浮気相談所 ホームコラム一覧 > 嫌がらせに対する防御は探偵で

嫌がらせ対策なら当探偵事務所へ

探偵が嫌がらせ対策いたします

嫌がらせ対策なら当探偵社へお任せください


  • 嫌がらせは探偵が防御



    現代社会において「嫌がらせ」という行為をする人が増加、社会ニュースとしても報道されることが多くなってきています。
    一概に「嫌がらせ」と言いましても様々なケースがあります。
    子供同士によるいじめの延長上にある嫌がらせから大人でも男女間トラブルによる嫌がらせ、近隣関係トラブルによる嫌がらせなど多くの嫌がらせについて報道されています。

    ここでは「嫌がらせ」をしている人を加害者、嫌がらせを受けている人を被害者と記述致します。

    まず加害者と被害者の関係です。
    そして加害者が複数の人なのか個人なのかによってもその嫌がらせは大きく異なってきますし加害者、被害者が男性か女性かという性別、更に年齢によっても違ってきます。

    嫌がらせをする加害者の心理とはどういった事が挙げられるでしょうか。

    まず加害者は自分の身元は絶対に知らないようにして嫌がらせ行為をしてくる人が殆どです。
    嫌がらせをしているという行為が違法であるとか公序良俗に反する行為であることを十分に判別しているからこその行動なのです。

    如何に自分を身元を隠し、被害者である相手に対し精神的にも効果的に嫌がる行為をすることで自分自身の復讐心などを満たしているのです。

    例えば郵便ポストに汚物、生ゴミなどを入れ、利用できなくしたり、投函物を破損する、車や自転車などを傷つけたり、誹謗中書する内容の落書き。チラシなどを貼付、ばらまきの行為など警察に訴えても器物損壊、家宅侵入、名誉毀損などの刑事事件として立件が可能な嫌がらせもあります。
    しかし、警察では物証が残っていても殆ど巡回を多くします程度の対応しかしてくれません。
    防犯カメラを仕掛けたとしても顔を隠したりして継続したり、時には更なる陰湿な嫌がらせに発展してきます。
    被害者にしてみれば毎日が恐怖であり、精神的に追い込まれ、穏和な家庭生活を営むこともできなくなってしまいます。

    この様なケースでは探偵に御依頼ください。
    専属の調査員が嫌がらせの実態を押さえ、加害者を特定致します。
    嫌がらせの確証を取れたことで素早く刑事事件として立件が可能となります。

    更にストーカー的嫌がらせも多くなってきています。
    ストーカー行為に対しては法規制もされていますが一向に減ることはありません。
    付きまとい、待ち伏せ、いたずら電話など様々なストーカー的な嫌がらせ行為が存在しており、事件にならない嫌がらせも数多く存在するのです。
    殆どが元恋人、元夫など個人的な加害者が1人で実施するケースが多いのですが嫌がらせ行為には組織的や複数の協力者を得て実施する加害者もいます。

    声掛けという行為をしてきて精神的に追い込む加害者も存在します。
    これは希有なケースなのですが精神的苦痛を与えるにはかなり有効な手段でとても陰湿な嫌がらせの方法と言えます。
    実際に全く見知らぬ人から声を掛けられ、しかも前日などの行動の一部を囁かされたとします。
    その人を呼び止めても止まってくれることはありませんし「そんなことは言っていない」「頭がおかしい」などと言われるだけです。
    その事実を友人、知人に話してもまず信じて貰えず、変な目で見られることが殆どです。
    こうなると精神的に追い込まれてしまい、破綻する人も出てくるのです。

    いずれにしても様々な嫌がらせ行為がありますが、付きまとい、待ち伏せ行為、汚物の投げ込み、落書き、嫌がらせ文章、写真などには探偵が実施する警護を兼ねた身辺調査が加害者を特定したり、抑制するのに役立ちます。
    また車両ナンバー調査や携帯番号調査などによっても加害者を特定したりする情報も持っておりますので全般に嫌がらせ行為に対する防御対策は探偵にお任せ下さい。

    探偵は浮気調査や結婚調査、人探しばかりでなく、この様に嫌がらせやストーカーなどの犯罪に対しても多くの実績を上げており、不安な状況の多い昨今では探偵を利用して嫌がらせを防ぐ依頼者も増加してきているのです。

    嫌がらせ、ストーカー行為などに対しては探偵を利用してみるのが早い解決策と言えるのです。

    貴方自身ばかりでなく、親族、友人で嫌がらせに悩まれている方がおられたら当探偵事務所にすぐにご相談下さい。





嫌がらせについて電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066