Welcome!

探偵ブログ・麻布妻のダブル不倫

7月 30th, 2018

知り合いの弁護士からの紹介で南麻布に居住する会社経営者の妻の浮気調査が入りました。
対象者は最近、話題になっている麻布妻と言われるセレブな妻です。

 

 

この麻布妻は34歳なのですが20代後半にしか見えないしすらっとしたなかなかの美人。
依頼者である夫は46歳で4年前に再婚したのがこの麻布妻で現在、専業主婦で子供はいない。

何しろ優雅な麻布妻としての生活を送っている。
スポーツジム、ゴルフスクール、ヨガ教室にも通い、週末は夫と共に夫の所有する南伊豆の別荘にも行っているらしい。

夫からいろいろと話を聞くとスポーツジム、ゴルフスクールには夫も会員でよく一緒に行くこともあり、週末は殆ど一緒だという。
気になるのは月曜日から金曜日まで平日の昼間の行動でよく女友達とランチやお茶をしたり、ヨガ教室や買い物と称して外出する事もあり、最近は特にその外出が頻繁みたいなのである。
しかも殆ど夫に買って貰った外車のBMWを自ら運転し外出している。

 

 

 

当初は不倫をしていても長期間要するかも知れないと想定していたのだがなんと調査開始した第1日目には恵比寿の高級シティホテルに車で行き、午前10時半には
夫と同じくらいの45歳前後の男性と合流、なんと昼間からこのホテルで密会、なんと4時間弱過ごし、午後2時半前には別れたのです。
この男性に調査対象を切り替えるとホテルよりタクシーで移動、中目黒の洒落たオフィスビルに入り、4階の会社を突き止めました。
そしてこの会社のホームページを見るとなんと代表挨拶として写真付きで掲載され、同一人物と断定、名前も確認、早々に商業登記を取得し自宅を突き止めてしまいました。
それでも登記上の現住所に帰宅するかも分かりませんから調査を継続すると紛れもなく登記上現住所に入りました。
そしてなんと妻子のある男性であることも確認。
ただシティーホテルで昼間4時間程度では不倫の証拠とは言い切れず、数日間、行動を調査すると3日間、この男性と昼間シティーホテルで数時間、密会している事実が
判明、しかも3日目にはホテルの地下駐車場で別れ際にキスをしている映像も取得、弁護士からはある程度の不倫状況証拠は掴めたとして調査を打ち切った次第でした。

 

 

 

いくら知り合いとはいえ弁護士も守秘義務があり、その後、どのような事になったかの詳細は話してはくれませんでしたがこちら側の希望通りに解決したと喜んでいました。

多分、慰謝料も取り離婚したのでしょう。
尚、不倫相手の男性は離婚する様子では無かったみたいです。

 

 

この麻布妻であった女性は当然、麻布にはもう住んでおらず、セレブの生活もできていないみたいですがいずれまた夫であった資産家男性を見つけるかもしれません。
しかし、再婚しても再びダブル不倫をする女性かもしれません。
それにしても最近、不倫する妻が増えてきており、将来的にはどうなるか不安です。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・家出の時期

7月 20th, 2018

本日が終業式で明日から夏休みに入る学校が多いかと思います。
夏休みに入ると開放感からか子供の家出が多い時期となります。
確かに探偵事務所に家出調査の相談が入るのは8月末から9月上旬が一番多いのですが夏休みに入ると家出を考えてしまう子供が多くいるのも確かです。

 

 

正直、子供の家出を予測すると言うことは親御様でもなかなかできることではないことは理解しております。
しかし、よくお考え下さい。
突然、子供が家出したと想定して下さい。
誰に相談したらとかどうやって探したら良いのだろうと。
学校の先生に相談?
クラスメイトに訪ね歩く?
子供の交友関係をどの程度把握されていらっしゃいますか?

 

 

現代、SNSなどにより学校や塾などの交友関係ばかりとは限らなくなりました。
正直探偵泣かせです。
何しろ全国的に友人が拡散しているのですから。

 

 

昨年も千葉県松戸市に住む家出した女子中学生の調査を請け、いろいろと精査した結果、なんと秋田県大曲市に住む25歳の独身男性のところに転がりこんでいました。
やはりSNSで知り合った男性で当探偵事務所で特定した住所に両親、警察立ち会いの下で乗り込み、確保したのですが25歳の男性もかなり驚いていたようです。

その後については警察に委ねましたので詳細は分かりませんがそれなりの罪を犯した事となり、逮捕されたみたいです。

この男性との出会いもSNSを通じて知り合ったもので現在の交友関係は全国的に広がっており、把握が困難な状況となってきています。

 

 

まずお子様のスマホやパソコンなどのデータをこまめに確認し把握しておくことが重要となって来ている世の中になっています。

探偵の家出調査も少し前と比べかなり難しくなって来ているのは事実ですので親御様の協力がかなり必要となってきているのです。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・友人の奥さんが不倫

