浮気相談所 ホームコラム一覧 > 探偵が嫌がる行動とは

尾行調査なら当探偵事務所へ

探偵が尾行調査いたします

尾行調査なら当探偵社へお任せください


  • 探偵が嫌がる行動とは②



    この探偵の嫌がる行動は都会に多いのですが対象者がエレベーターを利用するということです。
    最近、百貨店以外にも大型商業施設も増えた事もあり、また駅なども高齢者、身障者の為にエレベーターを設置しているところが多くなっています。
    エレベーターという密室空間、調査対象者が乗り込めば一緒に乗り込まなくてはなりません。

    規模の小さな商業施設などであれば一緒に乗り込む必要はなく、商業施設などの1階出入口を押さえておけば済む話なのですが都会にある大型商業施設ではこうは いきません。
    なにしろ1階の出入口も数カ所あり、施設によっては2階、3階とか更に上の階から隣接するビルと繋がっているという施設もあり、更に地下鉄やJR、私鉄などの 公共交通機関の連絡している施設も少なくありません。
    調査対象者がこの様な大型商業施設に入り、エレベーターを利用した際には一緒に乗り込まなくてはなりません。
    それこそどこへ行くか判らなくなる可能性が高いのです。
    そしてエレベーターという密室空間はそれほど大きくはありません。
    そして状況も様々なのです。
    エレベーターに調査対象者を含め数人が乗り込めば探偵も紛れて乗り込めます。
    しかし、調査対象者が1人しか乗り込まなくても探偵は一緒に乗り込まなければならないのです。
    そんなシチュエーションが3回、4回と続いたらと想像してみて下さい。

    エレベーターは最初に調査対象者が乗り込みます。そして回数を押し、殆どの人が振り返り、正面を向き立って待っています。そこへ探偵が乗り込むのです。
    調査対象者と相対するのです。
    考えただけでも「ゾッ」とする光景です。
    また調査対象者が混んだエレベーターに乗り、満員になると当然、探偵は乗り込めません。
    見送るしかないのです。
    何階で降りたのも分からず、こうなると全ての階を探し回る羽目になります。
    確認発見に至るのは運次第としかいいようがありません。
    まして調査対象者も動き回っているという状況なのですから。

    ひとつのシチュエーションを紹介しましょう。
    一緒に考えてみて下さい。

    ある調査対象者が都心郊外の自宅から歩いて出てきました。
    近くのバス停からバスに乗り込み、探偵も続きます。
    ある私鉄の駅前でバスを降り、駅ビルに入り、エレベーターに乗り込みました。
    このエレベーターは2階には私鉄の駅の改札階と繋がり、7階建ての施設です。
    探偵の一緒に乗り込みました。
    調査対象者は4階で降り、婦人服売り場を見て歩いています。
    買い物をしてまたエレベーターに乗り込みました。
    当然、探偵も一緒に乗り込みます。
    すると今度は2階で降り、私鉄の駅に入りました。
    電車に乗り、都心に向かいます。
    そして都会のターミナル駅にて降りました。
    地下改札を抜け、駅と隣接する百貨店に入り、地下からエレベーターに乗り込みます。
    当然、探偵も一緒に乗り込みます。
    3階の婦人服売り場を見て歩き、エスカレーターで4階に移動、今度は紳士服雑貨を見て回ります。
    すると4階からエレベーターに乗り、1階に降ります。
    当然、探偵も乗り込み、続きます。
    1階で降り、百貨店を出てから隣接する大型商業施設の前で人待ち。
    すると浮気相手らしき異性と合流。
    そして2人でその大型施設に入り、エレベーターに乗ります。
    探偵も続くしかありません。
    すると9階のレストランフロアで降り、あるイタリアンレストランに入りました。 約1時間後にそのレストランを出た2人は再びエレベーターに。 やはり探偵も同乗します。
    これまで調査対象者とは6回もエレベーターで同乗しています。
    そして1階で降り、少し離れたラブホテル街へ歩いて行き、ホテルに入ったのですがいかがでしょう。
    都会ではこのように何度もエレベーターに同乗する事など決して珍しい事ではないのです。

    探偵は1人では尾行はしません。 最低2人でチームを組み調査を実施します。
    このケースですと2人だと3回ずつ、3人のチームですと1人2回同乗すれば済むのです。
    それでも調査対象者が少しでも警戒していれば調査は難しいでしょう。
    まして1人で尾行をしたらまずばれてしまう状況です。

    探偵にとってエレベーターという密室空間に調査対象者が多く利用する行動が探偵の嫌がる行動だと理解できたと思うのですがいかがでしょうか。





尾行調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066