浮気相談所 ホームコラム一覧 > 不倫による当然の結末

浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください


  • 不倫による当然の結末


    男性から妻の素行調査の依頼が入りました。
    この男性と妻の間には5歳と3歳の2人の子供を授かっていました。
    妻は去年から下の子供を含め2人とも保育園に預け、妻の知り合いの会社にパートとして勤務するようになったというのです。
    勤務時間はパートと言うことで10時から16時までの6時間で簡単なパソコンの入力業務で子供の送迎も妻が1人でできるという事で許したそうです。

    現在も夫が帰宅すると妻は2人の子供を迎えに行き、夕食の準備をして待っており、家事、育児も淀みなくこなしており、全く浮気という懸念は感じる事はなく、疑念も持たなかったとの事でした。

    しかし、会社の同僚から繁華街のはずれのラブホテルが建ち並ぶ地域で妻が男性と仲睦まじく歩いている姿が目撃したと聞かされ、しかも同僚が持っているスマホでご丁寧に写真までしっかり撮影してくれていたのです。
    確かに腕を組み、歩いている女性は妻に似ていたのです。いや、そっくりだったのです。
    同僚には「似ているけれど別人だ」と言い張りましたが妻が浮気をしていると確信したそうです。

    なんでも去年の12月位から妻の態度の違和感は持っていたというのです。
    パートでしたが忘年会やクリスマスパーティー、新年会にも参加したいというので働く以上、同僚らとも上手くやって欲しいから許していたというのです。
    そして今年の春の1泊での社員旅行にもパートでしたが参加しました。
    子供はなるべく夫が見ていましたがさすがに1泊の時は妻の母親が来てくれていたそうです。
    その後もたまに飲み会とか仕事が忙しく残業をしなくてはならないと遅くなっての帰宅も目立ち始めました。
    そして今回の同僚による目撃騒動です。

    夫は当探偵事務所に訪ねてきました。
    そして妻の浮気調査により妻の浮気相手男性を特定して欲しいという依頼です。

    1日目、2日目と特に怪しい動きは無かったのですが3日目にして16時に退社してから2つ離れた駅前で男性と合流、近くのコンビニで飲みものを購入してからまっすぐにラブホテルに直行。
    もう手慣れた感じが丸分かり。
    しかも夫には急な残業と称して子供たちの迎えは母親に頼み、20時までには帰宅するとしっかり連絡している。
    そしてきっかり2時間後の18時50分にラブホテルを出た2人は最寄り駅で別れた為に探偵たちは相手男性の尾行すると妻のパート先である会社に入ったのです。
    その男性は20時過ぎに勤務先を出ると約40分掛けて帰宅、表札から姓は確認しその日の調査を打ち切ったのです。

    男性について調べた結果、やはり妻のパート先の営業部長である既婚男性と判明したのでした。

    夫は当探偵事務所の浮気調査の報告書を手に取ると弁護士事務所に直行しすぐに離婚の相談をした模様です。
    そして相手男性に内容証明を送付して貰い、妻にも離婚の意思を伝え、慰謝料の請求へと踏み切ったのでした。

    多分、妻は相手男性と連絡をすぐに取ったとのでしょう。
    しかし、相手男性は遊びだった模様で離婚する意志はなく、もう私的には絶対に会わず、慰謝料も払うとの返事。
    妻はパート先を辞めて子供2人連れて実家に戻ってしまったのです。
    妻の両親は浮気の事実を知ると謝るばかりで妻との会話もできずじまい。
    妻の両親には子供を帰して欲しいと親権は渡さないとの事を伝えて貰うも連絡は無いまま。
    するとしばらくしてから相手男性の女房から妻宛に内容証明の封書が届くことに。

    時間もかかり、紆余曲折はあったのですが結果的に妻との離婚は成立、離婚においても財産分与をしない代わりに慰謝料は請求せずに親権も夫が取れたということなのです。
    しかも、相手の奥さんへの慰謝料に対しては支払ったみたいです。

    当然の結末といえばそうなのですが元妻は子供たちと離れて当分、1人で生活、金銭的にもかなり厳しいと思われます。
    子供にとっては母親がいなくなった事では悲しい思いをしていると思いますが夫としてはどうしても許せる事ができず、このままギクシャクとした関係を続けていても子供たちの将来にも影響が残るものと判断し離婚に踏み切ったというのです。
    親権問題ではかなり争いましたが離婚の原因が妻である以上、妻がしでかした不倫という行為の代償としては妻にしてみれば当然の報いとしかいいようがありません。
    興味が無いので浮気相手の男性の家庭がどうなったのかは知りませんが男性もその後、会社に居づらくなって退職したみたいです。

    配偶者がちょっとした感情から浮気、不倫してしまった行為が当然の結末として大きな代償を支払う羽目になってしまうのです。
    現在、この様に不倫が元で離婚する夫婦も増加しています。
    ごく一般的なケースなのですが殆どの人が当然の結末を迎えているのです。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066