7月 14th, 2018

昨夜、友人から久しぶりに電話が入った。
「実は先月、離婚した」というのである。
「なんで?あんなに仲が良かったのに」と聞き返すとなんと妻が不倫をしていたと言うのである。

 

 

この友人は8歳年下の5?歳。

実は下の娘の同級生の父親で家が近所であり、性格的にも自分と合い、親交ができて飲み友だちとなったのである。
その奥さんとも親しくなり、夫婦で近所のスナックなどで飲むことも何度かあり、近所では自分の探偵という職業を知る数少ない知り合いの1人でもある。

 

 

「不倫現場でも押さえたのか?」と聞くとなんと「探偵に頼んで調べて貰った」と言うのである。
思わず「オイ!オイ!」と叫んでしまった。

「なんで自分に相談してくれなかった?証拠はきちんと取れたのか?いくらかかった?」と矢継ぎ早に質問攻めをしてしまった。

友人は「友人だからこそ言えなかった」と言うのです。

 

気持ちは分からないでもないがとても寂しい気分になってしまった。

 

 

それにしても彼の子供たちも既に結婚しそれぞれ家庭を持っており、熟年離婚が流行ってるとはいえ、これから1人での生活は大変だと思う。
他の男性に走ってしまった妻との離婚を決意した彼の判断は尊重しなければならないのだが。

 

 

まだ50歳半ばであるから再婚も視野に入れ、前向きに生きて欲しいと願わざるを得なかった。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・お悔やみ並びにお見舞い

7月 9th, 2018

この西日本を中心とした大雨により亡くなられた方、そのご親族に対してお悔やみ申し上げます。

また怪我をされた方に対して、更に被災された地域の方たちにお見舞い申し上げます。

 

 

自然による災害とはいえ、被災された方たちにとってはまだまだこれからが大変なことが続くものと思います。

しかも猛暑と言われる本格的な夏はこれからです。

またこれからは被災地には台風がいくつか直撃するかもしれません。

この被災の後かたづけも大変でしょうが十分に身体を大事にされて頑張って下さい。

 

 

それにしても今後、どの地域にどうなるかも全く分かりませんし地震の恐怖もずっと付きまとっています。

いつ東京に天災が来てもおかしくないのです。

 

 

義援金の募集がすぐにあると思いますからしがない探偵で僅かしかできませんが送金したいと思っています。

どうか厳しい環境でしょうが頑張って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・麻原彰晃の死刑執行

7月 6th, 2018

元オウム真理教の教祖であった麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が本日執行された。
麻原死刑囚と同じに死刑囚であった元教団幹部6人も本日死刑が執行されたという。

 

 

オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件はとても印象深く記憶に残っている。
何しろ前日に霞ヶ関に仕事で行っていたのである。
もし1日ずれていたなら私も毒ガスサリンに巻き込まれていたかも知れないという恐怖に怯えました。

また電車違いで難を逃れたという知り合いも何人かいました。

 

オウム真理教の起こした事件は地下鉄サリン事件だけではありません。
そしてオウムの手によって亡くなった方も数多くおられたのは事実です。
亡くなられた家族の方たちにとって一応、この死刑執行で一区切りつかれたのかもしれませんが第三者が勝手に憶測することではないですね。
大変失礼しました。

 

 

死刑制度についてはいろいろと議論があるのは知っています。
しがない探偵が口にすることではないかもしれませんが私自身は死刑制度は賛成です。

 

 

身勝手な行動で他人の命を奪った人は自らの命で謝罪するべきだと考えます。

未成年でも関係ありません。

もし年齢を設けるのならそれこそ小学生未満で良いかとも考えます。

中学生にもなればそれこそ老人以上の腕力はもうできています。

そして認知症にもなっていません。

ものの良し悪しの判断は絶対的に知っているはずです。

法律での成人年齢が18歳になりました。

しかし、飲酒や喫煙は20歳からという変則規制、だったら中学に入って身勝手に人を殺めたら死刑でも良いのかと思ってしまいます。

正直、中学生や高校生が犯した殺人事件について少年法によって守られている点には正直、疑問を感じてしまいます。

 

 

余計な事を書いてしまいました。

 

 

ただオウム真理教や統一協会、その他のカルト宗教に嵌り、出家してしまった家族の捜索に過去随分と関わりました。
確か昭和60年に入った頃から10年位の期間が多く宗教がらみの所在調査に携わったと記憶しています。

ただ調査して居住先を特定しても未成年でなければ確保できません。
当然、ご両親から捜索に関する親権委任状を貰っていますから未成年でしたら拘束はできます。
しかし、成人しているとどうすることもできません。
ご両親が説得している様子を遠くで見守るしかできなかったのです。

