

探偵事務所・赤坂アーガスの所在地である赤坂9丁目1番とほぼ近い赤坂9丁目7番にあるライブ施設「ビルボードライブ東京」を今回はご紹介。

 

赤坂9丁目7番といってもどこ?

住所表示を言われてもピンと来ないという人が多い事でしょう。

赤坂といっても六本木駅から程近い「東京ミッドタウン」内のガーデンテラスに在する高級感溢れるライブ&レストラン施設です。

 

 

同ライブ施設は音響施設も充実しており、世界でも著名なミュージシャンやシンガーが頻繁に出演しており、そのショーを飲食をしながら堪能できます。
そのステータスには好きなアーティストの音楽を聴くならこのライブ施設が良いという人も大勢います。、
また、その飲食についても本格的なレストランとしても活用できる程のメニューを揃え、なかなか良い味ですよ。

高台にある事からステージ後方のカーテンを開けると一面が窓になっており、赤坂の夜景を楽しむことのできるようにもなっており、このライブ施設では結婚式場としても活用できるようになっており、本格的な演奏を余興として利用する人もけっこういます。

 

 

またクリスマスシーズンから年明け2月頃までのイルミネーションは都内でも有数の規模と幻想の世界を作り出しており、カップルばかりでなく一度、家族や友人達と見に来られても損はないと思います。

浮気カップルも多く来ており、東京ミッドタウンないのホテルを利用したり、近くにも様々なホテルがあり、当探偵事務所の浮気調査では当探偵事務所の近くでいろいろな証拠を押さえています。

赤坂という場所に開業している地の利ですね。

 

 

当探偵事務所に浮気相談や尾行調査、結婚調査、身辺調査など各種調査のご相談を含めお越しになる際には立ち寄ってみてはいかがですか?

世界的なアーティストの音楽を堪能されたり、東京ミッドタウンでの日常とは違う世界を見て回るだけでも、日々のお悩みから一時でも解放されるかもしれませんよ。

 

 

 

探偵ブログ・謹賀新年

1月 4th, 2016

明けましておめでとうございます。

 

昨年中はいろいろとお世話になりました。

 

本年も宜しくお願い致します。

 

昨年はクリスマス時期から年末に掛けておかげさまで仕事も忙しく、この探偵ブログを更新できませんでしたが今年もできる限り更新は続けていきたいと思っております。

毎日、更新できるほどに暇では困ってしまいますが・・・・・・・・。

 

東京は何とも暖かい正月でしたがみなさまの地域はどうでしたか?

 

今年も東京、関東を中心に日本全国を飛び回ると思いますが頑張って調査させて頂き、ご依頼者様の希望される結果を求め、精進致します。

 

本年も浮気調査といわず、どのような調査にも全力で望みますのでご相談、ご依頼は赤坂アーガスにご相談、ご依頼下さい。

 

本年もみなさまのお力になれることを努力して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・大学内での張り込み

10月 23rd, 2015

某有名私立大学の教授の浮気調査。

 

 

このところ毎日、大学キャンパスにて張り込みを続けている。

このキャンパスは正門や裏門などに警備員が常駐、その他の通用出入口にも防犯ビデオが設置されている。

このキャンパスにはいくつかの棟が建っており、その殆どが連絡通路で各階が繋がっており、対象教授の研究室からも別な棟に移動が出来る。

しかもその別な棟から別な棟への移動も可能な為、厄介を極める。

 

 

対象教授の研究室の前にずっといることは困難の為、研究室のある棟とキャンパスの出入口数カ所を押さえるしかなく、到底2名では対応が出来ず、4名のチームで対応するがそれでも完全という訳ではなく、依頼人の予算の関係上、話し合いで可能性のない出入口は捨てるしかなかったのである。

 

 

若い探偵は学生に間違われる程にキャンパスに馴染んでいるが私の様な老獪な探偵は浮いた存在となってしまう。

OBや教授などの教職員を訪ねてきた来訪者に紛れようとするが長時間だと怪しい。
学生ばかりでなく、キャンパス内を巡回する警備員もおり、「なんだ、あのおじさんは?」と言いたそうである。

 

 

これが数日続くと老獪な探偵にとっては致命傷である。
キャンパス内は若い探偵に任せ、大学の外での立ち張りである。

 

 

大学教授というのは時間があってないような仕事である。

専門学によって時には授業を助手などに任せ、研究室に籠もっていたり、学会や講演会などで外出することも多いのである。

ですから出勤したからといって朝からキャンパス内外で張り込みを続けなければならない。
探偵にとっては長時間の仕事は有難いのであるがやはり張り込み場所によるのである。

 

 

この大学教授は自分と余り年齢が変わらないのであるがなかなかお盛んである。

浮気相手とされる女性は同じ大学の教職員か卒業生、いや現役の女子大生ということも考えられる。

 

先日も司法試験問題の漏洩事件で某大学教授が逮捕されていた。
相手は教え子の女子大生だという。
このケースで深い男女関係にあったかまでは知らないが今までの実績、名誉まで全て失ってしまった教授である。

 

 

まっ、探偵という仕事柄、多くの浮気調査を手掛ける中、男女の浮気には年齢、職業などは殆ど関係ないことは認知しており、浮気する人はいくつになっても浮気するのである。

 

 

この本件の大学教授は浮気が認められたとして家庭内争議だけで終わればよいのだが、浮気相手が教え子であったりすると・・・・・・・・・。

 

 

おっと、今日はこの時間に大学より出てきました。

どこへ行くかは判りませんが浮気に関わる尾行調査開始です。

せっかく交代してもらい遅い昼食を摂りながらの休憩中にこのブログを書いていたのですが・・・・・・・。

 

 

結果は後日にでも。