探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください

浮気調査を実施する際に重要な事は下調べと調査機材の準備となります。

浮気調査の下調べについては別項で説明しておりますのでそちらを参照して下さい。

浮気調査での第一の目的は浮気の証拠となる写真や映像に残すことです。
これが撮れてませんでしたでは浮気調査そのものが無意味な事になってしまいます。
その為に撮影機材の準備は日頃からの整備点検は勿論のこと、使いこなせるかも探偵としては重要な要素になってきます。
浮気調査などの素行調査では対象者やその対象者に接触した人物の顔写真や浮気の現場での動かぬ証拠を出来るだけ鮮明に撮影する事が要求されます。
その為に日頃から個人的にも撮影する訓練が必要になってきます。

どのような訓練なのか、まず距離感です。
探偵の撮影は殆ど隠し撮りです。
その為に対象者との距離をある程度近づかなくてはなりませんが近づきすぎて対象者にバレてしまっては何もなりません。
そして遠過ぎてしまって顔が認識出来なくても駄目です。
日頃からその距離感を肌で経験していないとなかなか上手く撮影は出来ません。

そして隠し撮り。
カメラを構えてなんてしていたらすぐにバレてしまいます。
横を向いての撮影やカバンに仕込んで撮影となりますのでやはり日頃からの訓練はどうしても必要になります。
確かに距離が近づけずに離れて撮影しなくてはならない場合、ズームを限度一杯にしても画像が粗くなってしまいます。
そのような際には望遠カメラを使用する事もありますが滅多に使うことは無いでしょう。
しかし、油断は禁物ですのでその為に2種類のカメラを持ち歩く探偵も少なくありません。

次は明るさです。
探偵が撮影する時間帯は主に夜間が多くなります。
証明の多い都心の繁華街では殆ど問題は無いのですが証明の少ない場所、特に暗闇での撮影には撮影機材の性能にも酔って異なってきます。
確かに現在、ビデオカメラでは夜間対応の製品も多く出回っており、ある程度の少ない明るさでも顔が認識できる程度の撮影は出来るようになっています。
もちろんカメラもその対応に適したISO感度を高く設定できるものも販売しています。
いかにそれらの撮影機材の設定を素早く変更させれるかも日頃の準備が必要なのです。
夜間でも明るい繁華街から暗闇の公園などに移動した際に設定をすぐに変更して一瞬のシャッターチャンスをものにしなければなりません。

当然、一般人である素人には出来る業ではありません。
ですから浮気調査などの素行調査はプロの探偵に依頼した方が早く結果が得られるのです。
探偵はその為に日頃からの準備を怠ってはいません。

尚、一言付け加えさせて頂くとプロの探偵は撮影機材本体のバッテリー以外にも必ず予備バッテリーは所持しています。
時には20時間以上も続けて尾行、張り込みを行う場合があります。
その際に充電が切れてしまったなどの言い訳は聞きません。
もちろんICレコーダーなども常時所持していると何かにつけ、役立つことがあります。

探偵の浮気調査などの素行調査には様々な準備が必要なのです。
下調べ、準備を怠る探偵はプロの探偵とは言えません。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話

TEL 0120-666-820

0120-666-820
WEBでお問い合わせ
友だち追加 LINEで相談