 

 

あの当時に発見した人たちは現在、どうしているのかとこの死刑執行のニュースに聞いて感慨深く当時の事を思い出してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・梅雨明け猛暑

6月 30th, 2018

早いものでもう今年も6ヶ月が経ちます。
そして東京は昨日、梅雨明けもしました。
地方ではこの梅雨前線の影響による豪雨災害で被災したところもあると言うし先日の大阪北部地震ではまだ避難生活を余儀なくされている住人もいるという。
それなのに東京はサッカーのワールドカップで盛り上がり、渋谷でも恒例の馬鹿騒ぎをしている。
いや地震被災地の地元大阪でも道頓堀に飛び込む馬鹿もいる始末。
そんな元気があるならボランティアでもしてこいと言いたい。

 

 

それにしても東京は暑い。
身体も慣れていないからか猛暑に感じる。
これからの時期は探偵にとってはこの猛暑との戦いです。

 

猛暑の中、外での張り込みは正直こたえます。
上手い具合に日陰があれば助かるのですが炎天下の下で数時間いるとそれだけで頭がボーッとしてくる。
しかも日陰であっても東京というコンクリートジャングルでは照り返しやクーラーの外部に放出される熱の影響もあり、涼しいということは殆ど感じない。

 

 

探偵にとっては過酷な猛暑との戦いをしなければならない時期になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・夫の不倫相手女性と会う

6月 29th, 2018

当探偵事務所で不倫調査を依頼されたある奥様、数日間の不倫調査の結果、不倫の事実が確定し不倫の証拠も押さえ、不倫相手の女性の名前とマンションの1室である住所の特定までして結果を報告、とても満足してお帰りになったのです。

当探偵事務所としては多分、不倫の証拠を基に離婚調停でもするのかと思っていましたが既に調査が終了している案件の依頼人に「どうなりましたか?」と聞くわけにもいかず、なんとなく想像はしていました。

 

 

すると約1ヶ月位経ったある日、その依頼人であった奥様が突然、当探偵事務所にやってきたのです。

調査結果から夫との話し合いは進んでいるみたいなのですがどうやら不倫相手との話し合いが一切できていないというのです。
何でも不倫を認め、謝罪はするものの不倫相手の事になると一切話をせずにごましてばかりで奥様も不倫相手に対し弁護士さんを通して内容証明を送付したのです。

不倫調査ではその不倫相手の女性の名前と住所も特定しておいたのですが全く連絡が取れないというのです。
弁護士に依頼して内容証明を送付しても受け取らず、通常郵便でも封書を送ったら返信もされていないので受け取ったみたいだが全く返信も連絡もないのだという。

 

 

弁護士さんにはこれでは埒が明かないから勤務先を調べて下さいと言われたらしく、再び当探偵事務所を訪ねてきたのでした。

 

 

翌朝には直ちに調査を着手、不倫女性宅のマンション前で待っていると8時半過ぎに出てきました。
警戒している様子もなく、近くのバス停からバスに乗り、最寄り駅まで行き、電車に乗り換え、9時20分にまだ開店していない和装小物のお店に入ったのです。
しばらくして着物に着替えて開店準備をする不倫女性を確認し勤務先と断定、調査を打ち切り、その結果を御依頼者に報告する。

てっきり奥様は結果を弁護士に報告し、内容証明の手続きをすると思っていたのですがなんと結果を報告した翌日にその勤務先店舗へ訪ねていき、夫の不倫相手女性と直接、会ってしまったのです。
ただ感情的になってしまったかは分かりませんが相手の勤務先店舗内で口論となり、相手を突き飛ばした事で警察沙汰となり、当然、当探偵事務所にも一応、刑事が来て事情を聞かれましたが正式に調査委任契約書を交わしており、違法性は全くなく、また弁護士さんからの支持でもあったということで問題にも成りませんでした。

 

 

しかし、いくら非のある不倫相手とはいえ、感情に負け、突き飛ばすという行為で不倫相手女性は軽い怪我もしてしまい、刑事告訴され傷害罪になってしまい拘留、前科がつくばかりでなく、民事においても請求できた不倫の慰謝料以上の慰謝料を支払う羽目にもなってしまったのです。

一時の感情で先走ってしまった行為が高く付いたのは言うまでもありません。

 

 

もし愛する配偶者が不倫をしていたとしてもその不倫相手に合って話し合うなどとは考えず、全ての話し合いは弁護士の先生方にお任せする事です。

 

 

 

 

 

探偵ブログ・深夜ドラマ

6月 20th, 2018

初老の探偵が最近嵌っているのが深夜ドラマである。
初老なのだから10時位には寝ているかと思われる人がいるかも知れないが昔からの習慣で就寝時間はだいたい深夜2時頃である。
そんな初老の探偵が嵌ってしまったのが深夜ドラマである。

