浮気相談所 ホームコラム一覧 > ストーカー予備軍が多く存在する今の対策とは

ストーカーは犯罪です

男女間のトラブルが原因となりやすいです

ストーカー予備軍が多く存在する今の対策とは


  • ストーカー予備軍



    ストーカーという犯罪者になってしまう人の多くは男女間のトラブルが原因で発生してしまう人が多いと言われています。
    元恋人や元配偶者がパートナーとの別れに対して納得できず、執拗に復縁をせまったりという行為がストーカー行為になってしまうのです。
    復縁を迫るにも何度も電話してしまったり、直接話し合いたいが為、待ち伏せなどの行為がストーカー行為となってしまうのです。
    このケースの場合、ストーカー行為に及んだ加害者もそれなりの理由のある人もいます。
    例えば、突然恋人から 別れたいと告げられ、携帯やメールもブロックされたとします。
    何で別れたいと気持ちが変化したのか気になり、会ってちゃんと理由が聞きたいと思うのは人間としては当然の気持ちだと思います。
    しかし、問いただすにしても何度も電話やメールをしたり、相手と接触するために家の周辺や最寄り駅などで待っていることも相手が不快と感じた時点でストーカー行為と なってしまいます。
    現代は問いただすという行為そのものがなかなかできない世の中となっているのです。

    一例ですがある人に二股を掛けられていたとします。
    突然、交際していると思っていた相手が一方的に連絡が取れなくなった際、何かあったのかと心配になり、また特定の人物に対して一方的な好意を寄せ、家を突き止めたり、行動を把握しようとする行為もストーカー行為に見なされてしまいます。

    幼い頃、いや、思春期の頃に素敵だなと思う異性に対して勝手にいろいろと調べる行為もストーカーとされてしまいます。
    例えばいつものバスで見掛ける素敵な異性に対して家を突き止めたいとか何か知り合えるきっかけを掴もうと行動を見張ったりした経験をした人はいませんか?
    それこそ同じ学校内でも素敵な先輩や後輩を校門や帰り道などで待ち伏せしたり、尾行して家を突き止めたりした経験のある人はいませんか?
    この行為が大人になり、社会人になってもしてしまう人がいるのです。
    会社の同僚や取引先の相手などの知人ばかりでなく、顔を合わした事がある程度、それこそアイドルや女優、俳優など著名人に対する追っかけや家を突き止めようと尾行してくる人などなど。 

    相手が不快感を持った時点でストーカー行為と見なされて、もしも警察に行ったり、訴えられたりすると刑事罰の対象となってしまいます。
    このような行為をしたことがあるとなるとストーカー予備軍と思われてもしょうがないのです。

    更に最近増加傾向にあるのが金品の貸借関係によるトラブルが原因でのストーカー行為です。
    お金や品物を貸したけれど返してくれない。
    催促をしても無視されたり、終いには電話やメールなどをブロックして全く返済する様子も伺えなくなった場合、相手の家を突き止め、待ち伏せしたり、呼び鈴を何度も押したりすると、これらの行為もストーカー行為に見なされてしまいます。
    何とも世知がない世の中になったものです。
    この様な場合、きちんと法的手段に訴えて返済して貰う事をお勧め致します。

    正直、理不尽と思えるケースの人もおられるでしょう。
    訳も分からず突然、連絡が途絶えたりした場合、先に進むこともできません。
    きちんと会って説明して欲しいと思うのは通常の感覚なのではないでしょうか。
    また好意を持つ事も人間として誰もが持つ自然な感覚です。
    好意を持った人の事を知りたいとか興味を持って欲しいと願うこともあるはずです。
    しかし、そんな気持ちで相手の許可を得ずに待っている事はすなわち待ち伏せ行為になり、家を知りたい、生活状況を知りたいと行動を監視する事は付きまとい行為に該当。
    それぞれストーカー行為になってしまう場合もあるのです。

    やはり何事にも度が過ぎては違法行為に繋がりますが誰もがストーカー予備軍的な感覚は持っているのではないでしょうか。
    いつどこでストーカー被害者になる可能性を誰もが持っている反面、ストーカー加害者になってしまう可能性も秘めています。
    ストーカー対策は十分ですか?

    探偵にはこのストーカー対策などに関してもそれなりの経験値がございますので被害者、加害者になる前にご相談されてみては如何でしょうか。

ストーカーについて電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066