探偵ブログ・彼女がホテトル嬢④

3月 27th, 2018

第5日目から第8日目の4日間も何事もなく過ぎ、その間2度彼氏は彼女と会ってデートをしたそうです。
その際に彼女のバックにはいつものスマホしかなかったというのです。

 

 

調査開始してから第9日目、大きく動きました。
第4日目同様に自宅を出た彼女は電車で移動し繁華街の前回と同じビルに入ったのです。
当然のように電車の中では別のスマホを取り出し操作している様子が伺えました。
そして数分後には大きめのバックを抱え、出来たかと思うと又、待機している車に乗り込みました。
前回とは違う車種ですがやはり後ろの窓にはスモークが張ってあり、車内の様子が確認できません。
同様にタクシーが拾えず、見送るしかなかったのです。
調査員からこの連絡を受けて、当探偵事務所では依頼人である彼氏の許可を取り、調査員を増員、車とバイクを現地に向けました。
すると約1時間くらいで彼女がバックを抱え、そのビル前に車で送られてビルに入りました。
運転手は降りることなく、車はビル近くに待機しています。
5分程したら再び彼女が出てきました。
そして待機している車に乗り込み、走り出たので探偵も直ちに尾行します。
すると車で3分程のラブホテル街に行き、1軒のラブホテルの前で停車、彼女が車から下車したかと思うと小走りにそのラブホテルに入っていったのです。
これは完全に「ホテトル」としての行動ではと探偵の誰もが確信しました。

 

 

探偵は日常茶飯事、調査業務としてラブホテル街で張り込みをしますがこのように車で送られてホテルに入るホテトル嬢をよく見掛けています。
当然、歩いてくるホテトル嬢もいるのですが車での送迎もしている業者も多く存在しているのです。
待っていると1時間50分後に彼女が出てきて向かいに来ていた車に乗り込み、その後中年男性が1人でホテルを後にしました。
そのまま彼女を尾行するとまた同じビルに入ったのです。
多分、ホテトルの事務所か待機部屋と思われます。

 

 

彼女はまた15分程でビルから出ると車に乗り込み移動、今度は繁華街の中にあるビジネスホテルに入りました。
フロントを通さずにそのまま客室階へとエレベーターで上がっていきます。

彼女は清楚感のある美人で人気があるのでしょう。
本日3回目のお仕事です。
1時間半位で彼女、1人でホテルより出て、再び車に乗り、同じビルに送られ、5分後に出てきたら今度は歩いて最寄り駅に行き、自宅の駅まで帰り、コンビニに寄ってから帰宅しました。

 

 

 

依頼者である彼氏に簡単に報告するとしばらくは余りにもショックだったのか声も出てきません。
「大丈夫ですか?」と尋ねると「調査は本日で打ち切って下さい。明日、必ず連絡しますから少し時間を下さい」との返答。
了解した旨、伝えて調査を打ち切ったのだが彼氏の気持ちを思うといつもの浮気調査とは異なり、何故か晴れ晴れとしない。
確かに彼女が風俗嬢として隠れてアルバイトをしていたとなると彼氏の心情は破綻しかねない状況であったかと思う。

翌日、彼氏から電話が入り、とりあえず報告書を作成して撮影した写真やビデオを見たいとの申し出。
明日には報告書は作成しておくとの約束をして報告書の作成に取りかかり、9日間の料金精算して彼氏に調査料金を伝えました。

 

 

 

更に翌日、依頼人である彼氏が来訪、さっそく4日目と9日目の内容に目を見開き、しっかりと熟読、そして添付してある写真やパソコンで動画を見て貰った結果、うなだれるばかり。
更に探偵は派遣元であるホテトル業者を特定しそのホームページを確認、かなりぼやかしていましたが彼女の下着姿などあられもない姿が写真でアップされていたのも目にしました。

 

 

 

可愛そうですが現実を知って良かったのではないかと改めて思いました。
彼氏は彼女の隠れたアルバイトを知らずにそのまま結婚したとして彼女がホテトルの仕事を辞めるという保証もなく、病気の懸念やもし子供が出来たらその父親にも疑問が残るという最悪のシナリオが待っていたのかもしれません。

 

 

彼女がどうしてホテトルの世界に足を踏み入れたのか、又、時期なども全く判りませんが結婚を考えていた彼氏にとっては余りにも残酷な調査結果だったはずです。

過去に似たケースを数件調査したことがあります。
彼女がホテトル嬢というケース以外には妻の浮気調査なのに結果、ホテトル嬢の仕事をしていた主婦も数名いたほどです。
一般素人の女性が風俗業界に簡単に入って仕事をしている状況はまだよく知られてはいませんが思った以上に根は深いかと感じています。

 

 

 

依頼人である彼氏は調査料金を精算し当探偵事務所を出て行きましたが後ろ姿には悲しいかな、まだショックを隠し切れておらず、丸めた背中が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

This entry was posted on 火曜日, 3月 27th, 2018 at 9:39 AM and is filed under 探偵の仕事, 探偵ブログ, 素行調査. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)