 

 

この深夜ドラマの口を切ったのが「孤独のグルメ」という番組、現在もシーズン7だったか続いており、ずっと見ている。
その後「深夜食堂」も楽しかった。

 

 

最近ではバイオレンス系ドラマ「新宿セブン」から「スモーキング」、スモーキングもなかなか楽しい。

何故かお酒が進んでしまう。

恋愛系のドラマである「ラブリラン」「声ガール」も見ていたのだがいずれも終わってしまった。
現在「声ガール」でも主演をしていた福原遥ちゃんの「グッドモーニングコール」がおもしろく見させて貰っている。
福原遥ちゃんは決して美人と言うほどの女優さんではないが幼さの中にしっかりとした役者魂を感じられ、なかなか上手い演技をすると思ってみている。
孫娘みたいなのであるが自分自身では高評価している女優さんの1人である。
なお、プリキュアシリーズでも声優として活躍していたこともあり、将来性は大いに期待できる女優さんだと思っている。

 

 

ところでこんな初老で不良の探偵だから昼間は睡魔に襲われてしまう。
それにしてもライブ観賞ができない時には録画を妻に頼んでおいてまでも見るという凝りよう。

 

 

7月からは深夜番組も新しいドラマも始まるらしい。

なんか楽しみでもある。

またまた寝不足に襲われてしまうかも。

最近、個人的に嵌っているジンを飲みながら、見る一時が明日の活力になっているのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・成功報酬の浮気調査って?

6月 19th, 2018

インターネットで浮気調査を検索すると数多くの探偵事務所や興信所のホームページが出てきます。
その中で数社ですが成功報酬で浮気調査を請け負う調査会社が出てきます。

 

 

当社では浮気調査について成功報酬でお受けはしていません。

この成功報酬で請け負う調査会社に問い合わせをしたこともありませんしあえてこのブログで批判をするつもりはありませんがなんか納得できません。

当社で成功報酬制を導入している調査項目は人探し、いわゆる所在調査と一部のデータ調査としています。

所在調査では多少の着手金を入れて頂き、対象者の発見に至った場合に初めて成功報酬を請求しております。
調査対象者を見つけ出すことができなければ当然、成功報酬は発生しません。
ですから情報の少ない方からの御依頼はお受けできないケースも出てきます。

この調査では調査契約する際に着手金と成功報酬額をきちんと設定して契約致します。

 

 

ところが浮気調査の場合、浮気の証拠を押さえることができたら成功とするのが普通なのでしょうが絶対に浮気の証拠が取れるとは限りません。

まず御依頼者の思い込みによる浮気調査もあります。
またパートナーの行動が怪しいと浮気調査を依頼したものの既に浮気相手との関係が終了している場合です。
いずれもいくら日数を掛けて調査しても浮気の証拠は押さえられることはありません。

実際にこういうケースも数は多くありませんが存在するのです。

 

 

更に関係が長い浮気相手であったり、既婚者同士の場合には付きに1回程度しか遭わないという浮気カップルもよく存在しています。

とても弊社では成功報酬ではお受けできません。

 

 

浮気調査という尾行、張り込みという探偵が実働して結果をえる場合には調査した日の行動を逐一細かく報告することが調査結果であり、成功報酬で受ける調査会社の意味が本当に分かりません。

何か裏があるとしか思えないのです。
あくまでもある依頼人から聞いた噂ですが1ヶ月間の契約で着手金が100万円、浮気の証拠が取れたら300万円と言ってきたそうです。
もし3,4日で浮気の証拠が取れたら丸儲けという事なのでしょうが実際に1ヶ月契約で本当に1ヶ月きちんと調査を実施しているかも疑問です。
結果が得られなくてもきちんとした1ヶ月間の調査報告書を提出してくれるのでしょうか?。
甚だ疑問です。

 

 

一度、依頼人になりすまして相談してみようとも考えています。

 

 

 

 

 

 

探偵ブログ・米朝会談結果

6月 13th, 2018

昨日は期待してこの探偵ブログにも書いてしまいましたがなんと残念な会談としか言いようがありません。

なんでトランプ大統領はあんな内容で納得し署名をしたのか判りません。

自身のパフォーマンスとしか取れない位に残念な会談内容でした。

正直言って「失望」しかありません。

少しでも期待した私が馬鹿だったのでしょう。

 

 

核廃棄にしてもどうなるか分からない。

中距離ミサイルにしても分からない。

拉致問題は調印内容にも入っていない。

なんだ、これは!!!

 

 

本当に少しでも期待した私が馬鹿だったのですね。

もう少し賢い人かと思ったのですが人気取りのパフォーマンスにしか見えない。

 

 

安倍首相もそんなトランプ大統領に踊らされているようにしか見えてこない。