妻の浮気の証拠を得た浮気調査の体験談
浮気相談所 ホームコラム一覧 > 妻の浮気調査体験談

妻の浮気なら当探偵事務所へ

探偵が妻の浮気調査いたします

妻の浮気調査なら当探偵事務所へお任せください


  • 妻の浮気の証拠を得た体験談



    女性の社会進出が進んでいる昨今、妻の浮気に悩まれている男性が多く存在しています。
    実際に妻の浮気を全く疑いもしないという人も多いかと思いますが現実的に妻の浮気は驚くほどに増加しています。

    少しでも妻が浮気をしているのではないかと感じましたら浮気の証拠もないのに話し合いをしても何もなりません。
    きちんと浮気の証拠を押さえて、初めて話し合いができるのです。
    それに浮気の証拠があれば妻の浮気相手に対しても当然、慰謝料の請求もできます。

    ひとつの体験談を記載しましたので参考にしてみて下さい。


    ・妻の浮気を疑い、探偵に浮気調査を依頼した体験談

    結婚して24年、来年には銀婚式を迎える夫婦で私は東京の商事会社で人事部長をしている53歳、妻は50歳、2人の子供に恵まれ、上の子供は今年、大学を卒業して 社会人1年目に入ったばかりです。
    下の子供はまだ大学2年生、共に男の子です。
    妻は下の子供が小学校に上がるまでは専業主婦をしていましたが小学校に上がったのをきっかけにパートに出るようになったのです。 当時、私の給料もそんなに良くなく、妻も働きたいというので生活の足しになればとパートに出るようになったのです。
    その妻のパート先は私の中学時代の先輩が2代目経営者をしている電気設備工事会社でその経営者家族とは古くからの付き合いもあり、事務員を募集していたことで声がかかり、 パートとして勤務することとなったのです。
    妻は商業科の高校を卒業、簿記検定も取っており、多少の経理が出来るみたいで先輩の会社も助かると言うので勤め始めたのです。

    当初は子供たちも小学生という事で勤務時間もかなり融通して貰ったりしていました。
    その後、子供たちも手がかからなくなり、その会社も業績が上がったのか社員も増え、パートとしての勤務であった妻でしたがやく7年後には正社員となり、主任として 頑張ってくれていたのでした。

    そんな妻でしたがここ最近、様子がおかしくなったのです。
    何故かお洒落を気にしだし、仕事も忙しいと良いながら残業も増えていったのです。
    また同僚とかの付き合いもしなくてはならないとかで飲食の席も増えていったのです。
    私もサラリーマン世界で勤務していますからそういった付き合いがあるのも知っていますし私自身も会社での飲み会に女性社員が同席して貰えると華やいで楽しいのは 知っています。
    ですからもうすぐ50歳になる妻もそれなりに付き合いを大事に頑張ってくれているものだと信じていました。

    ある日、私は外回りでの商談を終え、そのまま直帰する事としていつもより1時間半ほど早く7時過ぎには自宅最寄り駅に到着、まもなく自宅に着くという時に 路地に停まっていた車から妻が降りてくるのを目撃したのです。
    しかもかなり親しそうに別れを惜しんでいます。
    そしてその車が立ち去るまで見送ると少し歩いて帰宅したのです。

    何か嫌な予感がしましたが続いて私も帰宅すると妻がビックリしていました。
    車で送られてきた事を言うと「取引先の知り合いの人が途中だからと送ってくれたの」と言っていました。
    自宅から歩いて5.6分の会社ですのでわざわざ送られるのにも不自然な感覚であったのです。
    私が更に違和感を感じたのが送られたのであれば自宅前で降ろして貰えばよいのに少し離れた位置で、しかも少しの間、停車していたように思えたからです。

    なにしろ私は最初停車していた車には気付いていましたが私が近づいた時に妻が降車したのです。
    ですから少しの間、停まっていた事は確信、そして妻の驚愕具合にも何か違和感を感じたからなのです。

    「まさか浮気?」と頭の中をよぎりました。
    その日はそれで話が終わりましたがその時に感じた違和感が拭い切れませんでした。
    そしてよくよく観察していると妻がスマホをいつも身近において手放しません。
    そして妻が寝ている隙に覗き見しようとさわりましたらなんとロックが掛かっているのです。
    なんで妻の携帯にロックが、私に見られたくないからとか疑心暗鬼にもなってしまいました。

    心の中ではもうすぐ50歳を迎える妻を信じ、妻の浮気を否定している私と、もしかしたら浮気をしているかも知れないという葛藤が続いていたのです。

    私は人事部長という職から探偵社とも採用調査などで付き合いがあり、その探偵社の担当者にこの件について相談してみました。
    すると「断定はできないけれど浮気をしている確率は高い」との指摘をされ、その探偵社に妻の浮気調査の依頼をしました。

    妻は月曜日から金曜日の朝8時半から17時までの勤務時間と聞いていました。
    自宅や会社の住所、妻の体格や特徴などの情報を教えたのです。
    新しい写真も提供して欲しいとの事でしたが一番新しい写真は次男の大学に入学した時に撮影した家族写真しかありませんでした。
    それでも充分と言うことでしたので写真を渡し、さっそく翌日から調査をして貰ったのです。

    3日目にして17時の定時に退社後、50歳前後の男性と合流してすぐにラブホテルに入り、3時間ぐらい過ごしてから8時半過ぎには帰宅、浮気をしていた事実をとらえた との報告。
    更に相手男性についても自宅を特定したとの連絡がありました。

    翌日、浮気調査報告書をもらい、添付してある男性の写真の顔を確認しましたが全く知らない人でした。
    また自宅で内装関係の工務店を自営している既婚者という事実も知りました。

    多分、妻の勤務先関係者と思い、恥を忍んで思い切って妻の勤務先の社長である先輩に会って貰い、写真を見せるとなんと勤務先で下請けとして使っている内装業者の社長と 判明したのです。
    それにしても今まで全面的に信用していた妻が浮気をしていたなんて晴天の霹靂です。
    いつ頃からその関係が始まったかは定かではないですが担当した探偵の話では男性と会ってからすぐにラブホテルに行くという行動から見ると関係性は深く、ある程度の期間が 経っている可能性は高いとの事でした。

    現在、妻は実家に戻っています。
    年老いて実の母親が健在ですが実家に戻ってしまったと言うことでもうすぐ成人となる二男を含め息子たちにも動揺が走っています。
    しかし、私は浮気をしていた妻がどうしても許せません。
    来年には銀婚式というある意味節目を迎える間際でしたが、それでも離婚も視野に入れて弁護士と相談、まず妻と相手男性に慰謝料を請求するつもりです。


    ・探偵事務所からのアドバイス

    民事事件として扱われる離婚問題で妻の浮気の事実を押さえられた事は今後の展開においてもかなり優位に進められるものと思います。
    今回はご主人が奥様の浮気をしているかもれないという疑いが生じた時に問い詰めなかったことが賢明な行動でした。
    結果的に奥様に警戒されることなく短期間で浮気の証拠が得られたのです。
    ご主人にしてみれば妻が浮気をしていたという事実をどう受け止め、どのような対応をしていくかまだ悩まれていると思いますが証拠があれば急いで結論を出すことでもなく、 確かに浮気の時効もありますが時間がありますから奥様や浮気相手の出方によってその都度、対応されればと思います。
    それにしても来年、銀婚式を迎えるというご夫婦にとって辛い結果となった事は心苦しいのですが知らないで浮気が継続されているよりは「良し」と気持ちを入れ替えて 立ち直って欲しいと思っております。

勤務先調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066