探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください

妻の浮気(不倫)実態②

某女性週刊誌のアンケート企画で1000人の既婚女性に対して約230人が浮気(不倫)していたとの回答が得られた。

その不倫経験のある230名の人を対象に不倫した時期のアンケート結果であるがなんと結婚後、1年目に不倫を経験した妻は37%、83人というトップの結果であったという。
2年目が約15%、3年目が13%、4年目が7%、5年目以降が28%で年々減少している。
それにしても長年探偵をしている者にとっても驚かされる結果である。
1年目といえば新婚ほやほや、夫婦にとって一番、熱々な時期であるはずなのであるが聞くところによると1年目での離婚も結構あるらしく、ある程度の恋愛期間を過ごし、結婚はしたものの一緒に生活してみるととたんに愛情が冷め、我慢できない事が多くなり、不倫に走ってしまったり、短期間で離婚する夫婦も多いのだという。

確かに結婚後、数ヶ月の新妻や乳児を抱えた妻などの不倫調査を過去から何度か経験があり、いずれも不倫の証拠を押さえられる結果となっているがそれほど多くはなかった。
多分、夫が不倫に気付いていない為であろう。
この1年目の不倫経験者の不倫相手は結婚以前から交際していた人と結婚後も交際が継続していたというケースが多く、それでも結婚後に知り合った男性と不倫していた妻もいた。

不倫に走ってしまった理由として「夫に不平不満があった」というのがダントツの第1位であるが第2位の理由には驚かされてしまう。

「なんとなく」である。

・お酒を飲んでいてなんとなく。

確かにアルコールの勢いでの間違いはあるかもしれません。
その場が楽しく、意気投合してしまったり、または、逆に寂しさが募り、人恋しくなってしまい、「なんとなく」不倫をしてしまったなどはよくあるケースかもしれません。

・相談に乗って貰っていたら、なんとなく。

子供、家庭環境や病気などの悩みを友人や知人、先生や医者などに相談していたら「なんとなく」不倫に至ってしまうパターンもあるのでしょう。

・特に理由はないが、なんとなく。

困った事に特に理由はないが「なんとなく」で不倫してしまう妻もいるという。

このように「なんとなく」という気分に流されてしまい、不倫に至ってしまった妻も結構いるのである。
ダントツの1位である夫に対する不平不満にはやはりセックスに関する不満も多いようである。
そしてやはり夫以上に愛情を感じ、好きになってしまったからという理由も多いのである。

不倫に走ってしまう理由は上記の単体ばかりではなく、勿論いろいろと重複した理由もありますが浮気に至ってしまうと罪悪感は少なくなっているのが実情です。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話

TEL 0120-666-820

0120-666-820
WEBでお問い合わせ
友だち追加 LINEで相談