浮気相談所 ホームコラム一覧 > 浮気の共同不法行為

浮気の共同不法行為

浮気を手助けした友人を共同不法行為で訴える

夫の浮気のアリバイの為に協力をした夫の友人の存在を知った妻の行動とは


  • 浮気の共同不法行為


    結果的にはその主婦の夫が同じ勤務先の女子社員と浮気をしていました。
    しかも、いろいろとアリバイ工作をしていたのです。

    退勤後や休日にその女子社員と会う時には特定の友人男性のアリバイや理由付けなどの協力を得て遅く帰宅したり、外出していました。
    当初はその友人からの連絡を信じていて全く浮気には気付いていませんでした。

    休みの日に外出する際にはご丁寧にも前日の夜に夫の携帯にお誘いの電話が入り、わざわざスピーカーにしたりして会話を聞かせたり、退社後の飲み会の誘いにも「今晩、遅くなる」と電話が入るとその友人に代わり、「奥さん、今晩、少しお借りします。遅くならない程度に解放しますから」などと言っていました。
    この友人男性は結婚前の夫の友人として紹介されており、勤務先の同僚です。
    しかし、どうも言動が怪しいと思い、夫が入浴中にスマホを盗み見た結果、特定の女性とラインのやり取りをしていることを見つけてしまいました。
    しかも週に2,3回ほど会っていると思われる内容で文章にはお互いにやたらとハートマークが使用されており、かなり親しい関係であることが想像できました。

    そして親友に相談した処、知り合いの当探偵事務所に浮気調査を相談、依頼をしてくれました。

    その浮気調査 の簡単な結果です。

    月曜日から金曜日までの5日間の浮気調査の結果、退勤後に特定女性と会ったのが2回。
    内1回は1時間ほどは喫茶店で談笑した後に最寄り駅で別れたものの、別れ間際には抱き合いキスを交わしていたのを確認。
    2人の中がかなり親密であることを確認、対象を特定女性に切り替えて自宅を特定するも両親と同居なのかある郊外の一軒家に入る。
    別1日は夫から帰宅が遅くなると依頼人の妻に連絡が入り、当然の事の様に友人男性と電話を代わり、みんなで親睦会的な飲み会で夫をお借りしますとの応対。
    この電話内容は当探偵スタッフから録音をすることを勧められており、しっかりと録音したそうです。
    しかし、会社より出てきたのは夫1人でその後、特定女性と合流、コンビニに寄って飲食物を購入後、2人でラブホテルへ直行。
    まるで何回も同じ事を繰り返しているような様子でした。
    10時頃にラブホテルを出た2人は最寄りの駅で別れるのですがやはりこの日も別れを惜しむかのように駅改札近くの暗がりにて抱き合ったり、キスしたりと。

    奥さんに浮気調査の結果を報告すると夫の行動には唖然としており、付き添っていた親友にうなだれて帰っていきました。

    数日後、離婚を考えたらしく弁護士を紹介して欲しいと頼まれ、再びご来社。
    すると浮気相手女性に慰謝料を請求するばかりでなく、アリバイを偽証していた友人男性についても慰謝料を請求したいと希望。
    弁護士との相談の結果、まず浮気相手女性に内容証明を送付、当然、夫とは離婚協議をするために実家に帰ることとして、夫の友人男性に対しても「共同不法行為者」として慰謝料請求するということになりました。
    何しろ夫と同僚のこの男性は夫の部下の女性社員も当然、知っており、2人の関係を知った上で不倫関係を認識し協力していたので不貞行為という不法行為に協力した
    共同者として請求できるという弁護士の判断により訴状を送付することになりました。

    離婚を前提としたもので夫には500万円、浮気相手女性には300万円、そして共同不正行為者である夫の友人に対しても50万円という多少の通常の慰謝料よりは高めの金額を請求。
    結果的には満額には至らなかったものの、請求者それぞれから請求金額に近い慰謝料はそれぞれから支払われ、離婚に至ったとのことでした。

    それにしても友人の男性にしてみれば軽い気持ちでアリバイ工作に加担してしまったのでしょうが高くついた友情となってしまいました。
    もし皆様の中にこの様にアリバイに協力していたりしていると訴えられる事もあることを覚悟しておいた方がよいかもしれません。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066